就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもとフランス語にチャレンジ!ママも一緒に楽しめる勉強法を紹介

子どもとフランス語にチャレンジ!ママも一緒に楽しめる勉強法を紹介

近所に住むフランス人家族と知り合い、子どもたちが一緒に遊ぶのでフランス語に興味があるママ、もしくはフランス文化が好きで、フランス語を親子で学びたいというママもいることでしょう。そこで今回はフランス語はどんな言葉なのか、またオススメのフランス語学習法についてお話しします。

フランス語がどんな言葉なのかを知っておく

難しいけれど美しい言葉のフランス語

日本人にだけでなく世界的にも、フランス語は美しい言葉で知られています。しかし文法が難しく、マスターするのがちょっと難しいという印象もありますよね。

フランス語は英語と違い、ラテン語族の特徴として名詞に女性と男性があります。これが日本人にはまず最初の難関になるかもしれません。

しかし単語と覚える際、同時に性別を覚えてしまえば大丈夫です。私、あなた、彼、私達、彼らなどの主語によって動詞が変化するのも最初は難しく感じますが、決まりさえ覚えてしまえば難しくありません。

フランス語は文法構造がしっかりした言語で、日本語よりも文法面での例外は少なく論理的といえます。それがフランス語を「美しい言葉」としている理由の一つといえるでしょう。

日本にも定着しているフランス由来の言葉

フランス語と聞くと、なんだか聞きなれない言葉だと思いがちですが、実はいくつかの単語は私達の日常生活でも馴染みがあります。例えば、洋服屋のことをブティックと呼んだりしますよね。

ブティックはフランス語でBoutique、店という意味です。日本ではなぜかよく洋服屋に対して使いますが、フランス語では店舗全般を指します。花束のことをブーケと呼びますが、ブーケもBouquetと綴り、花束という意味です。

教室のことを日本でアトリエと呼ぶこともありますが、Atelierと綴り、工房や作業場という意味があります。調査のことを指すアンケートも今ではすっかり日本語のように定着していますが、これもEnquête、フランス語で調査という意味です。

子どもがフランス語を学ぶメリットを知ろう

外国語というとすぐに英語を思い浮かべる人も多いことでしょう。しかし英語は学校でも習う上に、英語を話せる日本人も多いので、英語以外に何かほかの言葉もと考えるママも多いと思います。

フランス語は世界で約2億7千4百万人の人が話しているといわれ、フランス語を公用語もしくは公用語のひとつとして指定している国は約32カ国あります。フランスはもちろん、スイス、ベルギー、カナダのケベック地方、モロッコやチュニジア、コンゴなどのアフリカ諸国でもフランス語が日常的に話されています。

また、国際機関や国際機構でも公用語としてフランス語が使われているので、フランス語が話せると将来的に子どもの活躍の場も広がりそうですね。

子どもと一緒に自宅でできるフランス語学習

かるたやトランプ遊びで単語を覚える

子どもとの遊びの中で、できるだけフランス語に触れる機会を作るようにしましょう。まずは簡単なフランス語のフラッシュカードを利用して、かるた遊びをしてもよいですね。

フランス語の教材が手に入りにくい場合は手作りしてみましょう。例えば魚 un poissonと書いたカードと魚の絵のカードを作るなど、まずは簡単な単語から始めましょう。

単語だけでなく、男性名詞につけるun(あるひとつの)、女性名詞につけるune(あるひとつの)をあらかじめ名詞の前につけて覚えると、あとから女性名詞か男性名詞か覚える必要がなく楽ですよ。同じ単語と絵を書いたカードを2枚ずつ作り、トランプの神経衰弱のようにしても、楽しみながら単語を覚えられることでしょう。

すごろくをしながら数え方を覚える

外国語を覚えるとき、最初にアルファベットと数を覚えるのではないでしょうか。すごろくなら、楽しみながら数を覚えることができます。

フランスの子ども向けボードゲームの定番として「ガチョウのゲーム」フランス語ではJeu de l'oieというのがあります。基本的なルールは日本のすごろくゲームと同じで、ガチョウのゲームではガチョウの絵に駒が止まると、また同じ数だけ前に進むことができます。

インターネットで検索して印刷してもよいですし、子どもと一緒に作っても楽しめますね。遊ぶとき、出たサイコロの目をフランス語でいってみたり、駒を進めるときにフランス語で数を数えれば6までの数を自然と覚えることができるのでオススメです。

ママも褒め言葉や挨拶をフランス語で

子どもへの褒め言葉や挨拶をフランス語で話すようにしてみましょう。毎日使うことで、ママも子どもにも定着していきますよ。簡単な挨拶と褒め言葉をご紹介します。

【Bonjour】
おはようの意味。ボンジュールと発音し、ルは小さめに発音するとそれらしく聞こえます。

【Bonne nuit】
おやすみの意味。ボンニュイと発音。

【Bon apetit】
めしあがれの意味。子どもが食事やおやつを食べる際にボナペティと声をかけてみましょう。

【Super】
すごいの意味。子どもにシュペーと褒めてみましょう。

【Trés bien】
とってもすごいねの意味でトレビアンと発音。

【Éxcellent】
素晴らしいの意味でエクセレントと発音。

子ども向けフランス語学習教材や教室

世界中で使われている子どもフランス語教材

フランス語教材を使って学びたいと思っているママには、オーストラリアやアメリカ、イギリスなど世界中で使われている子ども向け外国語教材Dino Lingoのフランス語版がオススメです。教材はDVDやCD、絵本、フラッシュカードなどで構成されており、ネイティブの発音を耳にしながら自然と学ぶことができます。

まずステップ1では、フランス語の単語や挨拶を繰り返し聞き、ステップ2では聞いたフランス語を話したり読んだりします。そしてステップ3ではフランス語のアルファベットを書く練習をするので、フランス人の子どもが覚えるように段階的にフランス語を学ぶことができます。

小さい子どもは耳が敏感なので、毎日繰り返し聞くうちに正しい発音が身につきますよ。

アプリをダウンロードして気軽に学ぼう

教材を買わなくとも、まずはスマホのアプリを利用してみてもよいですね。ここでいくつかフランス語学習のアプリをご紹介します。

【子ども向けフランス語学習 Marlu Studio】
楽しいイラストとともにフランス語の数字やアルファベット、単語を遊びながら学ぶことができます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.marlustudio.frenchforkids&hl=ja

【初心者のためのフランス語を学ぶLearn French for beginners】
36のトピックと3つのレベルから構成され、子どもも大人もクイズ形式で学べる内容になっています。500語学ぶことができ初心者にはぴったりです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gonliapps.learnfrenchfree.game&hl=ja

童話から試せる子どもフランス語教室

フランス語学校のアンスティチュ・フランセ東京では、4歳から10歳児を対象に「おはなしの時間」という童話読み聞かせ会を定期的に開催しています。会には年会費無料、子ども1人につき1回1,000円で参加できるので、気軽に問い合わせてみましょう。

インターネットサイトでもスケジュールを確認することができるので東京近郊にお住いのママはチェックしてみてくださいね。童話でフランス語に慣れ親しんだら、6歳から10歳の子どもを対象にしたフランス語教室に参加してもよいでしょう。

横浜、関西、九州にもアンスティチュ・フランセはあるので、子どもと一緒に参加できるイベントがないか時折チェックしてみることをオススメします。

まとめ

今回は子どもと一緒に学ぶフランス語についての記事でしたが、いかがでしたか?フランス語は意外と私たちの生活にも馴染んでおり、特に都心部ではフランス人とすれ違うことも少なくありません。

フランス人と知り合ったときに、ちょっとでもフランス語で挨拶できれば交流の輪も広がって楽しいですよね。外国語は小さいうちから耳にすればするほど、将来キレイな発音が身につくといわれています。

親子で一緒にフランス語を楽しみながら学んで、子どもの将来の可能性を少しでも広げられたら素敵ですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018