就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目の出産準備は早めの準備が肝心!上の子へのケアや必須アイテム

2人目の出産準備は早めの準備が肝心!上の子へのケアや必須アイテム

2人目が生まれるときは、出産も育児も経験済みで気持ちにも余裕を持てますよね。でも出産のとき、上の子をどうすればよいか、出産準備に何を買い足せばよいかなど1人目にはなかった悩みが出てくるものです。今回は2人目出産時の準備についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

2人目は1人目よりも段取りが大事!

里帰り出産が安心だけど上の子はどうしよう

2人目を妊娠すると嬉しい反面、出産を考えると心配なことも多いですよね。2人目の出産は上の子のことを考えると、どこで出産するのがよいかと悩んでしまうものです。実家での里帰り出産は、1人目のときはママの都合だけで判断できても、2人目の出産になると上の子の予定もあり保育園や幼稚園をどうするかという悩みが出てきます。

里帰り出産をすることで、上の子が通っている保育園や幼稚園の運動会などの行事に参加できないのは残念ですよね。また、里帰りする実家の近くに一緒に遊べる友達がいるかどうかも考えておきたいことですね。

2人目の出産で慣れていても何が起こるかわかりません。安心して出産できる大きな病院が、近くにあるかどうかも大切なポイントです。

出産時、上の子はどこに預ける?

2人目の出産のために、日常生活のリズムを崩したくないというママもいるでしょう。そんな場合は、分娩のときだけ上の子をパパかママの実家に預けるという方法があります。ママの実家なら気兼ねなくお願いできるし、子どもの気持ちもわかってもらいやすいでしょう。一方、パパの実家ならママは気を使うかもしれませんが、パパの身の回りのことも一緒にお願いできるというメリットがありますね。

何らかの事情で実家に預けるのが難しいときは、通っている保育園や幼稚園の預かり保育を利用する、または一時保育でパパの仕事が終わるまで預かってもらうこともできるでしょう。パパの仕事が忙しく、施設への送迎が難しい場合は地域のファミリーサポートにお願いするのも1つの方法です。

出産が早まることも想定して早めに準備を

2人目の出産は「道がついているため、1人目より早く進む」とよく言われます。予定日より早く生まれるだけでなく、陣痛の間隔が短時間で狭まってくることも多いのです。そのため、出産の準備は早めにしておいたほうが安心です。

また、上の子がいると体調が良くない時でも休むことができず、ママが無理をしてしまうこともありますね。体調を崩したり、お腹の赤ちゃんに負担がかかってしまったりすると、即入院になる場合も少なくありません。入院用に荷物をまとめておけば、パパにも「部屋に置いているバッグを持ってきて」とすぐに届けてもらうこともできます。

いろいろなことを想定して早めに出産の準備をしておけば、出産が早まったり、入院することになったりしても安心ですね。

上の子ケアにも準備を怠らずに!

周囲の協力必須!上の子優先作戦

上の子は赤ちゃんが生まれると、敏感になることがよくあります。急にママから離れなくなったり、いつもは自分でできる身の回りのことでもママにやってほしいとせがんだりするようになるのです。赤ちゃんのお世話に忙しいママに、「自分のことも気にしてほしい」と伝えたいのかもしれません。

下の子が生まれて育児に負担を感じたら、身近にいるパパや祖父母、ファミリーサポートなどに協力してもらうとよいですね。遊び、ごはん、お風呂、寝る前の絵本の読み聞かせなど上の子が寂しいと感じないように、「あなただけを見ているよ」という気持ちを込めて付き合ってもらいましょう。ママがいなくても、パパや祖父母といった身近な方の愛情を感じることで、上の子の気持ちもだんだんと落ち着くはずです。

赤ちゃん返りに備えたい優秀アイテム

下の子が生まれると上の子が赤ちゃん返りすることは多いものです。赤ちゃんと同じようにミルクを飲みたがったり、寝転んでオムツを替えてほしいと言ったりすることもあります。また、赤ちゃんの人形を抱っこやおんぶして、ママのまねをしたがることもあります。

このようなときは、思いっきり人形やぬいぐるみのお世話ができる環境を整えてみましょう。人形用の抱っこひもや哺乳瓶、ベビーカーはおもちゃ売り場やネットで簡単に購入することができます。タイミングを見つけて、上の子にプレゼントするときっと喜んでくれることでしょう。

ぬいぐるみや人形のお世話をしているうちに、下の子に対しても優しい気持ちが持てるようになるでしょう。

産前産後に上の子ケアの必須リスト

・室内用おもちゃ(サッカーゴール、ボーリングセット)
・小型遊具(ブランコ、ジャングルジム、鉄棒、滑り台)
・ふた付き砂場

産前産後はお出かけの回数が減り、上の子はストレスがたまってしまいますね。室内用のサッカーゴールやボーリングセットは室内で運動ができるのでおすすめです。

室内に小型遊具を設置してもよいですね。2歳頃から使える、ブランコやジャングルジム、鉄棒や滑り台など室内でも使えるタイプの遊具が数多くあります。室内や家の敷地内なら時間を気にせず、納得するまで遊ぶことができますね。

大好きな砂遊びをできる家庭用の砂場もあります。ふたが付いているので動物や雨は入る心配がなく、砂を清潔に保つことができるので安心です。

下の子はまず必要最低限のアイテムを準備

上の子で使ったお下がりアイテムチェック

2人目の出産は、上の子に使ったものをそのまま使えるので大丈夫と、のんびり構えてしまうものです。赤ちゃんが生まれてからもし足りないものに気づいても、上の子を連れて買い物に行くのは時間がかかって大変です。

上の子に使ったものを洗って保管していても、年数がたてばシミになって使えない場合もあります。少し早いと感じても、妊娠6~7カ月頃から2人目の出産準備をすることをおすすめします。

ベビーカーや抱っこひもは、壊れた部分がないか安全面を確認しておくようにしましょう。また、上の子のときにはなかった赤ちゃん用の便利な商品が、新しく販売されているかもしれません。雑誌やネットで人気のアイテムをチェックしてみるのも楽しいですね。

産前に買い足すべきものリスト

・ ベビー服(上の子と性別が違う場合)
・ 肌着(上の子と違う季節のとき)
・ ガーゼ

上の子と下の子の性別が違うなら、ベビー服を新調したくなりますよね。でもベビー服はお祝いでいただくことも多いので、最初は無理して全部揃えずに、必要に応じて買い足していくことをおすすめします。

上の子と生まれる季節が違うときは、肌着の素材を確かめておきましょう。夏はガーゼやメッシュ、冬は綿素材がおすすめです。季節に合っていない場合は買い足しておきましょう。

ガーゼは上の子が使ったお下がりでも大丈夫ですが、事前に汚れていないか確認しましょう。ミルクのシミや臭いが残っている場合は、衛生面を考えると新しいものを購入したほうがよいでしょう。

産後に買い足すか考えるものリスト

・おもちゃ
・哺乳瓶や乳首
・ベビーベッド

おもちゃは赤ちゃんの好みもあるため、はじめは、上の子のガラガラやぬいぐるみで十分でしょう。産後に興味が示すものを買い足すほうが無難です。

母乳かミルクにするかの判断は、産後に決めるママがほとんどでしょう。1人目のときに母乳が出にくかったからと哺乳瓶を準備しても、母乳が出ると無駄になってしまいます。産後に様子をみながら買い足したほうがよいでしょう。

1人目はベビーベッドを購入していなくても、2人目は様子をみて購入したほうがよいときがあります。下の子の上に上の子が乗りかかったり、興味本位で手足を引っ張ったりするときには、下の子の安全を考えてベビーベッドで寝かせるようにしましょう。

まとめ

2人目が生まれるときは、1人目になかった悩みがありますね。上の子の保育園や幼稚園の予定を考えると、里帰り出産も難しいかもしれません。その場合は、預かり保育や一時保育をうまく利用して上の子を預かってもらいましょう。

出産の準備は上の子のお下がりがあれば十分と思いがちですが、生まれる季節が違うときや、上の子と年齢が離れる場合は注意が必要です。きれいに保管しているものでも一度出して確認しておくとよいですね。2人目の出産は早まることもあるので、妊娠6~7カ月頃から出産や入院の準備をしておきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018