就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産祝いに絵本をプレゼント!選ぶポイントやオリジナル絵本を紹介

出産祝いに絵本をプレゼント!選ぶポイントやオリジナル絵本を紹介

出産のお知らせは、聞いた人みんながうれしくなるものですね。出産祝いに絵本を贈るという方も多くいらっしゃるようです。でもいざ本屋に行ってみて、「赤ちゃんが喜ぶような絵本ってどれかしら?」と悩む方も少なくないようです。今回は出産祝いにピッタリの絵本を選ぶポイントを考えてみましょう。

赤ちゃんにとって分かりやすい絵本は?

コントラストのはっきりした本

生後間もない赤ちゃんの視覚はまだまだ未発達です。ですから、赤ちゃんにとって分かりやすい絵本かどうかを考慮しながら選ぶと、赤ちゃんの喜ぶ1冊が見つかるかもしれません。

分かりやすい絵本の一つ目のポイントは、コントラストがはっきりしていることです。白と黒のようなコントラストの強い色の組み合わせは、赤ちゃんの未発達の視覚でも認識しやすいといわれています。さらにシンプルな図形、例えば丸や三角や四角なども同じく、赤ちゃんの目に認識しやすいようです。

生後間もない赤ちゃんも楽しめるようにデザインされた絵本には、この一つ目のポイントを盛り込んだものが多くあります。プレゼントを贈る側も楽しみながら選べるでしょう。

リズム感のある文章の本

二つ目のポイントは、リズミカルな文やテンポのよい音の繰り返しがあることです。

赤ちゃんにとってリズミカルな文章は、耳に心地よく興味を引くようです。風のビュービューという音、水のジャージャーと流れる音、物がコロンコロン転がる音、ドッシーンと落ちる音などは、子どもの絵本にもよく使われていますね。さらに響きの似ている言葉を組み合わせた文や、韻を踏んでいる文も面白がってくれます。

絵本はまず読み聞かせから始まります。リズム感のある楽しい文章を大好きなママの声で聞けたら赤ちゃんは大喜びでしょう。お気に入りの絵本として何回も聞きたがるようになったら、親子の楽しいふれあいの時間も自然と増えていきますね。

手に持ちやすい大きさの本

三つ目のポイントは、持ちやすい大きさの本を選ぶことです。赤ちゃんが手に取りやすいサイズがおすすめです。

赤ちゃんはお出かけが大好きです。手に持ちやすい大きさの絵本なら赤ちゃんとお出かけするときも本を持って行くことができます。ママのバッグにも入れやすいですし、赤ちゃんが読みたいときにさっと出すことができます。

公園のベンチでひなたぼっこしながら、赤ちゃんがお気に入りの本を読んだり眺めたりできたら楽しいでしょう。また病院などで飽きてしまったときも、ママが読み聞かせてあげることができますね。

今は、持ち運びしやすいお出かけ版やミニサイズの絵本もたくさん出ているので、赤ちゃんの好きそうな絵本が数冊あるとお出かけのとき役に立ちますよ。

赤ちゃんにとって安全な絵本とは?

とがりがなく、角が丸い物

さらに、絵本を選ぶときに考慮すると喜ばれるのは安全性です。まず本の角を見てみましょう。とがっていないものや角が丸くしてあるものを選ぶことをおすすめします。

赤ちゃんの体の動きや手つきはおぼつかないことが多く、力のコントロールもまだうまくできません。手に持ったつもりの絵本を落としたり、何かの拍子で顔や体に本の角をぶつけたり、落としたりすることもよくあることでしょう。そんなことが起こったら、角が丸くなっている絵本でも多少痛い思いはするでしょうが、大きなケガにつながる危険性は低くすることができますね。

プレゼントするときは、赤ちゃんやママを思いやりながら、安全性を考慮して選んだ本を贈ると喜ばれますよ。

しっかり厚地の紙を使用していること

厚地の紙でできている絵本を選ぶことも安全対策になります。

実際に本屋で絵本を探してみると、普通の紙の本と、かなり厚めの紙の本とがあることにお気づきになるでしょう。厚めの紙でできている絵本は、生後間もない赤ちゃんも安心して読めるようにデザインされたものです。

赤ちゃんは視力だけでなく筋力もまだ未発達なので、手や指の細かい動きも練習中です。ページをめくる手に力を込めすぎたり、ページ部分だけをつかんで動き回ろうとして本を破いて落としたりすることもよくありますね。

でも、しっかりとした厚地の紙を使用している絵本ならそう簡単には破れませんから、安心して赤ちゃんに絵本を持たせてあげられるでしょう。

また、薄い紙で指を切るということもないですね。

口に入れても安全な素材

口に入れても安全な素材でできているかどうかを考えることも大切です。

赤ちゃんは、とにかく何でもかんでも口に入れます。これは好奇心や興味の表れなので、自然な行動なのですが、危険なものを口にしていないかどうかは心配になりますね。

手にした絵本を赤ちゃんが噛んだりなめたりすることもよくあります。興味と関心の表れですから、お気に入りの絵本ほど口に入れるかもしれません。後で気づいて「大丈夫かしら?」と不安になるより、安全な素材でできている本なら、安心して赤ちゃんのそばに置けますね。絵本をなめていることに気づいても、慌てることなく笑顔で「ちょうだい」と取り上げる心の余裕も生まれます。

赤ちゃんに芽生えた好奇心と興味の種を守ることもできるでしょう。

少し先の年齢対象の絵本でも嬉しい

ちょっと長い目で 知育本

「知育本」と聞くと、どんなイメージが浮かぶでしょう。「教育本」とか「勉強になる本」でしょうか。「知育」という字は「知識を育てる」と書きますが、読み書きを覚えることや足し算引き算のような計算ができることを指しているわけではないようです。

思考力や発想力、連想力や創造力など、「自分の頭で考える力」を育むことが知育の目的です。そのため知育本には、形や色を探したり、布やフェルトなどをさし絵に貼り付けて手の触感を刺激したり、数字や動物が隠し絵になっていたりと様々な工夫がされています。

書店には、年齢に合わせた知育本がたくさんあります。0歳児用ばかりでなく、1~2歳になっても楽しめるものを贈るのもよいかもしれませんね。

子どもが大好き 飛び出す絵本

赤ちゃんの好奇心を刺激して物事への興味をひきだす工夫が詰まった絵本の一つに、飛び出す絵本があります。ページをめくるたびに本の中から絵が飛び出すので、赤ちゃんはビックリしたり大喜びしたりすることでしょう。

最近の飛び出す絵本には、さし絵や写真が飛び出してくる以上のしかけがされているものもあります。たとえば、動物の写真が飛び出すだけでなく鳴き声も出るようになっている絵本や、パパやママの手や指を使って飛び出した絵を完成させる絵本もありますよ。

赤ちゃんの目や耳を刺激して好奇心や集中力を育ててくれるしかけ絵本ですが、そこに込められた工夫には、赤ちゃんと一緒に読むママも楽しめるような魅力があるようです。

飾ってもおしゃれな外国の絵本

日本ではなかなか見られないような、カラフルな色使いや構図が外国の絵本の魅力ですね。そんなおしゃれな色使いや構図の絵本は、読まないで棚に飾りたくなるくらいです。

今はたくさんの外国の絵本が、日本語でも出版されています。ミッフィーやピーターラビットは多くの人に知られている外国の絵本ですね。一方で、ムーミンシリーズにも絵本があることは意外に知られていません。出された絵本は4冊と少ないですが、その中の1冊はしかけ絵本です。

もうすでに自分もよく知っている有名な外国の絵本をプレゼントするのもいいですし、書店で新しい作品を開拓するのも楽しそうですね。赤ちゃんだけでなくママにも喜んでもらえるおしゃれなプレゼントかもしれませんね。

オリジナルの絵本をオーダーしよう

ストーリーに赤ちゃんの名前入り

オリジナルの絵本が作れるという話を聞いたことがあるでしょうか。絵本の中に出てくる赤ちゃんや子どもの名前をオーダーできる、というものです。

自分の赤ちゃんが主人公になっている絵本をプレゼントとして頂けたら嬉しいですね。家族の記念にもなりますし、出産祝いに贈っても喜ばれそうです。赤ちゃんが大きくなってからも、きっと愛着のある1冊になるでしょう。

オリジナルといっても、難しい作業は必要ありません。注文も名前などの情報入力も、インターネットで簡単にできるようになっています。オリジナル絵本を制作してくれる会社も複数ありますので、お気に入りの絵本製作会社を見つけて、世界にたった1冊の絵本を作るのもいいですね。

写真入りも作ることができる

オリジナル絵本製作会社の中には、赤ちゃんの名前だけでなく、写真も本のさし絵として載せることができるところがあります。赤ちゃんの名前と写真で作るオリジナル絵本です。

アルバムと絵本のいいところを合わせたイメージですね。表紙やページのタイプ、性別に合わせて色を選べるようになっています。テーマも出産やイベントなどと分けられていますし、絵本の文章は定型文もあります。そこに名前や日づけなどを入力していくだけなので難しくありません。ママからのメッセージを載せることもできるので、赤ちゃんが成長した後のいい思い出になるかもしれませんね。

名前のみの絵本制作よりも申し込み作業は少し複雑になりますが、でき上がりを想像しながら楽しく写真集めをするのも楽しそうですね。

ストーリーもオリジナルに

用意されたいくつかのシナリオの中から、赤ちゃんのためのオリジナルストーリーを選ぶタイプの絵本制作会社もあります。どんなメッセージを送りたいのか、プレゼントを贈りたいママや赤ちゃんのことを考えながら選ぶのも楽しそうですね。

用意されているシナリオをそのまま使うこともできますし、別のストーリーを最初から考えることもできます。話を考えるのが得意な人なら、オリジナルストーリーの絵本を作ってプレゼントするのも喜ばれるかもしれません。

自分の考えたストーリーが1冊の絵本になって相手に届けられるなんてステキですね。赤ちゃんやママにとっても、プレゼントを送った側にとってもいつまでも心に残る1冊になるでしょう。

出産したママが思わず涙する絵本3冊

「おかあさんがおかあさんになった日」

赤ちゃんが生まれてくるまでのママの気持ちや、ママの行動を描いた本です。赤ちゃんを待ちわびる気持ちが伝わる絵本として人気が高く、出産祝いでこの本をプレゼントする方も多くいらっしゃいます。

一緒に読みながら「自分のときもこうだったの?」と興味津々に聞いてくる子どもたちも多いようで、親子の楽しい会話のきっかけになりそうですね。生まれる前から自分の誕生を楽しみにしていたことを知って、きっと子どもたちもうれしくなるのでしょう。出産では赤ちゃんのものをもらうことが多いですが、この本のような少しママを意識したプレゼントも喜ばれるようですよ。

初めてママになった時の気持ちを思い出させてくれる本と評価も高く、何回も読み返して親子で楽しんでいる方も多いようです。

注ぎ続ける愛情「ちいさなあなたへ」

赤ちゃんの小ささを知り、自分にもそんなときがあったことに気づき、ここまで育ててくれたママに感謝する、そんな命のリレーがあることを、シンプルな言葉で綴った絵本です。どちらかというと、女の子を出産した人にプレゼントするという方が多いようですね。子どもへの思い、そして育ててくれたママへの気持ちが深まる絵本として高い評価を受けています。

ママになるとはどういうことか、喜び、不安、苦労とは…。一緒に読んでいてママの方が思わず涙ぐんでしまった、という声もよく届く、心温まる1冊です。ふだん当たり前のように思ってしまいがちなママの愛情ですが、この絵本を親子で読んでお互いの愛情を深め合えたとおっしゃる読者の方も多いようです。

兄弟がいる方へ「ねえだっこして 」

家族の一員に赤ちゃんが仲間入りをすると、家族はみんな大喜びしますね。ですが、そこに少しさみしい気持ちもあるのがお兄ちゃんやお姉ちゃんなのかもしれません。そんな上の子どもの持つ複雑な心情を、巧みに愛情豊かに綴ったのがこの絵本です。

この絵本は猫の目線で書かれています。大好きなママに赤ちゃんが生まれ、ひざの上になかなかのれません。さみしいけど、自分の方が大きいんだから我慢しなくちゃと考えます。でも猫の本当の気持ちはどうなのでしょう?

赤ちゃんが生まれてしばらくは、ママも特に目の回るような忙しさですね。上の子どもがさみしがっていると分かっていてもなかなか時間が取れません。読むと子どもを抱きしめたくなると評判のこの本を親子で読むのもいいかもしれませんね。

まとめ

赤ちゃんが生まれたというお知らせは、本当に嬉しいものです。心からの祝福やおめでとうの気持ちをこめて、出産祝いのプレゼントをあれこれと考えるのは楽しいですよね。

今回は、プレゼント候補の一つとして絵本を取り上げました。選ぶときの参考としていろいろなポイントを考えましたが、赤ちゃんやママにとってまずうれしいのは、一緒に赤ちゃんの誕生を喜ぶ気持ちかもしれません。赤ちゃんやママの喜ぶ顔を想像しながら、書店で絵本を探してくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018