就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとアパート暮らしで苦情発生!すぐに効果が出る対策方法

赤ちゃんとアパート暮らしで苦情発生!すぐに効果が出る対策方法

「赤ちゃんと暮らしていたら、夜泣きや日中の泣き声に苦情が…。」アパートなどの集合住宅に暮らしていると、そんなトラブルに遭遇してしまうこともあります。赤ちゃんの育児中に近隣住人から苦情を受けてしまったときの対処方法、アパートなどの賃貸物件でもできる効果的な防音対策、夜泣き対策についてまとめました。

苦情がきた当日にすぐにやるべきこととは

苦情元のお宅へ謝罪に行こう

赤ちゃんとの生活では、夜泣きなどの泣き声に苦情が入ってしまうこともあります。近隣の住民の方から苦情を受けてしまったときは、どのように対応していくべきなのかチェックしてみましょう。

まず、一番にしたいのは「苦情元のお宅に謝罪へ行く」ことです。

集合住宅にはさまざまな生活スタイルの方が暮らしているので、赤ちゃんの育児に理解のある方もいれば、そうではない方もいますよね。謝罪をするときには、とにかく「ご迷惑をお掛けしました」という反省の気持ちをしっかりと示すようにしましょう。

謝罪とともに「今後、このような対策をとるつもりです」という内容も伝えると、苦情元のお宅の方も気持ちが収まりやすくなります。ご家庭でできる対策を提示しておきましょう。

家具の配置を変えて防音効果を高めよう

苦情元のお宅への謝罪をしたら、早急に家庭でできる対策を始めましょう。

赤ちゃんの育児中に受ける苦情は「夜泣き」などの泣き声についての内容がほとんどです。ですからまずはお部屋の防音対策をするとよいですね。

簡単にできる防音対策として、「家具の配置を変えて防音効果を高める」方法がおすすめです。アパートは壁が薄く、声や音が壁を伝って漏れていきます。壁から伝わる音を軽減するために、できるだけ隣の部屋と接している壁に家具を配置してみましょう。

ポイントは、高さのある家具を優先的に壁側に配置することです。家具で壁を厚くするというイメージですね。

高さのある家具が少なくて効果が出るか不安な場合は、吸音ボードを壁と家具の間に挟んで設置するのもおすすめです。

赤ちゃんの寝る場所を移動してみよう

ベビーベッドやベビー布団の位置も見直しをしてみましょう。

音や声は壁を伝って漏れていきます。赤ちゃんが寝る場所が隣家に接する壁側にある場合は、場所を変えるだけでも音漏れ防止に繋がりますよ。

赤ちゃんの寝る場所を壁側に寄せたい場合には、隣家と接している壁側ではなく、自宅のほかの部屋との隣接している壁に移動させるとよいですね。

また窓からも音や声が漏れやすいので、赤ちゃんの寝る場所は大きな窓のある部屋や、窓の近くからは避けて設置するのもポイントです。

間取りや家具の配置などで、やむをえず大きな窓のある部屋や窓の近く、隣家と接している壁側に赤ちゃんの寝る場所を配置する場合には、防音対策グッズを取り入れてみるのもよいですね。

音漏れを減らしてくれる防音対策グッズとは

隙間からの音漏れが激減する隙間テープ

ここでは賃貸物件でも可能な防音対策の方法をご紹介していきます。赤ちゃんが過ごすお部屋の防音対策に役立ててみてくださいね。

窓に近い位置やベランダに面している大きな窓がある部屋に、赤ちゃんの寝る場所を配置する場合は、窓からの音漏れに注意を払っておきたいですね。窓からの音漏れを防ぐ方法として簡単に取り入れられるのが「隙間テープで隙間を塞ぐ」という方法です。

窓と窓枠のわずかな隙間に隙間テープを貼り付ければ、音漏れを防ぐことができます。隙間テープは100円ショップで購入できるスポンジタイプの物でもOKですが、防音効果と耐久性を重視したい場合はホームセンターやネットで購入できる「防音用の隙間テープ」を使用すると、より防音効果が高まります。

防音カーテンで音を漏らさない

窓の防音対策として、「防音効果のあるカーテンを取り付ける」のもおすすめです。防音カーテンは生地に特殊な加工を施して空気の流れを遮ることで、高音域の音を遮ったり吸収したりする効果を持っています。

赤ちゃんの泣き声は高音域に属していますから、防音カーテンを取り付けることで泣き声が窓から漏れるのを防ぐことができますよ。

防音カーテンの取り付けは、「厚みのあるタイプ」「窓枠をしっかりと覆うことができるサイズ」という二つのポイントを重視しておきましょう。防音カーテンの取り付けにプラスして、カーテンボックスを取り付けると防音効果がUPするのでおすすめです。

防音カーテンの内側にレースのカーテンを取り付けて2重にするのも、防音効果UPに繋がります。

簡単に設置できて効果が高い防音壁

アパートの築年数や構造によっては、壁が薄くて音が漏れ伝わりやすいという場合もありますね。窓枠の隙間を塞ぐ、防音カーテンを取り付けているという対策だけでは心細いこともあると思いますので、壁の防音効果を上げるグッズもご紹介しておきましょう。

賃貸物件でも取り付け可能な防音壁として人気の「ワンタッチ防音壁」がおすすめです。取り付けにはジョイナーと両面テープを使用するので壁に穴を空ける必要はありませんし、壁と家具の間に立てかけるだけでもOKです。

防音シートを高密度吸音材で挟み込んだシートが壁から伝わる音を吸収・遮断してくれます。シートの厚みは50mmあり、サイズは900mm四方なので壁一面を覆うのも簡単です。カラーや表面の素材を選ぶこともできますよ。

赤ちゃんの夜泣き対策に効果的なグッズとは

つつまれて安心して眠れる「ブランケット」

赤ちゃんの夜泣きは仕方がないことですが、体力面だけでなく「泣き声が漏れていたらどうしよう」という精神的な負担もあると思います。そんなときには、赤ちゃんの夜泣き対策に効果的なグッズを使ってみるのもよいと思います。

赤ちゃんの寝ぐずりや夜泣きを軽減するために、「ブランケット」を活用してみるのもおすすめです。赤ちゃんは手足を適度に固定してあげると、ママのお腹にいるように感じて安心します。タオルやおくるみを使って「おひな巻き」をしてあげるのもよいですよ。

「ミラクルブランケット」もおすすめです。特許取得のアームフラップが赤ちゃんの両腕を適度に固定して安心感を与えてくれます。簡単に巻き付けられる形状になっているので、ママが巻き方に苦労することもありません。

昼間のぐずぐず泣きにも効く「クマイリー」

夜泣きに加えて、昼間にもぐずり泣きが多い赤ちゃんには、「クマイリー」というグッズがおすすめです。

クマイリーは赤ちゃんのぐずり泣きに効果のある音や音楽、赤ちゃんが反応する効果音などを研究し「赤ちゃんが落ち着く楽曲・入眠しやすくなる効果音・録音機能」を搭載した育児グッズで、クマのぬいぐるみの内部に音ユニットが入っています。

夜泣きはもちろん、日中のぐずり対策や、お出かけにも持って行けるサイズなので、一日のうちに何度も活躍してくれます。実際に「赤ちゃんがぐずったときにスイッチを入れるだけで、赤ちゃんが落ち着いてぐずりが解消した!」という実感を持つママが多く、口コミが広がって、人気になっていますよ。

寝かしつけが楽になる「プロジェクター」

夜泣きの悩みと同じくらい多いのが「寝ぐずり」です。赤ちゃんがなかなか寝付かず、長時間の抱っこになってしまう状況に困っているママもたくさんいますね。そんなときには寝かしつけが楽になる育児グッズもおすすめです。

寝かしつけには赤ちゃんが安心する音楽やそのほかの効果を利用してみましょう。特に人気の入眠グッズは「プロジェクター」です。優しい音楽とともに、天井や壁に優しい光の演出をしてくれる育児グッズです。

赤ちゃんから幼児まで長期間使用できると人気なのは「my Baby Soundspa Lullaby」という商品です。3曲の子守唄(英語)、3種類のプロジェクター画像、3種類のリラックスサウンド、15~60分のタイマー機能が搭載されています。

まとめ

夜泣きなどの声でご近所から苦情が発生してしまったら、まずは「苦情元のお宅へのお詫び」をして、それからできる限りの防音対策をして住環境を整えていきましょう。同時にママが必要だと感じる育児グッズなども積極的に取り入れて行くとよいですね。

ママ1人で悩まず、パパに協力してもらいながら対策をして行くようにしてくださいね。

対策に困ったときには、先輩ママや育児支援センターなどで相談してみるのも、よいアドバイスをもらえることがあるのでおすすめですよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR