就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れで茨城旅行を満喫しよう!人気の観光スポットから宿まで紹介

子連れで茨城旅行を満喫しよう!人気の観光スポットから宿まで紹介

茨城県には親子で楽しめる観光スポットがたくさんあります。家族で旅行をしたいと思っても、子どもが退屈しないかが心配ですよね。そこで今回は、子連れに人気の観光スポットや屋内の観光スポット、子連れでも楽しく過ごせる宿泊施設などをご紹介しますので、お出かけの参考にしてくださいね。

子どもも大人も楽しめる人気観光スポット

広大な敷地で遊べる「国営ひたち海浜公園」

国営ひたち海浜公園はひたちなか市の太平洋岸にある広大な敷地の公園です。春はスイセンやチューリップ、夏はラベンダーやヒマワリ、秋はコキアやコスモス、冬はアイスチューリップやメタセコイヤなど、敷地内では四季折々の花や自然を楽しむことができます。

樹林エリアやみはらしエリア、砂丘エリアなど、さまざまなエリアに分かれており、森のなかを散策したり、遊具で遊んだり、お花畑のなかを散歩したりと、何度行っても楽しいですよ。夏には、「ジャブジャブ池」「噴水広場」「水のトンネル」で水遊びをすることができるので、夏は水遊びができる準備をして行くとよいでしょう。

敷地内のいたるところに授乳室やトイレがあるので、赤ちゃん連れでも安心していろいろな場所を回ることができます。

アクティブな遊びが人気「ネーブルパーク」

古河市にあるネーブルパークは、アクティブな遊びが人気の公園です。広くて遊具がたくさんあるので1日中飽きずに遊ぶことができますよ。

たとえば、ターザンロープや揺れる橋などのアスレチックや173mの地下迷路、小さい子どもに人気の複合遊具、自由に走り回って遊べる芝生広場など、おもいっきり体を動かせる遊びがたくさんできます。また、自然が豊富なので散策するだけでも楽しいです。園内にはレストランや売店などがありますが、レジャーシートとお弁当を持ってお出かけするのもよいでしょう。

園内のトイレはきれいで、授乳やおむつ替えができるスペースもあるので、晴れの日には赤ちゃん連れの家族もたくさん遊びに来ていますよ。

アート好き家族には「笠間芸術の森公園」

笠間市にある笠間芸術の森公園は、茨城の新しい文化の発信基地として、伝統工芸と新しい造形美術をテーマとした公園です。アート作品のような複合遊具や子どもに人気のふわふわドームなど、たくさんの遊具で遊ぶことができます。

下からスタート地点が見えないほどの長いローラーすべり台は、子どもだけでなくパパやママが一緒にすべっても楽しいですよ。おしりの下に敷くシートの貸し出しもあるので、よりスリルを味わいたいときはシートを敷くとスピードがアップします。

森のなかにある公園なので、自然を感じながら散策するだけでも楽しいです。また、芝生スペースに置かれた石や花壇の囲いなど、なにげないところでも芸術作品をみることができます。

屋内で楽しめる全天候型の観光スポット

「つくばエキスポセンター」で科学が身近に

つくばエキスポセンターは、世界最大級のプラネタリウムや科学、技術に関する体験型の展示が備えられたつくば市にある科学館です。科学というと「よく分からない」「難しい」というイメージがあるかもしれないですが、ここなら、見たり触ったりして楽しく学ぶことができます。

展示フロアでは、ランニングボードの上を走って電気を起こす装置や、ガラスに触れると稲光が近づくプラズマボールなど、実際に科学のおもしろさを体験できるので、子どもたちに大人気です。「浮沈子(ふちんし)」や「偏光実験」「レインボースコープ」「電磁誘導」など、楽しみながら学べる科学実験や実演もあります。

プラネタリウムは、はなかっぱやポケモンなど、小さな子どもでも楽しめる番組がおすすめです。

恐竜を間近に感じる「茨城県自然博物館」

茨城県自然博物館は、茨城の風土に根ざした自然に関する総合的な社会教育機関として開館された坂東市にある茨城県立の自然博物館です。

世界最大級のマンモス「松花江マンモス」、世界最大級の植物食恐竜「ヌオエロサウルス」などの高さ9mを超える骨格化石や、ティラノサウルスやトリケラトプスの動く模型など、迫力満点の展示があります。

常設されている展示は、「進化する宇宙」「地球の生いたち」「自然のしくみ」「生命のしくみ」「人間と環境」と、テーマごとに展示エリアが分かれていて分かりやすいです。ベビーカーの持込みOKなので赤ちゃん連れでも安心してくださいね。

子どもが展示に飽きても、屋外に遊具や芝生広場などがあるので1日楽しく過ごせますよ。

室内イルカショーが人気「アクアワールド」

「アクアワールド」は、サメの飼育種類数日本一、日本最大のマンボウ専用水槽で泳ぐマンボウが見られることが魅力の大型水族館です。

ホーンシャークやブラインドシャークなど、約50種以上の珍しいサメが展示されています。マンボウを複数展示飼育するのは難しいようで、ほかではなかなか見られるものではありません。じっくりとマンボウの泳ぎを観察しましょう。

ここでは、イルカショーが1番人気です。大型のイルカがショーをするので、華麗なハイジャンプも迫力があってよいですが、着水したときの水しぶきも迫力があって盛り上がります。ぜひ、子どもと一緒に前列に座って、迫力を体感してみてくださいね。

館内の通路は広くベビーカーでも歩きやすいので、赤ちゃん連れでも安心です。

子連れで楽しく泊まれる宿泊施設

オーシャンビューが嬉しい「大洗ホテル」

大洗ホテルは大洗海岸のすぐ横にあり、部屋の窓を覗くと大きな海が目の前に広がります。水平線から上る朝日や、沈む夕日の眺めも最高にきれいです。

露天風呂付きの客室もあるので、子ども連れでも周りを気にすることなくゆっくりとお風呂を楽しむことができます。

波打ち際に屋外プールがあり、そのまま海岸に出ることもできるので、水着のまま海やプールを行ったりきたりして遊べるのが嬉しいですね。また、海岸が近いので、朝や夕方に散歩がてら子どもと一緒に磯遊びを楽しむのもよいでしょう。

ホテル周辺には、「アクアワールド」「国営ひたち海浜公園」「なめがたファーマーズヴィレッジ」(体験型農業テーマパーク)など、子どもと楽しめる場所もあるので便利です。

駅近の「ダイワロイネットホテルつくば」

ダイワロイネットホテルつくばは、つくば駅から徒歩1分ぐらいの場所にあります。バス停にも近いので、電車やバスでの移動に便利です。

清潔でシンプルな部屋が好評で、子連れの家族にも人気があります。スタンダードツイン、ハリウッドツイン、ユニバーサルツインの部屋にはベビーベッドの設置が可能ですので赤ちゃん連れでも安心です。また、小学生までは大人の料金だけで、添い寝で宿泊することができます。

朝食は、和食や洋食のバイキングです。大人1,300円、未就学児は無料で利用することができます。素材や味付けにこだわったおいしい料理は、どれを食べてもおいしいと評判です。ホテルの周辺にも飲食店がたくさんあるので、食事に困ることはありませんよ。

貸切風呂がある「まるみつ旅館」

まるみつ旅館は、新鮮でおいしいあんこうが食べられる温泉旅館です。平潟町の地元で水揚げされた、食材をその日のうちに料理して出してくれます。

あんこうは白身魚でクセのないあっさりとした味なので、子どもでも食べやすい魚です。子ども用の御膳を用意してくれたり、食べられない食材や調理方法などに対応してくれたりしますので、予約のときに伝えておくとよいでしょう。

館内には大浴場のほかにも、4種類の貸切露天風呂があります。家族だけで利用できるので子ども連れでも安心です。また、美肌効果があるので、お風呂上りは肌がすべすべになりますよ。

部屋はすべて和室で、広々としているので、家族みんなで寝転がっても余裕があり、赤ちゃん連れにもおすすめです。

まとめ

親子に人気の観光スポットはいかがでしたでしょうか。茨城県には、自然を活かした遊びやアクティブな遊び、知育にもなる施設など、子どもが楽しめるさまざまな観光スポットがあります。

今回ご紹介した場所は1日楽しめるところばかりです。時間に余裕のある旅行の計画を立てましょう。また、雨の日に困らないように室内で楽しめる場所も見つけておくと安心です。

子連れで利用しやすい宿泊施設もありますので、安心して旅行を楽しんでくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR