就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティスポーツをはじめよう!メリットや種類とスポーツウェア

マタニティスポーツをはじめよう!メリットや種類とスポーツウェア

妊娠中でも、赤ちゃんとママの健康のために、適度な運動をすることは推奨されています。出産に備えて体力をつけたり、体重管理をしたり、マタニティスポーツをすることのメリットはたくさんあります。そこで今回は、妊娠中でもできるスポーツの種類や、ウェアの選び方を紹介していきます。

マタニティスポーツのメリットやはじめる時期

適度な運動で安産のための筋力を鍛えられる

妊娠したからといって、まったく運動しない生活が続くと、筋力が低下して出産に必要な筋肉までも衰えてしまいます。もちろんはじめる時期や程度などは医師の確認が必要ですが、適度な運動は安産のためにもした方がよいでしょう。

出産の所要時間に個人差はありますが、場合によっては何十時間もかかってしまうことも。また、赤ちゃんを産み出すための筋力も必要ですが、長い陣痛に耐える持久力も必要になります。

ある先輩ママの話では、出産翌日、全身が筋肉痛になっていることに気付いたといいます。それだけ身体全体の筋肉を使っていたということですね。さらに、産後も3時間おきの授乳やおむつ替えなど、育児は体力勝負。妊娠中からしっかりと体力をつけておきたいですね。

妊娠中のストレス解消と身体の不調改善に

妊娠すると、重たいお腹を抱えて動くことになるので、つい運動不足になりがちですね。思うように動けないことが、ストレスになってしまう妊婦さんもいるでしょう。

マタニティスポーツなら、妊娠中の身体にできるだけ負担のない動きが中心になっているので、普段運動が苦手な人でも安心です。また、ほかにも妊婦さんがたくさん参加しているので、同じような悩みや不安を抱える者同士、話ができるのもストレス解消になるでしょう。

さらに、身体を動かすことで血行がよくなり、便秘や冷え、腰痛やむくみなど体調の改善にも効果が期待できます。妊娠中は体重管理も大切ですね。適度な運動で体重増加を抑え、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病予防にもつながるでしょう。

安定期をすぎたら体調と相談してはじめよう

妊娠初期は、つわりがあって運動どころではない、という妊婦さんも多いと思います。つわりの症状が軽くても、一般的に妊娠初期である15週頃までは安静に過ごした方がよいとされています。15週をすぎたら、健診の際、医師にどの程度運動してもよいか、相談してみましょう。

運動の許可が出ても、いきなりハードな動きをしてはいけません。ウォーキングやストレッチなどで、徐々に身体を慣らしていきましょう。また、ウエスト回りを強くひねったり、お腹を伸ばしたり、圧迫したりするような動きも避けた方がよいですね。

妊娠中は体調が変化しやすいものです。気分がすぐれない、お腹が張るなどの症状がある場合は、すぐに運動を中断して安静にしましょう。

楽しくて身体によいマタニティスポーツの種類

内側の筋肉を鍛えるヨガやピラティス

マタニティスポーツで人気が高いのは、「ヨガ」や「ピラティス」といった、身体の内側の筋肉を鍛える運動です。妊娠前からはじめていたというママも多いのではないでしょうか。

マタニティヨガでは、赤ちゃんに負担をかけないようなポーズ中心に、ゆったりとした呼吸法を学んでいきます。ヨガは自宅で気軽にできるのも人気の理由ですね。リラックス効果も高く、マタニティヨガをきっかけに、産後もヨガを継続するママも多いようです。

マタニティピラティスは、ヨガよりももう少し筋肉を鍛えることに重点を置いたスポーツ。特に「インナーマッスル」と呼ばれる身体の内側にある筋肉を鍛えて、出産に備えます。インナーマッスルは産後の体型の戻りにも関係しているので、ぜひ鍛えておきたいですね。

人気のスイミングやマタニティビクス

スイミングは水中の浮力を利用しながらする運動で、身体への負担が少なく、妊婦さんでもはじめやすいスポーツです。マタニティスイミングでは、しっかり泳ぐというよりは、ウォーキングしたり、水中に浮いてみたりといった動きが多いので、まったく泳げないという人でも安心です。

マタニティビクスは、産院主催でおこなわれているクラスも多いですね。エアロビクスの動きで、妊娠・出産に必要な筋肉を鍛えていきます。音楽に合わせて軽快に身体を動かすので、ストレス解消になりますよ。しっかりと運動したい人におすすめです。

スイミングもビクスも、運動前には助産師や看護師のメディカルチェックが入るクラスが多いので、安心して参加することができるでしょう。

楽しく踊って安産に!フラやベリーダンス

ウエスト回りのシェイプアップとして人気の「フラダンス」や「ベリーダンス」。実は妊婦さんにもおすすめのスポーツなのはご存知でしたか?マタニティ向けのクラスなら、テレビなどで見かけるような激しい動きではなく、身体への負担を考えて、ゆったりとしたリズムで踊ります。

マタニティフラダンスは腰を落とした状態でゆっくりと踊るため、下半身が刺激され、骨盤周りの筋肉も鍛えられます。衣装がかわいいので気持ちも上がりますね。産後、子どもと一緒に教室に通うのも楽しそうです。

マタニティベリーダンスは腹筋が鍛えられるのと同時に、正しい姿勢をとることで、腰痛軽減にも効果があるといいます。ウエスト回りを意識した運動で、産後も続ければ「美しいくびれ」が手に入るかもしれませんね。

マタニティ用スポーツウェアの選び方

体形の変化に対応でき伸縮性のあるボトムス

最近では、オシャレなマタニティウェアも多く販売されていますね。マタニティスポーツを楽しむなら、ウェアも実用性があってオシャレなものを選びたいですよね。

妊娠中は週数が進むにつれてお腹がどんどん大きくなっていきます。お腹だけでなく、胸やおしりなども通常よりもサイズアップする人も多いですね。スポーツウェアを選ぶ際は、そういった体形の変化に対応できる、伸縮性のあるボトムスを選ぶ必要があるでしょう。

ジャージー系の生地なら、最適です。「ジャージー」とは生地の織り方の種類のこと。伸縮性があって柔らかく、着心地がよいのが特徴です。特にウエストやヒップ周りの伸びやサイズ感を、試着してよく確かめてから選ぶようにしましょう。

産前から産後まで長く使えるトップスを選ぶ

スポーツウェアを新しく購入するのなら、妊娠中から産後まで長く使えるタイプのトップスを選んだ方がお得ですね。最近のマタニティトップスは、お腹回りがゆったりしているだけでなく、授乳口がついているものがたくさんあります。

授乳服を着る期間は限られているので、マタニティウェアと兼ねていれば長く着ることができてよいですね。素材は吸湿性や吸水性がよく、速乾性のあるものがおすすめです。

「テンセル」や「レーヨン」といった柔らかい化繊が使われているものや、「ポリウレタン」などのストレッチ素材が含まれているものが、伸縮性があって着心地がよいでしょう。また、産後、赤ちゃんに触れてもよいように、引っかかるような装飾がついていないタイプがおすすめです。

サイズが合えばTシャツはパパに借りても

妊娠すると、新たにマタニティウェアをやインナーなどを買い揃えたくなりますよね。普段着だけでも出費なのに、スポーツ用のマタニティウェアも買うとなると、出費が痛いところです。

そこで、パパのTシャツのサイズが合えば、借りてしまうというのもおすすめです。ママのサイズとパパのサイズのバランスにもよりますが、パパが普段LやLLサイズなら、臨月になっても着ることができるかもしれませんね。

レディースのLサイズだと、大きなお腹に丈をとられて、着丈が短くなってしまうのですが、メンズサイズはもともと着丈が長いので、お腹が出なくて安心です。実際、マタニティスポーツのクラスでも、多くのママがパパのTシャツを着ているようです。

まとめ

妊娠したら安静に過ごさなくては、というイメージがあるかもしれませんが、実は適度な運動は安産への近道でもあるのです。スポーツすることは、身体の健康だけでなく、心の健康にも役立ってくれるでしょう。

ただし、無理は禁物です。妊婦健診で、ママと赤ちゃんの健康状態をチェックし、医師の指示のもと適度な運動を心がけるようにしてください。マタニティスポーツで健康な心と身体を作り、安産で元気な赤ちゃんを出産できることを祈っています。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018