就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産祝いにお花を贈ろう!贈る際のマナーや喜ばれる花は?

出産祝いにお花を贈ろう!贈る際のマナーや喜ばれる花は?

出産祝いで、子育てに役立つものを贈るのもよいですが、お花を贈るのも素敵ですね。出産祝いに向いている気のきいた花言葉や、出産祝いならではのアレンジメントを知って、頑張ったママに喜ばれるお花を贈りたいものです。今回は、お花を贈るときのマナーや、出産祝いにおすすめのお花を紹介します。

出産祝いにお花!贈る際のマナーは?

入院中は鉢植えではなく切り花にしよう

入院中にお花を贈りたい場合、まず病院にお花を贈ってよいのかを確認しましょう。花瓶の水の菌が感染症の原因となる恐れがあり、生花の持ちこみを禁止する病院が増えています。

また、お花が退院後に届いてしまわないように、退院日も確認しましょう。基本的に入院日数は決まっていますが、例外として早く退院することがあります。

入院中に鉢植えを贈るのは「根付く=寝付く」と連想し、縁起がよくないので避けるのがマナーですよね。「出産は病気ではないので大丈夫なのでは?」と思うかもしれませんが、この場合も同じですので避けましょう。

逆に退院後は「子どもの成長を祈る」という意味になるので、鉢植えのお花や観葉植物を贈りたい場合は、退院後に自宅に贈るとよいでしょう。

散りやすい、匂いがきつい花は避けよう

入院中や退院後のママは、赤ちゃんのお世話で大変です。切り花を贈った場合、花瓶が無いと買いに行かなくてはいけません。また、花びらが散りやすかったり世話の大変だったりするようなお花を贈った場合、やることが増えてしまったり、お花の手入れができず駄目にしてしまったりしては悲しいですよね。出産祝いのお花は、あまり手のかからないものを選ぶことをおすすめします。

きれいな切り花もたくさんありますが、アレンジメントだと、世話をする必要もないのでよいですね。病院に贈った場合も、持ち帰りやすくて便利ですよ。

また、産後体力の落ちているママと、敏感な赤ちゃんのいる部屋に飾る花ですので、花粉が飛びやすい花や、匂いがきつい花は、避けるようにしましょう。

縁起のよいお花や本数を選ぼう

お祝いに贈るお花は、縁起や本数を考えて選びましょう。相手の好きなお花を贈りたいときに、そのお花がマナー違反になる場合は、一言伝えて渡しましょう。

白と黄色の菊は、仏花なので避けますが、オレンジやピンクの菊なら大丈夫です。シクラメンは「死・苦」を連想させ、アジサイは枯れて色あせてしまう、椿やチューリップは花が落下する様子がよくないとされています。

白・青・紫はお悔やみの色ですが、明るい色に混ぜて使うには問題ありません。また、男の子の色として青を使う場合、明るい雰囲気にしましょう。

お祝いごとでは、基本的に奇数を用います。 偶数は割り切れるので縁起がよくないとされ、「4=死」「6=仏事で用いる数字」「9=苦」は、避けた方がよい本数です。

出産祝いに向いている花言葉のお花は?

【男の子】ブルースター・青いアジサイ

男の子の出産祝いに向いている花言葉を持つお花をニつ紹介します。

まずは「ブルースター」です。小さな星形のお花で可愛らしいですね。花色は「ベイビーブルー」といわれ、男の子のラッキーカラーです。花言葉は「幸福な愛」「信じあう心」。

このお花は日本ではウエディングに使うことが多いのですが、西洋では、男の子の誕生を祝うときに贈る定番のお花です。

もう一つは「青いアジサイ」です。梅雨の季節になると、よく見かけますよね。長い雨の中でも耐え忍んで咲いていることもあり、花言葉は「忍耐強い愛」です。

ママの育児に通じるものがあって、これからの育児を応援する意味にもなりますよ。アジサイは、切り花よりも小さな鉢植えにする方が、管理がしやすいのでおすすめです。

【女の子】ピンクのガーベラ・ピンクのバラ

女の子の出産祝いに向いている花言葉を持つお花を二つ紹介します。

まずは「ピンクのガーベラ」です。明るく可愛らしい花束ができそうですね。ガーベラ全体の花言葉は「希望」「常に前進」といい、人生の始まりにぴったりの言葉です。

ピンクのガーベラには「思いやり」「愛情」という花言葉があり、ママから赤ちゃんへの愛情や、女の子に持って欲しい感情ですね。

もう一つは「ピンクのバラ」です。可愛らしさと華やかさをあわせ持つ花束ができそうですね。花言葉は女の子らしく「しとやか」「美しい少女」です。

また、バラは本数によって意味が違い、それぞれ違った愛情表現になっています。5本の「あなたに出会えたことの心からの喜び」は出産祝いにぴったりですね。

男女ともにおすすめはカスミソウ

男の子にも女の子にもおすすめできるお花は「カスミソウ」です。英名で「ベビーブレス」とも呼ばれ、日本語にすると「赤ちゃんの吐息」または「愛しい人の吐息」となります。出産祝いにぴったりですね。

カスミソウの花言葉は「清らかな心」「無邪気」「親切」「幸福」「無垢の愛」「感謝」「夢心地」など、幸せにつながる言葉がたくさんあります。

また、色別に見ると、白のカスミソウは「清らかな心」「親切」「感謝」ピンクのカスミソウは「切なる願い」「感激」になります。

ただ、カスミソウだけでは寂しいので、ほかのお花と組み合わせて贈るのがよいでしょう。見た目で組み合わせるのもよいですが、花言葉の意味を考えて組み合わせるのも面白いですね。

出産祝いにおすすめのアレンジメントや花束

【男の子】ベビーシューズのアレンジメント

出産祝いのために作られたアレンジメントはおすすめです。

男の子の場合、ベビーシューズのアレンジメントもよいでしょう。「赤ちゃんがスクスク育ちますように」という願いの込められた贈り物です。

リボンのついたベビーシューズ型の陶器に、ブリザードフラワーが入ったもので、品がよくインテリアとしてもおすすめです。

小さなぬいぐるみがセットになったものもありますし、色やお花の種類も豊富ですので、お気に入りのものを見つけて贈ってはいかがでしょうか?

ブリザードフラワーは、きれいなまま保たれるので、いつまでも変わらない想いを伝えることができます。

これは、女の子の色もありますので、女の子の出産祝いとしても贈ることができますよ。

【女の子】花束「わたしとウサギの花畑」

動物やキャラクターの乗ったアレンジメントもたくさんあります。出産祝いらしく可愛いのでおすすめの贈り物です。その中から、女の子らしくて可愛いものを一つ紹介します。

イイハナ・ドットコムで購入することができる花束「わたしとウサギの花畑」です。

花束といっても、花瓶のいらないそのまま飾れるブーケで、ゼリー状の保水材が入っているので、お水をあげる必要がありません。出産後、忙しいママでも安心ですね。

全体的にピンク色のブーケで、真ん中に女の子とウサギがいます。菊の一種のピンポンマムという丸いお花が顔になっていて、ほっこり笑顔に癒される、素敵な贈り物になっています。

こちらは、くまをモチーフにした男の子用もあります。

インパクトがある!バルーンフラワー

ちょっと珍しいアレンジメントとして、バルーンフラワーはいかがでしょうか。透明の大きなバルーンの中に、フラワーアレンジメントが入った贈り物で、見た目がとても豪華です。受け取ったときにテンションが上がる人も多いことでしょう。

バルーンフラワーは、お店によっては、お花やリボン、風船の柄やカラーペーパー、メッセージも、自分で選ぶことができ、オリジナルのバルーンを作ることも可能です。贈る相手を想いながら組み合わせを考えるのも楽しそうですね。

バルーンの中にずっとお花を入れておくわけにはいかないので、届いて少ししたら、バルーンを割ります。その後はアレンジメントだけで飾ることになるので、バルーンを割った後のイメージも想像して選ぶといいですよ。

まとめ

お花を贈るときのマナーや、おすすめのお花やアレンジメントについて紹介しましたが、いかがでしたか?

お花の出産祝いは、贈り物そのものにメッセージを込めることができるので素敵ですね。相手のことを想って、花言葉の組み合わせを考えるのも楽しそうです。

お店で直接選ぶのもよいですし、出産祝い用のアレンジメントもたくさん出ているので、その中から気に入ったものを選ぶのもおすすめです。

出産を終えて、これから忙しい毎日を過ごすママへ、見ると元気になったり癒されたりするお花を選んで贈りましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018