就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとベビーカーでお出かけ!安全に楽しむための基本や注意点

赤ちゃんとベビーカーでお出かけ!安全に楽しむための基本や注意点

出産準備品をそろえるときに、ベビーカーも一緒に購入している方は多いですよね。しかし、初めて育児をしているママは、扱い慣れていないベビーカーでお出かけするのに不安を抱えている方もいるでしょう。ここでは、ベビーカーでお出かけするときに注意することや行きやすいスポットなどをご紹介します。

赤ちゃんとママのお出かけはいつから?

赤ちゃんとのお出かけは1カ月健診後から

出産前にベビーカーを購入している家庭も多いですが、退院してすぐに赤ちゃんとお出かけを楽しめるわけではありません。赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの1カ月健診が無事に終わってからがよいですよ。

新生児の頃はとくに赤ちゃんの体が未熟なため、なるべくお家のなかで安静に過ごすことが大切でしょう。体が未熟な赤ちゃんはウイルスなどに感染しやすく、感染すると重症化する可能性が高いです。

また、赤ちゃんだけでなくママの体も、出産のダメージやホルモンバランスの乱れ、慣れない育児の疲れなどから心身ともに不安定な状態です。赤ちゃんが成長しママの体が回復すれば、たくさんお出かけできるので産後しばらくは無理をせずに休息をとることを優先しましょう。

初めてのお出かけは短時間にする

生後1カ月健診が無事に終わると気持ちがホッとして、「気分転換に赤ちゃんとお出かけしてみようかな」と思うママも多いかもしれませんね。ママにとって久しぶりの外出となると、「どこにお出かけしよう」とテンションが上がる方もたくさんいるでしょう。

しかし、赤ちゃんにとっては初めてのお出かけです。ベビーカーに乗るのも初めてなので、少しの時間でも赤ちゃんにとっては負担が大きく疲れてしまいます。ベビーカーに慣れるまでは、お出かけは短時間がおすすめですよ。

初めて赤ちゃんをベビーカーに乗せてお出かけするときは家の周りを1周する、少しだけお散歩するなど、5~10分くらいで終わるとよいでしょう。ベビーカーを上手に扱えるように、ママも練習が必要ですね。

人混みはできるだけ避ける

赤ちゃんとベビーカーでお出かけするときは、人混みをなるべく避けたほうが安全でしょう。ベビーカーの扱いに慣れていないと真っ直ぐ進めなかったり、操作を間違って人にぶつかったりする可能性があります。人にぶつかると相手の方にケガをさせてしまう危険性があるだけでなく、赤ちゃんがケガをすることもあるかもしれません。

とくに、通勤や通学ラッシュで混み合う駅や電車のなかは人が多いので避けましょう。満員電車の車内は身動きが取れないくらい混み合うので、ママは赤ちゃんの様子を確認することが難しくなります。電車で移動するときは、赤ちゃんとゆったり移動できるように空いている時間帯に乗るとよいですよ。

人混みを避けたほうが赤ちゃんと一緒に落ち着いて行動できるでしょう。

お出かけにベビーカーを使うときのポイント

赤ちゃんの年齢や体格にあったものを使う

ベビーカーを購入するときは、見た目や使いやすさなどを細かくチェックするパパやママは多いでしょう。見た目や使いやすさはもちろん大切ですが、ベビーカーにはA型とB型の種類があるので、いつから赤ちゃんをベビーカーに乗せたいのかを夫婦で話し合うとよいですよ。

A型のベビーカーは、生後1カ月頃から使用できます。ねんねの赤ちゃんでも快適にベビーカーに乗せられるように、背もたれの角度が150度以上リクライニングします。また、赤ちゃんの様子を見ながら移動ができるように、ママと対面した状態でもベビーカーを動かせますよ。

B型タイプは生後7カ月頃から使用可能です。軽量で持ち運びがしやすいため、赤ちゃんが成長してからはこちらのほうが移動が楽かもしれませんね。

夏は暑さ対策や虫よけ対策をしよう

夏場にベビーカーでお出かけするママも多いですよね。夏場は気温が高く暑いので、暑さ対策をしっかりすることが大切です。

ベビーカーは背が低いため、赤ちゃんが乗る位置は大人の太ももあたりになり、地面から近いですよね。ママの顔が感じるよりも赤ちゃんのいる位置は温度が高いので、暑さ対策をしないと熱中症になる危険性があります。ベビーカー用の保冷シートを背中に敷く、こまめに水分を赤ちゃんに与えるなど、短時間の移動でも暑さ対策をしましょう。

また、虫よけ対策をすることも重要です。赤ちゃんのお肌はデリケートなので、蚊に刺されただけでもお肌がかぶれることがあります。赤ちゃん用の低刺激の虫よけスプレーを活用するとよいですよ。

冬のお出かけは防寒対策を忘れずに

夏場は暑さや虫よけ対策が必要ですが、冬にお出かけするときにも防寒対策を忘れてはいけません。冬場は気温が低くベビーカーに乗っている赤ちゃんは運動量が少ないため、体が冷えてしまいます。

冬にお出かけするときは、赤ちゃんにダウンやウール素材の温かいアウターを着せる、ネックウォーマーやニット帽、手袋、レッグウォーマーなどの防寒グッズを着用する、ひざかけをかけるなど、赤ちゃんの体を冷やさないように工夫しましょう。

ベビーカーの防寒対策として、雨の日に活用するレインカバーをするママも多いです。レインカバーをすると風をとおさないので、ベビーカーに乗っている時間が長いときは活用すると便利かもしれませんね。

ベビーカーと抱っこ紐は両方あると便利

ベビーカーを嫌がる赤ちゃんがいる

ベビーカーに乗っている赤ちゃんを見かけることは多いですが、すべての赤ちゃんがベビーカーにご機嫌で乗ってくれるわけではありません。赤ちゃんのなかにはベビーカーに乗るのを嫌がる子もいるので、お出かけするときは抱っこ紐も持っておくと安心ですよ。

パパと一緒にお出かけするときは、赤ちゃんが途中で泣いてもパパとママ、どちらかが抱っこすればよいので問題ないですよね。しかし、ママが1人で赤ちゃんとベビーカーでお出かけしているときに赤ちゃんがぐずると、抱っこしながらベビーカーを移動させるのは大変です。

ベビーカーに乗せようとすると泣く、ベビーカーに乗ってもすぐに泣き出すなど、ベビーカーを嫌がることが多い赤ちゃんの場合は、抱っこ紐も持って行きましょう。

ぐずったときも抱っこ紐があると安心

ベビーカーで移動しているとき、赤ちゃんがご機嫌に乗っていてくれるとママは助かりますよね。しかし、赤ちゃんの気分はコロコロ変わるため、ベビーカーでお出かけしているときに泣き出す子もいるでしょう。

お出かけの途中でぐずったときに抱っこ紐があると便利です。抱っこ紐はママと赤ちゃんが密着するため、赤ちゃんは心から安心することができます。赤ちゃんがご機嫌なときはベビーカー、ぐずっているときは抱っこ紐と、使い分けるとママの負担が軽く済みますよ。

抱っこ紐はコンパクトに折り畳めるものが多く、かさばらないので持って行きやすいですよね。長時間移動のときは、抱っこ紐があると赤ちゃんが途中でぐずっても焦らずに済むでしょう。

雨の日も抱っこ紐のほうがお出かけしやすい

健診や予防接種など、雨の日でも赤ちゃんを連れてお出かけしなくてはいけない日もありますよね。「お天気が悪い日は、ベビーカーよりも抱っこ紐のほうがお出かけしやすい」と感じているママは多いですよ。

先輩ママの話では、雨の日でもベビーカーでお出かけできるようにベビーカー用のレインカバーを購入したそうです。しかし、傘をさしながらベビーカーを押すのは大変で、抱っこ紐のほうが雨にも濡れずにお出かけしやすいと話してくれました。抱っこ紐だとママと赤ちゃんが密着できるので、傘をさすだけで濡れずに済み歩きやすいそうですよ。

お天気がよい日はベビーカー、雨の日は抱っこ紐などと、天候によって使い分けるとよいかもしれませんね。

ベビーカーでお出かけしやすいスポットは?

自宅周辺や近所の公園をお散歩

ベビーカーで赤ちゃんとお出かけしたいと思っても、ベビーカーの扱いに慣れていないと不安ですよね。赤ちゃんとママがベビーカーに慣れるまでは、自宅周辺や近所の公園などにお散歩に行ってみましょう。

自宅周辺だと、赤ちゃんがぐずったときにすぐに帰れるのでよいですよね。最初から遠出してしまうと赤ちゃんだけでなくママも疲れてしまうので、自宅周辺をベビーカーでゆっくりお散歩するのもリフレッシュになってよいですよ。

また、近所に公園がある方は、公園に行くのもよいでしょう。公園は段差が少ないところが多いため、ベビーカーでも入りやすいですよ。ベビーカーで公園に行く場合は、人の利用が少ない時間帯に行くとゆったり過ごせるでしょう。

お買い物に近所のスーパーへ

赤ちゃんがベビーカーに乗ることに慣れてきたら、近所のスーパーにお買い物に行ってみましょう。スーパーはかごを入れて押すカートがあるので段差が少ないだけでなく、ベビーカーが押しやすい床になっていますよね。

途中で赤ちゃんが泣いても焦らずに済むように、行き慣れた近所のスーパーに行くのがよいでしょう。スーパーに行くときは空いている時間帯に行き、夕方や特売日など、混んでいるときは人とぶつかると危ないので避けたほうが安心ですよ。

赤ちゃんがベビーカーに乗っているときも、飽きないように「今日はなにを買おうかな?」「トマトが売っているよ。おいしそうだね」などと赤ちゃんに話しかけながら買い物をすると、赤ちゃんも興味を持って楽しんでくれるかもしれませんね。

子育て支援センターはママの気分転換にも

子育て支援センターを聞いたことがあるというママもいますよね。子育て支援センターは全国各地にあり、赤ちゃんが過ごしやすいスペースが完備されているだけでなく、スタッフが常駐しているので気軽に子育ての相談をすることができます。

また、同じ地域のママが利用しているので、ほかの赤ちゃんの様子が見られたり、ママたちとの交流を深められたりなど、赤ちゃんだけでなくママの気分転換にもなりますよ。

先輩ママは、赤ちゃんと毎日2人きりでずっと過ごしていると、ストレスが溜まることもあったそうです。近くに子育て支援センターがあることを知り行ってみると、スタッフの方やほかのママたちが相談に乗ってくれることもあってよい気分転換になっていると話してくれました。

ベビーカーでお出かけするときの注意点

安全のためにベルトをしっかりと着用する

ベビーカーは赤ちゃんを安全に移動する乗り物です。赤ちゃんをベビーカーに乗せるときは、必ずベルトを着用することを忘れないようにしましょう。短時間のお散歩や買い物など、近場にお出かけするときでもベルトを着用することは大切ですよ。

ねんねの時期の赤ちゃんはあまり動けないので、ベルトをしなくてもよいと思っているママもいるかもしれません。しかし、移動しているときの振動や、赤ちゃんが手足をバタバタさせているうちに位置がずれてベビーカーから落下する可能性があります。

ベビーカーから落下すると赤ちゃんは大ケガをするだけでなく、命が危険にさらされることもあります。赤ちゃんの命を守るためにもベルトは常にしめるように心がけましょう。

古いベビーカーはなるべく使用しない

ベビーカーは一度購入すると、壊れるまでずっと使い続けられると思っているパパやママは多いのではないでしょうか。ベビーカーには使用期間というものがあり、新品のベビーカーを購入した場合でも5年といわれています。

安全基準をクリアしているものでも、保管の仕方や使い方によっては寿命が短くなっているケースもありますよ。ベビーカーがひび割れや変形していないか、開口ロックの動きが悪くないかなど、赤ちゃんを乗せる前に安全確認をしっかりすると安心でしょう。

ベビーカーの扱いが悪いと、せっかく新品を購入しても壊れるのが早くなります。使用するときの注意点などは赤ちゃんを乗せる前に必ず読み、いろいろな場所にベビーカーでお出かけできるとよいですね。

強風の日はベビーカーでの外出を控える

ベビーカーは赤ちゃんだけでなく、荷物も入れられて楽なので「赤ちゃんとお出かけするときは、ベビーカーでいつも移動している」というママもたくさんいるでしょう。ママのなかには、天候が悪い日もベビーカーを使用しているという方もいますよね。

雨の日は、レインカバーをつけるとベビーカーでも快適に移動することができます。しかし、強風の日はベビーカーでのお出かけは控えたほうが安全でしょう。

強風の日は大人が普通に歩くのさえも大変ですよね。風が強すぎるとベビーカーをママの力では制御できず、勝手に進んでしまう危険性があります。また、ベビーカーが横転すると赤ちゃんが危険なので、強風の日はベビーカーではなく車で安全に移動するとよいですよ。

まとめ

赤ちゃんが2、3カ月頃になると育児やママの体調も落ち着いてくる頃です。「そろそろベビーカーでお出かけをしたい」と思っていても、赤ちゃんがベビーカーに乗るのを嫌がると「どのようにすれば赤ちゃんが泣かずに乗ってくれるのだろう」と悩むママも多いですよね。

赤ちゃんが泣くとママは焦ってしまいますが、少しずつベビーカーに慣れるように練習をしましょう。練習を重ねると少しずつベビーカーでご機嫌に過ごせる時間が長くなるので、ママも楽しく赤ちゃんとお出かけできるでしょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR