就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

服を嫌がる3歳児に困った!自主性を育みながら楽しくお着替えのコツ

服を嫌がる3歳児に困った!自主性を育みながら楽しくお着替えのコツ

少しずつ話せるようになり「イヤイヤ期」が少し落ち着いてきたかな…という実感も湧き始める3歳児。一方で自己主張がはっきりしだすので、強いこだわりを持つ子どもも多い時期です。子どもが服を着るとき嫌がって大変というママも多いでしょう。子どもの自主性を育みながら楽しくお着替えするコツを紹介していきます。

3歳児の特徴からみる服を嫌がる心理

3歳児ってそもそもどんな時期なの?

身長は生まれたときの約1.8倍、体重は4倍近くになっています。体のバランスがよくなってきて、飛んだり跳ねたり走ったり、自由にコントロールすることができるようになる時期です。

体の成長とともに、心の成長も著しい3歳児。できることが増える分、「やってみたい」という自主性が増していきます。しかしまだまだ手先は不器用なので、うまくいかないことにイライラして泣いたり怒ったりすることも多いでしょう。

3歳児といえば、保育園や幼稚園など集団生活をスタートする子どもも多いですね。同年代の子どもとの関わりの中で、社会性も高まっていくでしょう。ママと離れて過ごす時間ができることで自立心も育まれていきます。日々の成長が楽しい時期といえるでしょう。

2歳児のイヤイヤ期の次は3歳児の反抗期

なんでもかんでも「イヤ!」と泣き叫ぶ「イヤイヤ期」が2歳の頃。言葉でうまく伝えられないことがイヤイヤの原因の一つです。3歳になる頃には自分の状況や要望などを言葉で伝えることができるようになるため、徐々にイヤイヤは落ち着くといわれています。

しかし今度は「自主性」「自立心」が芽生えるため、ママやパパの言葉に耳を貸さず反抗的な態度を取るようになっていきます。イヤイヤ期と違うのは、「聞こえないふり」をするところ。まさに「反抗期」と呼べる態度でしょう。

聞こえないふりのほかにも「泣き叫ぶ」「手が出る」「怒る」「物を投げる」など、ママを困らせる手段で反抗してきます。しかし3歳児の反抗期は成長の証。時が経てば収まるので、気長に付き合うしかないのです。

服が嫌になるのは自我の芽生えの一つ

3歳児の反抗は、どこでスイッチが入るかわかりません。食事のとき、お風呂のとき、お出かけのとき、お着替えのとき…一度スイッチがオンになると、収めるのに苦労するでしょう。

「お着替えのときいつも反抗してくる」という3歳児は多いようです。反抗の理由は様々で、「着替えるのが面倒くさい」「ママが選ぶ服が気に入らない」「そもそもお着替えが嫌い」など、子どもなりに反抗的な態度をとる理由があるのです。

着替えは毎日のことで、いちいち反抗されてママはほとほと疲れてしまうでしょうが、「着替える」ということに対して子どもの意思がはっきりと表れているということ。難しく言えば「自我の芽生え」の一つなのです。喜ばしいことと捉えてみてもよいでしょう。

服のイヤイヤ対策!実践アイデア

子どもが自分で着る服を選ぶ作戦!

服を嫌がる理由が様々であるように、「服のイヤイヤ対策」も子どもそれぞれに合わせてたくさんあるといえます。まずは自分の子どもに合った対策を見つけるために、いろいろと試してみるとよいでしょう。

服の好みがはっきりしだした子どもには、「自分で着る服を選ばせる作戦」が有効的です。クローゼットや引き出しから、自分で着たい服を直接チョイスさせましょう。「自分で選んだ」という事実が子どもの自立心を満たし、素直に着替えやすくなります。

女の子なら3歳はおしゃれに目覚める頃。ヒラヒラ・キラキラした服を選んで嬉しそうに着替えてくれるでしょう。男の子はおしゃれよりも動きやすい服を好む傾向にあります。お気に入りは色違いで持っていても損はないですよ。

あえて関わらない作戦もアリ!

そもそも「ママの言うことになんでも反抗する」というタイプの子どもは、ママの気を引きたい、追いかけてきてほしいなどの理由が考えられます。自分の行動に対してママがどんな風に返してくれるのか、試しているようでもあります。

そんな子どもの場合、「お着替えしようね」というママの声かけとともに逃げ出し、「待ちなさい!」と怒られてまた逃げ出すの繰り返しで、ママは疲れてしまうでしょう。

ママは思い切って追いかけたり怒ったりすることを止めて、「あえて関わらない作戦」を実行してみましょう。最初に「お着替えするよ」と声をかけた後は、子どもが逃走しても追いかけたり怒ったりせずただじっと待ちます。そのうち子どもの方から近づいてきたら、ゆっくりとお着替えを促しましょう。

甘えたい子にはいっそ着せてあげる

3歳頃になると、簡単に着ることのできる服なら自分で着るようになります。幼稚園や保育園など集団生活が始まる前に、ある程度の身支度は自分でできるようにしておきたいというママの思いもあると思います。

しかし、「自分で着られるでしょう?」とママが言うと「できない」「着替えたくない」とあえて反抗することがあります。こういった場合は「ママに甘えたい」という願望があることが考えられます。

できることが増えてきたとはいえ、3歳児はまだまだ甘えたい盛り。自分でやりたい気持ちと、ママに甘えたい思いが交錯している時期なのです。甘えたいと感じている子どもには、いっそママが着せてあげるというのも一つの方法です。満たされることでいずれ自分から着替えるようになっていくでしょう。

環境を見直したり服自体を変える工夫も

自分で着ることができる服をチョイス

服を嫌がる3歳児に楽しみながらお着替えをさせるには、「自分でやってみたい」という子どもの自主性をうまく利用することが効果的です。具体的には、「ひとりで着替えができた」という成功体験を積ませるという方法です。

そのためにはなんといっても「着替えやすい服」が必須です。

・前後がわかりやすい
・首回りや袖がゆったりしている
・ボタンが大きくとめやすい
・ウエストがゴムで履きやすい
・渡りや裾が広くて履きやすい

など、3歳児がひとりで着られる服をチョイスするのがおすすめです。すべて自分で着られなくても、「ズボンが履けた」「ボタンがとめられた」「靴下が履けた」など、小さな成功の積み重ねが大切です。上手に着られたときは、思いっきり褒めてあげましょう。

子どもが自分で着がえやすい収納を

「服を着る」ということだけではなく、「服を選ぶ」というところにも工夫をしてみましょう。子どもに服を選ばせるとき、引き出しなどに小さくたたんでしまってあると、デザインなどがよくわからずに自分で選びにくい状態です。

「今日はどれを着ようかな…」と子どもがお着替え自体を楽しみにできるような環境が作れたら、少し状況が変わってきそうですよね。おすすめは「掛ける収納」。低い位置でハンガーに掛けて、子どもでも洋服が見やすいようにします。

背の低いラックでもよいですし、カラーボックスや押し入れなどにツッパリ棒を設置して簡易ラックを作ってもよいですね。おしゃれさんなら、毎日のお着替えが楽しみになること間違いなしです。

子どもの好きな服をセレクトするのもよい

毎日の着替えで子どもと格闘しているママは、まず手持ちの服が子どもの好みのものかどうか精査してみてもよいでしょう。ワードローブがすべてお気に入りであれば、迷うことも嫌がることもぐっと減るのではないでしょうか。

ママが可愛いと思って買った服を、子どもが気に入ってくれるとは限りません。3歳になれば好みがはっきりしてくる子どもも増える頃なので、服を買う際は子どもの意見も取り入れながらセレクトしましょう。

子どもに選ばせると、キャラクターものや同じ色やデザインばかりになってしまうこともあります。買い物の際は子どもをうまく乗せながら、ママの意見と子どもの意見をすり合わせていけるとよいですね。子どもとのショッピングも、一つの楽しみととらえましょう。

まとめ

自我が芽生え、主張がはっきりしてくる3歳児が服を嫌がるのは、ある意味当然のことなのかもしれません。当事者であるママは日々ストレスを感じることもあると思いますが、どの子どもにも起こり得る「通過点」といってもよいでしょう。

子どもの性格や特性を見極めながら、着替えをとおして「自主性」を育んでいけたらよいですよね。3歳児の反抗期も、過ぎてしまえば楽しい思い出になるもの。悩み過ぎずにゆったりと付き合っていきましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj