就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒にハワイ旅行!おすすめスポットや子連れでの楽しみ方

子どもと一緒にハワイ旅行!おすすめスポットや子連れでの楽しみ方

家族旅行の行き先として人気があるのが常夏の国、ハワイです!美しいビーチ、美味しい食事、大きな青空、ハワイでドキドキ、ワクワクの時間を子どもと過ごしたいですよね。今回は子どもを連れてのハワイ旅行で楽しい時間を過ごすために気をつけるべき点、人気スポット、ホテルや食事に関するオススメ情報をご紹介します!

子連れハワイ旅行で注意すべきこと

日焼け対策を厳重にやっておく

ハワイの紫外線は日本とは比べ物にならないくらいの強さです。1年と通しても日本の倍、それ以上になるときもあります。

日常的に日焼け止めクリームを使っているママがほとんどだとは思いますが、日焼け止めクリームの効果が弱い、一日に1度しか塗らないなどでは、ハワイでの日焼け止め対策としては不十分です。日焼け止めクリームにもさまざまなタイプや効果の強さがありますが、SPF50もしくはSPF50+、水に強いウォータープルーフタイプを選ぶと安心です。

そして、最低でも2~3時間に1度は塗りなおすことを心がけましょう。また、海に入る際にはラッシュガードを着用すれば日焼け対策はバッチリです!

日焼け=やけどです。家族みんなの日焼け対策を徹底しましょう。

子どもから決して目を離さない

ハワイに滞在中のみならず、どこにいても子どもから決して目を離さないことを心がけましょう。子どもは夢中になると周囲のことが目に入らなくなる傾向が強いです。道路に飛び出して交通事故にあう可能性や、ビーチで遊んでいて水の事故に巻きこまれる可能性もあります。

お店の中でなら少しくらい大丈夫だろうと目を離したすきに迷子になってしまう恐れもあります。日本人観光客や日本語を話す現地人も多くいますので、ハワイは他の国と比べると治安はよい方だといわれていますが、だからといって絶対に安心な場所なのかといわれたら必ずしもそうではありません。

さまざまな犯罪や事件に巻きこまれる可能性も十分にあることを理解しておきましょう。

ビーチなどでのスリに気をつける

日本人は、犯罪に対する危機感が低いといわれています。これは、日本という国の治安がよいことが一番の理由ですが、ハワイで同じ感覚でいる場合には注意が必要です。

最近では、日本人観光客を狙ったスリが多発しており、スリ被害が多い場所としてビーチがあげられます。ビーチに入る際にはどうしても手荷物の保管場所に困ってしまいますよね。

短時間だから、目の届く範囲内だからといって手荷物を放置したままその場を離れてしまうと戻ったときにはスリ被害にあっていたなんてこともあります。外出する際には、現金は最低限の金額を持ち歩くこと、パスポートやスマートフォンなどの貴重品はホテルのセーフティボックスでの保管を心がけましょう。

ハワイについて知っておきたい豆知識

ハワイには自動販売機がない

日本では当たり前に見つけることの出来る自動販売機ですが、ハワイでは限られた場所にしか設置してありません。空港やショッピングセンター内で見かけることはありますが、路上での購入は難しいと思っておいた方がよいでしょう。

ハワイ自体は気温が高くても比較的カラッとしていて過ごしやすい気候ではありますが、それでも日本でいう夏に近いです。なにか飲み物が欲しいと感じる機会も増えますので、出かける前に準備をしておくことをオススメします。

尚、ハワイのコンビニといえばABCストアですが、こちらには日本のお茶も販売されています。
ややお値段は高めの設定ではありますが、子ども用に普段飲み慣れたお茶を1本持っておくと安心ですね。

子どもを1人きりにすると犯罪になる

子ども1人で留守番させたり、ほんのちょっとの間だからといって車内に待たせたりした経験はありませんか?小さい子どもでない場合、なんどか経験があるのではないでしょうか。

ハワイでは12歳以下の子どもから目を離す、1人にさせておくことは法律で禁じられている行為です。子どもをホテルに留守番させてショッピングに出かけてしまう、逆のパターンでは、保護者の付き添いなしでコンビニに買い物に行かせるなどの行為も該当します。

警察に通報される可能性もあり、逮捕に至る場合もありますので特に注意する必要があります。子どもを1人きりにすると、どんなトラブルが起きるか分かりません。犯罪や事故に巻きこまれないためにも自分の子どもをしっかりと守ってあげましょうね!

公共の場での飲酒は禁止

ビーチに座って美しいサンセットを眺めながらビールで乾杯~!こんなことできたら最高ですよね。しかし、ハワイ滞在中に気をつけたいのは、公共の場での飲酒です。

ビーチ、路上、公園、バス車内など、公共の場での飲酒は一切禁止になっています。そもそも、ハワイではアルコールに対するルールが厳しく、日本とは大きく異なります。

飲食店でアルコールを頼む際やスーパーやコンビニで購入する際にはパスポートなどの身分証明のチェックが必要な場合が多いです。また、日本では20歳以上から飲酒可能ですが、ハワイでは21歳以上でないと飲酒はできませんので注意が必要です。

旅先ではお酒を楽しみたくなる気持ちも増えますが、マナーを守ることも忘れないでくださいね。

子連れで楽しめるおすすめスポット

珍しい生物がたくさんいるワイキキ水族館

ワイキキ水族館は1904年設立のアメリカ内で3番目に古い歴史をもっている水族館です。ワイキキビーチからもお散歩をかねて行ける距離ですのでハワイの定番スポットとしても人気です。

水族館自体は若干古さがある分こじんまりとした雰囲気といった感じですが、館内にいる生物はとても珍しいものばかりです。ワイキキ水族館で是非見ていただきたいのがハワイアン・モンク・シールというアザラシの一種です。

その名の通りハワイ沖合に生息しているアザラシなので、日本ではお目にかかることはまずないでしょう。他にも水族館の外での体験ブースも子どもに人気のエリアです。

普段触れる機会の少ない生物に触れることは貴重な体験になりますのでぜひチャレンジしてみてくださいね!
48 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版