就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目の出産準備は早めの準備が肝心!上の子へのケアや必須アイテム

2人目の出産準備は早めの準備が肝心!上の子へのケアや必須アイテム

下の子はまず必要最低限のアイテムを準備

上の子で使ったお下がりアイテムチェック

2人目の出産は、上の子に使ったものをそのまま使えるので大丈夫と、のんびり構えてしまうものです。赤ちゃんが生まれてからもし足りないものに気づいても、上の子を連れて買い物に行くのは時間がかかって大変です。

上の子に使ったものを洗って保管していても、年数がたてばシミになって使えない場合もあります。少し早いと感じても、妊娠6~7カ月頃から2人目の出産準備をすることをおすすめします。

ベビーカーや抱っこひもは、壊れた部分がないか安全面を確認しておくようにしましょう。また、上の子のときにはなかった赤ちゃん用の便利な商品が、新しく販売されているかもしれません。雑誌やネットで人気のアイテムをチェックしてみるのも楽しいですね。

産前に買い足すべきものリスト

・ ベビー服(上の子と性別が違う場合)
・ 肌着(上の子と違う季節のとき)
・ ガーゼ

上の子と下の子の性別が違うなら、ベビー服を新調したくなりますよね。でもベビー服はお祝いでいただくことも多いので、最初は無理して全部揃えずに、必要に応じて買い足していくことをおすすめします。

上の子と生まれる季節が違うときは、肌着の素材を確かめておきましょう。夏はガーゼやメッシュ、冬は綿素材がおすすめです。季節に合っていない場合は買い足しておきましょう。

ガーゼは上の子が使ったお下がりでも大丈夫ですが、事前に汚れていないか確認しましょう。ミルクのシミや臭いが残っている場合は、衛生面を考えると新しいものを購入したほうがよいでしょう。

産後に買い足すか考えるものリスト

・おもちゃ
・哺乳瓶や乳首
・ベビーベッド

おもちゃは赤ちゃんの好みもあるため、はじめは、上の子のガラガラやぬいぐるみで十分でしょう。産後に興味が示すものを買い足すほうが無難です。

母乳かミルクにするかの判断は、産後に決めるママがほとんどでしょう。1人目のときに母乳が出にくかったからと哺乳瓶を準備しても、母乳が出ると無駄になってしまいます。産後に様子をみながら買い足したほうがよいでしょう。

1人目はベビーベッドを購入していなくても、2人目は様子をみて購入したほうがよいときがあります。下の子の上に上の子が乗りかかったり、興味本位で手足を引っ張ったりするときには、下の子の安全を考えてベビーベッドで寝かせるようにしましょう。

まとめ

2人目が生まれるときは、1人目になかった悩みがありますね。上の子の保育園や幼稚園の予定を考えると、里帰り出産も難しいかもしれません。その場合は、預かり保育や一時保育をうまく利用して上の子を預かってもらいましょう。

出産の準備は上の子のお下がりがあれば十分と思いがちですが、生まれる季節が違うときや、上の子と年齢が離れる場合は注意が必要です。きれいに保管しているものでも一度出して確認しておくとよいですね。2人目の出産は早まることもあるので、妊娠6~7カ月頃から出産や入院の準備をしておきましょう。
30 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND