就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産の痛みを例えるなら?パパへ伝える方法と出産の痛み対策

出産の痛みを例えるなら?パパへ伝える方法と出産の痛み対策

赤ちゃんに会えるのは嬉しいけど、やっぱり出産は怖い!そんな不安を持つママも多いと思います。出産の痛みを「鼻からスイカを出すくらい痛い」とよく聞くけれど、実際はどんな感じなのか、気になりますよね。出産の痛みについて知り、パパにもその大変さを理解しておいてもらいましょう。

不安の多い出産の痛みについて知ろう

陣痛や出産の痛みはどれぐらい?

一般的な自然分娩で感じる痛みには、2種類あります。一つは「陣痛」の痛み。陣痛にも段階があり、個人差はありますが、多くの場合「前駆陣痛」といって、生理痛のようなお腹の痛み、張りを頻繁に感じます。

その後「いよいよ生まれる」という段階になってくると「本陣痛」がありますが、これは前駆陣痛とは比べ物にならないほどの痛みです。そして本陣痛に耐えたのち、赤ちゃんを生み出すときに、二つ目の「分娩」の痛みがあるのです。

ある麻酔科医の本では、この分娩時の痛みを、「手指を切断したときと同等の痛み」と表現しています。考えただけでもゾっとしてしまう表現ですが、「人を産む」というのはそれだけの大仕事ということですね。

1人目と2人目で痛みの差はある?

一般的に、経産婦の方が分娩時間が短いとされています。一度赤ちゃんが産道を通っているので、お産が進みやすいからです。しかし、時間が短いからといって、「2人目以降の出産は痛みが軽くなる」というわけではなさそうです。

1人目の出産は「必死過ぎてあまり記憶にない」というママが多いようです。ところが2人目は、ママが落ち着いている分冷静になってしまい、痛みを感じやすいという話もよく聞きます。

3人以上の出産経験があるママでも、やはり「産む瞬間」の痛みは1人目のときとあまり変わらないという場合が多いようです。でも、出産の経験を活かして、リラックスする方法や痛みとの向き合い方などを事前に準備することができるのは、経産婦ならではかもしれません。

出産の痛みに耐えられない人はいるの?

日本では自然分娩での出産の割合が多いですが、海外では麻酔を使った無痛分娩をおこなうことも多いと聞きます。麻酔なしで出産の痛みに耐えるのは、本当に大変なことなのです。

中には長く続く激痛に耐えかねて、自然分娩の途中で「帝王切開にしてください!」とお願いするママもいます。痛みの感じ方や分娩時の精神状態はママによってまちまち。医師の判断で帝王切開分娩に切り替わることもあるようです。

「痛みに耐えてこそ子どもが愛せる」なんてことはありません。ママが痛みでパニックになって、安全に分娩できない方がよくないですね。大切なのは赤ちゃんが無事に生まれること。痛みに耐えられなくても、医師や助産師さんたちが適切に対応してくれるでしょう。

出産の痛みをパパにも分かってもらおう!

男性にも分かりやすい?出産の痛みの例え

出産することのないパパにも、あのとてつもない痛みを少しでも理解してほしいですよね。

【出産の痛みの例え】
・のこぎりでお腹を切られるような痛み
・ハンマーで腰を何度も殴られているような痛み
・腰を車にひかれているような痛み
・腰の骨を内側からむりやり折られるような痛み
・手指を切断したときと同じくらいの痛み

Twitterには、男性がよりリアルに想像しやすい表現も投稿されています。

【Twitterの投稿】
・経験したことがないほどひどい下痢なのに、トイレが開いていなくて3時間以上我慢する感じ。
・ビルの5階から落下して、おしりで着地して骨が砕けたような感じ。
・足の小指を強打したときの激痛が骨盤全体に何時間も続く感じ。

男性が陣痛の痛みを体験したら?

どんなに言葉で例えても、妊娠・出産するための機能が備わっていない男性には、なかなか伝わりにくいかもしれません。よく、「男性が陣痛の痛みを経験すると気絶する」などといわれますよね。

女性は毎月、生理と生理痛を経験していますが、男性にはもちろんその経験もありません。いきなり陣痛の痛みを体験すると、耐性がないため、女性よりも、よりつらく感じるかもしれません。

YouTubeには、男性のお腹に特殊な電気を流して痛みを与える「陣痛疑似体験」の動画をいくつか見ることができます。よりリアルに体験するため、最初は弱い陣痛、そして徐々に間隔が短くなり痛みも増していきます。絶叫する男性の中には、途中でギブアップしてしまう人も。動画をパパに見せてもよいかもしれませんよ。

パパに見てほしい妊娠と出産がテーマの映画

男性が出産!?【JUNIOR(ジュニア)】

筋骨隆々の大男、アーノルド・シュワルツェネッガーが妊娠・出産をするという驚きの内容ですが、「子どもを産む」ということの大変さを男性が体験したらどうなるか、わかりやすく描かれています。

新薬の人体実験の結果、妊娠することになった男性主人公。最初は戸惑いますが、次第に大きくなっていくお腹に、どんどん愛情が深まっていきます。現実にはあり得ない話ですが、男性も妊娠中の不安定な気持ちや出産の苦しみなどを経験してみると、女性を気遣う心や育児に対する心構えが、少し変わるかもしれませんね。

これから赤ちゃんを迎えるパパには、ぜひママと一緒にこの映画をみて、妊娠・出産の疑似体験をしてみるのもおすすめですよ。

事前にチェック!出産の痛みを和らげる方法

姿勢と呼吸を整えよう

自然分娩で、完全に痛みから解放されるのは難しいですが、痛みを和らげる方法はいくつかあります。その一つは「姿勢」です。陣痛が始まると、仰向けで寝ているのが辛くなってくることがあります。

横になって、クッションや抱き枕を抱える姿勢をとると、痛みをこらえるのに少し楽になるでしょう。また「四つん這い」の姿勢が楽、というママも多いようです。本陣痛が来る前に、自分が楽になる姿勢を見つけておくとよいでしょう。

もう一つ重要なのは「呼吸」です。陣痛時は痛みで呼吸が浅くなりがち。赤ちゃんにたくさん酸素を送るためにも、深く長い呼吸を心がけたいですね。鼻からゆっくりと吸って、口から細く長く吐きましょう。この方法はリラックス効果もあるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

楽になれるツボを探そう

【三陰交(さんいんこう)】
足の内側のくるぶしから指4本分上にあります。子宮に働きかけ、血行をよくしてくれる、女性にとって大切なツボ。軽く圧迫したり、温めたりすることで、陣痛促進や安産につながるといいます。

【次髎(じりょう)】
仙骨(おしりの中心あたり)から指3本分上、左右対称に二つあります。骨盤内の血行をよくするのに有効なツボです。テニスボールで強めに押すと、痛みが和らいだというママも多いようです。助産師さんに正しい位置を聞いてから押すと安心ですよ。

【腎兪(じんゆ)】
腰に手を当てて、自然に背中側に親指が当たる部分。腎機能を高め、血液循環をよくしてくれるツボです。温めると、陣痛の痛みが和らぐといわれています。

リラックスできるアロマを焚いても

多くの場合、陣痛がいきなり来て、すぐに赤ちゃんが生まれるというわけではありません。前駆陣痛があるママも多く、長丁場になることは覚悟しておいた方がよいでしょう。

ママがリラックスすることが、安産になるためのポイントです。焦ってパニックになると、呼吸が浅くなったり、いきんではいけないところでいきんだりしてしまうことも。アロマを焚いて気持ちを落ち着けるのもおすすめですよ。

【出産時におすすめのアロマオイル】
・クラリセージ
・ジュニパー
・パルマローザ
・ローズ
・イランイラン
・ペパーミント
・ゼラニウム
・ジャスミン など

妊娠初期には使えなかったアロマでも、陣痛促進効果が期待できるので、出産時には使えるものもあるようです。

まとめ

初めての妊娠出産では、わからないことばかりで不安も多いですよね。とくに出産の痛みに関しては周りからの「痛かった!」というエピソードを聞けば聞くほど不安になります。でも、実際どんな痛さなのかは、その人自身にしかわかりませんし、参考程度にとらえておくとよいですよ。

出産は段階を経て進むもの、ということを知って、準備できることはしておきましょう。パパと一緒に赤ちゃんを迎える準備をすることで、2人で痛みを乗り越えることができるとよいですね。痛みの先に、赤ちゃんとの感動的な出会いが待っていますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018