就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後に飛行機で里帰り。赤ちゃんと行くための準備と嬉しいサービス

産後に飛行機で里帰り。赤ちゃんと行くための準備と嬉しいサービス

赤ちゃん連れに嬉しい航空会社のサービス

ベビーカー貸し出しなどの空港内サービス

各航空会社では、赤ちゃん連れにも安心のサービスを提供している場合がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。まず、どの航空会社でも共通して行っているサービスが、赤ちゃん連れの優先搭乗です。

ファーストクラスの乗客や、妊婦さんにも適応されるサービスですが、一足先に機内に入れることで落ち着いて荷物の収納や座席の確認などができます。2歳未満の子どもがいれば優先的に搭乗できますので、搭乗口で事前アナウンスを待ちましょう。

また、搭乗口まで使えるレンタルベビーカーを用意している航空会社もあります。自分のベビーカーを機内に持ち込にむには手荷物サイズ以内であることも必要ですので、事前チェックを忘れずにしておきましょう。

ベビーベッドやチャイルドシートの貸出

国際線の一部座席にはバシネットという簡易ベビーベッドを設置できるスペースがあります。事前予約もできますが、座席に余裕がある場合はチェックインの際にも案内されますので覚えておきましょう。

ただ、バシネットを使える年齢には制限があり、航空会社によっても違いますので搭乗前にしっかり確認しておくようにしてください。

また、1人で座席を使用する幼児のためにチャイルドシートを貸し出している航空会社もあります。子どもを1人で座らせてもチャイルドシートがあればホールド力もアップして、座席から抜け出したり前の座席を蹴られたりということもなくなるので便利です。

赤ちゃん連れで上の子も一緒に連れて行くという場合にうれしいサービスですね。

機内でオムツ交換もミルク作りもできる

機内のトイレにはおむつ替えシートがあるのが一般的です。ですが、そのまま使用済みのおむつをトイレ内のごみ箱に捨てられるかは、客室乗務員に確認するようにしましょう。

また、機内には液体の持ち込みが制限されていますが、赤ちゃん連れの場合であればミルク用のお湯や飲み物、離乳食などは規制の対象外となります。機内でも客室乗務員に頼めばミルク用のお湯をもらうことができます。

ほかにも、幼児ゲスト用のおもちゃやお土産が機内でもらえたり、事前予約でキッズミールや離乳食の注文ができるたりするなど、無料で使えるサービスがたくさんあります。

客室乗務員も常時気にかけてくれるなど、通常のフライトよりも快適に空の旅が楽しめる場合も多いですよ。

まとめ

はじめての子連れフライトは不安がつのりますが「意外と楽だった」「いつもよりも快適に過ごせた」というママが多いので安心してください。客室乗務員も、小さなゲストには特に目をかけておもてなしをしてくれます。

赤ちゃん連れの飛行機は、周りの理解や思いやりを身に染みて感じる機会になります。赤ちゃんが泣いたり、ぐずったりすると申し訳ない気持ちになりますが、誰かの助けを借りることをためらってはいけません。

便利なサービスを利用して安心な空の旅を楽しみましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND