就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの肌は夏も保湿が必要!トラブルの予防法とおすすめの保湿剤

赤ちゃんの肌は夏も保湿が必要!トラブルの予防法とおすすめの保湿剤

夏でも赤ちゃんの肌に保湿が必要なことをご存知ですか。夏はあせもができやすい時期のため、赤ちゃんの肌をしっかり保湿して、できるだけ肌トラブルを回避したいものですね。そこで今回、効果的な保湿の方法やおすすめの保湿剤を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんが夏に保湿を必要とする理由

赤ちゃんを取り巻く環境が肌によくない

柔らかくて触りごこちのよい赤ちゃんの肌は、実はとてもデリケート。そんな赤ちゃんの肌に、夏の紫外線やエアコンの風が悪影響を及ぼしているのをご存知ですか。

日差しの強い夏は紫外線により肌の水分が奪われ、乾燥しやすくなります。特に肌の薄い赤ちゃんは紫外線が皮膚の奥深くに達する恐れがあるため、きちんと紫外線対策をして保湿をすることが大切です。

また室内では熱中症対策として、エアコンをつける機会が増えるでしょう。エアコンの風は紫外線と同様に肌の水分を奪いやすいため、こまめな保湿が必要になります。

赤ちゃんの肌は大人よりもバリア機能が弱く、外部からの刺激を受けやすいため、夏もしっかり保湿をして乾燥から守ってあげたいものですね。

赤ちゃんに多い皮膚トラブル「あせも」

夏は汗っかきの赤ちゃんの肌に「あせも」ができていることがしばしばありますよね。赤ちゃんが汗をかいたら、こまめにタオルで拭いてあげたり、洋服を着替えさせたりして、肌に汗が残らないよう注意が必要です。

シャワーで汗を流す場合は、石けんを使用せず、ぬるま湯でさっと洗い流すとよいですよ。このとき身体をゴシゴシ洗うと、肌に必要な皮脂も流してしまうため、優しくシャワーで流す程度がおすすめです。そしてシャワーの後は肌が乾燥しやすいため、きちんと保湿をしましょうね。

赤ちゃんの肌は汗腺が未発達なことから「あせも」ができやすいのです。「あせも」ができてしまったら、症状が悪化する前に病院を受診し、薬を処方してもらうとよいですよ。

保湿をすることで防げる皮膚トラブル

赤ちゃんの肌は大人の肌と比べて、皮脂量や水分量が半分くらいしかないため、乾燥しやすいのが特徴です。肌の乾燥は肌荒れの原因となり、傷ついた皮膚からアレルギー物質や菌、ウイルスなどが体内に侵入する可能性があります。

体内にアレルギー物質が侵入すると、アトピー性皮膚炎になったり、かゆみをともなう湿疹ができたりとさまざまな皮膚トラブルをおこすことがあります。また赤ちゃんによくあるおむつかぶれも、皮膚から菌が侵入して悪化することが考えられるため、肌を菌から守ることが大切ですね。

保湿剤は赤ちゃんの肌のバリア機能を助ける役割があり、外部からの刺激をブロックしてくれることから、季節を問わず保湿をするとよいでしょう。

赤ちゃんの保湿をするのに効果的な方法

部位別赤ちゃんの保湿のやり方

保湿剤を塗るとき、ゴシゴシと塗り込んでいませんか。赤ちゃんの肌を保湿をするときは、ママの両手に保湿剤をたっぷりつけて、赤ちゃんのお腹や背中の中心部から両手で円を描くように塗るとよいですよ。肌が重なりやすい首や足の付け根、脇も忘れずに行ってくださいね。

続いて腕や足も同様に、ママの両手で包みながら塗り広げ、優しくこすらないように注意しましょう。

顔は保湿剤をママの指に少量ずつとって、赤ちゃんの頬やおでこにちょんちょんとつけて、指の腹でのばしていくのがおすすめです。

赤ちゃんの全身にしっかり保湿剤を塗るのは意外と時間がかかります。赤ちゃんの保湿はスキンシップも兼ねて、楽しく手早く行いたいものですね。

保湿をするベストなタイミング

赤ちゃんの保湿は効果のあるタイミングで行いたいですよね。赤ちゃんは基本的に朝と夜の2回保湿をすることがおすすめです。特に入浴後は入浴前よりも肌が乾燥するため、念入りに保湿剤を塗りましょう。

朝は顔や身体を拭いた後やおむつを交換した後、パジャマを着替えた後に保湿をするとよいですよ。赤ちゃんは寝ている間にたくさん汗をかくため、汗を拭いて保湿をすると皮膚トラブルを防ぐことができます。

日中は保湿をする時間や回数に決まりはありませんが、食事で汚れたり汗をかいたりして、肌を拭いた後は保湿を忘れずに行いましょう。赤ちゃんによって肌の状態は異なるため、わが子の肌に合わせて保湿のタイミングを調整するとよいかもしれませんね。

赤ちゃんにあった保湿剤選びも重要

保湿剤にはさまざまなタイプのものがあり、どれを使えばよいか迷ってしまう方も多いでしょう。保湿剤は成分によって、肌に塗ったときのベタつき感や伸ばしやすさが違うため、季節に合わせて使い分けている方もいるようですよ。

ローションタイプの保湿剤は伸びがよく、どんな肌質の赤ちゃんにも対応できるのが特徴です。乾燥が気になる赤ちゃんには、ローションタイプの保湿剤とクリームタイプの保湿剤を重ねて塗るとより潤いのある肌を保つことができます。

ほかにはオイルタイプの保湿剤があり、油分で肌を保護するため、保湿効果が高いのが特徴です。赤ちゃんの肌に使用する保湿剤は、不要な成分の入っていない安全なものを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんのための夏におすすめな保湿剤

ママバター ベビーローション

ママバター ベビーローションはシアバターをメインに使用した保湿剤で、シアバターと天然由来の保湿成分が肌の奥の角質層まで浸透して肌を潤します。原料には食物アレルギーと関係のある成分が含まれていないため、アレルギーが心配なママも安心して使用できるでしょう。

メイン成分のシアバターは、シアの木の種から抽出した油脂のため、天然素材で口に入っても安全なところが嬉しいですね。また人の肌の皮脂膜に似た成分であることから、敏感な赤ちゃんの肌を優しく保湿してくれます。

肌に塗ったときの感触は、さらっとしていてつけ心地が軽く、すべすべとした肌になるでしょう。夏はのびがよく、素早く肌に浸透する保湿剤が重宝しそうですね。

パックスベビーボディークリーム

パックスベビーボディークリームは赤ちゃんに優しい石けんのシリーズで、マカデミアナッツの油を使用しています。合成界面活性剤や合成防腐剤を使用せず、無香料で無着色と余分なものが入っていないところがよいですね。

マカデミアナッツ油は、赤ちゃんの皮脂に含まれるパルミトオレイン酸が豊富で、植物油の中では人の肌に最も近いため、保湿や保護に適しています。ほかの保湿剤と比べて保湿力が高いことから、赤ちゃんだけでなく肌の弱い大人の方の使用も多いようです。

肌に塗ったときの感触は、べたつかず肌によくなじんでしっとりと潤います。乾燥がひどいときは、マッサージをしながら肌に塗り込むと、より効果が得られることでしょう。

アトピタ 保湿全身ミルキィローション

アトピタミルキィローションは潤いの成分となるラノリン脂肪酸コレステリルと天然成分のヨモギエキス、尿素が配合されており、肌の表面に水分を閉じ込めることで、乾燥が防げる仕組みになっています。

尿素は角質を柔らかくして体内の水分を保つ働きがあり、肌の角質層まで潤います。また無香料や無着色、ノンアルコールやパラベンフリーといった低刺激な処方のため、赤ちゃんの肌に安心して使用することができますね。

肌に塗ったときの感触は、べたつかず広範囲に塗ることができ、しっとりとした仕上がりになります。

アトピタのシリーズには、紫外線対策として保湿UVケアクリームもあり、日差しの強い夏のお出かけに活躍してくれそうですね。

まとめ

夏は湿度が高いことやたくさん汗をかくことから、赤ちゃんの肌に保湿は必要ないと思われがちですが、赤ちゃんの肌は季節を問わず乾燥しています。夏に多いあせもや紫外線による皮膚トラブルは保湿によって防ぐことができるので、こまめに保湿剤を塗るとよいでしょう。

保湿剤を使用するときは、赤ちゃんの肌に優しく安全な成分でできているものを選ぶことがおすすめです。保湿剤の正しい塗り方やタイミングを知り、デリケートな赤ちゃんの肌を夏のあらゆる刺激から守っていけるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018