就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産時の入院期間とは?気になる日数や費用と入院中の注意点

出産時の入院期間とは?気になる日数や費用と入院中の注意点

いつから入院になるのか、何日くらい入院するのか、出産が近づくといろいろと気になりますね。そこで、出産に必要な入院日数、入院にかかる費用など知りたいことをまとめてみました。入院中に心がけたいポイントなどもご紹介しますので、出産準備の参考にしてみてくださいね。

知っておきたい出産時の入院期間や費用

出産前の入院時期はいつからなの?

出産で入院する時期は個人によって異なりますが、一般的に多いのは「本陣痛がはじまったら」です。初産では定期的な痛みの間隔がだいたい10分、経産婦の場合は15分間隔になったら病院へ連絡して入院となります。

ですが、病院についてから陣痛が遠のいてしまうケースもあり、そうなると一旦自宅に帰されることもあるでしょう。陣痛の前に先に破水した場合は、すぐに病院へ向かって入院となります。

帝王切開、陣痛誘発剤の使用といった計画分娩が予定されてる場合は、事前に医師と相談して入院日を決めます。

どのようにお産がはじまるかによって入院時期は変わりますし、出産予定日の通りに進むとも限りません。妊娠35週ごろまでには、入院準備をすませておくと安心です。

出産後の入院期間ってどれくらい?

出産を終えたあと、どのくらいの日数で退院できるのでしょうか?これも初産なのか、経産婦なのかなどで違いがあります。

初産婦で自然分娩だと5日前後の入院となります。同じく自然分娩でも経産婦の場合は、希望すれば1日早めて退院できることが多いです。

ただし、初産でも経産婦でも帝王切開で出産した場合は、手術の前日と当日を含めて10日前後が目安となります。帝王切開はお腹を切開するので、創部の状態などを十分に観察する期間が必要なため入院期間が長いのです。

産後の経過がおもわしくない場合には、医師の判断で入院期間が予定よりも長くなることがあります。決められた入院期間は病院によっても多少違いがあるので、くわしくは病院に確認しておきましょう。

出産における入院費っていくらかかる?

出産における入院費用は、利用する病院や入院日数によって異なりますが、一般的には部屋代と食事代を合わせて、1泊につき15,000~30,000円程度かかるとされています。さらに、大部屋でなく個室に入院した場合は金額が上乗せになり、1泊5,000~10,000円ほどプラスされます。

入院費用は、退院時に分娩費用と合算して支払いますが、全国平均は505,759円だそうです。ただし、これを全額自己負担するわけではありません。国から「出産育児一時金」として420,000円が支給されるため、その分を差し引いた額が実際に自己負担する金額となります。

出産費用が505,759円だったとすると、自己負担額は85,759円になるということです。

産後の入院期間中の過ごし方を知っておこう

産後のママの過ごし方

入院中は基本的に体力回復のために安静が必要ですが、母子同室であればすぐに赤ちゃんのお世話が始まります。それと並行して、看護師さんから母乳・ミルクの指導、おむつ交換や沐浴のやり方、赤ちゃんの便秘時の対処法などの指導が行われます。

母体の産後の回復状態をチェックするために、血圧・脈拍・体温の計測、子宮収縮や悪露、会陰切開の傷口の状態などの医師の診察もあります。経過が順調で医師の許可がおりれば、シャワーに入ることも可能です。

退院前には、1カ月健診の予約や退院後の生活についての指導もあります。赤ちゃんをお世話しながら指導も受けるのでなかなか忙しいですが、赤ちゃんが寝ているときはママも寝るようにしてできるだけ体を休ませましょう。

産後の赤ちゃんの過ごし方

新生児期の赤ちゃんは一日の大半を眠って過ごします。赤ちゃんが泣くときには、「お腹がすいた」「おむつが不快」などの理由がありますので、それに応じてお世話してあげることが必要です。おっぱいを頻繁に欲しがって泣く場合は、母乳が軌道に乗るまで看護師さんと相談し、授乳後にミルクを足して様子をみてもよいでしょう。

退院するまでは新生児黄疸の有無、体温や体重に問題がないかなど、赤ちゃんの経過について細かくチェックされます。聴覚や血液、先天性代謝異常の検査もあります。また、新生児一過性ビタミンK欠乏症を予防するためにビタミンK2シロップも飲みます。

こうしたスケジュールは、病院によって異なるので事前に確認しておきましょう。

初産と経産婦で変わる過ごし方

はじめての育児で何もかも手探り状態の初産のママと違って、経産婦のママはすでに出産と育児を経験しているので、母乳指導や沐浴指導の際も多少余裕があるのではないでしょうか?

大部屋で同室に経産婦のママがいる場合、初産のママは思い切って経産婦のママに声をかけると、出産日が近い者同士で仲良くなれるかもしれません。

経産婦ママにはお見舞いに上の子が来ることもあるでしょう。上の子の年齢にもよりますが、今までこんなに長い間離れたことはない!というケースも多いです。ママと離れた生活を送る上の子はさみしい思いをしているので、時間の許す限り一緒に過ごしたいという場合は、気兼ねなく過ごせる個室を希望するのも良いかもしれませんね。

出産にともなう入院期間中での三つの注意点

安静を第一に体力回復をすること

出産後はすぐに赤ちゃんのお世話がはじまって、ゆっくりと休めないことも多いでしょう。ですが、入院中は母体の回復を第一に休めるときは無理せずに休んでくださいね。出産によってママの体には大きな負担がかかるので、産後の体は自分が思っている以上に疲労しているものなのです。

夜中に赤ちゃんが眠ってくれずに辛いときは、看護師さんに赤ちゃんを預かってもらって、ママは少しでも休息をとりましょう。入院中、看護師さんに甘えることは決して悪いことではありません。

退院したら自分でやらなくてはならないことも増えます。退院後にも育児をがんばれるように、入院中はできるだけ安静を心がけながらママの体力回復を優先しましょう。

面会をする人数や時間を考慮する

ママの産後の体調がどうなるのか、というのは、実際に産後にならなければわかりません。赤ちゃんのお世話に追われて睡眠不足、会陰切開や帝王切開の痛みで思うように動けないなど、体調には個人差があります。

入院生活は産後の身体を回復させるための大切な期間です。ママの負担が大きくならないよう可能な限り、面会は家族や親しい友人だけなど最小限にしましょう。面会する場合も、滞在は短時間にしてもらって、少しでも休める時間を確保したいですね。

また、入院中は診察や母乳・沐浴指導などがあるので、その時間帯に面会とならないように、前もって連絡をもらうようにしましょう。面会制限のできる病院もありますので、あらかじめ確認してみてください。

少しでも気になる点があれば相談しよう

退院以降の育児は、ママが自力でがんばるしかない場面も多くなります。退院後の育児が少しでもスムーズになるよう、ちょっとしたことでも疑問・不安に思ったことは、入院中に解消しておきましょう。

退院してから次に病院に来るのは、基本的に1カ月健診のときまでありません。気になっていることがある場合は、看護師さんや助産師さんがすぐ近くにいる入院中に聞くのがベストです。

特に産後はホルモンバランスの関係で、一時的に普段よりも精神的に不安になりやすいものです。少しでも不安を取り除けるように、遠慮せず周囲を頼ってくださいね。

病院によっては退院後も電話で育児相談をしてくれる場合もあるので、連絡先を確認しておきましょう。

まとめ

出産の入院のタイミングは出産の始まり方によって違ってきます。同様に産後の入院にかかる日数も個人の状態で差があります。どんなケースがいつからの入院になるのか、また退院まで何日くらいかかるのかなどを事前に確認しておくと安心ですね。

産後はすぐに育児がはじまるのと同時に、いろいろな指導や面会などで思ったよりも多忙かもしれません。ですが、無理をせずにできるだけ体を休めてくださいね。

不安なことは看護師さんなどに相談しながら、少しずつペースをつかんでいきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018