就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんのおしゃれで暖かい冬コーデのコツ!基本と揃えたいアイテム

赤ちゃんのおしゃれで暖かい冬コーデのコツ!基本と揃えたいアイテム

冬場は寒い日も多いので、「赤ちゃんにどのような服を着せればよいのか分からない」と、赤ちゃんのコーデに悩むママも多いのではないでしょうか。ここでは、寒い冬に赤ちゃんが快適にすごせるコーデのポイントや、男の子、女の子におすすめアイテムなどをご紹介します。

赤ちゃんの冬コーデの基本を押さえよう

肌着は赤ちゃんの必須アイテム

赤ちゃんは体の機能が未熟なため、体温調節がうまくできません。また、新陳代謝が活発でよく汗をかくので、肌着は必ず着用させましょう。冬場でもエアコンのきいているお部屋にいると、赤ちゃんが汗をかいている場合もあります。肌着が湿っていると風邪をひく可能性があるので、おむつ交換のときなどに肌着をチェックするとよいですよ。

肌着の種類には、短肌着・長肌着・コンビ肌着があります。長肌着は足の動きが少ない新生児の頃に活用できます。スカートのような形になっており、おむつ交換が楽にできるので新生児の頃のおむつ交換が多い時期に便利です。

短肌着やコンビ肌着は動きが活発になってきた頃から着せましょう。足をバタバタさせても肌着が乱れないのでよいですよ。

服装は体温調節しやすい重ね着が基本

冬は寒いので、「赤ちゃんが風邪をひくと大変」とママは厚着させたくなりますよね。しかし、赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、大人よりもたくさん汗をかきます。

エアコンのきいている暖かいお部屋で厚着させていると、赤ちゃんは汗をかくだけでなく、不快に感じてご機嫌が悪くなることもあります。お部屋の温度にあわせて体温調節できるように、赤ちゃんには重ね着がおすすめです。

お出かけのときは外が寒いので厚着させるママも多いですが、室内に入ると外に比べて温度が高いですよね。アウターの下は重ね着にして、室内の温度にあわせて洋服を脱ぎ着できるようにしましょう。アウターは脱ぎ着がしやすいものを選ぶと、着せやすいですよ。

アイテムを選ぶときは重さにも気を配って

赤ちゃんの洋服は、可愛いものがたくさん売られていますよね。しかし、アイテムを選ぶときは重さにも注意しないと、赤ちゃんの体に負担がかかってしまいます。

たとえば、天然素材のウールは、着るととても暖かいのですが重いのが特徴です。ですから、赤ちゃんにウール素材のものを着せてしまうと、手足が動かしにくいので着ているとしんどくなる子もいますよ。

赤ちゃんのうちは、なるべく体が動かしやすいように軽い素材のものを選んであげるとよいでしょう。ウール素材のものを着せたい場合は、ベストなどの袖がないものを選んであげると体が動かせてよいですね。布団や毛布なども、赤ちゃんにはなるべく軽いものを使ってあげましょう。

男の子の冬コーデに使えるアイテム

体温調節しやすい「カーディガン」

「男の子の冬コーデは、どんなものがいいかな」と、洋服選びに悩んでいるママも多いでしょう。先ほどご紹介したように、赤ちゃんのコーデは重ね着が基本です。カーディガンはロンTやトレーナーなどの上に羽織れるので、重ね着がしやすいアイテムですよ。

カーディガンは冬場の寒いときだけでなく、1年中活用できるので便利ですよね。持ち運びもかさばらないので、お出かけのときに持って行くと肌寒いと感じたときに、すぐに着せることができますよ。またカジュアルなコーデはもちろん、パーティーなどのおめかしして行く場面でも活用することができます。

黒色やグレーなどを選ぶと、どんなコーデにもあわせやすくてよいですね。1枚持っておくと安心なアイテムですよ。

動きやすくて種類も豊富「モンキーパンツ」

男の子の場合、コーデでズボンを履くことがほとんどでしょう。しかし、ジーンズなど、生地によっては赤ちゃんが体を動かしにくいものもありますよね。

モンキーパンツは伸縮性が優れているので、赤ちゃんが自由に体を動かすことができますよ。モンキーパンツは、おしりのところに切り替えがあるズボンのことで、O脚で生まれてくる赤ちゃんの体型にあわせてつくられています。

新生児~ねんねの時期はカバーオールのほうが着せやすいですが、腰がすわってくる5~6カ月くらいからは上下別の服のほうが着せやすくなります。モンキーパンツは種類もたくさんあり、おしりの部分に動物の模様などが入っているものもあるので、ハイハイをしたときなどに模様が見えて可愛いですよ。

防寒対策もばっちり「ジャンプスーツ」

寒くなってくると赤ちゃんとお散歩するときなどに、どのような服を着せるとよいのか悩みますよね。公園遊びや雪遊びなど、長時間屋外にいる場合は、赤ちゃんの体が冷え切ってしまいます。

ジャンプスーツとは、上下がつながっている服のことをいいます。上下がつながっているので風をとおすことがなく、寒い服にも安心して赤ちゃんに着せることができる防寒アイテムですよ。

ジャンプスーツは手足が包まれるので、すき間から風がとおる心配がなくとても暖かいです。また、ゆったりとしたデザインなので、赤ちゃんは自由に手足を動かすことができてよいですよね。ジャンプスーツを着るときは、インナーは薄めの長袖Tシャツなどを着るだけでもよいでしょう。

女の子の冬コーデに使えるアイテム

コーデの幅が広がる「襟つきボディ」

女の子の服は可愛いデザインのものがたくさんあり、季節に関係なくついついたくさん買ってしまうママも多いでしょう。襟つきボディはさまざまなコーデに活用できるので、コーデの幅が広がり使いやすいですよ。

襟つきボディは、赤ちゃん用の肌着のことです。襟がついているとセーターやワンピースのインナーとして活用できるなど、お出かけするときにも着せられますよ。

襟つきボディはさまざまな種類のものがありますが、白色やグレー、うすピンクなど、どんなコーデにもあわせやすいようなシンプルなものを選ぶとよいでしょう。襟の部分もレースやスカラップのものなど種類がさまざまなので、選ぶところから楽しめますよね。襟つきボディは肌着なので、お手頃価格で購入できますよ。

フォルムがかわいい「かぼちゃパンツ」

かぼちゃパンツは、おしりの部分が丸くてフォルムが可愛いので、ベビー服のなかでも人気のアイテムではないでしょうか。女の子に着せる方が多いですが、男の子にも着せることができるパンツですよ。

かぼちゃパンツはいろいろな柄のものが売られており、サロペットタイプのものやドット柄、ボーダー、花柄など、季節関係なく着せられるので何着も購入したいアイテムでしょう。冬の寒い季節は、ニット素材のものが人気ですよ。

かぼちゃパンツはショート丈ですが、寒い季節はタイツの上に履かせるようにしましょう。ウエスト部分がゴムになっているので、赤ちゃんにも履かせやすいでしょう。姉妹や兄妹でかぼちゃパンツを履いてお揃いコーデをするのも可愛いですね。

防寒とおしゃれを楽しめる「ベスト」

ベストは寒い冬場だけでなく、1年中活用できるアイテムなので1枚買っておくと便利でしょう。アウターの下に着せたり、室内が少しひんやりしているときなどに活用したりと、ベストは着ぶくれしないので赤ちゃんにもおすすめのアイテムですよ。

ベストはトレーナーや長袖Tシャツだけでなく、ニットやワンピースなど、どんなコーデにも活用しやすいアイテムです。また、脱ぎ着しやすく持ち運びもかさばらないので、お出かけのときに持っておくと安心ですね。

デザインも豊富で、前開きの紐で結べる新生児の頃から使えるものや、頭から被るタイプのものなど、赤ちゃんの成長にあわせて着せやすいものを選ぶことができます。色や柄もたくさんあるので、ベストを着るだけでおしゃれな着こなしができますよ。

まとめ

赤ちゃんの冬のコーデは「外は寒いからたくさん着せたほうがいいのかな」「赤ちゃんが風邪をひかないように、厚めの服を着せないと」など、不安から厚着させてしまうママが多いですよね。しかし、赤ちゃんは大人と比べて体温が高く、汗もたくさんかくので着せすぎには注意が必要です。

赤ちゃんにおしゃれなコーデを着せたいママの気持ちも分かりますが、動きやすさや機能性も考えて洋服選びをしましょう。冬コーデを楽しみながら、赤ちゃんと一緒にたくさんお出かけできるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR