就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

作り置きに最適な入れ物は?素材に合った容器でお料理を楽しもう

作り置きに最適な入れ物は?素材に合った容器でお料理を楽しもう

常備菜などを保存するために使いやすい容器が欲しいけれど、種類がたくさんあってどれを選べばよいか分からないというママは多いのではないでしょうか。今回は容器選びのポイントや素材の特徴、高性能なおすすめ容器などをご紹介します。保存容器選びに悩んでいるママはぜひ参考にしてみてくださいね。

作り置きおかずの入れ物に求める条件

密閉性が高く中が見える

常備菜を保存するとき、とくに大切なのが密閉性です。冷蔵庫内での匂い移りを防ぐことはもちろん、空気に触れにくくすることで、中身を長持ちさせてくれる効果もあります。

密閉性の高さは、フタが隙間なくきちんと閉まるかどうかがポイントです。フタの内側にパッキンが付いたものや、ストッパーが付いているものならしっかり密閉されて、汁漏れの心配も少ないでしょう。

同じ種類の容器をいくつも使う場合、冷蔵庫を開けてすぐに中身が分かるものが便利です。使うたびにラベルを作って貼り付けるのは手間ですし、毎回フタを開けて確認するのも大変です。

容器部分が透明なものならば、中身の状態も一目で分かるので食品の管理もしやすくなりますね。

作ったおかずを入れるのに程よい大きさ

保存容器の大きさは、家族の人数やよく作る常備菜の種類によって選びましょう。汁気の多いおかずをよく作る場合は深型のものが便利ですし、余ったおかずを保存することが多い場合は小型のものがいくつかあると使いやすいと思います。

保存容器が場所を取りすぎないように、重ねられるタイプのものを選ぶと、見た目もスッキリさせることができます。赤ちゃんの離乳食用にミニサイズをたくさん用意するママも多いようです。

たくさん作るからと大きなサイズばかりを揃えると、洗いにくかったり使わないときの保管に困ったりすることがあります。大きい容器一つに入れるよりも、中くらいの容器に分けて保存するほうが、コンパクトにおさまって使いやすいかもしれません。

そのまま電子レンジで温められる

常備菜を温め直すときに、そのつど鍋などに移し替えてコンロを使うのは手間がかかってしまいます。やはり容器に入れたまま、電子レンジで加熱できるものが便利だと思います。

フタにバルブが付いているものや、少しフタを開けて加熱するものなど種類もさまざまです。飽和ポリエステル樹脂という素材で作られた容器なら、耐熱はもちろん耐冷にも優れ、冷凍庫からそのまま電子レンジで加熱することも可能です。

ほかにも、軽くて使いやすい耐熱プラスチックのものも便利です。電子レンジでは使えないものの直火OKなホーロー製のものや、フタを取ればオーブンにも入れられる耐熱ガラス製のものなど種類も豊富なので、常備菜の種類によって使い分けをするとよいでしょう。

代表的な作り置きおかずの入れ物の種類

熱に強く丈夫な【耐熱ガラス容器】

耐熱ガラス容器は、電子レンジはもちろんオーブンにも使用することができます。耐久性に優れているので傷が付きにくく、匂いが漏れたり色が移ったりしにくいのが特徴です。

また、容器が透明なためラベルを貼らなくても中身の確認が容易なのもメリットです。食洗機にも対応できますし、見た目もおしゃれなものが多いので、グラタンなどをオーブンから出して、容器のまま食卓に並べられるのも嬉しいですね。

価格はそれほど安くはないものの、長く使えることを考えれば買いやすいといえるでしょう。ただし容器自体に重さがあるので、洗うときなどは取り扱いに注意が必要です。使わないときの収納も、プラスチックに比べると若干かさばってしまうかもしれません。

加熱時間が短い【耐熱プラスチック容器】

耐熱プラスチックの容器は軽くて扱いやすく、電子レンジでの加熱時間が短くて済むのが特徴です。容器一つで保存からレンジ調理までを完結することができるので、忙しいママの強い味方です。

手軽に買い求められる価格のものが多く、フタにバルブが付いたものや、中に仕切りをつけることができるものなど種類も豊富です。また保存用としてだけでなく、ボウルなどの調理器具としても使うことができます。

デメリットとしては、色や匂いが移りやすく汚れが少々落ちにくいこと、ほかの素材に比べると劣化するのが速いことがあげられます。ほかにもオーブンには使えませんし、そのまま食卓に出すには少し抵抗を感じてしまうママもいるかもしれません。

油汚れが落ちやすい【ホーロー容器】

ホーロー製の容器はオーブンや食洗機はもちろんのこと、直火までOKという優れた耐熱性をもっています。デザインも可愛らしいものからシンプルなものまで揃っていて、そのまま食卓に出しても食器としてよく映えます。

匂いや色移りにも強く、油汚れも落ちやすいのでお手入れが簡単です。空いた容器も重ねることができるので、収納スペースを取らなくて済むのも嬉しいメリットですね。

ホーローは基本は白色のものが多く、一目で中身を確認することができないため、ラベルなどを使う必要があります。また電子レンジでの使用ができないのもデメリットといえるでしょう。

また、小さな衝撃でも表面が割れやすいため、お手入れの際には充分に注意が必要です。

おすすめの作り置きおかずの入れ物

サイズ豊富な【iwakiパック&レンジ】

「iwakiパック&レンジ」は耐熱ガラスを使用した保存容器です。サイズが7種類(SS、S、M、L、ハーフ、S深型、M深型)と豊富なこと、またサイズ違い同士での積み重ね収納が可能であることが特徴です。

冷蔵と冷凍の両方に対応(汁物は冷凍不可)しており、加熱も電子レンジとオーブン両方に対応しているので使い勝手のよいアイテムです。フタ部分はプラスチック製ですが、劣化したときのためにフタだけの別売りもしてくれるので安心です。

セット販売もされているので、冷蔵庫内や常備菜用の容器に統一感を出したいママにもおすすめです。フタが完全密封ではないため、横にすると汁もれを起こす場合があるので注意しましょう。

【オクソーのロックトップコンテナ】

「オクソーのロックトップコンテナ」の大きな特徴は、ワンアクションで開閉が可能で、完全密封が可能な容器だということです。プラスチック製でありながら、ガラスのような透明度の高い容器と、シリコンパッキンのついたフタで実用性も抜群です。

フタのパッキンは簡単に取り外しができて洗いやすく、清潔に保つことができます。密封性が非常に高く、移動などの揺れにも強いので、ママ同士の持ち寄りパーティーなどにも最適ですね。

プラスチック製なので、使用していくと細かい傷がついてしまうことがあります。外側への匂い漏れはないものの、容器の内側に匂いがついたり、色の強いカレーやトマトなどの食品を長時間保存しておくと、容器に色が移ったりすることもあります。

プロも絶賛の【野田琺瑯ホワイトシリーズ】

最後のおすすめは「野田琺瑯(ほうろう)ホワイトシリーズ」です。プロの料理人や料理研究家の方も愛用する有名ブランドですが、人気の秘密は高い耐熱性と匂いや色移りのしにくさにあります。

琺瑯の強みは容器ごと直火調理ができることです。容器の中にゼリーの材料を入れて、直火にかけた後そのまま冷蔵庫で冷やすといったことも可能ですし、容器に入れて凍らせた出汁をそのまま火にかけてお味噌汁を作るといった使い方もできます。

ほかの容器に比べると値段が高く、なかなか手が届かないと感じるママも多いとは思います。しかしながら、その耐久性と利便性はプロも絶賛するほどのもです。長く使うことを前提として一つずつ買い揃えていくのもよいでしょう。

まとめ

毎日の食事を手軽にランクアップさせてくれる常備菜は、働くママや育児に忙しいママの強い味方ですね。せっかくなら、その保存方法にも気を配りたいものです。

保存容器は、電子レンジ調理に向いている耐火プラスチック製、中身が見やすくオーブンにも使える耐火ガラス製、直火調理も可能なホーロー製など種類も豊富です。

洗いやすさや管理のしやすさなど、それぞれのメリットやデメリットを理解して、自分のライフスタイルにあったものを選びましょう。お気に入りの容器が見つかれば、常備菜作りも楽しくなりますね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj