就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産1カ月前の外出は大丈夫?万が一への備えと注意すべきこと

出産1カ月前の外出は大丈夫?万が一への備えと注意すべきこと

出産予定日まで1カ月になると、いつ出産がはじまってもおかしくありません。陣痛、破水など出産のはじまりは予測がつかないものなので、そうしたことが気になって外出してもよいかどうか迷うママも多いですよね。この記事では、外出の許容範囲や時間帯、そのほかの注意したいポイントをまとめてみました。

外出する前に知っておきたい三つの疑問

外出範囲はどこまで?

赤ちゃんが生まれたら、しばらくは自由に外出できなくなることを考えると、生まれる前にいろいろとお出かけしておきたくなりますね。臨月には、どこまでの範囲なら外出してもよいのでしょうか?

臨月に入る妊娠37週頃は、赤ちゃんの方も生まれる準備ができていつ生まれても大丈夫とされる時期です。いつ出産がはじまって入院となってもよいように、妊娠36週までには入院準備を整えておきましょう。

その上で、臨月に入ってからの外出は近所に買い物に行ったり、友達と近場のカフェでランチをしたりといった範囲であれば問題ありません。家の近くを散歩するのも、運動になるのでおすすめです。ただし、少しでも体調に不安があるときは無理はせずに外出は控えてくださいね。

外出する時間帯はいつがおすすめ?

午後は体に疲れが出やすくお腹も張りやすくなってしまうため、外出するなら午前中の時間帯をおすすめします。

また、外出時に公共交通機関を利用するなら、朝の通勤ラッシュや夕方の帰宅ラッシュを避けた時間帯を選びましょう。特に、混雑した乗り物の中ではお腹を圧迫される心配がありますし、人の多さに酔ってしまって気持ちが悪くなる可能性もあります。

バスや電車が混雑する時間帯を避ければ、座席を確保しやすいです。乗車している時間が短い場合でも、臨月のお腹で揺れる乗り物に乗るのは負担が大きいため、座れる時間帯を選ぶことが大切です。もしも混雑する時間帯に外出する必要がある場合は、家族に車を出してもらうとか、タクシーでの移動も考慮しましょう。

旅行や遠出は控えるべき?

妊娠中の旅行や遠出は妊娠経過が順調であれば特に問題ありませんが、臨月に入ったらできるだけ控えましょう。出先で陣痛や破水などが起こった場合に、対応に遅れが出てしまう不安があるからです。

そのため、出産が近くなったら、自宅や産院からあまり遠く離れた場所には行かないようにしましょう。なにか起こった場合にすぐに産院に向かえるように、産院まで遠くても1時間程度で到着できるくらいの場所にしておくと安心です。

もし、妊娠中に旅行に行っておきたいというのであれば、臨月に入る前までに行くように計画してくださいね。特に経産婦の場合は、初産婦よりもスピード出産になる可能性が高いので注意が必要です。冠婚葬祭などやむを得ない事情なら、医師に相談しましょう。

安心して外出するための準備と注意したいこと

1人での外出は避けよう

臨月に入ったら、不要な外出はできるだけ控えた方が安心ですが、外出しなくてはいけない場面も出てくるかもしれませんね。そうしたときには、誰かに付き添ってもらうようにしてください。

出産がはじまるタイミングというものは誰にも予測がつかないものです。もしも、ママが単独でお出かけしていて外出先で陣痛がはじまってしまったら?破水をしてしまったら?そんな不測の事態に対応してくれる人が一緒にいてくれると心強いですよね。

いざというときのために、付き添ってくれる人には出産する病院の場所と連絡先を伝えておきましょう。1人で外出するしかない場合には、家族と連絡が必ずとれるような体制を整えておくことをおすすめします。

混雑する場所や時間帯は避けよう

前の方でも述べていますが、外出するなら通勤通学ラッシュの時間帯は避けるようにしたいですね。

混雑する場所や時間帯は、お腹の大きな妊婦さんにとっては危険が多いからです。人ごみに揉まれてお腹を圧迫してしまうかもしれませんし、誰かとぶつかって転倒してしまうかもしれません。朝夕のラッシュの時間帯の駅は急いでいる人も多く、そうした危険性が特に高い場所であるといえます。

また、休日のショッピングモールや観光地なども混雑が予想されるので避ける方が安心です。混雑している場所では動きにくいので疲れやすいですし、感染症にかかるリスクも高まります。

外出するのであれば、平日の人が少ない時間帯を選ぶようにしましょう。

こまめな休憩と用意するとよいもの

臨月のお腹は張りやすい状態なので、少しでもお腹が張ったり、ママ自身が疲れを感じたりしたらこまめに休憩をはさみ、決して無理しないように心がけましょう。そのため、スケジュールには余裕を持って行動したいですね。

万が一、外出先で出産がはじまったらそのまま病院へ直行できるよう、保険証や診察券、母子手帳は常に用意して持ち歩くと安心です。もしかしたら破水する可能性もあるので、夜用ナプキンを数枚準備しておくのもおすすめですよ。

事前に妊婦対応のタクシー会社に登録しておくと、緊急時にもスムーズに対応してもらえます。病院の連絡先とあわせて、タクシーの電話番号を携帯に登録しておくと、突然、産気づいても慌てずに済むでしょう。

外出する際の移動手段と手段別の注意点

電車を利用する場合の注意点

くりかえしになりますが、電車を利用するなら混雑時を避け、空いている時間帯に乗るようにしましょう。

また、これは電車に限ったことではありませんが、不特定多数の人が利用する乗り物では、感染症にかかるリスクがあることを頭に入れておきたいですね。乗車する際は、マスクの着用を忘れないようにして、帰宅後は手洗いうがいを徹底しましょう。

新幹線を利用するのであれば、自由席ではなく必ず指定席を選ぶようにすると安心です。指定席を選んでおけば、混雑していて空いている座席がないという心配がありません。さらに、喫煙ルームから離れたところに座る、トイレの近くに座るなど、座席の位置もある程度希望がとおりやすくなるので、ママの負担軽減につながります。

車で移動する場合の注意点

車を利用する場合は、運転を家族や友人にお願いするようにして、ママ自身が運転することはなるべく避けましょう。

妊娠29週以降の妊婦では、車を運転すると子宮の収縮が通常に比べて7倍に増加するというデータもあることから、運転はママと赤ちゃんに大きな負担がかかることがわかります。さらに血圧も上昇する傾向があるので、妊娠高血圧症候群と診断されたママは特に注意が必要です。

やむを得ずママが運転するときは長時間の乗車は控えて、疲れや張りを感じたらすぐに休むようにしましょう。ちなみに、妊娠中でもシートベルトの着用は必要です。いつものシートベルトに圧迫感があるようなら、お腹が大きくても使えるマタニティシートベルトというものもありますよ。

里帰りなどで飛行機を利用する場合の注意点

里帰り出産などのために飛行機を利用するのであれば、できれば妊娠37週に入る前までに移動をしておくと安心です。ですが、もし臨月に入ってしまった場合、出産予定日から28日以内の搭乗となると、事前に医師の同意書と診断書の準備が必要となります。これは国内線の場合、JAL、ANAともに必要なので注意しましょう。

なお、出産予定日28日以内のママが同伴できるのは幼児1名のみであることも、頭に入れておいてください。

ところで、各航空会社には妊婦が快適に搭乗できるサービスがあることをご存知ですか?妊婦は優先的に機内へと案内をしてもらえたり、長距離を歩くことが不安なママは電動カートを利用したりできます。利用の際は、事前に確認してみてくださいね。

まとめ

出産1カ月前ともなると、お腹も大きくなり赤ちゃんがいつ生まれても不思議ではない状態です。そのため、家の外に出ることが不安になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、少しくらいのお出かけなら気分転換になりますし、出産に向けた体力づくりにも役立ちます。万が一を考えた準備はしておきつつ、無理のない範囲で行動すれば過剰に心配する必要はありません。出産までの残りわずかなマタニティライフを、存分に楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018