就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

双子なのに性格が違う!?性格、恋愛、才能と「遺伝子」の深い関係

双子なのに性格が違う!?性格、恋愛、才能と「遺伝子」の深い関係

同じ日に産まれ、同じ環境で育つ双子は、話し方や仕草までそっくりなことがあれば、「本当に双子?」といいたくなるほど似ていないこともありますよね。今回は似ている双子と似ていない双子の違いや、双子の恋愛傾向、才能と遺伝子の関係についてご説明します。

一卵性双生児と二卵性双生児の違い

一卵性双生児のDNAは99%以上一致する

卵子と精子が結合して受精卵になると、受精卵の中にある核が着床するまでに何度も分裂を繰り返します。その途中で授精卵が二つの授精卵に分かれ、分かれた受精卵が二つとも着床すると2人の赤ちゃんとなり、一卵性双生児と呼ばれる双子になります。

もともと一つの受精卵から育っているので、DNAは99%以上一致します。血液型と性別は同じで、顔も見分けがつかないくらいそっくりになることがほとんどです。

テレビなどで話題になっている「双子タレント」は、モデルの蛯原友里さんや、おすぎとピーコさんなど、顔も声もそっくりな一卵性双生児が多いので、一般的に「双子」というと一卵性双生児のイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、遺伝子からそっくりな一卵性双生児ですが、指紋、目の光彩、静脈のパターン、ほくろの位置などに違いがあります。生体認証で指紋や光彩が使われるのは、一卵性双生児でも一致しないからなのですね。

なお、一卵性双生児は基本的に同じ性別ですが、まれに「異性一卵性双生児」といって、違う性別で産まれることがあります。

二卵性双生児は性別や血液型が違うことも

一つの授精卵が二つに分かれて2人の赤ちゃんになる一卵性双生児とは違い、二卵性双生児は二つの卵子にそれぞれ精子が結合したことで2人の赤ちゃんになる双子です。

一卵性双生児は受精卵が偶然二つに分かれて産まれますが、二卵性双生児は排卵誘発剤の影響で産まれやすくなるといわれています。

もともと違う受精卵ですので、DNAは一卵性双生児ほど一致せず、平均して50%くらいの一致率だそうです。一般的なきょうだいの一致率とあまり変わらないので「たまたま一緒に産まれてきたきょうだい」といった感じですね。

二卵性双生児は血液型や性別が違うこともあり、顔もあまり似ていないことがあります。とはいえ、同じパパとママから産まれているので、性別が違っていても全体的な顔立ちや雰囲気は似ていることが多いですね。

また、性別や血液型が同じで、顔も似ている二卵性双生児もいるので、一見すると一卵性双生児のように見えることもあります。

双子のお兄さんがいるローラさんや、双子の弟がいる藤木直人さんなど、二卵性双生児のタレントもたくさんいます。

性格は「遺伝と環境の相互作用」で決まる

遺伝子が性格に与える影響

性格は産まれたときから決まっているという言葉を聞いたことはありませんか?確かに、産まれたばかりの赤ちゃんでも、神経質な赤ちゃんがいれば、ほとんど泣かないのんびり屋の赤ちゃんもいますよね。

研究によると、性格のすべてが遺伝子によって決まるわけではないものの、「せっかち」「のんびり屋」「内気」といった、基本的な性格は遺伝子の影響を受けやすいといわれています。

一つの授精卵が分かれて産まれた一卵性双生児の赤ちゃんは、遺伝子もほとんど同じですので、基本的な性格が似ていても不思議ではありません。

しかし、遺伝子で決まるのは家でいうと「基礎」の部分だけですので、成長する環境や経験の違いで、性格は変わってきます。

生まれ育った環境が性格に与える影響

もし、街でまったく同じコーディネートをしている人を見かけたら、上着を脱いだりスカーフを足したりして、違う印象になるようにアレンジしたくなりませんか?実は双子はこれと同じように、違う性格になることで「自分らしさ」を出そうとする傾向があるといわれています。

また、同じ家で育っていると「姉と妹」のような関係性があるため、子どもは自然と「役割に合った性格」を身に着けていくそうです。

例えば、遺伝子由来の「のんびり屋」の性格を妹が強く出すと、姉は「しっかり者」になることで、姉という役割を果たしながら、「自分らしさ」を作っていくという感じですね。

なお、双子は離れて暮らしたほうが似た性格になるという研究結果もあるそうです。不思議ですね。

同じ遺伝子でも働き方で性格が変わる

遺伝子は環境などによって遺伝子の一部が変化する「遺伝子の修飾」という現象が起こり、働きが抑えられることがあるといわれています。

例えば、内気な性格の遺伝子を持った双子の一方にピアノを習わせ、もう一方は水泳教室に通わせたとすると、水泳教室に通った子どもは内気さが少し抑えられるという感じです。

また、学校や友人の間で、内気な性格について肯定的にいわれた子と、否定的にいわれた子では、でき上がる「自分のイメージ」が変わってきます。

自分へのイメージは考え方にも影響するので、自分によいイメージを持っている子は内気な性格が「考えの深さ」として働き、自分によくないイメージを持っている子は内気な性格が「うたぐり深さ」として働くかもしれません。

気になる!双子の恋愛傾向と知能、才能

人を好きになる気持ちに遺伝子は関係ない

「美人やイケメンは優れた遺伝子を持っているから魅力的に見える」「女性は男性の匂いから遺伝子情報を読み取り、好感を感じたり、嫌悪を感じたりする」など、遺伝子と恋愛感情は結びついているという話を聞いたことはありませんか?

もし、本当に遺伝子が恋愛を決めてしまうのであれば、同じ遺伝子を持つ一卵性双生児は「同じ人を好きになる」か「似たような人を好きになる」ということになりますよね。

しかし実際は、双子のパートナー同士を見比べてみると、ほとんど似ていないということが多いそうです。

子孫を残すという点では遺伝子は大切かも知れません。しかし、人を好きになるのは「遺伝子」ではなく「心」ということなのでしょうね。

知能才能は半分以上が遺伝子に関係している

知能や性格がどのように遺伝するのかを調べる「行動遺伝学」では、性格は30.0%から50.0%、知能は70.0%、学力は50.0%が遺伝で説明ができるといわれているそうです。

ちなみに、音楽、執筆、スポーツ、数学などの分野は、特に遺伝の影響が強いそうです。いわれてみると、芸能人の子どもが俳優やミュージシャンになる、姉妹全員がファッションデザイナーになるということもありますね。

同じ遺伝子を持っている一卵性双生児は、持っている才能や知能が同じくらいであることが多いそうです。

しかし、成長につれて興味を持つ分野などに違いができることから、能力の育て方による差ができ、傾向は似ているけれど、違う才能を開花させるということもあるようです。

才能が開花するかは育て方や環境で決まる

才能や知能は遺伝の影響が強いと聞くと、習い事や勉強は無駄なのではないかと心配になるかもしれません。しかし、さまざまな趣味に触れることや、勉強をすることは決して無駄ではありませんよ。

いうなれば、遺伝子は「種」のようなものです。

どんなによい種でも、栄養の少ない土に撒き、ほとんど水をやらずに育てれば、花が咲く前に枯れてしまいます。しかし、普通の種でも、肥料と水をたっぷりあげて育てれば、素晴らしい花を咲かせることができます。

パパやママが持っていないと思っている才能も、実は「埋もれてしまった種」や「育つことができなかった芽」かもしれません。子どもにさまざまな経験をさせることは、隠れた才能を開花させるチャンスになりますよ。

まとめ

同じ日に産まれ、同じ環境で育つ双子は、産まれたときはよく似ているかもしれませんが、心や体の成長と一緒に、性格や考え方にも少しずつ違いが出てきますよ。

一卵性、二卵性、性別の条件とは関係なく、違う性格になっていくのは、なんだか不思議な感じですね。

歳が同じであることや、顔が似ていることから、2人で一つの「双子」として見てしまいがちですが、1人1人の「子ども」として、それぞれの個性をかわいがってあげてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018