就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園児が喜ぶパトカー弁当を作ろう!不器用ママでもできるレシピ

保育園児が喜ぶパトカー弁当を作ろう!不器用ママでもできるレシピ

お弁当の日になると、子どもから、「デコ弁作って」とお願いされることがあります。テレビやネットでは、すごいデコ弁写真が花盛りですよね。しかし、時間や手間がかかりそうで、「あんなの作れない」とあきらめの方が先にきます。そんなパパやママのために、簡単なのに完成度が高い、パトカー弁当を紹介します。

デコ弁を成功させるためのコツとは

海苔のカットは道具を駆使しよう

デコ弁の目や口、眉など顔のパーツを作るのに使うのが海苔です。細かい作業になるので、カットしやすい小ぶりなハサミを用意しましょう。100円ショップに行けば海苔切り専用のハサミも売っていますよ。

また、海苔をくり抜くパンチも持っていると、小さめのパーツを作るときに便利です。さらに、ピンセットは海苔をはるときの必需品です。

ハサミで海苔を直接カットするという方法もあります。クッキングペーパーに作りたいパーツを大きめに描き、それを半分に折りたたみ、海苔を挟みこんでクッキングペーパーごと切り抜きます。

袋から出したてのパリパリの海苔は割れやすいので、早めに室内に出しておくか、ポットや炊飯ジャーなどの湯気にくぐらせ、しんなりした状態にすると切りやすいです。

チーズの扱い方をマスターしよう

とけるタイプのスライスチーズとチェダーチーズは、つまようじや型抜きで好みの形を作りやすく、おにぎりにつけたときもなじみやすいので、目、口元、手や足を作るのにとても便利です。

目や口などの円形パーツには、小さめの丸型や楕円形の抜き型を使います。手に入りにくい場合は、色々な太さのストローで代用もできますよ。

大きめのパーツを作るときには、つまようじでスライスチーズをカットします。鉛筆で絵を描くようにしながらカットしていくと、きれいに切り抜けます。形ができたら、カットした端は、手でならして整えておきましょう。

チーズを使って、大きめのパーツや細かいパーツが作れるようになると、デコ弁が一気ににぎやかになります。子どもも大喜びですね。

色々な食材を使ってデコレーションしよう

海苔やチーズを使って大まかな形ができたら、色々な食材を使って、デコ弁をバージョンアップしていきましょう。

薄焼き卵は、黄色い花、ひよこ、金髪などに使用するのに便利です。水溶き片栗粉を少々混ぜると、裂けにくい薄焼き卵が作れますよ。また、ゆで卵なら、黄身は濃い黄色、白身は純白のパーツとして使えます。

カニカマは、繊維にそってつまようじでゆっくりはがしていくと、赤いパーツと白いパーツに分けることができます。ピンク色のパーツにはハムや魚肉ソーセージ、大きめの白いパーツが欲しいときには、はんぺんがおすすめです。

凝った大作になってくると、細かいパーツのズレが気になってしまいますが、ズレやすいパーツは、マヨネーズや焼き揚げパスタで固定するときれいですよ。

パトカー弁当の人気で作りやすいレシピ3選

ご飯と海苔のカットだけでできて簡単

「デコ弁に挑戦したいけどアイデアがない」というときは、パトカー弁当を作ってみませんか?子どもが喜んでくれることまちがいなしですよ。

まずは、ご飯と海苔のカットだけでできる簡単レシピから紹介します。パトカーは、原則、白と黒だけのデザインですから、ご飯の白と、海苔の黒があればそれでよいわけです。デコ弁が初めてのときや、手先の器用さに自信がないときには、ここから始めてみましょう。

まずは、ご飯で、車らしき形を作ります。よく分からなければ、ネットで写真やイラストを検索してみるとよいですね。

後は、窓の部分と、車体の下半分、タイヤ部分を海苔で飾ってできあがりです。余裕があったら、プチトマトをパトカーの上に乗せて、赤色灯代わりにするとバッチリです。

子どもうけ抜群の電車とのコラボ弁当

もうちょっと手を加えたくなってきたら、電車とのコラボ弁当にチャレンジしてみましょう。

電車の車体には、ソーセージを使います。両端は切り取ってパトカーのタイヤとして使います。残りを縦に2等分して、半円状の電車2台にしましょう。

次に、海苔を正方形に切り取って、ソーセージの車体に一列に並べていき、窓にします。このとき、マヨネーズを接着剤代わりにうすく塗っておくと、ズレがなくて作業がしやすいです。最後に、ゆでにんじんをストローで抜いて、スパゲティでタイヤ部分に固定したら、電車のできあがりです。

パトカーは、前に取り上げました簡単レシピでもよいですし、おにぎりにして窓と下半分に海苔を貼り、タイヤ部分に先ほど切り取ったソーセージの両端を並べてもできます。

ミニカーみたい!立体型パトカーおにぎり

デコ弁の腕が上がってきたら、立体型パトカーおにぎりはいかがでしょう?

まず、ご飯をラップに包んで立体的なパトカーの形に成形します。ミニカーをご飯で作っているイメージです。フロント部分をやや広めに、横のラインを平らにするとよりクルマっぽくなります。

次に、パトカーの黒の部分に海苔を貼っていきます。車体の下半分、ボンネット、フロントガラスとリアガラス、窓部分に貼ります。これもネットで写真やイラストを検索すると分かりやすいでしょう。

最後に、カニカマを使って赤色灯を作ります。余裕があれば、カニカマの残りで白いライトを作ったり、赤いブレーキランプを作ったりすれば、よりリアル感が増します。完成後、ラップで包んで押さえておくと、パーツがズレにくくなります。

保育園児のお弁当作りのポイントを知ろう

食べきれるように少なめの量を意識しよう

最後に、保育園児のお弁当作りのポイントについてまとめます。

まず量ですが、子どもが食べきれるように、少なめの量にしましょう。食べるのが遅いとき、食べてしまうまで先生が面倒をみてはくれますが、ずっとではありません。時間内に残さずきちんと食べきることが重要です。

また、子どもにとって、ママと離れて1人で食事をするのは、とても大変なことです。ですから、子どもが「お弁当を全部食べられた」という自信を持つように、まずは少なめの量からスタートしてみましょう。

「ちょっと量が少ないかな?」と感じるようなら、子どもの様子を見たり、「量はどうだった?」と直接聞いてみたりして、徐々に量を増やしていくとよいですね。子どもが、食べることを苦痛に感じない配慮が必要です。

子どもが食べ慣れた好物を中心に入れよう

お弁当の日は、子どもにとってとても楽しみな日であることはまちがいありません。ですから、保育園のお弁当では、栄養バランスや彩りを考えつつも、基本的には、子どもが食べ慣れた好物を中心に入れるのがよいでしょう。

「楽しいお弁当の日とはいえ、そんなに甘やかしてよいのかな」と気になる方もいるかもしれませんが、食は、見た目も大切です。いきなり嫌いなおかずが目に入ってしまったら、それだけで食欲が一気になくなるかもしれません。まずは、全部食べきることを目標にしましょう。

お弁当になにを入れてほしいか、子どもに聞いてみてもよいですね。子どものリクエストに答えつつ、栄養バランスをどうとるかということが、お弁当づくりでの、パパやママの腕の見せどころになります。

傷みやすい食材は入れないようにしよう

お弁当は、作ってから食べるまでかなりの時間差があります。ですから、食中毒への配慮も必要です。傷みやすい食材はお弁当の中には入れないようにしましょう。

お弁当づくりでの基本的な食中毒対策は、主に「清潔を保つ」「食材を加熱する」の二つです。お弁当での食中毒の多くが、O-157に代表される細菌やウイスルなどによるものですので、雑菌を抑えることが、家庭でできる最も効果的な食中毒対策といえるのです。

食中毒は、食材が痛みやすい夏場が要注意と思われがちですが、ノロウイルスなどの食中毒が起こりやすいのは、実は冬場のほうが多いのです。春や秋でも、お弁当の保存状態しだいでは、十分食中毒が起こりえます。「食中毒に安心できる季節はない」ということを確認しておきましょう。

まとめ

「デコ弁を作るのは大変」と思われがちですが、こうしてみると、そう難しくはないように感じませんか?特にパトカー弁当は、キャラの色数が少ないわりには再現度が高いので、あまり自信のないパパやママにもおすすめです。まずはここから始めて、徐々にバージョンアップしていきましょう。

お弁当づくりのポイントは「子どもの好きな食材で食べきる量にする」「傷みやすい食材を使わない」などですが、しっかり食べきって、子どもに自信を持ってもらいたいものです。楽しいデコ弁が、そのためのお手伝いをしてくれるかもしれませんね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR