就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生後0カ月の新生児の特徴とは?育児のポイントや注意点を知ろう

生後0カ月の新生児の特徴とは?育児のポイントや注意点を知ろう

待ちに待った我が子とのご対面。こんな子が私のお腹に入っていたんだねと感慨深いものがあることでしょう。赤ちゃんと過ごす初めの1カ月。ママは授乳におむつ替えに大忙しです。新生児の赤ちゃんってどんな感じなの?体重や身長はどのくらいある?育児のポイントや注意点をまとめてみました。

生後0カ月【新生児期】の赤ちゃんの特徴

1日中、寝て起きて飲んでを繰り返す

生後0カ月の赤ちゃんは、一日の大半を眠って過ごします。まだ、昼夜の区別がつかず、お腹が空くと起きておっぱいやミルクを飲み、また眠るを繰り返します。

生後間もない頃の赤ちゃんは、まだおっぱいを飲む力が弱く、お腹がいっぱいになっていないのに、飲み疲れて寝てしまうということが、多々あります。

その姿はとてもかわいいくて、ママの疲れを癒してくれます。

しかし、お腹がいっぱいになっていないので、すぐに目を覚まして泣き出し、おっぱいを欲しがることも。

ママはしばらくの間、寝不足で大変だと思います。赤ちゃんが寝ている間は、自分も休むなどして乗りきりましょう。

もう少し大きくなるとまとまって飲んでくれますよ。

「モロー反射」という原始反射がある


生まれたばかりの赤ちゃんは何もできず、か弱い存在のように思えますが、実は生まれながらにして、反射的な動きをする能力が備わっています。

口に入った物に対して吸いつこうとする動きや、手に触れると、ぎゅっと握ろうとする動きを原始反射と言います。赤ちゃんが生まれてすぐに、おっぱいが飲めるのもこのためです。

誰も教えていないのにすごいですよね。

赤ちゃんは光や振動、音など大きな刺激を受けたときに一瞬体をびくっとさせ、腕をのばし前のものを抱きしめようとする動きをします。これを「モロー反射」と言います。

モロー反射によって、自分自身を守り、またパパやママにも守ってねという信号を発しています。


個人差がある身長や体重の平均値

生後0カ月の赤ちゃんの身長、体重の平均値は

男の子 身長:44.0~57.4cm 
    体重:2.10~5.17kg

女の子 身長:44.0~56.4cm
    体重:2.13~4.84㎏

男の子と女の子の間にも差がありますが、身長・体重の平均値の幅が広く個人差があることが分かります。

生まれてから一週間ほどかけて赤ちゃんは、体の中の老廃物や胎便、またお腹の中で飲んでいたママの羊水を排出していきます。このため、生まれたときより体重が3~10%減少します。

その後の赤ちゃんの体重増加は1日に20~30g程で、1カ月健診のときに、700~1000g体重が増えていると、赤ちゃんに必要な栄養が摂れていることになります。

生後0カ月の赤ちゃんの育児のポイント

母乳は欲しがるだけあげよう

生後0カ月の赤ちゃんは、母乳を飲んでいるか、寝ているかどちらかの状態です。

よく赤ちゃんの授乳は3時間おきにしましょうということを耳にしますが、きっちり3時間おきに目をさまして、母乳を欲しがる赤ちゃんはそんなにいないと思います。

特に生後1~2週間は、上手に母乳を飲むことができません。また体力もないので、飲みながら寝るということもよくあります。そうするとすぐにお腹がすき、授乳間隔が30分ということも珍しくありません。

生後0カ月の授乳は、赤ちゃんが母乳を欲しがったら欲しがるだけあげて大丈夫です。ママはとても大変だと思いますが、このときしかない、濃密な赤ちゃんとのスキンシップを楽しんで下さいね。

おむつは頻繁にとりかえよう

生後0カ月の赤ちゃんは、1日におしっこを10~20回します。とても多いですよね。これは、生まれたばかりの赤ちゃんは膀胱がとても小さく、1度にたくさんの尿を溜めておくことができないためです。

また、うんちも下痢のような水状のものが1日に5~7回出ます。

生まれたての赤ちゃんのお肌は、とても敏感です。おむつが濡れたまま、長時間そのままにしておくと、皮膚トラブルの原因になります。

こまめに取りかえてあげてくださいね。もしうんちなどで汚れがとれにくい場合は、こするのではなく、シャワーで流してあげるとよいですよ。

シャワーやお尻を拭いた後は、しっかりおしりを乾かしてから、おむつをつけてあげましょう。

スキンシップをたくさんとろう

この頃の赤ちゃんの泣く理由は、お腹がすいた、眠たい、おむつが気持ち悪いときくらいだと思いがちですが、不安な気持ちのときも泣くようです。

授乳やおむつ替えのときには「おむつがきれいになって気持ちいいね」など積極的に話しかけてあげましょう。赤ちゃんはとても安心すると思いますよ。

抱き癖という言葉がありますが大丈夫です。たくさん抱っこしてあげて下さいね。

生後0カ月の赤ちゃんは、まだ首が不安定なので、抱っこするときは、横抱きの方がママも抱きやすいと思います。しっかりと首を支えてあげ、もう片方の手でお尻を支えてあげましょう。

たくさんスキンシップをとることで、赤ちゃんとの絆は、ますます深くなっていくことでしょう。

生後0カ月の赤ちゃんの育児の注意点

便が何日もでていない

1日に5~7回排便がある赤ちゃんですが、赤ちゃんの中には便秘になる子もいます。

水分(おっぱい)が足りていないときや、もともと腸の長さが短い子など原因はさまざまですが便秘で苦しそうにしている赤ちゃんを見ると、ママは心配になってしまいますよね。

うんちが出ないとき、赤ちゃんの中にはお腹が気持ち悪くて不機嫌になる子もいるようです。顔を真っ赤にして、手足に力をいれてりきもうとしたり、泣きやまないときは便秘かもしれないので、赤ちゃんの様子をしっかり観察しましょう。

赤ちゃんの便秘には、お腹マッサージが効果的です。便が溜まりやすいといわれているお腹の左下を中心に、時計周りに「の」の字をえがくようにマッサージします。このとき力を入れすぎないように注意しましょう。

ベビーオイルをつけた綿棒で、赤ちゃんの肛門あたりを刺激することでうんちが出る場合もあります。

もし便秘かなと思ったらぜひ試してみてくださいね。

上記の方法を試しても、うんちが出ず赤ちゃんが辛そうにしているときは、小児科の先生に相談するとよいでしょう。

赤ちゃんの肌に湿疹ができてしまう

生後0カ月の赤ちゃんは、肌がきれいなイメージが強いと思いますが、皮膚がとても敏感な時期です。赤くなった肌を見て、ママはとても不安になることだと思います。

赤ちゃんの顔に、白いぶつぶつができる湿疹を「新生児痤瘡(しんせいじざそう)」といいます。一見、大人の白ニキビのように見えます。赤く腫れたりしていなければ、自然と治っていくので特に治療は必要ありません。

「乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)」は、主に赤ちゃんのまゆ毛や頭のあたりによく見られます。白くてカサカサしているので、一見フケのようにも見えるのが特徴ですが、赤ちゃんが痒がることはありません。

新生児期にできる湿疹は、ママから赤ちゃんへ移行したホルモンが影響しています。

肌に湿疹ができたときは、やさしく洗ってあげ皮脂をしっかり落としてあげます。このとき、強くこすらないようにしてくださいね。しっかり洗った後は、乾燥しないように保湿もしてあげましょう。

なかなか治らないときや、症状がひどくなるようならお医者さんに診てもらうとよいでしょう。

まとめ

生後0カ月の赤ちゃんとの生活は、授乳やおむつ替えでママはとても忙しくなると思います。

慣れない育児に、どうしても肩の力が入ってしまう時期ですが、ママもパパも育児1年目。しんどいときは、周りの人に相談したり、自分なりのリラックス法を見つけて、ママがゆったりした気持ちで育児してくださいね。

今回ご紹介した、育児のポイントや注意点も参考にしてみてください。

新生児期は人間としてまだまだ未熟な時期です。心配なことがあるときは、自分で判断するのではなく、お医者さんに相談してくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018