就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

好きなキーカラーを取り入れておしゃれに変身。女の子の秋冬コーデ

好きなキーカラーを取り入れておしゃれに変身。女の子の秋冬コーデ

カラフルなものが多い女の子服は、コーデを考えたときに色の洪水のようになってしまい、ママが悩んでしまうことってありますよね。そこで最初に好きなキーカラーを取り入れてコーデを考えてみましょう。キーカラーの選び方と取り入れるときのコツ、おすすめコーデについてご紹介します。

キーカラーの選び方と取入れるときのコツ

トレンドカラーを取り入れると旬スタイル完成

その日のコーデのキーカラーを選ぶときは、トレンドカラーを取り入れると旬スタイルが完成しやすいですよ。ここで2018年秋冬注目のトレンドカラー5色をご紹介します。

・ピンク
鮮やかなショッキングピンクや、肌馴染みのよいくすんだピンクなど好きなトーンを選んでみましょう。

・イエロー
イエローを取り入れると、ダークになりがちな秋冬コーデにほどよい明るさを加えることができますよ。

・ベージュ
どんな色とも相性がよく使いやすいベージュは、手元にあると便利なカラーですよね。

・ブラウン
ブラウンを上手に取り入れるだけで一気に秋冬らしいコーデを作ることができます。

・パープル
今年は濃いめのパープルがトレンドです。品のよいコーデに大活躍ですよ。

相性のよい色の組み合わせを知ろう

コーデを考えるときは、その日決めたキーカラーに相性のよい色の組み合わせを選ぶことが大切です。組み合わせを間違えると、ちょっと騒がしいコーデになってしまうかもしれません。ここでは組み合わせのよい色をご紹介します。

・くすんだピンクと薄いグレー
くすんだピンクには薄いグレーが馴染みやすく合わせやすいですよ。優しい雰囲気に仕上げることができます。

・ショッキングピンクと濃いグレー
元気なショッキングピンクには、濃いグレーでトーンを下げるようにしましょう。元気だけれど大人っぽい雰囲気になります。

・濃いパープルとイエローがかったベージュ
濃いパープルは配色の難しい色ですが、イエローがかったベージュだと上手にパープルを引き立ててくれるコーデになります。

1コーデ3色を頭に入れてコーデしよう

公園などで「あの子のコーデ、おしゃれだな」と思うことありませんが?もしそう思ったら、配色をチェックしてみてください。おしゃれに見える人はよく、1コーデに使う色を3色までに限定していることが多いようですよ。

1コーデに3色以上使ってしまうと、どこかガチャガチャとした印象になってしまいコーデが不ぞろいになってしまいます。しかし3色までにすると、キーカラーが引き立つようなコーデになりまとめやすいですよ。

たとえばモノトーンのワンピースを着たら、アクセントのタイツをイエローにすると、コーデ全体が明るくなりおしゃれです。ほかにもグレーとホワイトのストライプワンピースに靴はホワイト、アクセントにグリーンの帽子をかぶると子どもらしい可愛いおしゃれが楽しめます。

キーカラーを使ったこなれコーデ12選

【5月10日〜5月23日】写真編集ソフト「PhotoDirector 365」プレゼントキャンペーン

入学・入園、GWと写真を撮る機会も多かった皆さんにオススメの写真編集ソフトの紹介です。画像加工ソフトとして、評価も高い「PhotoDirector 365」は、写真管理から加工・編集まで簡単にできる写真編集ソフト。子どもの写真や家族写真がたくさんあるパパやママ、カメラが好きな人におすすめです。

キッズコーデ:www.teniteowear.jp
幾何学模様のカーディガンにインナーのイエローをポイントにして。ボトムスはイエローと相性のよいブラウンスカート。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
シンプルでシックなモノトーンのワンピースに、マスタードイエローのベレー帽がアクセントになっておしゃれ度アップ。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
金色の月模様プリントがオリジナルな切り替えワンピースに、秋冬らしいイエローのリブ編みレギンスをコーデして。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
鮮やかなピンクのフリル付きトップスをキーカラーにして、ボトムスはシックに黒でまとめ、大人っぽくもキュートなコーデ。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
ひし形プリントがおしゃれなジャンパースカートのインナーにピンクのハイネックTシャツを合わせて軽快なコーデに。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
スカート部分のストライプが大人っぽいシックなワンピースに、発色のよいニット帽を合わせて子どもらしいキュートさを。
35 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版