就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

なぜ出産直前に食欲は増える?空腹の原因や産前のママの身体について

なぜ出産直前に食欲は増える?空腹の原因や産前のママの身体について

「出産間近になると、なぜか食欲がとまらなくなる」という話はよく耳にしますよね。それまで体重管理をがんばってきた方でも、この時期にはつい食欲に負けてしまいそうになることが多々あるようです。今回は、出産直前にはなぜ食欲が増えるのか、解決するにはどうすればよいのかについてご紹介していきます。

出産直前の食欲が止まらない原因は?

出産に向けて栄養を蓄えようとする

長い妊娠期間を経て、いよいよ赤ちゃんと対面できる出産直前の時期には、赤ちゃんの顔が見られることへの楽しみがつのる一方で、お産や産後の育児への不安、臨月ならではのマイナートラブルに悩まされることも多々あるでしょう。

中でも、出産直前のママを悩ませるのが食欲が増してしまうことです。妊婦健診のたびに体重の増加を気にし、食事や運動などで体重管理に気をつかってきたという方でも、この時期に食欲が止まらなくなってしまうということはめずらしくありません。

しかしこれは母体が出産への準備をはじめている証拠。出産におけるエネルギーの消費量は半端ではないため、お産を乗り切れるようにと身体がエネルギーを蓄えるようになるのです。

臨月になると胃がすっきりすることも

臨月にもなるとお産に向けたさまざまな変化が身体にあらわれるようになりますが、その中の一つに「子宮の位置が下がること」が挙げられます。

臨月に入るまでは胃袋の周辺で子宮が大きくふくらんでいるため、多くの量を食べると胃を圧迫して苦しくなることが多々あるかと思います。しかし、臨月になるとお産に向けて子宮が下がっていくため、胃の辺りがすっきりとしたように感じ、食欲が増すようになるのです。

強い眠気や頻尿などとともに、食欲の増加も陣痛の兆候として挙げられる身体の特徴です。いよいよお産の時期が近づいてきたという証拠ですので、出産への心構えをしつつ、残り少ない妊娠期間の体重管理をしっかりとしていきましょう。

理想的な体重増加は1週間で約500gに

「臨月に入ってから体重の増加が止まらない」と悩むママは多くいます。とくに妊娠初期に食べづわりのあった方であればなおさら、後期の体重管理には苦戦するのではないでしょうか。

胃への圧迫感がなくなって食欲が増す、大きくなるお腹のせいで動くのがつらくなって運動不足になるなど、臨月は体重が増加しやすい傾向にあります。妊娠中期から末期における理想的な体重の増加量は、BMI25未満の方で1週間あたり300〜500gとされていますので、この範囲におさまるよう調整をする必要があります。

ただしこれはあくまでも目安であり、妊娠経過や体質によって異なります。かかりつけの医師と相談しながら体重管理をしていきましょう。

臨月に食べすぎることはよくないの?

出産直前の体重増加はほぼママの脂肪に

「体重が増えることはお産へのエネルギーを蓄えている証拠なのだから、あまり心配しなくてもよいのではないだろうか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、臨月に体重が増えすぎるとさまざまなリスクをともなう恐れがあります。

とくに妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、またそれにともなう頭痛やむくみなどの合併症などを引き起こす可能性がありますので、安産のためにも体重の増加を避けるよう努めましょう。

あと少しでお産という気持ちのゆるみからつい食べすぎてしまうかもしれませんが、臨月の時期に増える赤ちゃんの体重はほんのわずかです。増えた体重はそのままママの脂肪となってしまいますので、体重の増加には細心の注意を払うようにしてくださいね。

脂肪を溜め込みすぎると難産のリスクも

はじめての出産であれば、未知の体験への不安からついつい食べすぎてしまうこともあるでしょう。胃への圧迫感が弱まったり運動不足になったりすることなども相まって、よけいに脂肪を溜め込みやすくなってしまいますよね。

しかし、出産直前こそもっとも太ってはいけない時期ですので注意が必要です。この時期に体重が増えすぎてしまうと産道に厚みがでてしまい、赤ちゃんが通る道がせまくなってしまうのです。

微弱陣痛の可能性が高まって分娩に時間がかかってしまい難産になる、赤ちゃんと胎盤が体外に出てからも出血のとまらない「弛緩出血」になる、出産できないほど太ることで帝王切開になる、などの可能性も出てきます。出産直前に激太りをしないよう管理をしましょう。

急な体重増加は妊娠線の原因に

出産予定日が近づくにつれて、「いつ陣痛が来るのだろうか」「ちゃんとお産を終えられるのだろうか」とあれこれ考えてしまい、不安にかられるママは少なくありません。

出産への不安やストレスを解消するために、間食をしたりつい食べすぎてしまったりするケースは多々あるでしょう。しかし、やはりこの時期に食べすぎてしまうと体重が急激に増加してしまい、母体にさまざまな負担が出てきてしまいます。

中でも急にお腹が大きくなることで、いくら妊娠線予防のクリームを塗っていたとしても妊娠線ができてしまう可能性があるのです。とくにお腹の下の方は臨月になると見えにくくなるため、体重の増加で妊娠線ができてしまったとしても気づかない場合が多いので注意が必要ですよ。

出産まで残り少し!体重増加を軽減する対策

塩分の取りすぎはむくみの原因に

「体重がまた増えている…」と体重を測るたびにおどろいてしまうこともめずらしくない出産直前の時期。「体重が増えすぎてしまって妊婦健診の際に怒られた」という経験のある方も少なくないでしょう。

体重の増加がとまらないこの時期には、これ以上の増加をおさえるためにも、より一層の食事への配慮が必要です。とくに妊娠中は女性ホルモンの影響で身体に水分を溜め込みやすくなるため、むくみを回避する食事をとることが大切になります。

とくに塩分の多い食事をとってしまうと、身体が体内の塩分濃度を調整しようと水分の排泄をおさえてしまうようになります。これが妊婦さんを悩ませるむくみの原因となってしまいますので、減塩を心がけたメニューにしてみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC