就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産後に生ものを食べたいママへ!気になる赤ちゃんへの影響と注意点

出産後に生ものを食べたいママへ!気になる赤ちゃんへの影響と注意点

妊娠中は、お刺身やユッケ、スモークサーモンなどの非加熱の食べ物は避けた方がよいといわれていますよね。妊娠が分かってから生ものが好きでも我慢していたママの中には、出産後には食べたいと思っている方もいると思います。産後、生ものを食べることで赤ちゃんに与える影響や注意点、メリットもご紹介します。

生魚が母乳を介して赤ちゃんに与える影響

脳の発達によいDHAを効率よく摂取できる

マグロやサンマ、イワシ、ハマチといった魚は、焼いたり煮つけたりして食べるとおいしいですが、刺身で食べてもおいしい魚ですよね。これらの魚には、DHAという必須脂肪酸が多く含まれています。

DHAは脳の発達に必要な成分として知られており、脳が目覚ましく発達する乳児期の赤ちゃんには必要な成分ともいわれています。

ママが魚を食べてDHAを摂取すると、母乳を介して赤ちゃんに伝わります。ママが積極的にDHAを摂取することは、赤ちゃんによい影響を与えることになりますね。

DHAは熱に弱く、焼き魚や煮魚で食べるよりも刺身のような生魚として食べる方が効率よく摂取できます。授乳中のママは1,000mgがDHAの摂取目安量となっていますよ。

母乳から赤ちゃんが摂取する水銀はごく少量

妊娠中に生魚を食べない方がよいといわれる理由には、メチル水銀という成分が含まれる可能性があるためです。メチル水銀は胎児の中枢神経発育に影響を与えますが、中枢神経の形成が終了している乳児期では影響を受けにくいそうです。

また、ママが微量の水銀が含まれる生魚を食べた場合に、母乳を介して赤ちゃんが水銀を摂取してしまわないかと心配になりますよね。ですが、母乳を介して赤ちゃんが水銀を摂取する量はごく少量であることが、厚生労働省の食品健康影響評価によって示されています。

つまり授乳中のママが生魚を食べても、赤ちゃんに影響をおよぼすというわけではないといえますね。とはいえ、大量に生魚を食べれば母乳に影響する可能性があるので気をつけましょう。

脂質の多い魚は母乳の味や匂いの質を低下

ママが摂取した栄養は、母乳を介して赤ちゃんに伝わります。実は栄養以外にも、味や匂いなども母乳を介して赤ちゃんに伝わるともいわれています。

脂が乗ったお刺身はDHAも豊富なので、積極的に食べたいというママもいるかもしれませんが、脂が乗っているということはそれだけ脂質が多いことになります。脂質を多く含む魚を食べると母乳の味や匂いを低下させるため、できるだけ避けた方がよいと指導をする助産師さんもいますよね。

ただ、ママが食べた食事の匂いや味が母乳に移るかについては、医学的には明らかにはなっていないようです。必ずしも母乳に影響を与えるわけではないようですが、母乳の飲みが悪いなど影響がありそうだと感じたときには摂取を控えるとよいですね。

生もので得られる産後ママへの嬉しい効果

生ものに含まれる生酵素で産後の回復を促進

産後のママの体は妊娠前の状態に比べると、ぼろぼろの状態といわれています。できるだけ早く体を回復させることも必要ですよね。体を回復させるためには、栄養をしっかりと補うことが大切です。

食べたものを栄養として摂り入れ、体を回復させるためには酵素が必要となります。酵素は体の中でも作られますが、食べ物からも積極的に摂り入れるとよいといわれていますよね。ただ、酵素は熱に弱いため、加熱した食べ物よりは生ものを食べた方が効率よく摂取できるそうです。

生ものに含まれる生酵素を摂り入れることは産後のママの体の回復を促進し、妊娠前の状態に戻すことにつながりますよ。生魚をはじめ、果物や生野菜なども食べるとよいですね。

生酵素で代謝を上げて産後ダイエット

産後のママは、妊娠前に比べると太りやすいですよね。妊娠中は運動不足になりやすく、さらにストレスフルな状態も続いていたために、自然と代謝が下がってしまいます。産後も慣れない育児でストレスを感じ、育児のために運動どころではないママも多いかもしれません。このように、産後のママには代謝が下がってしまう原因がたくさんあります。

代謝が下がると、食べたものを消化して栄養として体が溜め込んでしまうため、太りやすくなります。ですが、代謝が上がれば栄養分を使うことになり太りにくい体づくりができるので、産後ダイエットにつながりますね。

生酵素は代謝のアップにつながるともいわれていますので、ママが生ものを食べることで痩せやすい体づくりに期待が持てそうですね。

熱に弱いビタミンCは産後の肌荒れ対策に

ビタミンCは美容作用をはじめ、栄養素の吸収機能の向上や疲労回復の効果が期待されるなど、体にとって欠かせないビタミンの一つです。生の果物や生野菜に多く含まれています。同じ果物や野菜でも、加熱したものにはビタミンCはあまり含まれていません。これは、ビタミンCが熱に弱いという特徴を持つためです。ビタミンCを摂り入れるためには、生の状態で食べることが必要なのですね。

ビタミンCは、化粧品などにも含まれていることが多いですよね。これはコラーゲンの生成を助け、肌にハリを与えてくれるだけではなく、肌のターンオーバーも整える効果が期待されるためです。美肌のビタミンといわれるビタミンCを摂ることは、産後の肌荒れ対策にもうれしい見込みが持てそうですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版