就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産後の面会は短時間で!お互いに楽しい時間にするための方法

出産後の面会は短時間で!お互いに楽しい時間にするための方法

親しい友人や親戚の妊婦さんが無事に出産を終えたとき、すぐに病院に駆けつけておめでとうと伝えてあげたいですし、赤ちゃんにも会いたいですよね。しかし、出産後すぐの面会には気をつけなければいけないポイントがあります。どんなことに気をつければよいのか、喜ばれる手土産などの情報も交えてまとめてみました。

出産後の面会に行く際の簡単な流れ

産後は意外と忙しい!事前に予定を聞こう

出産を終えたママは、退院までゆっくりと体を休めて過ごしているのだと思われがちですが、そうではありません。むしろ、退院後の生活よりもハードスケジュールになる可能性のほうが高い場合もあるのです。

病院によっても違いますが、普通分娩の場合には出産日の次の日くらいから、帝王切開の場合には2、3日後くらいから母子同室が始まります。3時間おきの授乳、おむつ交換などのお世話から自分の身の回りのことをしなくてはいけません。

そのほかにも、退院後の生活指導や沐浴指導、産後の経過をみるため診察を受ける必要もあります。ゆっくりと食事をとる時間すらないママもいるので、面会前に予定を確認しておくとよいかもしれません。

ママは産後で疲労MAX!手短に済ませよう

赤ちゃんを産む行為は命がけです。何時間、何十時間という時間陣痛に耐えるママもいますし、帝王切開をするママはお腹を切開していますので、体にかかるダメージは想像以上です。

しかし、体が完全に回復する間もない状態で今度は24時間休みのない育児がスタートします。ママは赤ちゃんへの愛情でいっぱいなので、赤ちゃんのためなら寝る間も惜しんでお世話をするでしょう。

とはいっても、ゆっくりと体を休めたいという思いも少なからずあると思います。せめて赤ちゃんが寝ている間だけでもくつろげる時間を過ごしてもらいたいですよね。

面会に行って出産話をしたり、赤ちゃんを抱っこしたい気持ちも分かりますが、ママのためにも手短に済ませるように心がけましょう。

手土産は個包装のものを選ぶ

面会に行く際には、手土産を持参していく人が多いと思います。手土産として定番なのがお菓子ですが、お菓子を選ぶ際にはほんの少しの気遣いをすることで貰った側からもとても喜ばれると思います。

ほんの少しの気遣い、それは個包装のタイプを選ぶことです。お菓子といってもクッキーやケーキ、和菓子などジャンルはさまざまですが、一度開封してすぐに食べきれないものだと食べ終わるまでにお菓子が痛んでしまう恐れもありますし、場合によってはお皿やナイフが必要なこともあります。

パクっと一口で食べられるような大きさで、個包装であればその場ですぐに食べることもできますし、自宅に持ち帰ることもできます。選ぶ際には包装の仕方もチェックしてみてくださいね。

ママの活力アップになる手土産を持参しよう

とにかく喉が渇く!ノンカフェインの飲み物

出産後にはこまめに授乳をする必要があるので、ママは積極的に水分をとる必要があります。必死に水分をとるようにしていても、とにかく喉が渇くのはこのためです。

授乳が関係しているだけでなく、出産後にはむくみの症状が出やすいこともあり、たくさん水分をとるように指導されることもあります。ですから、手土産には飲み物をプレゼントするのもおすすめです。

飲み物を選ぶ際にはノンカフェインの飲み物を選ぶようにしましょう。母乳育児をしているママはカフェインを控えるようにしている場合があります。ノンカフェインの紅茶やコーヒーなども種類が豊富にありますので、いろいろな種類をプレゼントするのもとても喜ばれると思いますよ。

授乳中はお腹が空く!つまめるお菓子

授乳をしているママの多くが、常にお腹がすいていると感じているようです。ママのエネルギーが母乳となり赤ちゃんに飲まれていますので、体がフル稼働している状態なのかもしれませんね。

実際、産後に出される食事は量がとにかく多いです。特に主食であるご飯は普段よりも倍近く盛り付けられていますので、十分な母乳を出すためにはそれだけ食べたほうがよいということかもしれません。

エネルギーをたくさん取り入れるためには、お菓子を食べることも大切です。お菓子は空腹を満たすだけでなく疲れもリフレッシュさせるパワーがありますからね。

手土産にお菓子を選ぶ場合には、手軽につまめるタイプがおすすめです。ママの好みのお菓子をプレゼントしてあげてくださいね。

赤ちゃんと一緒に使えるハンドクリーム

新生児の赤ちゃんのお肌はとても繊細です。ママも最初のうちは赤ちゃんに触れるたびにドキドキしたり、ばい菌をつけないようにと神経質になってしまうかもしれませんね。

おむつ交換、授乳、抱っこ、赤ちゃんに触れるタイミングはたくさんありますが、いつでも清潔な手で赤ちゃんに触れてあげたいものです。ですから、ママも普段よりも手洗いや消毒に気を付けるようになると思います。

手洗いや消毒は、手のばい菌を減らすことが期待できますが、その分手の油分が不足しがちになります。そんなママのために手土産としてハンドクリームをプレゼントするのはいかがでしょうか。

ママと赤ちゃんが一緒に使えるハンドクリームを選べば、安心して使ってもらえると思いますよ。

産後の関係に悪影響!面会でのNGなこと

出産当日と翌日は疲れているので行かない

出産報告は、電話やメールなどで出産日当日に連絡がくる場合もあるかもしれません。しかし、連絡があったからといって、出産当日や翌日に面会にいくことはあまり望ましいことではありません。

出産当日は、ママも寝不足で疲れていたり、パパと赤ちゃんで家族水入らずの時間を過ごしているかもしれません。出産日翌日には歩行訓練や授乳指導などがあり、ママもぐったりしていて面会をすることが負担になってしまう恐れもあります。

退院まではだいたい1週間ほど時間があると思いますので、ママの体調や入院中のスケジュールを確認してから面会に行くようにするとよいでしょう。ママと赤ちゃんの生活リズムを最優先にすることを心がけてくださいね。

大人数でお見舞いに行かないようにしよう

友人や親戚が多いママだと、入れ替わり立ち替わり面会の人で出入りが激しくなる可能性もあります。たくさんの人がお見舞いにきてくれることは、ママにとっても嬉しいことだと思いますし、来てくれたことにとても感謝するのではないでしょうか。

しかし、出産のお見舞いに大人数で行くと、状況によってはほかの患者さんにも迷惑をかけてしまう恐れがあります。個人的に行く、または多くても2、3人を目安にするとよいと思います。

面会に行く前に、部屋が大部屋か個室かを確認しておくと、なお安心です。個室でしたらスペースもありますし、少しの間おしゃべりを楽しむことができます。

大部屋だと、ほかの患者さんのこともありますので配慮が必要です。

小さな子どもは連れて行かないようにしよう

子ども連れで面会に行こうと考えている人もいるかもしれませんが、可能であれば誰かに預かってもらって大人だけで行くほうが望ましいでしょう。病院という場所に行くこと自体が何らかの感染症にかかるリスクがあります、健康な状態であっても病気をもらって帰ってくることがあるかもしれません。

また、産婦人科病棟は、産まれたばかりの赤ちゃんや出産を控えたママが体を休める場所です。小さな子どもは大きな声をだしたり、病棟を走り回ったりしてしまう恐れもありますので、周囲の人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

病院への面会は、大人だけで行って、後日改めて子どもを連れて出産のお祝いにいってあげるとよいかもしれませんね。

まとめ

産まれたばかりの赤ちゃんは、本当に可愛いですよね。すぐにでも駆けつけて赤ちゃんを抱っこしたいですし、出産を頑張ったママの様子も気になります。

しかし、産後のママは、休む暇もないようなハードスケジュールを過ごしている可能性が高いです。お疲れのママのためにも、面会に行く日程を事前に確認しておくと安心です。

また、面会の際にはママに喜んでもらえるような手土産を持参すると、とても喜ばれると思いますよ。ママと赤ちゃんの元気な姿が見られるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018