就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

授乳中の食欲はいつまで続く?食欲旺盛になる原因や食欲を抑える方法

授乳中の食欲はいつまで続く?食欲旺盛になる原因や食欲を抑える方法

赤ちゃんにおっぱいをあげていると、食べても食べてもすぐにお腹が空いてしまう、と困っていませんか?この食欲はいつまで続くのだろう、産後太りにつながるのでは…と不安に思うママもいるでしょう。今回は、授乳期のママの食欲が増す理由や、食欲を抑えるための対策などについてご紹介します。

授乳期間中は食欲旺盛になりやすい

授乳中の消費カロリーはこんなに高い

産後、赤ちゃんに母乳を与えていると痩せると聞いたことはありませんか?母乳育児をしていて、たくさん食べているのに体重が増えないというママも多いのではないでしょうか。

食欲旺盛になるのは、それだけ多くのカロリーを消費しているということ。授乳は、実はとても多くのエネルギーを必要とするのです。

母乳のカロリーは、100mlで65kcalだそうです。赤ちゃんが1日に飲む母乳の平均的な量は約800mlといわれているので、母乳を作るには500kcalほどのエネルギーが必要になります。

スポーツで500kcalを消費するには、ランニングの場合だと時速10kmの速さで1時間走らなければいけません。授乳とは、ハードな運動と同じくらいのカロリーを消費するのですね。

授乳期は普段より摂取カロリーを増やしたい

母乳育児をしているママは、母乳を作るために普段よりも食事量を増やす必要があります。厚生労働省が制定する「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、授乳期のママは通常の摂取カロリーに加え、350kcal摂取するよう記されています。

母乳を作るためには、大きなカロリーが必要となるのですね。赤ちゃんのためにも、授乳中のママは意識して摂取カロリーを増やすようにしましょう。

スナック菓子などを食べればすぐに摂取できるカロリーではありますが、なるべく健康的なものを食べるようにしたいですね。参考までに、350kcalを摂取するには、おにぎりだと2個分、Lサイズのさつまいもだと約半分が目安となります。

食欲が止まらない理由にホルモンの関係も

授乳期のママが食欲旺盛になるのは、消費カロリーの高さ以外にも理由があります。それは、レプチンというホルモンが影響しているためです。

レプチンは「満腹ホルモン」「抗肥満ホルモン」などと呼ばれることもあり、食欲を調整するはたらきがあります。レプチンの量が多いと、満腹感が得られ食欲を抑えることができるのです。

ところが授乳期は、このレプチンの分泌が減ってしまうのです。これは女性ホルモンの一種であるエストロゲンが、産後急激に減少してしまうことに関係しています。

エストロゲンには、レプチンの分泌量を増やす作用もあります。そのため、授乳中はエストロゲンとともにレプチンの量も減ってしまい、食欲を抑えるはたらきも弱くなってしまうのです。

授乳中の食欲はいつまで続くの?

産後すぐから食欲増進を実感するママも

産院の食事は、栄養バランスが考慮されていて、ボリュームがあることが多いです。これは、出産で疲れたママの体力を回復し、母乳を作るエネルギーを作り出すためです。

普段は小食のママでも、産後は急に食欲がわき、ボリューミーな食事であってもペロリと完食してしまうなんてことも珍しくありません。ママの体は、育児のためにさっそく変化しているのです。

新生児は、1回の授乳で20~40mlの母乳を飲みます。はじめは少ない量ですが、飲む量はみるみるうちに増え、生後1カ月になる頃には1日で800mlほど飲めるようになります。

赤ちゃんは、生まれてからすぐに母乳を飲んで成長していきます。そのため、ママの食欲も産後すぐに増進するのですね。

離乳食が進むと少しずつ食欲は収まる

生後5カ月頃からスタートする離乳食。離乳食を始めたばかりの頃は、まだ赤ちゃんがほしがるだけ母乳も与えますが、3回食になる頃には母乳を与える回数が減ってくることが多くなります。

早ければ、1歳前後で卒乳する赤ちゃんも。そして、母乳を与える回数が減るのにともなって、ママの食欲も収まることが多いです。

母乳を作る量が減ると、ママの体内では再びエストロゲンの分泌が増えます。それによってレプチンの量も増えるので、満腹感を得られやすくなります。

また、赤ちゃんが成長すると、一緒に遊んだりお出かけが増えたりと、外に出る時間が増えていきます。すると、家で食べ物をつまむ回数が減るので、食事量が落ち着くことにもつながるでしょう。

卒乳後の食事量には注意したい

一方、卒乳後も食欲が変わらないママもいます。たくさん食べるクセがついてしまったり、間食がやめられなくなったりして、食事量が減らないと悩むママも少なくありません。

このような方は、卒乳後の食事量に気をつける必要があります。意識して食べ過ぎないようにして、食事量をコントロールしましょう。

「食事制限をしたら胃が小さくなった」などという話を聞いたことがある方もいるかと思います。食事量によって実際に胃の大きさが変わることはないようですが、小食の生活を続けると、胃の機能が小食に慣れるように変化していくそうです。

食欲が収まらないまま食事制限を行うと、はじめは空腹感で辛いですよね。しかし、小食を習慣化できれば、次第に満腹感を得られるようになるでしょう。

授乳中の食欲を抑えたいときどうする?

水分や汁物をたっぷり摂って満腹感アップ

授乳中であっても、必要以上に食べ過ぎるのは控えたいですよね。ここでは、食欲を抑えるための方法を紹介していきます。

まずは、水分を摂って空腹感を紛らわせるようにしてみましょう。ミネラルウォーターやお茶など、ノンカロリーの飲み物を選んでくださいね。

おすすめなのが、無糖の炭酸水です。炭酸で胃が膨らむことで、満腹感を得ることができますよ。

また、汁物を多めに摂ることも効果的です。温かい汁物を飲むことで交感神経のはたらきが落ち着き、食べ過ぎを防ぐことができますよ。

母乳育児をしている間は、普段よりも多くの水分が体から失われています。赤ちゃんに十分な母乳を与えるためにも、意識して多く水分を摂るようにしましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC