就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後の悩みを相談したい。イライラや育児の悩みを相談できるサービス

産後の悩みを相談したい。イライラや育児の悩みを相談できるサービス

妊娠中は、出産したら赤ちゃんを囲んで家族で楽しく過ごそうと思っていたのに、いざ出産してみると、いろいろと不安になったり、自分の心身が思うようにならずに辛くなったりするママは意外に多いです。そんなときは1人で抱え込まず早めに相談しましょう。ママの味方になってくれる相談窓口やサービスをご紹介します。

自宅近くの子育て相談所を利用する

自治体の子育て支援センターで相談する

各地域にある子育て支援センターは、乳幼児のママの心強い味方であり、ほっと一息つける場所です。ここでは無料で育児相談ができ、相談内容にはもちろんママの不安やイライラなども含まれます。また対応するのは保育士や保健師なので、専門の知識や経験があり安心ですね。

現代では核家族が多く身近に相談できる人がいないことも多いですよね。子育て支援センターには、そんなときに孤立せずに相談してほしいという願いがあります。

地域により異なりますが、相談は電話か来所して行います。子どもが遊べる場所がありますので、そこで子どもを遊ばせながら相談することができます。

子育て支援センターは多くの赤ちゃんとママが利用する場所なので、気軽に連絡してみてはいかがでしょうか。

保健センターで保健師さんに相談する

保健師は、看護師と保健師の二つの国家資格を持ち、心身の病気の予防を支援するのが仕事です。といってもお堅い感じではなく、産後ママの悩みや気持ちに優しく寄り添ってくれるので、気軽に相談できる存在です。

出産後に保健師が家を訪れますよね。その目的は赤ちゃんやママの体調などの様子を見て、悩みがあれば相談に乗ることです。また、乳児健診でも相談できますが、集団健診では悩みをいいにくいこともありますよね。

そんなときは保健師がいる保健センターに電話して、赤ちゃんやママの困りごとを相談しましょう。保健センターは地域の子育てやサービスなどの情報を持っているので、日常生活のアドバイスだけでなく、自分では知らなかったサービスを受けるきっかけになるかもしれません。

「あなたの街の相談室」で相談する

「あなたの街の相談室」でも気軽に赤ちゃんやママの無料相談ができます。各地の量販店やデパートのベビー用品売り場にある赤ちゃんの休憩室で、保健師や助産師が赤ちゃんの体重を測ったり、ママの相談に乗ったりしています。

相談できる場所は全国にあるので「あなたの街の相談室」で検索してみてください。開催場所によりますが、週1回、12:00~16:00頃に開催されています。

この相談室は「公益財団法人母子衛生研究会」の活動の一つです。この団体は昭和35年に、心豊かな親づくりとすべての子どもの幸せを願い設立されました。また、行政と連携のもと事業を行っているそうで、母子手帳についている副読本を配布する活動もしています。

すぐに相談できる!電話やメールで相談する

子育てホットライン「ママさん110番」

支援センターや保健センターは地域に密着しているので、近くの施設の情報を教えてもらえるメリットがありますが、ときには予約が必要なこともあります。そこで、すぐに相談したい、話を聞いてほしいというときは「ママさん110番」に電話してみましょう。

対応してくれる人は保健師や小児科医なので、専門的な観点からアドバイスをしてもらえるのが頼もしいところですね。

電話番号 03-3222-2120
相談時間 月曜日~金曜日 10:00~16:00(相談料無料 通話料がかかります)

この電話相談は「社会福祉法人 日本保育協会」が行っています。昭和37年に誕生した組織で、民間保育園と一緒に保育の充実や子どもたちの心身の発達のための活動をしています。

24時間受付「よりそいホットライン」

こちらは24時間いつでも無料電話相談ができ、育児相談だけでなくDVや金銭問題など、どんな悩みにも対応しています。この電話相談はもともと「一般社団法人 社会的包摂サポートセンター」が東日本大震災で被災した方の心のケアのために行っていましたが、今ではそれ以外のさまざまな相談に乗っているのです。

電話番号 0120-279-338(携帯.PHS.公衆電話からも繋がります)
時間   24時間

匿名可能で秘密厳守なので、なかなか人にいいにくい悩みでも話すことができます。身元がわかりやすいような相談では本音が話せないときに、一度相談してみてはいかがでしょうか。

また、この窓口は電話が混みあうことがあり、夜よりも朝の方が繋がりやすいという情報もあります。

エキサイトお悩み相談室

インターネット情報サービスの会社エキサイトが運営している、電話とメールの相談室です。資格を持ったカウンセラーが相談に乗ります。家庭・家族、健康・メンタルヘルスなど、相談内容も数種類のカテゴリーに分かれており、カウンセラーの中でもプロフィールや対応分野によって、ママの悩みに合った人に相談できますね。

また、匿名での相談が可能で電話番号をカウンセラーに知られないのも安心です。

料金 電話は1分100円~メールは1通800円~(消費税別) 通話料は無料です
時間 24時間
無料会員登録後に相談できます

実績豊富なカウンセラーが、ただ話を聞くだけではなく、気持ちや問題の整理を手助けし、ママの心を軽くしてくれます。

怖がらなくて大丈夫!心の専門家に相談する

「精神科」「心療内科」で相談する

産後になぜか落ち込んだり、イライラしたりする場合や、肩こりや動悸など体調がわるい場合は、もしかしたら産後うつかもしれません。

産後うつはそれほど珍しいことではなく、原因はホルモンバランスの乱れや環境の変化といわれ、誰でもなる可能性があります。早めの受診が重症化を防ぐので、気になる方は心の専門医に相談してみましょう。

精神科はイライラや落ち込みなどの心の症状を治療し、心療内科は心の症状が原因で体に出る頭痛や動悸などの症状を治療しますが、両方の科があるクリニックも多いです。治療は投薬やカウンセリングなどが行われ、授乳中でも飲める薬を処方してくれます。

また、病院探しで迷ったときは、保健センターに相談すると地域の適切なクリニックを教えてくれます。

こころの相談センターで相談する

「こころの相談センター」または「精神保健福祉センター」という名称で全国の都道府県と政令指定都市に設置されています。その中に「こころの健康相談」「精神保健福祉相談」などという窓口でさまざまな心の問題に関する無料相談を受付けていて、産後うつなどのママの心の相談にも乗ってくれます。

ここでは電話と来所での相談があります。もし心が辛いときは近くの相談窓口に連絡してみてはいかがでしょうか。

各地域で時間やシステムが多少異なるので「全国の精神保健福祉センター一覧」で検索し、お近くのセンターの場所や時間などをご確認ください。たとえば青森県では、電話相談は祝祭日、年末年始休みの月~金曜の9:00~16:00まで、来所での相談は予約制と記載されています。

産後ケア施設、産後ケアリストに相談する

助産院や産婦人科で、産後のママが宿泊や日帰りでゆっくりと休める、産後ケアをするところが増えています。ママが辛いときは利用してみるのもよいですね。

たとえば東京都のマザリーズ助産院は、産後デイケアでは母乳ケアや育児相談だけでなく、足浴や背中のオイルマッサージ、産後ケア入院では食事はもちろん洗濯、赤ちゃんの沐浴を行ってくれるそうです。産後ケアは一部助成が受けられる場合があるので、お近くの保健センターに問い合わせてみましょう。

また「一般社団法人 日本産後ケア協会」では、産後のママをケアする「産後ケアリスト」を育成しています。この協会のウェブサイトに、産後ケアリスト一人一人のサポート内容の記載があり、メールや電話での相談や、訪問サポートを受けられます。

まとめ

産後1カ月くらいまでのママはしっかり休まないと、その後の体調に影響が出る可能性があるといわれています。出産はそれほど体に負担をかけるので、心が不安定になることもあります。

また巷には育児情報が溢れ、そのとおりにできないと赤ちゃんに申し訳なくて、自分を責めてしまうこともありますよね。しかし自治体などには、ママが孤立しないように相談窓口や頼れるサービスがあり、誰かに話すだけでも心が楽になります。

どうぞ一人で抱え込まずにどんどん人に頼ってみてくださいね。赤ちゃんにはママの笑顔が一番です。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018