就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒にハワイ旅行!おすすめスポットや子連れでの楽しみ方

子どもと一緒にハワイ旅行!おすすめスポットや子連れでの楽しみ方

家族旅行の行き先として人気があるのが常夏の国、ハワイです!美しいビーチ、美味しい食事、大きな青空、ハワイでドキドキ、ワクワクの時間を子どもと過ごしたいですよね。今回は子どもを連れてのハワイ旅行で楽しい時間を過ごすために気をつけるべき点、人気スポット、ホテルや食事に関するオススメ情報をご紹介します!

子連れハワイ旅行で注意すべきこと

日焼け対策を厳重にやっておく

ハワイの紫外線は日本とは比べ物にならないくらいの強さです。1年と通しても日本の倍、それ以上になるときもあります。

日常的に日焼け止めクリームを使っているママがほとんどだとは思いますが、日焼け止めクリームの効果が弱い、一日に1度しか塗らないなどでは、ハワイでの日焼け止め対策としては不十分です。日焼け止めクリームにもさまざまなタイプや効果の強さがありますが、SPF50もしくはSPF50+、水に強いウォータープルーフタイプを選ぶと安心です。

そして、最低でも2~3時間に1度は塗りなおすことを心がけましょう。また、海に入る際にはラッシュガードを着用すれば日焼け対策はバッチリです!

日焼け=やけどです。家族みんなの日焼け対策を徹底しましょう。

子どもから決して目を離さない

ハワイに滞在中のみならず、どこにいても子どもから決して目を離さないことを心がけましょう。子どもは夢中になると周囲のことが目に入らなくなる傾向が強いです。道路に飛び出して交通事故にあう可能性や、ビーチで遊んでいて水の事故に巻きこまれる可能性もあります。

お店の中でなら少しくらい大丈夫だろうと目を離したすきに迷子になってしまう恐れもあります。日本人観光客や日本語を話す現地人も多くいますので、ハワイは他の国と比べると治安はよい方だといわれていますが、だからといって絶対に安心な場所なのかといわれたら必ずしもそうではありません。

さまざまな犯罪や事件に巻きこまれる可能性も十分にあることを理解しておきましょう。

ビーチなどでのスリに気をつける

日本人は、犯罪に対する危機感が低いといわれています。これは、日本という国の治安がよいことが一番の理由ですが、ハワイで同じ感覚でいる場合には注意が必要です。

最近では、日本人観光客を狙ったスリが多発しており、スリ被害が多い場所としてビーチがあげられます。ビーチに入る際にはどうしても手荷物の保管場所に困ってしまいますよね。

短時間だから、目の届く範囲内だからといって手荷物を放置したままその場を離れてしまうと戻ったときにはスリ被害にあっていたなんてこともあります。外出する際には、現金は最低限の金額を持ち歩くこと、パスポートやスマートフォンなどの貴重品はホテルのセーフティボックスでの保管を心がけましょう。

ハワイについて知っておきたい豆知識

ハワイには自動販売機がない

日本では当たり前に見つけることの出来る自動販売機ですが、ハワイでは限られた場所にしか設置してありません。空港やショッピングセンター内で見かけることはありますが、路上での購入は難しいと思っておいた方がよいでしょう。

ハワイ自体は気温が高くても比較的カラッとしていて過ごしやすい気候ではありますが、それでも日本でいう夏に近いです。なにか飲み物が欲しいと感じる機会も増えますので、出かける前に準備をしておくことをオススメします。

尚、ハワイのコンビニといえばABCストアですが、こちらには日本のお茶も販売されています。
ややお値段は高めの設定ではありますが、子ども用に普段飲み慣れたお茶を1本持っておくと安心ですね。

子どもを1人きりにすると犯罪になる

子ども1人で留守番させたり、ほんのちょっとの間だからといって車内に待たせたりした経験はありませんか?小さい子どもでない場合、なんどか経験があるのではないでしょうか。

ハワイでは12歳以下の子どもから目を離す、1人にさせておくことは法律で禁じられている行為です。子どもをホテルに留守番させてショッピングに出かけてしまう、逆のパターンでは、保護者の付き添いなしでコンビニに買い物に行かせるなどの行為も該当します。

警察に通報される可能性もあり、逮捕に至る場合もありますので特に注意する必要があります。子どもを1人きりにすると、どんなトラブルが起きるか分かりません。犯罪や事故に巻きこまれないためにも自分の子どもをしっかりと守ってあげましょうね!

公共の場での飲酒は禁止

ビーチに座って美しいサンセットを眺めながらビールで乾杯~!こんなことできたら最高ですよね。しかし、ハワイ滞在中に気をつけたいのは、公共の場での飲酒です。

ビーチ、路上、公園、バス車内など、公共の場での飲酒は一切禁止になっています。そもそも、ハワイではアルコールに対するルールが厳しく、日本とは大きく異なります。

飲食店でアルコールを頼む際やスーパーやコンビニで購入する際にはパスポートなどの身分証明のチェックが必要な場合が多いです。また、日本では20歳以上から飲酒可能ですが、ハワイでは21歳以上でないと飲酒はできませんので注意が必要です。

旅先ではお酒を楽しみたくなる気持ちも増えますが、マナーを守ることも忘れないでくださいね。

子連れで楽しめるおすすめスポット

珍しい生物がたくさんいるワイキキ水族館

ワイキキ水族館は1904年設立のアメリカ内で3番目に古い歴史をもっている水族館です。ワイキキビーチからもお散歩をかねて行ける距離ですのでハワイの定番スポットとしても人気です。

水族館自体は若干古さがある分こじんまりとした雰囲気といった感じですが、館内にいる生物はとても珍しいものばかりです。ワイキキ水族館で是非見ていただきたいのがハワイアン・モンク・シールというアザラシの一種です。

その名の通りハワイ沖合に生息しているアザラシなので、日本ではお目にかかることはまずないでしょう。他にも水族館の外での体験ブースも子どもに人気のエリアです。

普段触れる機会の少ない生物に触れることは貴重な体験になりますのでぜひチャレンジしてみてくださいね!

波が穏やかで安全なクヒオビーチパーク

ハワイ旅行に行くならば、欠かせないのがビーチ遊びですよね!ハワイのビーチは日本とは比べ物にならないほど青くて綺麗な空と海です。

小さな子ども連れの家族にオススメなのがワイキキのすぐ隣に位置するクヒオビーチパークです。

クヒオビーチパークは、人でにぎやかなビーチとは異なり、比較的家族連れの多い落ち着いた雰囲気のビーチです。防波堤もありますので、高い波の心配も少ないです。砂浜もサラサラでお砂遊びにはもってこいですよ。

クヒオビーチパークからの景色も素晴らしいもので、ダイヤモンドヘットを眺めることができます。山と海と空をバックに素敵な記念写真を撮ってくださいね。夕暮れ時には美しいサンセットや無料のフラダンスも楽しむことができますよ。

大人も子どもも楽しめるホノルル動物園

動物園というと壁のようにそびえたつ柵があり、遠方から眺めるというイメージがありませんか?ホノルル動物園はそんなイメージを払拭させるような迫力のある動物園です。

もちろん、ゾウやトラなどの動物もいますので柵がまったくないというわけではありません。しかし、開放感があり手の届きそうな位置で動物を見ることができますので、ワクワクすること間違いなしです!

小さな子ども向けのエリアも豊富です。中でも人気なのがKEIKI ZOO(子ども動物園)という実際に動物たちにタッチすることが出来るエリアです。カメやヤギ、ニワトリなどの動物と触れ合うことができますよ。

また、アスレチックエリアもありますので、子どもを遊ばせて大人は休憩タイムなんてのもいいですね!

ハワイで行っておきたい人気のレストラン

魚が泳ぐ綺麗な水槽があるオーシャナリウム

魚が泳ぐ綺麗な水槽を眺めながら食事が食べられたら最高ですよね!そんな願いを叶えることができるのがオーシャナリウムです。

目の高さから天井にかけての巨大水槽は子どもだけでなく大人も驚かされるに違いありません。泳ぐ魚に見入ってしまって食事そっちのけにならないようにだけ注意が必要です!

お料理はビュッフェスタイルになりますのでお好きなお料理を楽しむことができます。ステーキ、パスタ、お寿司など、種類も豊富にありますのでお腹いっぱい召し上がってくださいね。

中でも一番人気なのがボイルしたカニです!ほのかな塩味がついていて、身がぎっしりと詰まっています。食べ過ぎて手をケガしないように気をつけてくださいね。

ハワイに来たら外せないエッグスンシングス

ハワイと言えばパンケーキ!パンケーキといえばエッグスシングスです!エッグスシングスはハワイ内に3店舗ありますのでどの位置からも気軽に立ち寄ることができます。

フワフワのパンケーキの上に「そこまで盛るか」とツッコミたくなるような生クリーム、甘い物好きにはたまらない一皿です。パンケーキ以外にもオムレツやエッグベネディクトなど、甘くないメニューもありますので大勢でシェアして食べるのも楽しいですね。

ただ、人気のあまりタイミングによって長蛇の列に並ばなくてはいけない場合もありますので覚悟が必要です。とくに混雑する時間帯は3時のおやつタイムなので、待ちたくないけれどどうしても食べたい!そんなときにはおやつタイムを避けた午前中がオススメです。

多彩なメニューが魅力のカイマーケット

シェラトン・ワイキキ・ホテル内の1階にあるカイマーケットは、ビュッフェスタイルで自分の好きなお料理がいただけます。とにかくお料理の種類が豊富でもちろん味も抜群です!

ハワイでとれる食材を多く使っているのも魅力の1つです。お席は室内、屋外と用意があり、天気のいい日にはビーチを見ながら食事を楽しむのもいい思い出になりますよ。

お値段はやや高めの大人57ドル~61ドルです。曜日によって金額が変わりますので注意が必要です。また、子どもの場合は25ドル、5歳以下は無料です。

高いからどうしようかなと考えてしまうかもしれませんが、ぜひ立ち寄っていただきたいレストランです。お値段以上のクオリティの高いお料理が待っていますよ!

家族で楽しく泊まれるおすすめのホテル

1度は泊まってみたいディズニーリゾート

夢の国ディズニーの世界観をハワイ滞在中に味わうことが出来るのがアウラニ・ディズニー・リゾート&スパです。ワイキキより少し離れたコオリナ地区に位置しておりリゾート全体がゆったりとした雰囲気です。

リゾート内にはプールやスパ、レストランなどが充実しています。このホテルの最大の魅力がディズニーキャラクターと身近に触れ合うことができるという点です。

登場する時間やキャラクターは曜日によって異なりますが、ミッキーミニーだけでなくドナルドやダッフィーなどの仲間たちも登場しますので、誰に会えるのかも楽しみの一つですね。客室はベッドとバスのスタンダードからキッチンや洗濯機まであるヴィラまで人数や滞在スケジュールに合わせてお好みのタイプが選択できます。

ハワイの絶景が楽しめるプリンスワイキキ

ハワイ滞在中には、屋外で過ごす時間はもちろんですがホテルの部屋からも景色が楽しめたら最高ですよね。そんな願いを叶えることができるのがプリンスワイキキです。

実はこのホテル、ワイキキ内でもただ一つの全室オーシャンビューなのです!わざわざ、申し込み時にビーチ側でとお願いする必要もありませんし、追加料金も不要です。

また、2017年リニューアル工事をしたこともありどこを見てもとにかく綺麗です!ホテル=清潔というのが日本人の感覚ですが、プリンスワイキキは自信を持って日本人観光客をお迎えできるホテルです!

もちろん、日本語を話せるスタッフもホテル内に大勢いますので、言葉が通じなくて困ることもありません。安心して旅行を楽しんでいただけるホテルです。

くつろぎと安らぎを与えてくれるハレクラニ

ハレクラニという言葉には、「天国にふさわしい館」という意味を持ちます。ハレクラニホテルはその名の通り、至福の時間を過ごすことができるホテルだといってよいでしょう。

立地もよく、そびえたつ他のホテルとはまた違った落ち着いた雰囲気があります。またサービスも十分すぎるといってもいいほどの親切さ、丁寧さが好評です。

また、ホテル内にはレストラン、スパ、フィットネスセンター、プールなど充実した施設があるのも人気の秘密です。どの施設もクオリティが高くハレクラニに泊まることが憧れだというファンも大勢います。

普段の生活ではなかなか味わえないようなくつろぎと安らぎをぜひハレクラニで体験してみてはいかがでしょうか。

まとめ

子どもを連れてのハワイ旅行とは、長時間の飛行機移動や時差などもあり国内旅行とはまた違った大変さがあるかと思います。気候の違いや治安面での不安要素、食べ物や観光スポット、滞在ホテルのチョイスなど、どこで何がしたいのか、出発前に入念にリサーチしておくことがハワイ旅行を成功に導くポイントです。

ハワイ旅行で注意すべき点や人気スポットなどをしっかりと把握しておき、ハワイ旅行が最高の思い出になるような素晴らしい旅になるといいですね!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018