就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

満月や大潮の日に出産が多いって本当?満月・大潮と出産の関係性

満月や大潮の日に出産が多いって本当?満月・大潮と出産の関係性

出産を控えたママは、いつ赤ちゃんと会えるのか、ドキドキしながら待ち遠しい気持ちでいっぱいなことでしょう。そんなとき、満月や大潮の日に出産が多いという説を聞いたことはありませんか。ここでは、満月や大潮が及ぼす出産への影響をお話しさせていただきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

満月と大潮の出産との関係ってどういうこと

満月と大潮の関係性は

月が地球の周りをまわっていることは、ご存知の方も多いですよね。満月は、太陽と月の間に地球が位置したとき、太陽と月と地球が一直線上に並ぶと起こる現象です。十五夜や月見として、満月の鑑賞を楽しむこともあるでしょう。

満月のときは、太陽や月の引力と地球の自転する遠心力が双方強まり、海面が引っ張られるため、潮の差が大きくなります。大潮は、干潮と満潮の差が大きくなるときのことをさすので、満月のときは大潮になると考えられています。

大潮は月に2回、満月と新月の1~2日後に起こることが多く、潮差は月と地球の距離によって変動します。天文の分野には、ほかにも不思議なことがたくさんあり、調べるとさまざまな発見ができるでしょう。

満月・新月・大潮の日に出産が多いという噂

昔から、人の生死は潮の満ち引きと関係があるといわれていますが、出産に関しても同じく満月や新月、大潮の日に出産が多いという噂を聞いたことはありませんか。これらの噂には次のような理由があると考えられています。

人間の体の約6割を水分が占めるため、地球の海水面が、月の満ち欠けに影響を受けて潮の満ち引きが起こるように、人間の体内の水分も太陽や月の引力に左右されることがあるようです。

このことから、満月や新月の前後は月の引力により、出血がとまりづらかったり、生理になりやすかったりすることが推測されています。出産についても、月が及ぼす力で陣痛が起こりやすくなることと、何かしら関係があるのかもしれませんね。

出産と満月の関係には科学的根拠はない

満月の日は、スタッフを増員して分娩に備える産院があるように、産婦人科の関係者には、月の満ち欠けが陣痛や出産に何かしらの影響を与えていると考える方が多いようです。

この理由には、女性の生理周期が月の公転と同じ約29日周期であることや、お腹の中の羊水が海水の成分と似ていることから、月の引力による潮の干満と関係があるのではないかという説があります。

しかしこれらには科学的な根拠がなく、立証されていないのが現状です。なぜなら、近ごろは計画出産や帝王切開により、人為的に出産日が決められることがあり、統計を出すのが困難であるのが理由の一つでしょう。

出産には神秘的なことたくさんあり、解明にはまだまだ時間がかかりそうですね。

なぜ満月や大潮の日に出産が多いの?

満月と女性の体の関係

女性の体と月の公転には似ている点があり、月が地球の周りを約29日かけてまわるのに対し、女性の平均月経周期は約28~32日とほぼ同じ周期で変化しています。

女性の体は、生理開始から排卵までの卵胞期に老廃物を排出しやすく、排卵後から生理開始までの黄体期には水分を溜め込みやすくなっています。

また女性の体のしくみと似ているのが、月が人間に及ぼす力です。その力により満月から新月に移行する期間は、体の不要な物が排出されやすくなり、また新月から満月に移行する期間は、さまざまなものを吸収し蓄えやすくなっているのです。

このように、女性の月経による体の変化と月が体に及ぼす力が似ていることから、満月と女性の体には関係があると考えられるでしょう。

大潮と体の水分量の関係

地球は「水の惑星」と呼ばれるくらい、表面が水分でおおわれています。地球全体を比率であらわすと約7割が海(海水)、残りの3割が陸地となります。これは人間の体の水分量の比率によく似ていますよね。

また人間の体の水分(体液)は、海水とほぼ同じ成分で構成されています。そのため、地球が大潮のときに、月や太陽の引力による影響を受けて海水が引っ張られる現象と同じく、人間の体内の水分も月や太陽からの影響を受ける可能性があるでしょう。

ほかにも、人間の体の水分(体液)には血液が含まれており、実際に満月や新月近辺の大潮のときは血管が拡張されて、頭痛がしたり出血量が増えたりすることがあるので、注意が必要になるでしょう。

満月の日は安産になりやすい

出産予定日が近づくと、無事に出産を終えられるか不安になる方もいるでしょう。そんなとき、満月の日は安産になりやすいという話を聞いたことはありませんか。満月には、安産につながる要因があると考えられています。

満月の日は月や太陽からの引力により、陣痛が起こりやすく、陣痛を強く感じる場合があります。そのため、お産の進行が早くなりスムーズな出産ができることから、満月の日は安産になりやすいといわれています。

しかし、これについては科学的根拠はなく、出産経験者の実体験や、産婦人科関係者の見解によるもので、断定するのは難しいでしょう。出産を控え、不安に感じているママのために、満月と安産の関係がわかる日がくるといいですね。

実際に満月の日にどのくらい出産している?

過去の満月の日の出産の統計

地球上に生息する生物の中には、満月の影響を受けて誕生したり、数を増やしたりするものがあります。これらは、さまざまな研究の統計による見解ですが、人間の出産に関しても同じように満月の影響を受けていることが、証明されているのでしょうか。

実際、現在のところは満月と出産率の関係を示す統計が少なく、はっきりと立証するのは困難ですが、数少ない統計によると、満月の日に出産率が高くなるということは証明されませんでした。

しかし、出産率が高い時間帯については明確な差が出ており、明け方に出産する方が多いということがわかりました。今後、さらに月と出産に関する研究が進むと、また新たな発見ができる日がくるかもしれませんね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj