就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児の冬のアウターはどう選ぶ?アウターの種類や選ぶときのポイント

幼児の冬のアウターはどう選ぶ?アウターの種類や選ぶときのポイント

寒い冬になると子どもも大人も必要になるアウター。乳児から幼児に成長してくると、どんなアウターを選んだらよいのか悩みますよね。この記事では、幼児に着せるアウターの種類や選ぶときのポイントをご紹介します。着せる際の注意点もご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

幼児用の冬のアウターの種類は?

カーディガンは重ね着アイテムとして便利

寒さ対策として普段の服に取り入れやすいのがカーディガン。もちろん冬だけではなく、だんだん暖かくなり始めた春先や、冷房対策をしたい夏、肌寒くなってきた秋と、オールシーズン着ることができます。

重ね着アイテムとして使うことが多いので、サイズは普段着せている服よりも少し大きめを選ぶとよいでしょう。ぴったりのサイズだと、着にくかったり動きづらかったりすることがありますので、できれば試着をさせてから購入すると安心ですね。

また、綿やポリエステル、ニットなど様々な素材のものがあります。カーディガンは重ね着アイテムとしてだけではなくアウターとしても活躍するので、用途に合わせた素材を選ぶとよいでしょう。汚れやすいので洗濯できる素材であるかも確認するとよいですよ。

ベストは動きやすく着替えやすい

カーディガンと同じく長い時期使うことのできるベスト。ベストの最大の特徴はなんといっても袖がないというところです。

袖部分がないので、パーカーやカーディガンに比べて動きやすく、また着替えもしやすくなっています。1人でお着替えができるようになってきた子どもでも着やすいのが嬉しいですね。

また、身頃のみなので多少サイズが小さくなったとしても長い期間使えるものが多くあります。とはいえ、小さいサイズを買ってしまうと動きにくいだけではなく、ほとんど着れずにサイズアウトしてしまうので、こちらもできれば試着をして買いたいですね。

寒いときはベストの上にもう1枚着ることができるので、気温が変わりやすいときに1枚あると安心ですよ。

ジャケットやコートは保温性がバツグン!

本格的な冬になったら着せたいのが、保温性のあるジャケットやコート。中でも幼児におすすめなのはダウンジャケットとダッフルコートです。

ダウンジャケットはとても軽いのが特徴です。たんぽぽのような綿毛の「ダウン」と、羽軸のある羽根の「フェザー」の割合であたたかさが決まります。

選ぶときは、より空気を含むことのできる「ダウン」が多く入っている物を選ぶとよいですよ。

また、ダッフルコートは手袋をしていてもボタンの留め外しができるトグルが付いているのが特徴です。長すぎると動きにくくなってしまうので、幼児用はショート丈を選ぶとよいですよ。

大人サイズが展開しているものもあるので、親子おそろいでおしゃれを楽しんでもよいですね。

幼児の冬のアウターを選ぶときのポイント

寒い冬には保温性の高いアウターを選ぼう

ママやパパが選んだ服を着てくれるのは小さいときだけ…ということも多いもの。せめて今だけは可愛い服を着せたくなりますよね。ですが、アウターを選ぶ際にもっとも注意したいのは、デザインよりも保温性が高いものであるのかということです。

デザインが好みのもので、さらに保温性に優れているものが一番よいのですが、デザインだけ見て暖かいだろうと判断しないようにしましょう。

冬は風が冷たいので、風を通しにくい素材であることが好ましいです。着てみるとあまり暖かくなかった、なんてことがないように、しっかりと素材を確認したり実際に触ってみたりして選ぶとよいですよ。寒い冬に着るものなので、子どもが風邪をひかないようにしてあげたいですね。

動きやすさ重視で軽量なアウターを

アウターは基本的には防寒目的で着るものなので、どうしても重たくかさばりがちですよね。ですが、子どもは季節や天気にかかわらず外で元気に遊びまわります。重たいアウターだと体を動かしにくくなってしまうので、できるだけ動きやすい軽量なものを選んであげるとよいですよ。

ダウンジャケットは、中に羽毛などが入っているため、とても暖かく軽いので幼児のアウターとして最適です。折りたためばコンパクトになるので、持ち運びにもとても便利です。

ブルゾンは、袖や裾が絞られているジャンバーのことです。幼児用のブルゾンは袖や裾がゴムでキュッと絞られているものが多いので、寒さもしっかりと防げます。体を動かしやすいので、公園などの外遊びに活躍しそうですね。

長く着られるよう少し大きめサイズを買おう

子どもはあっという間に成長するので、肌着やズボンなどを選ぶときでもサイズに悩みますよね。アウターは着る季節が限られているので、サイズ選びを間違えてしまうと、ほとんど着ないままサイズアウトしてしまうこともあります。

サイズがぴったりのほうがよいものもありますが、アウターは少し大きくても大丈夫です。袖を折り曲げてしまえば、3歳上のサイズぐらいまでであれば案外着れるもの。友人ママは、90サイズが目安である1歳半の子どもに100サイズのアウターを実際に着せていますよ。

とはいえ、あまりにブカブカだとアウターの意味がありませんよね。可能であれば実際に試着させてみて、大きすぎるようであればサイズを下げて調節してみましょう。

冬にアウターを着せるときの注意点とは

たくさん遊ぶ子どもに過度な重ね着はNG

幼児は大人に比べると体温が高く動きも活発なため、基本的には大人よりも1枚少ない服で大丈夫です。寒いからといって過度な重ね着をさせるのは、おすすめできません。

屋内では、肌着にトレーナー、ズボンやレギンスで十分です。屋外では、それにダウンジャケットやダッフルコートなどのアウターをプラスすればよいでしょう。

額や首の後ろがしっとりしていたら暑い証拠なので、1枚脱がせたりアウターをベストに変えたりなどして調節しましょう。

ただし、まだベビーカーに乗っている場合は、意外と冷えるのでブランケットなどを用意してあげるとよいですよ。抱っこ紐の場合は、アウターは抱っこ紐の上から覆うタイプだと、脱ぎ着しやすくて便利です。

フードや紐がついたアウターはケガに要注意

一見おしゃれに見えるフードや紐は、子どもに危険をもたらすことがあります。

フードや紐は公園の遊具に引っかかると、思わぬケガの原因になります。特に、すべり台やジャングルジムに引っかかり首が締まってしまうと、窒息してしまう可能性もあるのです。

ズボンやスカートについている紐は、踏んづけてしまうと転倒につながります。子ども服はどうしてもデザインで選んでしまいがちですが、安全面を考えるとこのような装飾は少ないほうがよいでしょう。

また、防寒のためと思ってフードをかぶせると、視界が遮られてしまい転倒や衝突につながります。万が一車道に出てしまうと、大きな事故につながることでしょう。寒いときは、フードではなく帽子をかぶせるようにしましょう。

「三つの首」を守る防寒グッズも一緒に

大人が耐えられない寒さであっても、子どもはお構いなしに外遊びをするものですよね。とはいえ、風邪をひいてしまわないか心配で厚着をさせると、動きにくいうえにかえって汗をかいて冷えてしまいます。

こういうときは「三つの首」を守る防寒グッズを取り入れるとよいですよ。「三つの首」とは「首」「手首」「足首」のこと。これらの部分は神経が集中し寒さを感じやすいので、意識して温めると体全体も温まります。

ネックウォーマーやレッグウォーマー、厚手の靴下や手袋をうまく取り入れてみてくださいね。簡単に付け外しができるので、散歩や公園までの往復では装着し、公園で走り回っているときは外すなど、そのときに応じて調節できるとよいですね。

まとめ

幼児用のアウターには、重ね着に便利なカーディガンや動きやすく着替えやすいベスト、保温性に優れているジャケットやコートがあります。

子どもは基本的によく動くので、軽量で動きやすいものがよいです。その際、デザインよりも保温性を重視し、ネックウォーマーや手袋といった小物をうまく取り入れて調節しましょう。フードや紐が付いたアウターは思わぬケガにつながるので気をつけましょう。

寒い冬を快適に過ごせるように、子どもにぴったりのアウターを用意できるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR