就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児に一重まぶたが多い秘密は?二重にしたいママができるサポート

乳児に一重まぶたが多い秘密は?二重にしたいママができるサポート

乳児のまぶたを二重にする方法はあるの?

体を動かして消費カロリーを増やす

まぶたの形状もやはり遺伝ですから、無理に変えることはできません。ですが顔の脂肪が落ちると自然に二重になることが多いということを考えると、たくさん体を動かして遊ばせてあげることで二重になる可能性も高まるかもしれません。

公園で思い切り遊ぶ、いつものスーパーまで一緒に歩いて行ってみるなど、体を積極的に動かして消費カロリーを増やしてあげてみましょう。体を動かすことはまぶただけでなく、子どもの体力向上や睡眠がしっかりとれて成長ホルモンを分泌させやすくなるなど、他にもメリットがたくさんあります。

また、顔の筋肉をたくさん動かしてあげるためには、泣いたり怒ったり、赤ちゃんが素直に感じるままに感情を表現できるようにしてあげたいですね。

優しくまぶたをマッサージする

何かもっと効果的な方法はないのかな?とお探しのママさんには、まぶたのマッサージをご紹介します。目の周りの脂肪が多いとどうしても目が腫れぼったくなってしまうので、まぶたの脂肪を流すイメージでマッサージしてみましょう。

やり方は、赤ちゃんが眠っている時にまぶたの上を目頭から目尻のほうまで優しく指でなぞります。赤ちゃんが起きている時は思わぬ動きをして危険なので、眠っている時にするようにしてくださいね。

力加減は強くせず、なでる程度で。眼球に無理な圧力がかかったり、皮膚に強い摩擦で刺激を与えてしまったりしては大変です。効果をだそうと無理にやりすぎたりせずに、親子の触れ合いのひとつという気持ちでやってみてくださいね。

やりすぎや無理やりはダメ!

赤ちゃんの肌は大人の半分、約0.1mm程度と言われ、その中でもまぶたは特に薄い部分なので触る時は十分気を付けましょう。爪が当たってしまったり、摩擦で赤くなってしまったりした場合はすぐに中止します。

また、赤ちゃんはなかなかじっとしていてはくれませんから、無理やりやろうとすると思わぬケガに繋がることも。触る際に長い爪は危険ですので、短く切りそろえることをおすすめします。摩擦で赤くなったりしないよう、出来る範囲で優しくマッサージしてあげてくださいね。

そしてアイプチやアイテープなどは大人でも皮膚が敏感な時はかぶれてしまうこともあります。赤ちゃんには使わないようにしましょう。マッサージもやりすぎたり摩擦が強すぎたりすると、皮膚が伸びてしまってますますまぶたが重くなってしまう場合もありますので、くれぐれもやりすぎには気を付けてくださいね。

まとめ

今回は乳児の一重と遺伝の関係、目元が変化する時期や、二重にする方法などをご紹介してきました。

ぱっちりとした二重の目に憧れる気持ちは、誰にでもありますよね。ですが赤ちゃんは一日一日顔が変わるというくらい、日々成長し変化していきます。ぽっちゃりとしてぷくぷくと可愛い時期は一瞬で過ぎてしまいます。

そして一重であっても二重であっても、可愛い我が子であることに変わりはありません。まぶたの形もその子の個性のうちのひとつです。あまり意識しすぎることなく、成長による変化を楽しみに見守っていけるとよいですね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND