就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目の出産について知ろう!1人目との違いや上の子の対応

2人目の出産について知ろう!1人目との違いや上の子の対応

2人目の出産を控えているママは、周りから「出産を経験してるから余裕があるでしょう」と思われがちですよね。しかし、妊娠や出産を経験しているからこそ、不安になることもたくさんあるのではないでしょうか。ここでは、2人目だからこそ妊娠中に気をつけなければいけないことや、出産後のすごし方などをご紹介します。

つわりや体重は?妊娠中の大きな違いって?

何人目でも、つわりはそれぞれ違うもの

1人目のときは何もかもが初めての経験なので、「つわりはみんなこんな感じなのかな?」「赤ちゃんに会うために頑張ろう」と、辛いつわりの時期も素直に乗り越えられるママが多いでしょう。しかし、一度経験している方は「また、同じような辛いつわりの時期がくるのか」と恐怖さえ感じるママもいます。

つわりの軽い重いは、妊娠してみないとどうなるか分かりません。2人目妊娠中「1人目よりもつわりが軽くてよかった」と安心する方もいれば、2人目のほうがつわりが重くて大変な方もいます。

何人目でもつわりの軽い重いや、症状は違うので、「2人目だからつわりが軽いだろう」などと思い込まないほうがよいですよ。つわりがある方は、あまり無理をしないようにしましょう。

体重は経験からの注意意識で増えない人も

昔は妊娠すると「赤ちゃんの分までいっぱい食べなさい」といわれていました。しかし、最近では妊娠中に太りすぎると妊娠中毒症や妊娠糖尿病などになる危険性があるので、妊婦さんの体重は健診のときに厳しくチェックされる病院が多いですよね。

友人は、1人目のときはつわりの時期が終わると「お腹が空くし、ちょっとくらい食べても大丈夫」と、おやつをよく食べていて臨月の頃には妊娠前の頃よりも15kgも増加。妊娠中毒症などになることはなかったものの、出産後も妊娠前の体重になかなか戻らずに苦労したそうです。

その経験から2人目妊娠中は体重をこまめにチェックし、間食もしないように注意したことで病院で指導された規定内の体重を維持できたといいます。

お産の始まり方もそれぞれ違います!

2人目の出産を控えているママは、1人目の出産のときのことを思い出しますよね。「1人目は陣痛からきたから、また陣痛がくるのを待つのか」と、1人目と2人目のお産の始まり方が同じようにくると思っている方は多いのではないでしょうか。1人目と2人目とでは、つわりの症状が違うだけではなく、お産の始まり方も違います。

先輩ママの話では、1人目は前駆陣痛から始まりお家で陣痛が10分間隔になるまで待機したそうです。2人目も同じようなお産なのかなと思っていると、外出先で急に破水してしまい急いで上の子を連れて病院に向かったと話してくれました。お産の始まり方も違うとは想像していなかったので、破水したときに焦ってしまったそうですよ。

2人目以降、産後の大きな違い3つご紹介!

意外と多い!?胎盤癒着

1人目出産のときと2人目を出産するときでは、産後に違いがあり「2人目を出産したときのほうが大変だった」というママも意外と多いです。2人目出産のリスクでとくに多いのが、胎盤癒着でしょう。

胎盤癒着とは、胎盤が子宮にくっついて剥がれにくい状態にあることをいいます。胎盤はママと赤ちゃんをつなぐ大切なもので、赤ちゃんが生まれると必要がなくなるので、自然とママの子宮内から排出されます。排出されないと母体にとってよくないので、手術などで切除しなければなりません。

胎盤癒着に多い原因は、1人目に帝王切開で出産している方や、前置胎盤と診断された方に多いです。ですから、2人目を出産するママは胎盤癒着になる危険性もあるということを理解しておきましょう。

入院中の地獄の闘い。それは、後陣痛

1人目を出産したときは産後の体調もよく「入院生活が快適」と感じていたママでも、2人目の入院生活は出産後も痛みと戦わなければならないママもいます。「1人目よりも2人目のほうが後陣痛が痛い」という方も多いので、覚悟しておきましょう。

先輩ママの話では、1人目も2人目も安産で「入院生活中はいっぱい寝よう」と入院生活を楽しみにしていたそうです。しかし、出産してからしばらくすると下腹部あたりがズキズキ痛みだし、「入院生活中は痛みで夜も眠れなくて辛かった」と話してくれました。

出産を経験していると子宮がやわらかくなっているので、子宮が収縮するスピードが早いといわれています。そのため、後陣痛が1人目よりも痛くなってしまうのですね。

母乳は出やすいけれど痛みは変わらず

1人目のときはなかなか母乳がでなかったママでも、2人目以降になると「1人目のときよりも母乳がたくさんでる」ということがありますよね。母乳は、2人目以降の出産のほうがでやすいと一般的にはいわれています。

2人目以降が母乳がでやすいのは、
・授乳を経験したいるので、乳腺が開きやすくなっている。
・1人目よりも育児にストレスを感じていない。
などの理由があるそうです。

しかし、母乳がでやすくても乳腺が張る痛みは1人目と変わらずに感じます。母乳がたくさんでるとママはお腹が空くので「赤ちゃんのためにいっぱい食べよう」と食べすぎてしまうと、母乳を必要以上に作りすぎておっぱいが張って痛くて大変になるので注意が必要ですよ。

2度目の出産準備。新調した方がいい物は?

節約第一!お下がりはぜひ使いましょう

子育てには大きなお金がかかりますよね。子どもが2人になると今までよりもお金がかかるため、上の子のお下がりを使って節約をすることが大切でしょう。

先輩ママの話では、2人目のときはできるだけ節約したかったそうで、赤ちゃんの肌着やベビー服、おもちゃ、ベビーカー、ベビーベッドなど、上の子のお下がりをフルに活用したと話してくれました。お下がりが活用できたので、ほとんど新しく購入せずに節約できたそうですよ。

上の子と性別が違ったそうですが、お家のなかですごすときは上の子のベビー服を着せて、外出用に一着だけベビー服を購入したそうです。新生児の頃はお家のなかですごすことが多いので、上の子と性別が違ってもお下がりを着せてすごすママもたくさんいますよね。

2人目だからこそあってよかった物

1人目のときは、赤ちゃんに必要なものを一からすべて揃える方も多いですよね。赤ちゃんを迎える準備をするのはウキウキして楽しいですが、揃えるものが多いので高額なお金がかかってしまうことも…。ここでは、2人目の出産だからこそ!あってよかったものをご紹介します。

・ベビーベッド
ベビーベッドは使える期間が短く費用も高いので、購入するか迷う方も多いでしょう。しかし、2人目が上の子と年齢差が小さい場合、ベビーベッドに寝かせたほうが安全なので活躍しますよ。

・バウンサー
バウンサーは、2人育児のママにはとても便利です。ママが家事をするときや、上の子とお風呂に入るときなどに赤ちゃんをバウンサーに寝かせておくと安心ですよ。

出産準備はお早めに!

1人目の妊娠中は「お腹のなかの赤ちゃんのことで頭がいっぱい!」というママも多いですよね。しかし、2人目のときは上の子の育児をしていて忙しいですし、一度出産を経験している余裕からか、出産準備をするのが遅いママも…。

上の子がいるからこそ!いつお産がきても焦らないように、出産準備は早めにしておいたほうが安心でしょう。上の子の育児でバタバタしていると、あっという間に臨月に入ってしまいますよ。

出産準備を早めにしておくと、「◯◯を買うのを忘れていた」と焦ることもなくなりますよね。1人目のときは買い忘れなどがあってもパパに頼んでいたかもしれませんが、2人目のときは上の子がいるのでパパが動けないこともありますので、余裕をもった準備が大切です。

予定日が近づき恐怖。お産は楽?痛くない?

経験したから知ってるだけ!痛さに変わりなし

「2人目の出産は痛みが軽い」と思っているママはいませんか?1人目と2人目とではお産の進み方などに違いがあっても、感じる痛みの違いはほとんどないでしょう。

「2人目も同じように痛い」と分かると、「出産することが怖い」と思うかもしれません。しかし、出産を経験しているからこそ分かる呼吸の整え方や、いきみ方などを思い出し、リラックスして出産に望むことが大切ですよ。「痛みに耐えたあとは、可愛い赤ちゃんに会える」と思って、2人目の出産もがんばりましょう。

出産中に少しでもリラックスできるように、好きな音楽を聞く・上の子の写真を見る・深呼吸する・アロマをかぐなど、2人目出産のときに心を落ち着かせる工夫するとよいですよ。

慣れや余裕が引き起こす危険

先ほどご紹介したようにお産の始まり方や進み方などはそれぞれ違うので、「出産を一度経験しているから大丈夫」という慣れや余裕によって引き起こす危険があるということを知っておかなければなりません。

友人の話では、1人目のときはお産が丸2日ほどかかったので「2人目のときも出産するまでに時間がかかる」と思っていたそうです。臨月に入った頃の夜にお腹が痛くなっても「陣痛はもっと痛むから、これは陣痛ではない」と決め込んでしまったそうです。

夜中には気分が悪くて何度も吐いてしまい、お尻に違和感を感じたのでパパに見てもらうと「赤ちゃんがでてきている!」とパニックに!急いで救急車を呼んでママも赤ちゃんも無事だったそうですが、反省したと話してくれました。

「2人目は楽」というのは都市伝説

「1人目のときよりも、2人目の出産のほうが楽だよ」と、周りからいわれることがありませんか?周りからいわれると「2人目の出産のほうが楽なんだ!よかった!」と安心しますよね。

しかし、2人目の出産は1人目よりも楽に感じる方もいれば、2人目出産のほうが難産になるケースもあります。必ずしも2人目の出産が楽になるということはないので、「出産は何が起きるか分からない」という心構えが必要ですよ。

「2人目出産のほうが楽」だと思いこんでしまうと、2人目出産中にトラブルが発生したときに「なんで?」とパニックになってしまうことも…。ママがパニックになると、お腹のなかでがんばっている赤ちゃんもストレスを感じるので注意しましょう。

最大の違い!それは上の子がいるということ

お産が始まったときに預ける人

1人目の出産と2人目の出産とではお産の進み方などの違いはありますが、最大の違いは「上の子がいる」ということですよね。ママのお産が始まったときに焦らないように、上の子の預け先は事前に決めておきましょう。

お産がいつくるかは誰にも分からないので、上の子の預け先を決めておかないと「いよいよ出産」というときに「上の子の預け先がない」と焦ってしまいます。上の子がまだ小さいと出産を理解することが難しいので、お産が進み痛がるママの姿を見ると取り乱して泣いてしまう子も…。そうなるとママはお産に集中することができないので、赤ちゃんにも悪影響です。

ですから、お産が始まったときに上の子をなるべく早く預けられる方(パパ、両親、兄妹など)を話し合って決めておきましょう。

産後入院中のことは事前に話し合いを

お産のときの上の子の預け先が決まったら、次は産後入院中の上の子の預け先を確保することが大切です。産後は経産婦でも4~5日間入院しますし、お産の仕方(帝王切開など)やママの産後の体調によっては入院が長引いてしまうこともあります。

パパが仕事を休める方なら心配ないですが、お産は急にやってくるので時期によっては仕事を休めない方も多いですよね。パパが子どもを見られない場合は、実家の祖父母に預けるなどで乗り切るしかないでしょう。

しかし、実家に預ける場合は産後入院中に急に預けられると、上の子がストレスを感じるので、出産前から時々お泊りして慣らすなどし、上の子が不安にならないようにしてあげましょう。2人目妊娠が分かったら、早めに話し合いが必要ですね。

赤ちゃんも可愛いけれど、上の子を第一に

2人目が生まれるまでは、パパやママの愛情はすべて上の子に注がれていましたよね。しかし、赤ちゃんが生まれるとパパやママだけではなく、みんなの注目がどうしても赤ちゃんに行きがちです。上の子は何歳になっても、パパやママを独り占めしたいものなのです。ですから、赤ちゃんが生まれたことでストレスを感じてしまう子も…。

赤ちゃんが可愛いのは理解できますが、まずは上の子を第一に優先してあげましょう。上の子がヤキモチをやいて赤ちゃんのお世話中にわがままをいうこともあるかもしれませんが、決して「お姉ちゃん(お兄ちゃん)なんだから、我慢しなさい」などと、上の子を責めないように注意が必要ですよ。

2人育児をスムーズにこなすには上の子の気持ちを持ち上げることが大切でしょう。

里帰りできる?2人目出産後は協力が必須!

パパの協力は必要不可欠

「1人目の出産のときは里帰りしてゆっくりすごした」というママも、2人目出産では「上の子がいるので里帰りできない」という方もいます。里帰りしない場合は、退院してからすぐに2人育児と家事がスタートするので、出産して間もないママには負担がかなり大きいです。

ママの負担を少しでも減らすためにはパパの協力が重要でしょう。パパは日中仕事で忙しく疲れているかもしれませんが「ママは休日もなく、毎日24時間育児や家事に奮闘している」ということを忘れずに、ママのフォローに徹しましょう。

パパは赤ちゃんのお世話だけではなく、上の子の相手もしてあげることが大切です。上の子は赤ちゃんがいることで寂しい思いをしていることもあるので、たくさん遊んであげましょう。

手抜きが大事!完璧は最大の敵

育児は幸せを感じることも多いですが大変なこともたくさんあるので、ママは睡眠不足などで疲れるだけではなく、ストレスが溜まり精神が不安定になることも少くありません。とくに、里帰りしない場合は、パパが仕事の時間はママが1人で育児や家事をするので「2人育児をするのが辛い」と感じてしまうことも…。

ママが無理をしてしまうと体を壊してしまうだけではなく、育児ノイローゼや産後うつになってしまう危険性もあるということを忘れてはいけません。2人育児で大変なときは、がんばりすぎず家事などの手抜きできるところは上手に手抜きしましょう。

「ママなんだから子育てをしながら家事も完璧にするのが当たり前」と思わず、子どもと笑顔ですごせる時間を大切にしましょう。

2人目だからと産褥期に無理は厳禁

2人目の出産後は、一度出産を経験しているからかママは無理をしてしまう方が多いです。「上の子がいるから、退院後はゆっくりできない」ということもあるかもしれませんが、産褥期(産後1~2カ月くらい)に無理をしてしまうと、ママの体にも大きな負担がかかってしまいますよ。

先輩ママの話では、1人目のときは里帰りをしたので退院後もゆっくりすごしたそうですが、2人目は里帰りをしなかったので「2人目なんだから、がんばらなきゃ」と育児や家事を無理してこなしていたそうです。

産褥期に動きすぎたせいか、産後1カ月健診では「子宮の戻りが悪い」と先生にいわれてしまい、出血も治まらず貧血になり寝込んだので、「もっとゆっくりすればよかった」と後悔したと話してくれました。

出産は物語。記録はしっかり残しましょう!

手帳やブログなどを利用して

1人目の出産のときは、妊娠中のことや出産の記録などを日記などに書いて記念に残しているママも多いですよね。しかし、2人目のときは上の子がいることもあり、出産の記録などを「あとで書かないと」と思っていても、そのまま忘れてしまう方もいます。

出産の思い出は1人1人違います。子どもが大きくなったときに「こんなことがあったんだよ」などと、子どもに伝えてあげられるように、2人目の出産記録も残してあげましょう。「上の子がいるとなかなか日記を書く時間がない」というママは、手帳やブログなど、簡単に残せる方法もおすすめですよ。

友人の話では、2人目の出産や育児の記録はブログで残しているそうです。上の子がいると手書きする余裕があまりないので、いつも持ち歩いているスマホで簡単にブログに残す方法が楽だと話してくれました。

ブログは外出先で少し時間ができたときにも出産記録を残せますよね。ブログを書くことで「ストレス発散になっている」というママも多いそうですよ。手書き派のママには、持ち運びしやすいコンパクトな手帳に記録するのが人気です。

写真や成長記録も忘れずに!

1人目の子は整理するのが大変なほど写真がたくさんあるのに、「2人目になると写真を撮ることが少くなった」というパパやママも多いのではないでしょうか。2人育児はとても忙しいので、写真を撮る余裕がないこともあるかもしれませんね。

2人育児が忙しくて大変なのは理解できますが、子どもが成長したときに写真の数に差がありすぎると、下の子が傷つく可能性があります。写真や成長記録は、上のこと同じように残してあげることが大切ですよ。

出産の記録は、なるべく産後入院中に記録しておくようにしましょう。出産のことは時間が経つと「痛いのは覚えているけど、どんな感じだったかな?」と忘れてしまうことがありますよね。また、退院すると2人育児に忙しくてゆっくり出産記録を書く時間がとれないことも多いので、産後入院中の時間のある間に記録しておきましょう。

出産記録だけではなく、成長記録も上の子と同じように残してあげるとよいですよ。子どもはその子によって成長の仕方が全然違うので、成長記録を残して見比べてみるとママも楽しいですよ。

2人目出産祝いの人気グッズをご紹介

上の子と「お揃いのグッズ」

出産祝いを渡すとき「1人目よりも2人目の出産祝いに何をあげれば喜ぶのか悩む」という方が多いのではないでしょうか。2人目出産の場合は、上の子がいるのでベビーグッズがある程度揃っている家庭が多いですよね。ここでは、2人目の出産祝いにあげると喜ばれるものBEST3をご紹介します。

2人目の出産祝いで喜ばれるもの1位は、「上の子と赤ちゃんとのお揃いグッズ」です。最近ではリンクコーデがSNSなどを通して流行っているので、お揃いの洋服をプレゼントすると喜ぶママは多いですよ。

「洋服の好みが分からない」という方は、お揃いの靴下や帽子などの小物もよいでしょう。姉妹の場合は、ヘアアクセサリーなども可愛くておすすめですよ。

特別感が嬉しい「名入れグッズ」

2人目の出産祝いで人気のもの、2位は「赤ちゃんの名入れグッズ」です。名前はパパやママが赤ちゃんのことを想ってつける大切なプレゼントですよね。愛情を込めてつけられた名前が入っているベビーグッズは、もらった人で喜ばない方はいないでしょう。

「名入れグッズにはどんなものがあるの?」という方も多いかもしれません。名入れグッズは、スタイやバスローブ、靴下、おくるみ、ベビー食器、かばん、帽子など、いろんな商品が売られているので選ぶのが楽しいですよ。

友人の話では、2人目の出産祝いに赤ちゃんの名前が入ったバスローブをもらったそうです。もらった感想は「赤ちゃんの名前が入っているものを使うのは、特別感があって嬉しかった。今でも記念においてある」と話してくれました。

実用的で絶対に使う「おしり拭き」

2人目の出産祝いは、育児をしていると絶対に使う消耗品をプレゼントするのもおすすめですよ。赤ちゃんのお世話で必ず使うものといえば、おむつとおしり拭きですよね。おむつはサイズを選ぶのが難しいことや、赤ちゃんはすぐに大きくなるので、早く渡さないとおむつがサイズアウトしてしまう可能性もあるでしょう。

おしり拭きはおむつがとれる時期まで長く活用するものなので、いくらあっても困らないものです。上の子もおむつがとれていない場合は上の子にも使えるので、出産祝いに贈ると喜ばれるでしょう。

おしり拭きは、おしりを拭くだけではなくさまざまな活用法があります。上の子の食べこぼしを拭いたり、子どもやママの手を拭くのに活用したりと、大人も使えるのでよいですよ。

まとめ

2人目の出産を控えているママのなかには「1人目のときよりも、2人目を出産するのが怖い」と不安になっている方も少なくありません。2人目出産の場合は上の子の育児中なので、上の子のことも気がかりですよね。

2人目出産をママが安心して迎えられるように、上の子の預け先を確保するだけではなくママがいない間も楽しくすごせるようにしてあげましょう。ママはあまり無理をせずパパや家族に協力してもらい、2人育児を笑顔で楽しみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018