就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳児の保育園のお弁当を作ろう!完食してもらうためのポイントとは

2歳児の保育園のお弁当を作ろう!完食してもらうためのポイントとは

普段は給食の保育園であったとしても、遠足や運動会などのときにはお弁当を作る機会もあることでしょう。今回は、2歳の子ども用のお弁当を作る際にどの程度の量を入れたらよいのか、また作るときにどのようなことを考慮しなければならないのか、などについてご紹介していきます。

2歳児のお弁当箱を選ぶポイント

小さめのものにして完食の達成感を

遠足や運動会など、普段は給食がある保育園であっても、お弁当を作る機会は意外とあるものです。

「せっかく手作りのお弁当を用意するのだから、たくさん食べてもらいたいな」と思うのが親心ですが、実際に2歳の子どもが無理なく食べられる量というのは意外と少ないものです。子どもにとってワクワクのお弁当タイムに「全部食べきれた!」という達成感を味わってもらえるよう、まずはお弁当箱選びから配慮していきましょう。

完食できる量といっても子どもによってさまざまですが、2歳の子どもであれば280mlぐらいの小さめのお弁当箱がおすすめです。主食におかず2品ぐらいを入れ、すき間に彩りの野菜を詰めていく程度で十分ですよ。

自分で開け閉めしやすいもの

お弁当箱を選ぶときにはつい子どもの好みに合わせて選びがちですが、「子どもが自分で開け閉めできるデザインかどうか」という点も忘れてはいけません。

お弁当箱からカトラリーケース、お弁当袋、おしぼりケースに至るまで、はじめてのお弁当であれば扱い方すらわからない子どもはたくさんいることでしょう。

アルミ製のお弁当箱は汁気のあるものに向かないというデメリットがある一方で、蓋をかぶせるだけなので小さな子どもでも扱いやすい、耐久性に優れている、ゴムパッキンがないので清潔を保ちやすい、などのメリットがあります。食洗機に対応している、汁気がこぼれにくい、などの理由から人気のプラスチック製のものもありますが、まずは開け閉めできるかどうかを基準に選ぶとよいですよ。

はやりすたりのあるキャラクターものは注意

子どものお弁当箱について考えるとき、子どもの好きなキャラクターのお弁当箱を購入するべきかどうか迷われる方は多いのではないでしょうか?

「楽しみにしているお弁当タイムがより楽しいものになるように、好きなキャラクターのお弁当箱を用意しようかな」と買ってあげたくなる気持ちはよくわかりますが、1年で放送が終了してしまう番組のキャラクターものは放送終了後の扱いに困ってしまうことが多々あります。

最初は280ml前後のサイズ、年中には360ml、年長になれば450mlとサイズアップしていくことを前提にするのであれば、はやりすたりのあるキャラクターものでもかまいませんが、長く使う予定の場合には定番のものがよいかもしれませんね。

2歳児のお弁当を作るときに注意すること

衛生面の配慮が最も重要

お弁当をおいしく食べてもらうには、作り方や食材選び、お弁当箱への詰め方などへの注意が必要です。とりわけ春でも気温が高いことがめずらしくない昨今、衛生面への配慮が欠かせません。

まず食中毒の原因菌を「付けない」ためには、お弁当を作る前の手洗いや清潔な調理器具を使うことが重要です。また原因菌を「増やさない」「やっつける」ためには、水分の多いレタスやキュウリなどの生野菜を極力入れない、作り置きしたものを入れるときには再度熱を加える、水蒸気がお弁当箱の中で溜まらないようにすべての食材をきちんと冷ましてから詰める、などの工夫が大切になります。

原因菌を「付けない」「増やさない」「やっつける」の基本を意識して、衛生的に調理するようにしましょう。

かわいらしいピックも幼児にはまだ早い

スプーンやフォークを使ってうまく食べられない子どものお弁当には、「お弁当飾り用のピックを使って食べやすくしたい」と思うママもいるでしょう。

お弁当ピックやバランなど、お弁当をかわいらしく彩るお弁当グッズは数多く販売されていますが、2歳児用のお弁当に先がとがっているピックを使用するのは避けた方が無難です。

遠足などで周囲がにぎやかなときには、先生の目も届きにくくなりがちです。ちょっと目を離したすきに口にいれてしまい、誤飲やケガをしてしまう可能性は十分考えられますよね。どうしてもピックを使いたい場合にはトースターで2〜3分焼いたパスタで代用するなど、安全性を第一に考えた工夫をするよう心がけましょう。

何よりも食べやすさを重視して

子ども用のお弁当作りに慣れていないママは「どんなお弁当がいいの?」「キャラ弁がはやっているけれど、作る時間も技量もない」など、考えることがたくさんあるでしょう。

彩りや栄養バランスなど、お弁当作りをする上で気になるポイントは多々ありますが、「子どもが食べやすいかどうか」も大切なポイントです。複雑な形のおかずやキャラクターの形に作られた大きなおにぎりなどは、たしかに見た目のインパクトは十分ですが、2歳児は口に入れるだけでも一苦労です。

小さな口でも食べやすい大きさにする、丸くてツルツル滑るウズラの卵やミニトマトは半分に切って刺しやすくする、おにぎりの海苔が喉につまらないよう細長く切ってから巻くなど、食べやすさを重視しましょう。

2歳児が完食できるお弁当の作り方

見た目を楽しくして関心を引く

ご飯やおかずの量、彩り、栄養バランスなど、2歳児のお弁当作りにおいて注意したいポイントはたくさんありますが、まずは見た目を楽しくして関心を引きつけることに重点を置いてみるとよいでしょう。

お弁当といえば、やはり蓋を開けたときのワクワク感が大切です。最近ではキャラ弁やデコ弁などの、見た目が華やかで魅力的な見せ方のお弁当が人気ですが、それ以外にも詰め方や食材の彩りを工夫することで、いくらでも見た目を楽しくして関心を引くことが可能です。

赤・黄・緑・茶・白・黒の6食を意識した食材選びをすると華やかになりますし、ふりかけの種類や、カップやバランの種類をカラフルなものにするだけでも見た目で食欲をそそりますよ。

おかずやおにぎりは一口大で食べやすく

1〜2歳にかけてはとくに、「何でも自分でやってみたい!」という欲求が高まる時期です。保育園のお弁当のメニューを決める際にも、そのような子どもの気持ちを汲んだメニューを用意するとよいでしょう。

ママや先生の手助けがなくても自分で食べられるようにするためには、主食やおかずを一口大の食べやすいサイズに揃えることが大切です。

お皿と違い、小さなお弁当箱に入っているおかずをフォークで刺したり、スプーンですくったりすることは2歳の子どもにとってはとても難しいもの。小さく切ろうとしてお弁当箱ごとひっくり返してしまっては大変ですから、あらかじめ小さく食べやすい大きさにしたり、手づかみしやすい形状にしたりするとよいですよ。

子どもの好きなおかずを入れる

「栄養バランスよく入れてあげたい」「見た目が華やかになるよう工夫したい」と考えすぎるあまり、お弁当のメニューが決まらなくなってしまうママは多いのではないでしょうか?

キャラ弁を意識して普段食べ慣れていない食材を使ったり、苦手な野菜をすき間埋めに使ったりしても、食べてくれる保証はありません。たしかに彩りや栄養バランスも大切ですが、たとえ定番のメニューや栄養が偏ったものばかりになったとしても、子どもが喜んで完食してくれることが一番大切です。

まだまだ食べムラの多い時期ですので、まずはお弁当を楽しみ、すべて食べられたという達成感を味わってもらえるよう、子どもが普段好んで食べているおかずを入れてみましょう。

まとめ

遠足や運動会などのお弁当は、子どもがとても楽しみにしている一大イベントですよね。子どもの期待に応えるために、見た目が華やかで食べごたえのあるお弁当を用意したいところですが、ついつい張り切って詰め込みすぎてしまったり、見た目を重視するあまり小さな口では食べにくいおかずにしてしまったりすることもあるでしょう。

ご紹介したポイントを参考に、見た目や栄養だけでなく、小さな子どもでも完食できるような仕掛けを施したり、安全に食べられるような工夫をしたりして、楽しみながらお弁当を作ってみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR