就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

作り置き材料で手間を省いて時短しよう!ポイントや注意点、レシピ

作り置き材料で手間を省いて時短しよう!ポイントや注意点、レシピ

子育てや仕事で忙しいときは、作り置きの材料があると便利です。野菜などを切ったり茹でたりしておくだけで、お腹を空かせた子どもを待たせることなく栄養のある食事ができあがりますよ。作り置きをするときのメリットやデメリット、うまく作るポイントを知って、作り置き材料を活用してくださいね!

作り置きを初めて作る際のポイントを知ろう

初心者はまず2、3品を試しに作ってみよう

料理に時間がかけられないときは、作り置き材料が少しあるだけでも、食事の支度は楽になります。一度に何品も作り置きをするのは時間がかかって大変なので、無理せずできるものから作るのが長続きのポイントです。

時間のある週末や子どもが寝ている間に、レタスを洗ってちぎっておいたり、ブロッコリーを茹でておいたりするだけでも大丈夫です。そのほかにも、じゃがいもを切って茹でておけば、サラダに混ぜたりサンドイッチに挟んだりできるのでレパートリーが広がりますよ。

はじめは「あれもこれも、作ってみたい!」と思うかもしれませんが、作り置きに時間がかかると続かないものです。調理にかけられる時間を考えて、できる範囲で作り置き材料を準備するようにしましょう。

残ったおかずは簡単アレンジで楽しもう

子どもが小さいころは、食べる量にムラがある場合も多いですよね。

日によっては子どもがおやつを食べ過ぎて、食事がお腹に入らないこともあるでしょう。パパに急な飲み会が入ってしまい、外でご飯を済ませてくることもありますよね。

せっかく作ったおかずが残ってしまったときは、捨てるのはもったいないですね。残ってしまった食事を「アレンジ」してほかの料理に作り替え、次の食事に出してみてはいかがでしょうか?

例えばシチューが余ったときは茹でたマカロニを入れてみてください。チーズをのせて焼くとマカロニグラタンになりますよ。また、そぼろ丼のお肉はオムレツにいれたり、パスタの具として使ったりすることもできます。

作り置きのメリットデメリット

作り置きの食材を準備しておくメリットは、なんといっても食事作りの時間を減らすことができるところですね。仕事から帰るのが多くなったときでも、すぐに食べられるお惣菜やお弁当を買う必要があるません。

作り置きのおかずがあれば、包丁やまな板、フライパンやお鍋などの調理器具を洗って片付ける手間もかからなくなります。食事後の片付けも楽になるので、子どもと過ごす時間などが増えて嬉しいですね。

作り置きのデメリットは、作ってから食べるまでの間に、細菌が繁殖するリスクが高まってしまうことです。おかずが冷めるまで常温で置いておくと細菌が増える原因になるので、氷などを使ってできる限り早く冷まし、落としラップなどで空気に触れさせないことが大切です。

作り置きを作る際に注意する点とは?

清潔な調理器具を使って衛生面に注意しよう

作り置きのおかずを作って長時間保存しておくと、保存容器や調理器具から細菌が繁殖してしまうおそれもあります。そのため、容器はきれいに洗って熱湯消毒などをしておくとよいですよ。

料理中は作ったものを味見すると思いますが、作り置きのおかずを直箸で触るのは控えましょう。人間の唾液には菌がいる場合もあるので、味見をするときはきれいなお箸を使ってくださいね。

おかずを長期保存するときは、濃い味付けにしておくほうがよいですよ。作り置きのおかずは、冷めると味が薄く感じられますし、濃い味付けのほうが傷みにくいからです。

作り置きのおかずを作るときは、衛生面に注意して細菌が繁殖しない環境を作っておきましょう。

日持ちさせるなら冷凍保存で1週間が目安

作り置きのおかずを日持ちさせたい場合は、冷凍保存がおすすめです。冷蔵では2~3日で傷んでしまうおかずも冷凍しておけば、1週間を目安に保存することができます。

しかし、食材によっては冷凍に向かないものもあります。じゃがいもや豆腐、こんにゃくは、冷凍すると中がスカスカになったり、水っぽくなったりしてしまうので冷凍には向きません。

ひじきやきんぴらごぼうなどは、冷凍ができてお弁当のおかずにも使えるので、時間があれば作っておきたいものです。保存容器の中に小さいカップを並べ、そこにおかずを入れて冷凍しておけば使いたい分だけ取り出すことができて便利です。

作り置きする時間がなかなか取れないママは、多めに作って冷凍保存しておくとよいですね。

食中毒のリスクもある自然解凍はNG

冷凍したおかずを、そのまま自然解凍で食べることは安全なのでしょうか?

ネットなどで調べたところ、自然解凍するときに細菌が繁殖してしまう可能性があるので、凍らせたものは再加熱して食べたほうが安全のようです。

市販の冷凍食品には、自然解凍OKのものがありますよね。市販の冷凍食品は自然解凍しても細菌が繁殖しないように作られているようですが、家庭で作ったおかずは工場のように衛生管理ができないので、冷凍したものは再加熱したほうが安心なのです。

冬に作るお弁当でも、暖房の効いた部屋に置いておくと細菌が繁殖しやすい温度になってしまいます。季節にかかわらず食中毒のリスクを考えて、作り置きを自然解凍して食べるのは控えましょう。

忙しいママ必見!子どもも喜ぶ時短レシピ

甘みがハマる「にんじんしりしり」

「にんじんしりしり」は沖縄の郷土料理です。にんじんの甘味にゴマの風味が香り、冷めると味がしっかり馴染んでおいしいので作り置きにもぴったりのおかずです。しりしり器という、にんじんをすりおろすアイテムを使えば、スライスも簡単ですよ。

【材料】
・にんじん 中2本
・卵 1個
・砂糖 大さじ1
・だし醤油 大さじ1
・白ごま 大さじ1
・ごま油 大さじ1

【作り方】
・にんじんを細く千切りにする。
・ごま油を熱し、にんじんがしんなりするまで炒める。
・砂糖とだし醤油を入れて味付けする。
・溶き卵を入れて、にんじんと絡ませるように混ぜる。
・仕上げに白ごまをふる。

好みに合わせて、調味料を調節してくださいね。

もちもちがやさしい「じゃがいももち」

じゃがいもをつぶして丸めて作る「じゃがいももち」は、小腹が空いたときや子どものおやつにぴったりです。つぶす作業はビニール袋を使えば手が汚れないので、小さい子どもと一緒に作ると楽しいですよ。

【材料】
・じゃがいも 4個
・かたくり粉 大さじ3
・砂糖 大さじ2
・塩  小さじ1/2

【作り方】
・じゃがいもは皮をむいて、茹でるか、柔らかくなるまでレンジで加熱する。
・熱いうちにじゃがいもをつぶし、かたくり粉、砂糖、塩を混ぜる。
・丸く平らに形作り、フライパンで両面に焼き色をつける。

バターを使って焼き色をつけると香りがよくなります。チーズを入れても美味しいですし、甘辛いたれを付けて食べるのもおすすめです。

ダシがしみ込む「ピーマンの焼きびたし」

ピーマンは苦みを感じるので、苦手な子どもが多いかもしれません。作り置きのおかずは味が染みておいしいですし、子どものおなかが空いたタイミングでさっと出すことができるので、思わず「おいしい!」という言葉が飛び出すかもしれませんよ。

【材料】
・ピーマン 4個
・白だし  大さじ1
・醤油   大さじ1
・水    大さじ3
・かつお節 適量

【作り方】
・ピーマンのヘタと種をとり、一口サイズに切る。
・フライパンに油を熱し、ピーマンを炒めて焼き色をつける。
・白だし、醤油、水、かつお節を混ぜておき、そこに火が通ったピーマンを入れて馴染ませる。

ピーマンが苦手な子どもには、小さめに切って作ってくださいね。

まとめ

作り置きの材料があると、食事の準備が時短できるので助かりますね。はじめは、2,3種類のおかずを無理のない程度に作ってみましょう。

作り置きしたものが余ったときは、チーズをのせて焼いたり卵料理に使ったりして楽しむことができますよ。多めに作って冷凍しておくとさらに便利です。

保存するときは熱湯などで消毒した入れ物を使い、細菌が繁殖するのを防ぎましょう。冷凍したおかずは、食中毒の心配があるので再加熱して食べるほうがよいですよ。

作り置きのおかずを活用して、忙しい子育て期を乗りきりましょう!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018