就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後に飛行機で里帰り。赤ちゃんと行くための準備と嬉しいサービス

産後に飛行機で里帰り。赤ちゃんと行くための準備と嬉しいサービス

赤ちゃんが産まれたら、早速実家や親せきにお披露目したいですね。ですが、帰省する場所によっては飛行機を利用しなければいけないこともあります。飛行機での里帰りはいつから赤ちゃん連れでも大丈夫なのでしょうか。赤ちゃんが飛行機に乗るリスク、国内線と国際線の違いについてもチェックしておきましょう。

初めての飛行機、計画する前に知りたいこと

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるの?

赤ちゃんが飛行機に乗る場合、厳密に何カ月から搭乗可能という法律はありません。各航空会社が独自の基準で定めているため、利用する航空会社によって違ってきます。

ですが、ほとんどの国内線では生後8日以降であれば搭乗可能だそうです。なかには、生後48時間たっていて、医師の診断(メディカルクリアランス)があれば搭乗できるという航空会社もあります。

国際線でも生後8日以降、14日以降などと定めている航空会社が多く、生後7日未満でもメディカルクリアランスがあれば搭乗可能な航空会社もあり、それぞれに定められた搭乗制限は千差万別です。どうしても生後2週間未満の新生児と飛行機に乗らなければいけない場合は、利用する航空会社に早めに問い合わせましょう。

飛行機利用はママの体調とも相談して

赤ちゃんは1人では飛行機に乗れませんので、必然的に同伴者が必要になります。航空会社では、一定年齢以上の同伴者がいれば赤ちゃんでも飛行機に乗れるとされますが、多くの場合はママが同伴することになりますよね。

赤ちゃんと飛行機に乗る場合、赤ちゃんの心配ばかりをしてしまうのは仕方のないことですが、出産後のママの身体もまだ無理はできない時期です。産後1カ月は悪露(おろ)なども続きますし、帝王切開のママは3カ月ほどは傷が痛みます。

産後のママの身体が、産前のように完全に戻るには一年以上かかるともいわれます。「赤ちゃんは任せて!」といってくれる同行者がいれば少しは安心できますが、ママと赤ちゃん二人旅の場合はママの体調とも相談しましょう。

赤ちゃん連れで海外へ。国内線と違う点は?

国際結婚などをしている場合、赤ちゃん連れで海外に行くこともありますが、国内線と国際線で大きく違うのはまずパスポートが必要ということです。新生児であってももちろん必要なので、海外に行くことが決まっているならば早めに申請しましょう。

また、料金も3歳までは無料の国内線に対し、国際線は赤ちゃんも有料です。2歳までの幼児の場合、大人の膝の上に乗せる場合はインファントといって大人料金の10%、2歳未満でも座席が必要な場合は大人料金の75%が発生します。

インファントは大人1人につき幼児1人までしか購入できませんので、ママが1人で赤ちゃんと2歳未満の子どもを連れていく場合、上の子には必ず座席が必要になります。

飛行機利用で知っておきたい3つのポイント

赤ちゃん連れで利用しやすいのはこの座席

赤ちゃん連れで飛行機に乗る場合は、できるだけ早く座席の予約をしましょう。最近では、インターネットから簡単に座席予約ができるので便利ですね。

早めの座席指定をすると、希望の席を確保できる可能性が高くなります。赤ちゃんがぐずったり、おむつ交換を頻繁にすることを考えると通路側の席のほうが気が楽ですが、授乳をするときに周りの目が気になるというデメリットもあるので窓側の方がいいという人もいます。

国際線では、足元の広い一番前の席に赤ちゃんが眠れるバシネットを設置できるというメリットがあるためおすすめです。チェックイン時でも赤ちゃん連れであることがわかると、希望を聞いてくれることがあるので早めにカウンターに向かいましょう。

赤ちゃんの耳抜きはこれで大丈夫

飛行機は高い高度で飛行するため、気圧の変化で耳が詰まって痛みが出る場合があります。赤ちゃんは自分で耳抜きができないのでママが手伝ってあげましょう。

気圧の変化が一番激しいのが離陸時と着陸時です。そろそろだな、と思ったら赤ちゃんにミルクをあげたり、授乳をしたりするのが一番簡単な耳抜きの方法です。ストローマグなどが使えるようであれば白湯や果汁などでも大丈夫ですよ。

赤ちゃんは耳が詰まると痛みで泣き続けることがあります。お腹がすいていなかったり、眠くてミルクを飲んでくれないときはおしゃぶりなどで対応しましょう。

離陸、着陸以外のタイミングでも耳が詰まることがあるので、乾燥対策も兼ねてこまめに飲み物を飲んでもらうように心がけましょう。

手荷物はどんなものを持っていけばいい?

格安料金のLCC以外の航空会社であれば、機内でおむつやミルク、お湯などを提供してもらえる場合があります。ただし、十分な量があるとは限らないので、必要最低限の分は手荷物として持ち込むようにしましょう。

持ち込むものはいつもの外出時に必要なものと大体一緒ですが、おむつ、おしりふき、ミルクが必要な場合は哺乳瓶や水筒、授乳ケープやタオルなどもあると便利です。万が一のための着替えや、ビニール袋、抱っこひもも忘れずに。

すぐ取り出せるように、赤ちゃんグッズはまとめて足元に置いておきましょう。生後3カ月くらいまでは眠っているうちに到着してしまうことも多いのですが、それ以降はぐずり対策としてお気に入りのおもちゃなどがあるといいですよ。

赤ちゃん連れに嬉しい航空会社のサービス

ベビーカー貸し出しなどの空港内サービス

各航空会社では、赤ちゃん連れにも安心のサービスを提供している場合がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。まず、どの航空会社でも共通して行っているサービスが、赤ちゃん連れの優先搭乗です。

ファーストクラスの乗客や、妊婦さんにも適応されるサービスですが、一足先に機内に入れることで落ち着いて荷物の収納や座席の確認などができます。2歳未満の子どもがいれば優先的に搭乗できますので、搭乗口で事前アナウンスを待ちましょう。

また、搭乗口まで使えるレンタルベビーカーを用意している航空会社もあります。自分のベビーカーを機内に持ち込にむには手荷物サイズ以内であることも必要ですので、事前チェックを忘れずにしておきましょう。

ベビーベッドやチャイルドシートの貸出

国際線の一部座席にはバシネットという簡易ベビーベッドを設置できるスペースがあります。事前予約もできますが、座席に余裕がある場合はチェックインの際にも案内されますので覚えておきましょう。

ただ、バシネットを使える年齢には制限があり、航空会社によっても違いますので搭乗前にしっかり確認しておくようにしてください。

また、1人で座席を使用する幼児のためにチャイルドシートを貸し出している航空会社もあります。子どもを1人で座らせてもチャイルドシートがあればホールド力もアップして、座席から抜け出したり前の座席を蹴られたりということもなくなるので便利です。

赤ちゃん連れで上の子も一緒に連れて行くという場合にうれしいサービスですね。

機内でオムツ交換もミルク作りもできる

機内のトイレにはおむつ替えシートがあるのが一般的です。ですが、そのまま使用済みのおむつをトイレ内のごみ箱に捨てられるかは、客室乗務員に確認するようにしましょう。

また、機内には液体の持ち込みが制限されていますが、赤ちゃん連れの場合であればミルク用のお湯や飲み物、離乳食などは規制の対象外となります。機内でも客室乗務員に頼めばミルク用のお湯をもらうことができます。

ほかにも、幼児ゲスト用のおもちゃやお土産が機内でもらえたり、事前予約でキッズミールや離乳食の注文ができるたりするなど、無料で使えるサービスがたくさんあります。

客室乗務員も常時気にかけてくれるなど、通常のフライトよりも快適に空の旅が楽しめる場合も多いですよ。

まとめ

はじめての子連れフライトは不安がつのりますが「意外と楽だった」「いつもよりも快適に過ごせた」というママが多いので安心してください。客室乗務員も、小さなゲストには特に目をかけておもてなしをしてくれます。

赤ちゃん連れの飛行機は、周りの理解や思いやりを身に染みて感じる機会になります。赤ちゃんが泣いたり、ぐずったりすると申し訳ない気持ちになりますが、誰かの助けを借りることをためらってはいけません。

便利なサービスを利用して安心な空の旅を楽しみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018