就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと海へお出かけ。海で楽しく遊ぶための必需品や注意すること

赤ちゃんと海へお出かけ。海で楽しく遊ぶための必需品や注意すること

赤ちゃんの育児にも少しずつ慣れてくると「赤ちゃんを連れて、夏に海に遊びにいきたい」と思うパパやママも多いのではないでしょうか。今回は、赤ちゃんはいつ頃から海にいっても大丈夫なのかや、赤ちゃんと海で楽しむために必要な持ち物などをご紹介します。

一緒に海へ連れて行く前に確認しておくこと

赤ちゃんが海に行けるのはいつからなの?

夏場になると、海やプールなどに遊びにいきたいと思うパパやママも多いですよね。しかし、「赤ちゃんと海にいきたいけど、いつ頃から連れていっても大丈夫なのか不安」という方もいるかもしれません。

赤ちゃんと一緒に海にいける時期にはっきりとした決まりはありませんが、赤ちゃんが1人でおすわりができる頃(生後7~8カ月頃)を目安にしましょう。生後7カ月頃をすぎると赤ちゃんの体力もついてくる頃ですし、足腰もしっかりしてきておすわりができるようになります。1人でおすわりができると砂浜で一緒に腰を下ろして楽しむこともできますね。

月齢が低い赤ちゃんを海に連れていく場合は、パパやママが抱っこするかベビーカーに乗せて、砂浜をお散歩する程度でしたら楽しめるかもしれませんね。

連れて行く前に水に慣れさせよう

赤ちゃんを連れて初めて海にいく場合は、連れていく前に赤ちゃんを水に慣れさせておくことが大切です。初めての海はパパやママの想像以上に赤ちゃんの体に負担がかかり、ストレスを与えてしまいます。人がたくさんいる海水浴場や広い海を見てびっくりしてしまい、疲れてしまう赤ちゃんもいます。

また、冷たい海水にいきなり入れてしまうと、赤ちゃんが水に対して恐怖心を抱く可能性もあります。海に連れていく前に、ビニールプールやお風呂の中に冷たい水を入れて遊ばせてみましょう。赤ちゃんが冷たい水に入るのを嫌がった場合は、無理に入れないようにしたほうがよいでしょう。

近場に小さい子から入れるプール施設がある場合は、施設で慣れさせてから海に連れていくとよいかもしれませんね。

赤ちゃんの負担にならない場所や天気を!

赤ちゃんを海に連れていく場合は、赤ちゃんの負担にならないような場所や天気を選ぶことが大切です。海は公園や街中にお出かけするのとは違い、紫外線が強く海風を体で直接受けることになります。海で受ける紫外線や海風は赤ちゃんにとって刺激が強いので、真夏のお天気がよすぎる日も避けたほうがよいでしょう。

また、曇り空でも少し肌寒く感じる日もありますよね。そのようなお天気の日も海水の温度が低くなってしまうので、避けるようにしましょう。

赤ちゃんを海に連れていく場合、海がお家から近い方はよいですが、海にいくのに時間がかかる方もいますよね。移動時間が長すぎると移動だけで赤ちゃんが疲れてしまうので、初めての海はなるべく移動時間が短い近場を選びましょう。

赤ちゃんと海で楽しむための必需品とは?

いつも外出する時の持ち物

街中や遊園地などにお出かけするときとは違い、海水浴場は赤ちゃんのための設備が充実していない所が多いです。赤ちゃんと海にお出かけするときは、あらかじめ準備をしっかりして忘れ物がないようにしましょう。

まず、いつも外出するときの持ち物を準備しましょう。
・母子手帳、健康保険証、乳児医療証(遠出するときは持っていたほうが安心です)
・授乳グッズや離乳食
・お茶などの飲み物
・オムツ、おしり拭き
・着替え(いつもの外出より多めに持っていきましょう)
・タオル(いつもの外出より多めに持っていきましょう)
・ベビーカー又はベビーチェア
・移動中に遊べるおもちゃ

普段の遠出のときよりも、多い荷物になりそうですね。

海で遊ぶ時に使用する持ち物

次に、海にいくときに使用する持ち物をご紹介します。荷物が多くなりますが赤ちゃんと海を楽しむために、準備をしっかりしましょう。

・大きめのレジャーシート(砂浜でゆっくり座れるように)
・パラソル(海水浴場でレンタルできる所もある)
・クーラーバッグ(飲食料を入れておくと安心です)
・水着、水遊び用オムツ(紙タイプ以外にも、水遊び用オムツパンツもあります。水遊び用オムツパンツは可愛い柄が多いので、水着として1枚で使える所も便利です。また、何回も洗って使うことができますよ)
・砂遊びのおもちゃ(海に入れなくても砂浜で楽しめます)
・サンダル
・赤ちゃん用の浮き輪(海に入るときに使うと楽しいですよ)
・絆創膏や消毒液などの救急セット

紫外線や熱中症などをケアする持ち物

夏場の海の日差しは、大人でもジリジリした痛みを感じるほど強いですよね。海水や砂浜からの照り返しで紫外線の量も20%ほど多くなっています。日陰にいても熱中症になる可能性があるので、紫外線や熱中症対策をしっかりすることが大切です。

紫外線や熱中症などをケアする持ち物をご紹介します。
・ベビー用日焼け止め(SPF20~40くらいで紫外線吸収剤を使用していない、赤ちゃん用の日焼け止めを使いましょう)
・帽子、ラッシュガード(帽子は首までガードができるフラップつきのものがおすすめです。ラッシュガードは前開きのタイプを選ぶと、脱ぎ着させやすいですよ)
・ジェルタイプの保冷剤(赤ちゃんが熱中症にならないように、首元や脇の下を保冷剤で冷やしてあげましょう)

赤ちゃんと砂浜で遊ぶ時の注意点

日焼け止めをしっかりと塗ろう

赤ちゃんと海に遊びにいったときは、「海よりも砂浜で遊ぶ時間のほうが長かった」という方も多いですよね。砂浜で遊ぶのは楽しいですが、日陰がないので直射日光を浴びてしまいます。赤ちゃんの肌は大人に比べると敏感で弱いので、日焼け止めをしっかり塗ることをおすすめします。

日焼け止めは赤ちゃん用のものを使用し、全身にむらなく塗ってあげましょう。汗などで流れてしまう可能性もあるので、2時間おきに塗り直したほうがよいでしょう。

友人に聞いてみると赤ちゃんと初めて海にいったときは、日焼け止めが1日で1本なくなるくらい、こまめに塗り直してあげていたそうです。そのおかげか、海から帰ってきても赤ちゃんの肌が赤くなることがなかったので、よかったと話してくれました。

時間帯や服装などで直射日光を避けよう

直射日光は赤ちゃんにとって刺激が強く、体に負担がかかってしまいます。海にいくと炎天下の中で遊ぶことが多いので、海で遊ぶ時間帯や服装などを工夫して直射日光をなるべく避けましょう。

紫外線は、午前10時頃~午後2時頃までが一番強くなるといわれています。ですから、なるべくその時間帯に海で遊ぶのは避けて、日差しの弱い朝か夕方に遊ぶことをおすすめします。

また、浜辺で遊ぶときにはラッシュガードや帽子を着用させて直射日光を避けましょう。パラソルやテントの中の日陰で遊ばせるのもよいかもしれませんね。

日陰で遊ばせていても高い気温の中で長時間すごすことは、赤ちゃんの体に大きな負担を与えます。赤ちゃんは体温調節がうまくできないので、しっかり様子をみてあげましょう。

こまめに水分を摂るなど熱中症対策を十分に

赤ちゃんと海にいったときに注意が必要なのは、熱中症対策です。赤ちゃんの体はまだまだ未熟で弱いので、熱中症になりやすく重症化することもあります。ですから、パパやママが赤ちゃんの体調管理をしっかりしてあげることが大切ですね。

熱中症にならないために大切なのが、こまめな水分補給です。授乳以外にも、白湯やベビー麦茶、塩分が入っているベビー用のスポーツ飲料をしっかり飲ませるようにしましょう。

初めての海にたくさん刺激を受けて、知らない間に赤ちゃんの体力が奪われている可能性もあります。「さっきまでは元気に遊んでいたのに、急にグッタリしてしまった」というようなこともあるので炎天下で長い時間遊ばせず、なるべく日陰で遊ばせるようにしましょう。

赤ちゃんと海の中で遊ぶ時の注意点

赤ちゃんから目を離さない

海は潮の満ち引きがあったり急に深くなる場所があったりと、プールなどで水に慣れている赤ちゃんでも溺れる危険があります。「浮き輪やアームヘルパーをつけているから安心」と思わずに、赤ちゃんから目と手を離さないことが重要です。

波打ち際や浅瀬の海で遊ばせるときも、注意が必要です。赤ちゃんが転倒して水に顔が浸かってしまう可能性があるので、海に入るときは必ずパパかママが赤ちゃんのそばにつき、離れないようにしましょう。

友人に聞いてみると、1人でしっかり歩ける幼児でも浅瀬の海で溺れてしまうケースがあるので、赤ちゃんは特に目を離さないように注意していると話してくれました。潮の満ち引きで流される危険性があることも常に頭に入れながら、海遊びを楽しんでいるそうですよ。

海水につかるのは1回5分を目安にする

赤ちゃんは体も小さいので、すぐに体が冷えてしまいます。また、海水は赤ちゃんのデリケートなお肌には少し刺激が強いので、海水につかるのは1回5分くらいを目安にしましょう。

5分くらい海水でつかって遊んだら水から上がって、バスタオルなどで赤ちゃんの体を拭いて温めたほうがよいでしょう。赤ちゃんの体温は下がりやすいので注意が必要ですよ。海水につかってから5分もたっていないのに、赤ちゃんがガタガタ震えていたり唇が青くなったりしている場合は、すぐに水から上がって体を温めてあげましょう。

先輩ママに聞いてみると、赤ちゃんが生後8カ月の頃に初めて海に連れていったそうです。海水に入って2分くらいすると、赤ちゃんの体がガタガタ震えていたのですぐに上がったそうですよ。

肌にトラブルがあれば海には入れないこと

海は塩分を含んでいるので、赤ちゃんのお肌には少し刺激が強いかもしれません。魚や鳥、様々なバイキンが生息していますし、人が多い海水浴場の場合は海がキレイなのか不安になりますよね。

赤ちゃんのお肌に傷や肌荒れがある場合は、海にはつからないほうがよいでしょう。海水が傷にしみて痛がる可能性がありますし、症状が悪化することもあります。傷口から細菌が入ってしまい感染症にかかる危険性もあるので、注意が必要です。

また、赤ちゃんの口に海水が入ると胃腸炎を起こすこともあります。赤ちゃんのうちは、海水や砂などが顔にかからないように気をつけましょう。海水から上がったら、真水でしっかり赤ちゃんの体を流してあげるとよいでしょう。

赤ちゃんと楽しめるおすすめな海の条件

波が穏やかな遠浅のビーチ

赤ちゃんと海にお出かけする場合は、波が穏やかな遠浅のビーチにいくとよいでしょう。波が高い海は赤ちゃんが流されてしまう危険性がありますし、水深が深い海だとパパやママが足を取られる可能性もあるので、浅瀬の海が安全でしょう。

友人に聞いてみると、赤ちゃんを連れて海にいくときは遠浅の海を選ぶようにしているそうです。パパやママの膝くらいまでの水深の所だと赤ちゃんにとっては充分な深さがあるので、たくさん遊ばせられるそうですよ。また、上の子がいる場合も遠浅の海のほうが危険が少ないので、家族みんなで海遊びを楽しめると話してくれました。

しかし、遠浅の海だからといって100%安全とはいいきれません。遠浅の海で特に注意が必要なのが、離岸流です。離岸流は流れが非常に速く、大人でもあっという間に沖まで流されてしまいます。離岸流に巻き込まれて人が亡くなる事故は、残念ながら毎年発生していますよね。

離岸流が発生しやすい場所は調べると出てくるので、海にいく前に確認しておきましょう。安全な海でも赤ちゃんから目を離さないようにすることが大切ですね。

休憩できる海の家があるビーチ

赤ちゃんを海に連れていく場合は、海の家があるビーチにいったほうが安心でしょう。海の家があるビーチはシャワーやトイレなどの施設が充実していることが多いので、小さい子どもがいる家庭におすすめですよ。

海の家がない所だと、パラソルやテント、様々なものを自分で持っていく必要があります。パラソルやテントの中の日陰にいても、炎天下では暑くて熱中症になる危険性があります。

赤ちゃんの体は弱く熱中症になる子も多いので、海の家などの涼めるスペースがあるビーチにいくほうがよいでしょう。海の家は冷房が完備されている所もあるので、授乳やオムツ交換など赤ちゃんのお世話が快適にできるかもしれませんね。また、海の家などの涼しい所でお昼寝させると、寝ている間に熱中症になる危険性も低いでしょう。

ほかにも、海の家があるビーチを選ぶメリットはあります。赤ちゃんは急に体調不良になる可能性もあるので、海の家の方に近くの病院がどこにあるか聞けたり、少し体を休ませるのに使わせてもらえたりと、助けられることがあるかもしれません。

まとめ

赤ちゃんを海に連れていくのは、持ち物が多く準備に時間がかかったり水に慣らす練習が必要だったりと、パパやママは大変だと感じることが多いかもしれません。しかし、準備をしっかりしていけば、海で遊ぶことは赤ちゃんにはとても刺激的なことで、家族みんなで楽しめる遊びでもあります。

熱中症や感染症、事故など、気をつけることもたくさんありますが、海や砂浜で楽しく遊び、家族みんなのよい思い出ができると嬉しいですよね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018