就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産にかかるお金ともらえるお金!分娩費用や助成制度についてご紹介

出産にかかるお金ともらえるお金!分娩費用や助成制度についてご紹介

「出産にはお金がかかりそう」と思っていても、実際にいくらかかるのか、出費の内容について、具体的にわからない妊婦さんもいるのではないでしょうか?出産には多額の費用がかかりますが、申請するともらえるお金も多いのです。赤ちゃんを迎えるときに必要なお金と、受けられるお得な助成制度についてお伝えします。

出産する場所や方法でかかるお金が違う?

個人産院、総合病院、自宅など場所の違い

出産する場所は事情や好みによって異なりますが、おもな出産場所と費用は以下のとおりです。

・個人病院 約400,000~1,000,000円
・総合病院 約350,000~500,000円
・自宅   約250,000~400,000円

個人病院では入院中に、豪華なディナーやエステが付いてくるところもあります。好待遇の施設は出産費用が高額になることがほとんどです。

総合病院は入院する部屋によって、費用が異なります。個室より大部屋のほうが安くてお得ですが、周りの人に気を使うというデメリットもあります。

助産師さんに立ち会ってもらう自宅出産は、費用が安くなる場合が多いですが、緊急時の対応が遅れるというリスクがあります。

帝王切開は経膣分娩より高くなる

帝王切開で出産すると、通常の経膣分娩(自然分娩)より一般的に入院日数が長くなります。帝王切開の入院日数は産後6~10日が平均です。

帝王切開で出産したときは、ゆっくりと入院して傷の状態などをよく診てもらったほうが安心ですよね。帝王切開の場合、出産にかかる費用も増えてしまいますが、内容によっては健康保険の3割負担が適用される場合もあります。

経膣出産では出産費用の全額が自己負担になり、健康保険は使えないことになっています。しかし帝王切開の場合は手術代や薬代、検査の費用などは健康保険の適用になり、3割の負担でよいので助かりますね。

ただ帝王切開でも入院中の食事代や部屋代は自己負担となり、健康保険の対象外なので注意してくださいね。

無痛分娩は追加オプションになる

出産時の痛みを軽減させる、無痛分娩を希望する妊婦さんもいると思います。無痛分娩の場合の出産費用はどうなるのでしょうか?

無痛分娩で出産するときは、通常の経膣出産と同じく健康保険は適用されないようです。無痛分娩にかかる費用は、出産する病院によって差があるので一概に断定はできませんが、通常の出産費用より数万~数十万円高くなる場合が多いようです。

前にお伝えしたように待遇のよい個人病院では、出産費用が高くなることがあります。その病院で無痛分娩を希望すると、かなり高額な出産費用が必要になりそうですね。

無痛分娩には麻酔薬や陣痛促進剤などを使うので、通常の出産方法に追加オプションの費用が加算されることになるでしょう。

出産前にチェック!ママに関係するお金

変化の大きい体に合わせたマタニティー用品

妊娠の中期頃は、お腹が少しずつ目立ってきます。今まで着ていた服が合わなくなり、慌ててマタニティー服を買いに行くこともあるかもしれません。

マタニティー用のズボンやスカートの多くはウエストがゴムで、お腹を包み込んでくれるデザインになっています。おなかの大きさに合わせてサイズ調節ができるものが多いので、早めに購入しておくのもよいですよ。

妊娠するとバストやヒップのサイズも変わることが多いものです。マタニティー用のブラジャーやショーツも必要に応じて購入しましょう。

これらのマタニティー用品をすべて揃えると、最低でも30,000円程度はかかるでしょう。費用を抑えたい場合には、手ごろな値段でゆったりした普通のワンピースで妊娠期を過ごす方法もありますよ。

妊娠線予防のためのケア用品

お腹が膨らんでくると、赤ちゃんが生まれる実感がわいてきて楽しみになってきますね。ただ、急にお腹が膨んでしまうと、お腹の皮膚がひび割れて「妊娠線」ができる可能性があります。

妊娠線は急なお腹の膨らみに、皮膚がのびるスピードが追いつかず裂けてしまうというもの。妊娠線を作らないためにも、妊娠中の急な体重の増加には気を付けてくださいね。

妊娠線を作らないためには専用のクリームで、徐々にのびてゆく皮膚をケアしてあげることが大切です。クリームを付ければ100%妊娠線ができないというわけではありませんが、クリームの保湿効果で予防できるでしょう。

妊娠線予防クリームの値段は幅が広いので、予算に合わせて購入しましょう。

ママの使い心地も大切な抱っこ紐

あるアンケート調査によれば、5割以上のママが「抱っこ紐を、妊娠中に購入していた」と回答しています。なぜ出産後に使う抱っこ紐を、妊娠中から準備しているママが多いのでしょうか?

妊娠中は、あたり前のことですが赤ちゃんがお腹の中にいるため、軽いものなら両手に持つことができます。しかし、出産後は赤ちゃんを抱っこすると手がふさがって困ってしまいます。

そこで新生児から使える抱っこ紐があれば、抱っこ中も両手が空くので「いざというときに役立つ」と考えるママが多いようです。

抱っこ紐は一度購入するとなかなか買い換えないと思います。新生児から使える抱っこ紐は高額なものも多いので、妊娠中などの時間のあるときにゆっくり選んでおくとよいですね。

出産前にチェック!赤ちゃんに関係するお金

ベビー服や衛生用品、お風呂グッズ

出産前は赤ちゃんのための準備品も揃えておきたいものです。ベビー服の準備品には、たとえば以下のようなものがあります。

・短肌着
・長肌着
・ツーウェイオール
・おくるみ
・ガーゼ
・衣類用洗剤

このほかに日差しの強い季節には、帽子があると便利です。よだれが多い赤ちゃんには、スタイをしてあげるとよいですね。

沐浴のためのベビーバスや石鹸、タオルなどのお風呂グッズも退院後すぐに使うでしょう。お風呂上りのケアに綿棒やベビーオイルも準備しておきたいものです。

肌着類は洗い替えが2、3枚あれば便利です。ベビー服や衛生用品、お風呂グッズにかかる費用を大まかに計算すると、20,000~30,000円前後の出費になるかもしれませんね。

おむつ用品や授乳用品

赤ちゃんが生まれたら、おむつや授乳用品も必要になります。おむつには紙おむつと布おむつがあります。

紙おむつは使い捨てで便利です。出産後に足りなくなると、赤ちゃんを連れて買いに行くのは大変なので多めに購入しておくと安心ですよ。

布おむつを使う場合は、おむつにする布とカバーが必要です。そのほかに、おむつを洗うバケツや洗剤も購入しておきましょう。

授乳用品には様々なアイテムがあります。産後に母乳がどれくらい出るかによって必要なものを買い足してもよいでしょう。

出産の準備品としては母乳パッドや搾乳機、哺乳瓶や乳首、哺乳瓶を洗うための道具などを揃えておきましょう。授乳用のクッションや胸を隠すケープがあると便利ですよ。

ベビーベッド、チャイルドシート

ベビーベッドやチャイルドシートも出産前に準備しておきたいものです。6歳未満の子どもを車に乗せるときは、チャイルドシートの装着が義務になっているので、退院するときに必要という場合もあるでしょう。

一般的なチャイルドシートは30,000~50,000円程度のものが多いようです。乗っている車に取りつけができるかどうかなど確認したうえで購入しましょう。

ベビーベッドも出産前に準備しておくと便利です。ママがベッドで寝ている場合は、横にくっつけておくとママと赤ちゃんの寝ている高さが同じなので、夜の授乳が楽にできるでしょう。

2人目以降の出産やペットを飼っている場合は、ベビーベッドがあれば、赤ちゃんを高いところに寝かせられるので安全です。

専業主婦でも大丈夫!出産でもらえるお金

妊婦健診費は自治体の助成金がある

妊娠がわかったら、なるべく早く自治体に届け出をしましょう。妊婦健診費は保険の対象にならないので、全額を自分で負担することになっています。

自治体に届け出をすると、検査の費用を一部負担してもらえる制度があるので、申請を忘れないようにしたいですね。母子手帳に健診費用補助券がセットになっている場合が多いようです。

自治体で妊婦健診票をもらい、かかりつけの病院にどれを使えばよいか相談しましょう。健診の費用を助成してもらえる回数が決まっているので、計画的に利用したいですね。

里帰り出産などをする場合は、健診を受けている病院以外での出産を予定している妊婦さんもいることでしょう。自治体が異なるときは、届け出先をどうすればよいかも事前に確認しておきましょう。

出産育児一時金は42万円もらえる

国や自治体が妊婦さんの金銭面をサポートしてくれる制度は、健診の費用だけではありません。出産するときの分娩費や入院費に対しても、助成する制度があります。

国民健康保険に加入していれば、出産育児一時金として子ども1人につき420,000円が支給されることになっています。双子の場合は、2倍の840,000円が支給されます。

出産するときに費用はかかりますが、だいたい同じくらいのお金がもらえるので、差し引きすると実際は金銭的な負担が少なく出産できるようになっています。出産費用が420,000円以内なら、差額も支払ってもらえるようです。

また、病院へ直接支払ってもらう「直接支払制度」を利用すれば、現金を準備する必要がないので便利ですよ。

住んでいる自治体独自の助成制度があるかも

独自の助成制度を定めている自治体もあります。ここでは東京都の例をご紹介します。

東京都港区では、出産費用の一部を負担してくれる制度があります。600,000円を上限に分娩費や出産にかかった入院費用から出産育児一時金の420,000円を差し引いた金額を助成してくれます。

東京都渋谷区には、妊婦さんが安心して出産できるように「ハッピーマザー出産助成金」という制度があります。出産のときにかかった費用から出産育児一時金の420,000円を差し引いた金額を、上限を100,000円として支給してもらえます。

また、東京都千代田区では、出産準備のための支給もあります。

どのような助成制度があるのか、お住まいの自治体にも事前に確認してみてくださいね。

働いている人が出産などでもらえるお金

産前産後の収入をカバーする出産手当金

働いている人は産前産後の収入をカバーする、出産手当金がもらえる可能性があるので確認しておきましょう。勤め先の健康保険に加入していて、仕事復帰をすることなどが支給の条件となっています。

出産手当金は出産予定日以前の42日間と、出産の翌日以後の56日目までが支給の対象です。予定日より出産が遅くなった場合は、のびた日数の分も含まれて支給されるので助かりますね。

前にもお伝えしたように、出産前はベビー服や育児用品などの出費が増えることが考えられます。支給される出産手当金で揃えようと期待していても、支給されるのは産後に申請をした後になる場合がほとんどです。

産前産後の1~2カ月はお給料がなくてもやりくりできるように、事前に計画を立てておきましょう。

つわりや切迫早産のときに使える傷病手当

病気などで仕事を休んでしまったときのために、休んでいる間の生活を保障する手当もあります。傷病手当はつわりや切迫早産で仕事を休んだときも使えるので安心です。

傷病手当をもらうには、期間中に給料の支払いがないことが条件です。勤務先から十分な報酬が受けられない場合に支給されるものなので気を付けておきましょう。

つわりは日によって違いますし、中には仕事に行ける日もあるかもしれません。その場合、給料の支払いが発生してしまうので悩むところですよね。

給料の支払いがあっても傷病手当の額に満たない場合は、差額を支給してもらえるようなので助かりますね。ただし支給期間には制限があり、支給開始から1年6カ月までとなっているので気を付けましょう。

育休期間にもらえる育児休業給付金

赤ちゃんが生まれて育児休暇をとる場合は、育児休業給付金がもらえる制度があります。育児休業給付金をもらうのはママに限らず、育休をとったパパが受け取るケースもあるようです。

育児休業給付金は、子どもが1歳になる頃まで支給してもらえるので、育児休暇中の生活が楽になります。仕事復帰する時期になっても保育園に空きがなければ、子どもが2歳になる頃まで支給期間を延長できるのでありがたいですね。

育児休業給付金を受けるには、雇用保険に加入していることが一つの条件です。そのほかにも育児休暇前の2年間の間に、11日以上勤務した日が1年以上あることなど、細かい条件が定められています。

ただし、出産後に申請して、受け取れるのは3カ月程かかるそうなので注意しましょう。

一定額以上になると一部が戻ってくるお金

帝王切開などで利用することも!高額療養費

前にもお伝えしたように帝王切開での出産は、手術費用がかかったり入院日数が増えたりするため、通常より出産費用が高くなってしまいます。

そのため1カ月間の医療費の支払い額が多く、「負担上限額」を超えてしまっている場合は、「高額医養費」の支払い対象となる可能性がでてきます。加入している公的な医療保険に申請すれば、助成金が支給されることもあります。

高額医養費の申請は出産後に行うことが一般的のようです。申請しても助成金の支払いは約3カ月後になってしまうので、お金がないときは困ってしまいますよね。

立て替えのお金がない場合は、「高額医療費貸付制度」が利用できるかもしれません。加入中の公的医療保険に相談してみましょう。

出産後はママの体の回復や赤ちゃんのお世話などで、手続きの時間が取れないこともあるでしょう。ママの体調や赤ちゃんの状態で、帝王切開があらかじめ決まっている場合もあると思います。

事前に申請できれば出産後に手続きする手間が省けるので、可能かどうか申請先に問い合わせてみるとよいですね。

確定申告により戻ってくる医療費控除

帝王切開で出産したときや、入院が長引いてしまった場合、予想以上に多額の出産費用がかかったというママも多いと思います。妊娠や出産の費用は「医療費控除」の対象になりますので、確定申告をして還付金をもらうようにしましょう。

ただし、出産育児一時金の対象であれば、子ども1人につき420,000円が支給されるので、かなり高額な医療費を支払っていなければ、医療費控除を受けることは難しいかもしれません。

しかし家族全員が1年間に支払った医療費の合計が100,000円以上になる場合は、支払いすぎた税金が戻ってくるという制度なので、支払った医療費を足してみましょう。

確定申告のときは、医療費を支払ったという証明が必要になるので領収書は必ず残しておきましょう。領収書をもらい忘れていてレシートしかない場合は、レシートでも大丈夫なので大切に保管しておいてくださいね。

共働きの場合は、どちらの勤務先でも税金の還付を受ける還付申告ができるようです。手続きの方法や詳しい内容は、勤務先の担当者やお住いの税務署に問い合わせてみるとよいでしょう。

出産後の生活でもらえるお金や助成制度

毎月もらえる児童手当

出産後の生活には何かとお金がかかるものです。紙おむつを買いだめしていても、毎日取り換えていると、あっという間になくなってしまうでしょう。

児童手当は子どもがいる家庭を、経済面でサポートしてくれる制度です。自治体に申請し条件を満たしていれば、翌月分からの児童手当を支給してもらえることになっています。

毎月もらえる児童手当は3歳未満の子ども1人につき、月額15,000円が支給されます。通常3歳以降は月額10,000円に減ってしまいますが、3人目以降は小学校卒業まで月額15,000円がもらえるので家計が助かりますね。

児童手当は年3回、2月・6月・10月に、前月分までが指定の口座に振り込まれることになっています。

医療機関で使える乳幼児医療費助成制度

乳幼児医療費助成制度は、自治体が乳幼児の医療費を負担してくれる制度のことです。子どもが小さいうちは熱を出したりケガをしたり、ハラハラすることが多いものです。

医療費の全額や一部を負担してもらえると、病院に連れて行ったほうがよいかどうか迷うときでも受診しやすいので助かりますね。「あのとき、病院に行っておけばよかった…」と後悔することも少なくなると思います。

乳幼児医療費助成制度の対象となる条件や、医療費の負担額は自治体によって異なっています。病院で提示する乳児医療証を発行してくれる場合や、支払った医療費を後で返金してくれるなど助成の方法も様々です。

自治体によって制度の内容が異なってきますので、HPなどで確認してみてくださいね。

1人親を支援する児童扶養手当

1人で子どもを育てているパパやママのために、1人親を支援する児童扶養手当があります。赤ちゃんが生まれて申請すれば所得の制限はありますが、最高で子ども1人に月額42,330円支給されることになっています。

児童扶養手当は、前年の所得に応じて支給される「全額支給」と一部を支給する「一部支給」があります。2018年8月から「全額支給」の所得限度額が引き上げられ、対象者も増えているようです。

児童扶養手当は、現在は4カ月分を年3回に分けて支給されています。しかし、2019年11月からは支給月が増え、2カ月分を年6回に分けて支給されるようです。受け取りの回数が増えると、収入が少ない場合や、急な出費があるときも安心ですね。

出産を前にお金がどうしても足りないときは

家の不用品を売ってお金に換える

出産のための補助金の申請をしても、受け取りまで時間がかかる場合もあるでしょう。出産前にお金がどうしても足りないときは困ってしまいますね。

お金を増やしたいときは、家の不用品を売って現金に換えるのも一つの方法です。古い本や流行遅れの服でも、高い値段が付く場合がよくあります。

しかし妊婦中に多くの不用品を、リサイクルショップなどに運ぶのは危ないですね。安全のために自宅への集荷サービスが利用できる、「メルカリ」などのフリマアプリを活用しましょう。

メルカリは不用品の値段を自分で決めることができます。希望の金額で販売できれば、出産費用も補えるかもしれませんね。

売ったお金でメルカリ内のベビー用品などを購入することもできますよ。

出産一時貸付制度を利用する

出産するときのお金に困ったら、全国健康保険協会の出産費貸付制度を利用してみてはいかがでしょうか?出産費貸付制度は、出産育児一時金を受け取るまでの間、無利子でお金を借りることができる制度です。

受け取り予定の出産育児一時金支給額の8割が上限になり、10,000円単位で借りることができるようになっています。ベビー服やチャイルドシートなど妊娠中に購入しておきたいものがあれば、その分の数万円だけでも借りられるので助かりますね。

申込の方法は申込用紙に必要事項を記入し、必要な書類を添えて全国健康保険協会の各支部まで提出するようになっています。返済は出産育児一時金の給付金が充てられ、残金は指定の口座に振り込んでくれるので返すのも簡単です。

どうしたらよいか迷ったら役所に相談する

出産予定日が近づいてきても、お金がなければ焦ってしまいますね。でも、1人で悩みを抱え込まないことが大切です。

お金に困ってしまいどうしたらよいか迷うときは、役所に相談してみるとよいですよ。役所にはいろいろな人が相談に訪れるので、それぞれの状況に合った解決方法を提案してくれると思います。

前にお伝えした出産費貸付制度について、「利用したいけれど申請方法がわからない」などの悩みでも大丈夫です。たとえ申請する場所と違っていても、連絡先や申請方法を教えてもらえるでしょう。

妊娠中は体の変化への不安もあるので、気持ちが不安定になってしまうものです。困ったことがあれば、とにかく役所へ行って相談してみましょう。

まとめ

出産にかかるお金ともらえるお金について、お伝えしてきましたがいかがでしたか?分娩費などの出産費用は、出産する場所によって金額の差が大きいので、よく考えて選びたいものです。

出産にはママのためのマタニティー用品や、赤ちゃんのためのベビー服などが必要で、何かとお金がかかってしまいますね。国や自治体で出産費用の負担を軽くするために、助成の制度が設けられているケースがあるので確認してみましょう。

出産にかかるお金ともらえるお金のバランスを考えながら、赤ちゃんを迎える準備をすすめてくださいね!

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018