就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れで長崎旅行をしよう!人気観光スポットと宿泊施設を下調べ

子連れで長崎旅行をしよう!人気観光スポットと宿泊施設を下調べ

子どもを連れて旅行をするときには、「子連れにうれしいサービスがある宿泊施設はどこだろうか」「子どもが遊べるスポットはどこか」と心配になりますよね。今回は、子連れで長崎を観光する場合におすすめの宿泊先や食事場所、遊び場などについてご紹介していきます。

長崎に行ったら1度は行きたい観光スポット

長崎屈指のテーマパーク「ハウステンボス」

昔から外交などに利用されてきた長崎では、異国情緒にあふれた建物や文化を街中のあちらこちらで目にすることができます。長崎の有名なテーマパークである「ハウステンボス」においてもその伝統が受け継がれており、ヨーロッパの街並みが精巧に再現されています。園内を散策するだけでも海外にいるような雰囲気を楽しむことができるのです。

アトラクションはもちろん、イルミネーションやショーなどのイベント、アートのように美しい四季の花々の景色など、一年をとおして見どころがたくさんあるテーマパークです。

トイレ内のおむつ替えスペースや授乳室、ベビーカーの貸し出しなどのサービスも充実していますので、小さなお子さんがいても安心して楽しめますよ。

食べ歩きが楽しい「長崎新地中華街」

旅行の楽しみといえば食事ですよね。「せっかく長崎まで来たのだから、本場のちゃんぽんや皿うどんを食べてみたい」と思う方は多いでしょう。長崎の代表的な郷土料理である中華を味わいたいのであれば、「長崎新地中華街」がおすすめです。

長崎新地中華街は横浜や神戸と並ぶ日本三大中華街の一つであり、江戸時代中期に中国からの貿易品の倉庫を建てる目的で海を埋め立ててできた街です。長崎市の姉妹都市である福建省の協力によってできた、東西南北合わせて約250mの石畳の十字路や、色鮮やかな中華門は一見の価値ありですよ。

ちゃんぽんや皿うどん、中華菓子、中国雑貨などを楽しめる約40の店舗が軒を並べていますので、食べ歩きをしながら中華街独特の雰囲気を楽しんでみましょう。

世界遺産の「グラバー園」で歴史を感じよう

長崎を旅行するときに外せない代表的な観光スポットといえば、世界遺産の「グラバー園」です。

国指定重要文化財の旧グラバー住宅、旧リンガー住宅、旧オルト住宅に加え、市内に点在していた洋風建築物を移築復元したテーマパークであり、明治期の外国人居留地の風情を楽しむことができます。レトロなドレス衣装を着て散歩をしたり、四季の植物や歴史的建造物をカフェから眺めたりするのもよいですよ。

小さな子どもを連れてグラバー園まで歩いて登るのは少々きついので、坂道に設置されたエレベーターである「グラバースカイロード」を利用してみましょう。無料で利用できる上、中から長崎らしい坂道と海の景色を楽しむことができるのでおすすめですよ。

子どもがしっかり楽しめる人気観光スポット

子どものための遊び場「諫早市こどもの城」

日本の鎖国時代に唯一海外と通じていた長崎には、異国情緒ただようグラバー園やオランダ坂、世界遺産の軍艦島、原爆資料館、ハウステンボスなど、見どころがたくさんあります。

「せっかく長崎に旅行に行くのだから、見どころは全て行ってみたい」とは思っていても、子連れで行くとなるとおむつ替えの設備や授乳室、遊び場、ベビーカーでの移動がしやすいかなど、気になるポイントは多いことでしょう。

旅行日程に子どものための遊び場を組みこみたいのであれば「諫早市こどもの城」がおすすめです。滑り台やアスレチックはもちろん、屋内の遊びスペースにある「木のプール」やとび箱などのたくさんの遊具を無料で利用できます。お弁当を持ち込んで休憩したいときにもよいですよ。

イルカに会う「かづさイルカウォッチング」

長崎県の島原方面を訪れる予定であれば、ぜひ「かづさイルカウォッチング」をプランに入れてみてはいかがでしょうか?

イルカといえば水族館のイルカショーなどで目にすることが多いかと思いますが、ここでは一年をとおして野生のイルカを間近でウォッチングできます。

早崎海峡には300頭を超える野生のイルカが生息しており、海を知りつくした船長さんのおかげで、実に99%以上の確率でイルカに遭遇できるそうです。船と並走したり、船の下にもぐったり、大海原でジャンプしたりと、野生のイルカが泳いでいる様子を手を伸ばすと触れられるほどの距離で楽しむことができますよ。イルカに万が一出会えなかった場合でも、2年間有効の「次回乗船無料券」がもらえるので安心ですね。

ペンギン天国「長崎ペンギン水族館」

長崎市宿町にある「長崎ペンギン水族館」は、名前のとおりペンギンの飼育をメインとした水族館です。地球上には18種類のペンギンが生息していますが、そのうちの9種類が長崎ペンギン水族館にて飼育されています。

深さ4mの国内最大級のペンギンプールでジェット機のようなスピードで泳ぐペンギンたちの様子を見る、水族館に隣接する「ふれあいペンギンビーチ」にて自然の海で泳ぐペンギンを観察したりえさやり体験をしたりする、ペンギンたちが広場で行進する様子を見るなど、楽しみは盛りだくさんです。

各イベントが開催される時期や時間帯は日によって異なりますので、実際に行かれる場合には事前にホームページなどで確認しておくとよいでしょう。

子どもとしっかり休める宿泊施設

ハウステンボス内にある「アムステルダム」

見どころが盛りだくさんの長崎ですが、乳幼児を連れて旅行するとなると授乳室などの設備、離乳食の持ちこみが可能な食事場所、遊び場、休憩スペースなどに関する下調べが欠かせません。

多彩なアトラクションと美しいヨーロッパの街並みが楽しめるハウステンボスを旅行プランに組みこむのであれば、宿泊場所にはパークの中央に位置する「アムステルダム」というホテルを選ぶとよいでしょう。

オフィシャルホテルはいくつかありますが、パーク内にあるのはアムステルダムだけ。アトラクションや人気の3Dプロジェクションマッピングなどを堪能しながらも、子どもが疲れたときにはすぐに休ませることができます。地元の食材を使った料理を楽しめるレストランや、早朝のパーク内の散歩もよいですよ。

キッズステイ無料「コンフォートホテル」

最近はファミリー向けプランが充実した宿泊施設が増えつつありますが、貸出し可能なベビー用品や子ども用のアメニティの内容は千差万別です。

お子さんはもちろん、パパやママもゆっくり休める宿泊施設を選びたいところですが、赤ちゃんや子ども用のアメニティが充実していたり、露天風呂の貸し切りサービスがあったりすると、宿泊料金が高くなりやすいですよね。

JR長崎駅近くの「コンフォートホテル」であれば、長崎中華街や出島に近くて交通の便がよいですし、小学6年生までのお子さんが大人と同室で添い寝をする場合には子ども料金がかかりません。歯ブラシやタオル、朝食なども添い寝のお子さんは無料ですので、リーズナブルな価格で宿泊することができますよ。

赤ちゃんプランがある「雲仙宮崎旅館」

「せっかく旅行に行くからには、温泉にゆっくり浸かって日頃の疲れを癒したい!」というパパやママは多いもの。しかし「赤ちゃんや小さな子どもを連れて大浴場に入るのは周りに迷惑かもしれない」「子どもに気を取られて、ゆっくり浸かれない」と心配になることもあるでしょう。

赤ちゃんや小さな子どもを連れての宿泊には、赤ちゃんプランのある宿泊施設がおすすめです。「雲仙宮崎旅館」の場合、以下のような充実したサービスが受けられると好評ですよ。

・露天風呂付き家族風呂を事前に予約できる
・1〜3歳までのお子さんにはお菓子のプレゼントがある
・子どもの食事用の椅子、洗面所にあると助かるステップ台や便座、家族風呂用のおもちゃ、おねしょマットなどの貸し出しがある

まとめ

長崎には、歴史を感じることのできる観光スポットから一日中遊びまわることのできるテーマパークまで、実に様々なタイプの観光地があります。

「子どものよろこぶ顔が見たい!」とついつい予定をたくさん組みこんでしまいたくなるかもしれませんが、子連れでの旅行の際には休憩場所や子ども向けのサービス内容などに関する下調べが大切です。

パパやママの行きたい場所、子どもが楽しめる場所、休憩できる場所などを上手に予定に組みこみ、旅行を楽しんでくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj