就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

忙しいママの髪型はボブでいこう!年齢別、シーン別ヘアスタイル

忙しいママの髪型はボブでいこう!年齢別、シーン別ヘアスタイル

気がついたら「いつ髪型を変えたっけ?」と分からなくなるほど忙しい毎日を送っているママ。自分のことに使う時間が極めて少ないママに選ばれているのが、お手入れが簡単でアレンジもしやすい、カジュアルにもフェミニンにもなれるボブスタイルです。年齢別、シーン別のボブスタイルをご紹介します。

ママの髪型どうする?年齢別ボブの紹介

20代ママはベビーバングな前髪がキュート

キュートな髪型で若さをアピールしたい20代ママにおすすめなのが、ベビーバングで小顔効果も期待できるボブスタイルです。ベビーバングとは、眉毛よりも短い前髪を斜めに流したスタイルで、ぱっつんよりも柔らかく仕上がると人気です。

ベビーバングと呼ばれてはいますが、スタイリング次第では大人っぽくもみせてくれるので、シーンに合わせてイメージを変えることもできます。前髪が長いと目にかかって煩わしいときもありますが、おでこを全開にするのは躊躇してしまうママにぴったりです。

前髪が短い分、ボブスタイルはふんわりと柔らかいフォルムで仕上げた方がバランスがよくなります。明るめの髪色で、軽さを出してキュートなママに変身してもよいですね。

30代ママは落ち着いた可愛らしさのボブで

30代のママは「若さ」だけでなく落ち着いた大人の女性の魅力もアップさせたいですね。カジュアルなイメージのボブを品のある落ち着いたイメージにするためには、長めボブがおすすめ。

ストレートよりも、軽いカールをかけた方がお手入れもスタイリングもしやすくなります。髪色は明るくすれば柔らかくフェミニンな印象に、黒髪やダークトーンにすればできる女風にイメージががらりと変わりますよ。

前髪はなくすか長めに作っておくと、かき上げるしぐさに女っぽさが感じられます。前髪のある、なしは、ヘアスタイルの重要なポイントになりますので、可愛らしさを重視する場合は少し短くしてもいいですね。

なりたい自分に合わせてボブの長さ、前髪、そして髪色を選びましょう。

40代ママはふんわり前下りボブが似合う

年齢を重ねてくると、だんだんと髪の艶が失われロングヘアが似合わなくなることがあります。髪を短く切ることは艶を蘇らせるのに効果的なので、ロング派の40代ママも思い切ってボブにするとヘアスタイルから若さを感じられるようになるかもしれません。

髪の量が少なく、後頭部がぺたんこになりやすいママにとくにおすすめなのが、サイドの髪を少し長めに残した前下がりボブ。後ろの髪は短いので、軽さが出て後頭部にふんわりボリュームが出るのが特徴です。

顔周りを包みこむサイドの髪がボブの子どもっぽさを解消し、エレガントな印象に。ひし形のシルエットを作れば小顔効果も抜群で、ハイライトを入れたカラーリングをすると立体感も出ます。

シーン別ママの髪型ボブスタイルの紹介

入園・卒園式ではパーマをかけるとgood

子どもの入園、卒園式では主役の子どもだけでなく、ママの服装、ヘアスタイルにも気合が入りますね。とくに髪は、慌ただしくなる当日の準備をスムーズに行うためにも事前にカットやカラーリングをしておくというママも多いのではないでしょうか。

このとき、一緒にパーマをかけておくと、より華やかに、スタイリングも楽にできます。パーマをかけることで、まとめ髪アレンジもボリュームが出てふんわりと仕上げることができます。

ボブの長さなら、そのままダウンスタイルにしても清潔感がありますので、パーマヘアをふんわりセットして可愛らしく仕上げることも可能です。髪のセットを時短できれば、当日の朝の慌ただしさも少しは軽減できるかもしれませんね。

七五三はくるりんぱをとりいれてみて

子どもの成長を家族みんなでお祝いする日本特有の風習である七五三。子どもが着物を着るだけでなく、ママも和装でお参りをすることがあります。

和装にふさわしい髪型といえば、やはりうなじをみせるアップスタイルです。洋服とはまた違ったボリュームのあるまとめ髪が着物には映えますね。

ボブスタイルでは長さが足りずに和装に合うスタイルは難しいと思われるかもしれませんが、「くるりんぱ」をとりいれると誰でも簡単にまとめ髪がつくれます。

後頭部でゆるめに一つに結び、ゴムの上から毛束を通すだけのくるりんぱ。毛先が見えなくなるようにピンで留めればまとめ髪の完成です。

和装では髪はきっちりまとめる方が上品に仕上がりますよ。

お受験の面接ではキツくならない上品さで

子どもの将来を決めるお受験の面接はママも緊張しますね。ママは服装はもちろん、髪型にも神経を使って面接にふさわしいセットをしなければいけません。

ボブヘアの場合、ハーフアップにするのが一番品よく見えます。まとめ髪では後れ毛が気になり、全部おろしてしまうと髪が顔にかかり印象がよくありません。

ハーフアップは耳の上3cmの髪を残して後頭部で留めます。残した髪は自然に耳にかけるようにすると優しく柔らかい印象になります。

前髪は8対2に分けて斜めに流しますが、ここでも額に落ちてこないように留めておきましょう。ただ、あまりにもかっちり髪を分けたりなでつけたりしてしまうとキツくなってしまいますので、ほどよくナチュラルにまとめるのがポイントです。

すぐできて簡単!ママに合うボブアレンジ

アクティブに一日動いても崩れにくい

子どもと一緒に公園で遊ぶと、ママも走ったりジャンプしたりとアクティブな動きが多くなりますね。一日動いても崩れにくいボブヘアのアレンジで、夕方まで綺麗をキープしましょう。

簡単アレンジの定番であるポニーテールですが、あまり高い位置に作ると元気には見えますが、ママにはちょっとラフすぎますので、少し低めに作ったローポニーがおすすめ。ローポニーも、何気なく結んでしまうと生活感が出てしまいますので、サイドをねじってからまとめたりくるりんぱをしたりしてアレンジをしてみましょう。

また、結んだゴムが見えると疲れた印象になりますので、ヘアアクセサリーやシュシュを使って可愛さアップ。ヘアバンドやカチューシャを使うとよりスッキリしますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事