就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの生活リズムはどうやって作ろう?基礎知識とお悩み対策

赤ちゃんの生活リズムはどうやって作ろう?基礎知識とお悩み対策

初めての育児ではとにかく不安がつきものですよね。「赤ちゃんの生活リズムの作り方がわからない!」などと困っているママもきっと多いのではないでしょうか。今回は、子どもの月齢別に合わせた生活リズムの例と特徴、ママにふりかかる悩みとその対策方法についてご紹介します。

赤ちゃんの生活リズムの基礎知識

生活リズムってどういうもの?

生活リズムとは生活するリズムのことで、朝に目を覚まし、昼に活動して、夜になったら眠るという生活のパターンのことをいいます。

人間の身体には1日周期で一定のリズムを刻む体内時計が備わっていますが、時計で決められた時刻のサイクルと体内時計には少しのずれがあります。

体内時計は朝日を浴びることにより調整されていますが、生まれたばかりの赤ちゃんは体内時計がまだうまく機能していません。そのため、授乳と睡眠をくり返しながら、少しずつ生活リズムを作っていくことになります。

もし、パパやママが夜型の生活を送っていると、赤ちゃんも夜型の生活リズムになってしまう傾向があります。生活リズムを整えるためには、パパやママが規則正しい生活を心がけていくことが大切なのです。

生活リズムができるのはいつ頃から?

新生児期の赤ちゃんは体内時計がうまく機能していませんから、無理に生活リズムを整える必要はないでしょう。ただ、この頃の赤ちゃんでも周囲の明るさは認識できますし、音も聞こえています。朝はカーテンを開けて光をとり入れたり、「おはよう」と優しく声をかけてあげたりするとよいですね。

また夜には寝る部屋の明かりを早めに暗くして、静かな環境を作ることも大切です。親が意識的に眠る環境を整えてあげれば、自然と生活リズムの土台ができていきます。

生後2~3カ月頃からは、徐々に生活リズムを整えるように意識していきましょう。赤ちゃんの頃から夜更かしを続けていると、ホルモンバランスや自律神経が乱れる原因となってしまいます。メリハリのある生活を心がけてあげたいですね。

生活リズムは表にするとわかりやすい

慣れない育児では、どうして赤ちゃんが泣いているのか、どうして眠ってくれないのかわからないのでママは本当に大変ですよね。

赤ちゃんの生活リズムを表にしておけば、赤ちゃんが泣いている理由を探りやすく、それを見ながら育児ができるので便利です。ノートのほかにも、スマートフォンのアプリなどで簡単に記録できるものありますから、ママに合ったものを選んでみてもよいかもしれませんね。

表には赤ちゃんが朝起きた時間、授乳の時間、おむつ替えで泣いた時間、昼寝の時間、お風呂の時間、夜眠った時間などを記録するとよいでしょう。

記録しておくことで、赤ちゃんの成長を感じたり、ママとして成長している自分を振り返ったりもできます。ママ自身の育児の励みにもなりますよ。

2歳までの生活リズムの例と特徴その1

生後0~3カ月の生活リズム

生後0~1カ月の赤ちゃんは1〜2時間ごとに起きて、授乳と睡眠をくり返します。1日の7割を眠ってすごしますが、まだ昼夜の区別がないので、夜中でも目を覚ましておっぱいやミルクを欲しがります。またこの時期は消化器官が未発達なため、赤ちゃんは一度にたくさんのおっぱいやミルクを飲むことができません。授乳間隔は気にせずに欲しがるたびにあげましょうね。

生後2〜3カ月頃になると、赤ちゃんも上手におっぱいやミルクを飲めるようになり、授乳回数がだんだん安定してきます。授乳回数は1日に7~8回で、3~4時間おきくらいのペースです。この頃は1回の睡眠時間が3~5時間ほどで、起きている時間も長くなってきます。意識的に昼夜を区別できるようにしてあげましょう。

生後4~6カ月の生活リズム

生後4カ月頃になると授乳間隔や、お昼寝の時間や回数なども落ち着いてきます。本格的に生活リズムを整える時期ですね。朝起きたら着替えさせたり、夜寝るときはパジャマに着替えさせたりしてメリハリのある生活を習慣づけてあげましょう。

生後5~6カ月頃ではお昼寝の時間帯も決まるなど、赤ちゃんの生活リズムが落ち着いてきます。お散歩や離乳食の時間を確保するために、できるだけ早寝・早起きを心がけましょう。

この頃になると、離乳食が始まる子も多いですが、この段階では栄養のほとんどをおっぱいやミルクでとっています。食べる量はあまり気にせずに、離乳食後には赤ちゃんが欲しがるだけおっぱいをあげてくださいね。授乳回数は、離乳食後の授乳を含めて1日5~6回が目安です。

生後7~9カ月の生活リズム

生後7カ月頃は睡眠のリズムの変化期ともいわれており、少しずつ夜にまとめて眠るようになってきます。1日の平均睡眠時間は夜の睡眠とお昼寝を合わせて11~13時間くらいです。

ただ、中には夜泣きが始まる赤ちゃんもいて、生活リズムが大きく崩れる場合があります。夜に眠れなかった分はお昼寝できちんとカバーできますから、朝は決まった時間に起こすことが大切です。

また生後9カ月を迎える頃には体力がつき、動き回る時間が増えてきます。夜にぐっすり眠れるように、日中はなるべく身体を動かすなどして、疲れさせてあげるとよいでしょう。

離乳食はできるだけ毎日同じ時間に与え、2回目や3回目の食事は19時までには食べ終わるようにすると、生活リズムも乱れにくくなりますよ。

2歳までの生活リズムの例と特徴その2

生後10〜12カ月の生活リズム

生後10カ月になると夜の睡眠もまとまってくるので、お昼寝の回数も午前・午後の1~2回くらいに落ち着きます。成長ホルモンの分泌をしっかりとうながすためにも、夜は20~21時までには寝かせてあげるようにしましょう。

生後11~12カ月では睡眠が深くなり、短時間で起きることは少なくなります。ただ、睡眠リズムには個人差があるので、夜に何度も起きる子や、夜泣きがなかなかおさまらないという子もいます。1日の生活スケジュールを見直すなどして、生活リズムを整える工夫をしてあげましょう。

体内時計は強い光を浴びたり、食事したりすることでリセットされます。朝は早めに起こして、離乳食も決まった時間に与えるように心がけておけば生活リズムも整いやすくなりますよ。

1歳~1歳半の生活リズム

1歳になると自分で歩けるようになる子も増えてきます。遊べば遊ぶほど夜は長く眠るようになりますから、公園に行って遊ばせたり、お散歩したりしてたくさん運動させてあげましょう。

またこの時期はお昼寝も1回くらいで、その長さも1~2時間ほどです。お昼寝する時間が長すぎると、生活リズムが狂いやすくなるので、できれば2時間以内に抑えられるようにママが調整してあげてくださいね。

1歳半になる頃には、ほとんどの子が歩けるようになってきます。離乳食の3回食も定着してきて、生活リズムもほぼ整ってくる時期です。自己主張が強くなってくるため、寝るのを嫌がる場合もありますが、就寝時間になったらきちんと寝室へ連れて行ってあげましょう。

1歳半〜2歳の生活リズム

1歳半をすぎると体力もある程度ついていますから、お昼寝をしない子も増えてきます。ママは子どもの睡眠不足が気になるかもしれませんが、夜にきちんと睡眠がとれていて、日中も元気に遊んでいるようなら心配ないでしょう。

ただ、この時期の子どもの理想的な睡眠時間は11~14時間ほどともいわれています。子どもの成長と発達を十分にうながすためには、夜にしっかりと眠らせてあげるかお昼寝の時間を確保するかして、眠る習慣をつけさせることも大事ですね。

またこの頃は離乳食を卒業して、幼児食へと移行していきます。栄養のほとんどを食事からとれるようになるので、断乳・卒乳をしていない場合には、お水やお茶、または牛乳などで水分をとる練習を始めて、授乳の回数を減らしていきましょう。

こんなときどうしよう?リズム作りの悩み

なかなかお昼寝をしてくれない

赤ちゃんがなかなかお昼寝をしてくれない場合、生活リズムも整いにくくなるので、ママとしては困ってしまうものですよね。お昼寝をさせるにはコツがありますから、次のようなことを試してみてくださいね。

<お昼寝をさせるコツ>
・お昼寝をさせる時間を決める。
・毎日の生活リズムを大きく変えないように意識する。
・子守歌を歌ったり、添い寝したりする。
・夜寝る場所と同じところで寝かせる。
・眉間や眉間、手足などをマッサージする。

いろいろと工夫してみても、お昼寝をしてくれないときには、赤ちゃんも眠くないのかもしれません。無理やり寝かせることはせずに、赤ちゃんと一緒に遊んだり、家事をしたりして気持ちを上手に切り替えましょう。

旅行や帰省でずれていくリズム

旅先や帰省先ではいつもとは違う環境ですごすことになりますから、赤ちゃんの生活リズムが崩れてしまわないかどうか心配になるママも多いですね。

1歳半になるくらい、もしくはお昼寝の回数が1回に落ち着く頃までは、生活リズムが整っていないので、数日の間なら生活リズムの崩れは気にしなくても大丈夫です。

ただ、あまり大きく生活リズムを変えすぎると、赤ちゃんにとっても負担になってしまいます。旅先でもできるだけいつもの生活リズムで生活してあげてください。

また普段からしっかりと生活リズムが整っているのであれば、数日の間旅行したくらいではリズムは崩れません。たとえリズムがずれてしまったとしても、日常生活に戻れば、生活リズムも元通りになりますから安心してくださいね。

生活リズムにも個性がある

赤ちゃんの生活リズムが、育児書に書かれているような生活パターンと違っていると、ママも少し焦ってしまうかもしれませんね。しかし、生活リズムは生活環境や子どもの個性も関係してきますから、すべての子が同じ生活パターンになるとは限りません。

例えば、少ない睡眠時間で十分に満足できる子がいれば、長い時間眠らないと眠り足りないという子もいます。子どもの性格や特性によってさまざまな違いが出てきますので、赤ちゃんの生活リズムにも当然個性が出てくるでしょう。

早寝・早起きをベースにした生活さえ心がけておけば、そのうち子どもに合った生活リズムが見つかるはずです。育児書などはあくまでも参考程度にして、ママはおおらかに見守ってあげてくださいね。

ママにふりかかる悩みの種類と対策方法

睡眠不足はお昼寝でリフレッシュ

産後のママは夜の授乳や日中の育児などで、とにかく睡眠不足になりがちです。睡眠不足が続くと体調が悪くなったり、イライラしやすくなったりもしますから、できればママも休息する時間を確保したいですよね。

ただ、赤ちゃんのお世話をしていると、ママはゆっくり休めないもの。そんなときにおすすめなのが、短いお昼寝です。赤ちゃんが眠っている間に家事をするママも多いかもしれませんが、赤ちゃんが眠っているときこそ、ママもしっかりと休みましょう。

長く眠りすぎると昼夜逆転のリズムになりやすくなるので、お昼寝の目安は10〜20分くらいにしておくとよいですね。短時間眠るだけでも脳が休まり、心も身体もリフレッシュできます。お昼寝した後には、家事や育児もきっとはかどりますよ。

宅配サービスの料理キットで上手に時短

産後は、毎日の食事作りで悩んでいるママもおそらく多いでしょう。とくに赤ちゃんを連れて買い物に行ったり、育児をしながら料理したりするのはとても大変です。

そんなときに便利なのが、食材宅配サービスの料理キット(ミールキット)です。食事のレシピと必要な食材がすべてそろえられているため、わざわざ買い物に行く必要がありません。毎日の献立に悩まなくて済みますし、栄養バランスのとれた食事を家族にも食べてもらえます。また下ごしらえが不要なので、調理時間を大幅に短縮できるのも大きな魅力です。買い物や料理の手間が省ければ、空いた時間を有効に使えますね。

各業者によって、価格やレシピの内容、特徴もさまざまです。予算の都合に合わせて、上手に利用してみたいものですね。

おやすみタイムの物音対策

赤ちゃんが寝ているとき、静かな環境作りを心がけていても、ちょっとした物音で赤ちゃんが起きてしまうことがありますよね。

実は、静かすぎる環境が、逆に赤ちゃんの睡眠をさまたげることもあるようです。赤ちゃんは視力よりも聴覚の発達が早く、新生児でも小さな音に反応します。とくに夜間は昼間に比べて音が響きやすいので、家電や携帯電話の音なども赤ちゃんが寝ている部屋まで聴こえやすくなります。

おやすみタイムの物音対策には、赤ちゃんの寝かしつけ用CDを利用してみましょう。大きな音だと赤ちゃんも余計に眠れなくなるので、小さな音量で流してあげるのがポイントです。CDを流していれば、物音が気になりにくくなりますから、赤ちゃんもきっとぐっすりと眠れるようになりますよ。

まとめ

赤ちゃんの生活リズムを整えるのは大変なので、自分のやり方が正しいのかどうかを不安に思うママも多いですよね。

ただ、ママから見て生活リズムが整っていないように感じられていたとしても、赤ちゃんは着実に成長してくれています。その子にはその子なりの成長ペースがありますから、まずは、ママが赤ちゃんに合ったリズムを探してあげることが大切なのかもしれません。

赤ちゃんの生活リズムが整うまでは、ママも睡眠不足や疲労が重なりやすくなります。くれぐれも頑張りすぎないようにして、上手に息抜きしていってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018