就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】自然と歴史を楽しむ!子どもと行きたい庭園まとめ

【東京】自然と歴史を楽しむ!子どもと行きたい庭園まとめ

毎日家事や仕事で大忙しのママたち。たまにはたくさんの自然に囲まれて癒されたいですよね。そんなとき、都内でも手軽に行ける癒しスポットが庭園です。多くの自然に囲まれ、歴史ある建物があり、その閑静な雰囲気に癒されること間違いなしです。今回は都内でぜひお出かけしたい庭園をご紹介します。

都内にある癒しの庭園

1)小石川後楽園

東京ドームの隣にある「小石川後楽園」。都立文化財9庭園の一つで、水戸徳川家上屋敷の庭だったところです。

庭園中央には大きな池があり、その美しい景色を見ているだけで心が洗われるようです。

都会で暮らす忙しいママたちも、たくさんの自然に囲まれた閑静なこの庭園に癒されに行ってみませんか?子どもと一緒に行くときの注意点などもまとめました。

小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)

東京都文京区後楽1-6-6

03-3811-3015

9:00~17:00

年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)

0歳以上(※小学生以下は大人の同伴が必要)

一般300円、65歳以上150円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html

おむつ交換台有、授乳室なし、専用駐車場なし※ベビーカーでの入場可能ですが、段差等もあるためあまりおすすめしません

2)東京都庭園美術館

「東京都庭園美術館」は旧朝香宮邸をほぼ当時の姿を保存しながら活用している美術館です。

建物も素晴らしいのですが、旧朝香宮邸には庭園も残っていて、ここでは日本庭園と西洋の庭園、芝庭と3つの庭園が楽しめるんです。和と洋の文化が入り混じる素敵な空間が広がっています。

自然豊かで落ち着いた雰囲気ですが、子どもが走って遊ぶことや芝生でお弁当を食べることもでき、子どもと行きやすい庭園ナンバーワンです。

東京都庭園美術館(とうきょうとていえんびじゅつかん)

〒108-0071東京都港区白金台5-21-9

03-5777-8600

10:00-18:00 (入館は17:30まで)

毎月第2・第4水曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始

庭園は0歳以上

入館料:展覧会によって異なります。庭園入場料:一般200円、大学生(専修・各種専門学校含む)160円、中・高校生・65歳以上100円、小学生以下および都内在住在学の中学生は無料

https://www.teien-art-museum.ne.jp/

庭園はベビーカー入場可、建物内はベビーカー不可(受付で預かり可)、おむつ交換台有、駐車場有、授乳室有、庭園内のみ弁当持込可

3)旧岩崎邸庭園

「旧岩崎邸庭園」は、三菱を創設した岩崎家の本邸として、国の重要文化財にも指定されている建築物と庭園を残す都立の庭園です。

お城のような外観と、歴史的な装飾が施された繊細な内装デザインの「旧岩崎邸庭園」では、時代を感じながらも普段味わうことのできない非日常的な雰囲気を体験できます。

上野動物園や国立科学博物館などファミリーのお出かけに最適なスポットが集まった東京都台東区にあるので、お出かけの定番スポットと合わせて行ってみてはいかがでしょうか?

旧岩崎邸庭園(きゅういわさきていていえん)

東京都台東区池之端1-3-45

03-3823-8340(旧岩崎邸庭園サービスセンター)

9:00~17:00(入園は16:30まで)

12月29日~翌年1月1日 ※イベント開催期間及びGWなどで休園日開園や時間延長が行われる場合もあります。

6歳以上

入園料:一般400円、65歳以上200円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※20名以上の団体の場合、一般320円、65歳以上160円

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html

ベビーカー置場有り、和館におむつ交換台有り、館内飲食持込不可※ただし芝庭のみOK

13 件

ライター紹介

金子 寧々

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事