就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠中の飛行機は大丈夫?覚えておきたいポイントやリスクを紹介

妊娠中の飛行機は大丈夫?覚えておきたいポイントやリスクを紹介

里帰りや前から決まっていた旅行など、やむを得ずに妊娠中でも飛行機に乗らなくてはいけないときがあります。妊娠中に飛行機に乗る場合はどんなことに気をつければよいのでしょうか。妊婦が飛行機に乗るリスクや、知っておくと便利なお役立ち情報も交えてご紹介します。

妊娠中に飛行機に乗るときの疑問や不安

妊娠中に飛行機に乗れるのはいつから?

実は、妊娠初期だからといって飛行機の搭乗ができないということはありません。中には、妊娠中だと気がつかないまま飛行機に乗ってしまったという人もいるかもしれませんが、心配しなくても大丈夫です。

飛行機に乗る予定があるのに、妊娠が発覚したときは迷いますが、自分の体調をまず1番に考えて不安がある場合はキャンセルなどの対応をとりましょう。つわりなどの症状が落ち着いていたり、異常のない妊婦であればまず心配はありませんが、妊娠初期は流産しやすい時期であるということは間違いありません。

産婦人科の医師の意見も「乗っても問題ない」と「安定期まで待つのが安全」に分かれることもしばしば。フライト時間や目的などを考えて最終決定しましょう。

いつまで乗れる?航空会社が定める搭乗制限

妊婦さんの中には里帰り出産のために飛行機を利用する場合もあるかと思いますが、そのときに気をつけたいのが妊婦の搭乗制限です。航空会社によって細かい規定は変わってきますが、臨月を迎えたら通常の手続きでは飛行機に乗れないということを覚えておきましょう。

臨月を迎えて、出産予定日の28日以内になると健康な妊婦でも医師の診断書、または同意書が必要になります。航空会社によっては特別な診断書が用意されているので、ホームページからダウンロードしたり郵送してもらったりすることも必要です。

双子などの多胎児妊娠や早産の経験がある妊婦では搭乗制限も早くなりますので、詳しくは利用する航空会社に問い合わせましょう。

妊娠中に飛行機で海外に行くのは大丈夫?

航空会社の搭乗制限の規則に従った妊娠週数であれば、国際線に乗ることも可能です。ただし、長すぎるフライトや目的地によっては注意が必要です。

お腹も大きい妊婦の身体にせまい機内は負担が大きく、エコノミークラス症候群になりやすくなります。妊娠中の無理は禁物なので、どうしてもという場合以外は控えるのがベターです。

万が一、渡航先で出産や治療が必要になった場合は高額な医療費を請求される可能性もあります。アメリカなどは無保険の場合、出産で数千万円かかることも珍しくなく、海外旅行保険でカバーできないので妊娠中の旅行はリスクが高くなります。

妊娠中に海外旅行に行くなら、フライト時間が短く医療事情のよい国を選ぶようにしましょう。

妊娠中に飛行機に乗るなら安定期の間に!

妊娠中、飛行機に乗るのに適した時期とは

妊娠中に飛行機に乗る場合、安定期に入ってからというのが一つの目安になります。安定期は妊娠5カ月から7カ月でだんだんとお腹が大きくなってくるころ。

つわりもおさまり体調も安定してくる妊婦さんが多いので、妊娠中で一番アクティブに動ける時期。はやりのマタニティ旅を楽しむのにも適した時期です。

ただし、個人差があり、つわりがまったくない人であれば、お腹が大きくなる前に飛行機に乗った方が身体的な負担が少ないということもあります。お腹が大きくなってくると、どうしても動きにくかったり、足元が不安定になります。

貧血や頻尿といったトラブルを抱える妊婦さんも出てくるので、長時間のフライトは心配になりますね。できれば、安定期の中でも前半のお腹が目立たない時期を選ぶのがポイントです。

安定期だとしても体調に不安があれば控えるべきですし、健康に自信があっても念のため医師の許可をとってから飛行機に乗るようにすると安心できます。飛行機に乗ると気圧の変化や緊張でお腹が張りやすくなるので、事前に相談することで張り止めを処方してくれることがあります。

安定期以外に飛行機に乗るのは危険?

搭乗制限にもあるように、出産予定日から28日以内になると妊婦と赤ちゃんの安全のためにフライトは基本的に控えることが望ましいとされています。では、安定期以外のフライトは危険なのかといえば、そういうわけではありません。

飛行機にかかわらず、妊婦は普通の人よりもリスクが高くなるということさえ覚えておけば、自分がいま飛行機に乗るべきかそうでないかが判断できるはずです。妊娠初期であっても、後期にさしかかっていても、問題なくフライトできる人もいれば、全妊娠期間を通して飛行機には乗らない方がいい人もいます。

いままで、なんの問題もなく妊娠が経過していても、ある日突然、切迫流産や妊娠中毒症になる可能性が誰にでもあります。それが万が一空の上であったら、陸の上、街の中よりもリスクが高いということです。

また、妊娠中は普段よりも気持ちがナイーブになりがち。赤ちゃんのことを心配するあまり、体調不良やつわりが再開することもないとは限りません。

よほど飛行機に慣れている人以外は、妊娠中のフライトは避けてもいいかもしれませんね。

飛行機に乗るときに覚えておきたいポイント

妊娠中に飛行機に乗るときのリスク

妊娠中に飛行機に乗ることで高まるリスクについてまとめておきましょう。

まず、妊娠初期は切迫流産などに注意したい時期。ちょっとしたことで出血しやすい時期でもあり、つわりや体調不良などが多いので日常生活でも注意が必要です。

安定期は一番フライトに適した時期といわれていますが、その安心感がネックになることもあります。エコノミークラス症候群や、むくみ対策をしっかりして、より安全なフライトになるよう心がけましょう。

妊娠後期はお腹が大きくなってきて、後期つわりや早産などにも気をつけたい時期です。里帰り出産などを計画している場合は、搭乗制限もありますので少なくとも32週までには帰れるように計画を立てましょう。

飛行機に乗るときに持っておくとよいもの

飛行機の畿内はせまいので、持ち込む荷物も最小限にしたいものです。妊娠中はなにかと心配になっていろいろ持ち込みたくなりますが、あると助かるものを厳選しておきましょう。

まず、いざというときのために母子手帳、健康保険証は必ず手元に置いておきましょう。気分が悪くなったときのためのエチケット袋やウェットティッシュなども多めにあると安心です。

機内は乾燥するのでマスクを持っておくと、潤い保持と機内食のときのニオイ対策にもなります。おりものが多くなることも考えてナプキンも携帯しておきましょう。

お腹が張りやすいという人は医師からあらかじめ処方してもらった張り止めも忘れずに。病院の連絡先や担当医の電話番号などもメモしておくと安心です。

妊娠中に受けられる航空会社のサービス

妊娠中であることをあらかじめ航空会社に伝えておくことで受けられるサービスがありますので、ぜひ利用してみましょう。

まず、妊婦さんや小さな子ども連れの場合は優先的に機内に案内してもらえる場合がほとんどです。搭乗口で呼びかけがありますので、一足先に機内に入ることができます。

機内では、添乗員が荷物の収納などを手伝ってくれることもありますので、席に着いたら近くの添乗員に妊娠中であることを伝えておきましょう。満席でなければ、チェックインの際も周りが空席の座席を用意してくれることがあります。

ほかにも、空港内での電動カートの利用や、マタニティマークをもらえるなどのサービスがある航空会社もありますよ。

まとめ

妊娠中の空の旅はいつもよりも慎重に、本当に今必要なのかをもう一度考えるようにしましょう。里帰りなどやむを得ない理由がある場合も、余裕を持ったスケジュールを立ててください。

飛行機に乗ることがお腹の赤ちゃんによくないということでは決してありませんので、正しい知識を持って冷静に判断することも大事です。ただ、ほかの環境よりもリスクが高いことは事実なので、お腹の赤ちゃんのためだけでなく、自分の身体のためにも無理は禁物。

体調を最優先にして、搭乗するしないを決めるようにしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018