就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

服を嫌がる3歳児に困った!自主性を育みながら楽しくお着替えのコツ

服を嫌がる3歳児に困った!自主性を育みながら楽しくお着替えのコツ

子どもが自分で着がえやすい収納を

「服を着る」ということだけではなく、「服を選ぶ」というところにも工夫をしてみましょう。子どもに服を選ばせるとき、引き出しなどに小さくたたんでしまってあると、デザインなどがよくわからずに自分で選びにくい状態です。

「今日はどれを着ようかな…」と子どもがお着替え自体を楽しみにできるような環境が作れたら、少し状況が変わってきそうですよね。おすすめは「掛ける収納」。低い位置でハンガーに掛けて、子どもでも洋服が見やすいようにします。

背の低いラックでもよいですし、カラーボックスや押し入れなどにツッパリ棒を設置して簡易ラックを作ってもよいですね。おしゃれさんなら、毎日のお着替えが楽しみになること間違いなしです。

子どもの好きな服をセレクトするのもよい

毎日の着替えで子どもと格闘しているママは、まず手持ちの服が子どもの好みのものかどうか精査してみてもよいでしょう。ワードローブがすべてお気に入りであれば、迷うことも嫌がることもぐっと減るのではないでしょうか。

ママが可愛いと思って買った服を、子どもが気に入ってくれるとは限りません。3歳になれば好みがはっきりしてくる子どもも増える頃なので、服を買う際は子どもの意見も取り入れながらセレクトしましょう。

子どもに選ばせると、キャラクターものや同じ色やデザインばかりになってしまうこともあります。買い物の際は子どもをうまく乗せながら、ママの意見と子どもの意見をすり合わせていけるとよいですね。子どもとのショッピングも、一つの楽しみととらえましょう。

まとめ

自我が芽生え、主張がはっきりしてくる3歳児が服を嫌がるのは、ある意味当然のことなのかもしれません。当事者であるママは日々ストレスを感じることもあると思いますが、どの子どもにも起こり得る「通過点」といってもよいでしょう。

子どもの性格や特性を見極めながら、着替えをとおして「自主性」を育んでいけたらよいですよね。3歳児の反抗期も、過ぎてしまえば楽しい思い出になるもの。悩み過ぎずにゆったりと付き合っていきましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND