就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

アパートのお風呂は難関がいっぱい!赤ちゃんを上手に入れる方法

アパートのお風呂は難関がいっぱい!赤ちゃんを上手に入れる方法

赤ちゃんの育児をしている家庭のなかには、現在アパートに住んでいる方もいるでしょう。アパートのお風呂は一軒家やマンションに比べると狭いため、赤ちゃんをお風呂に入れづらいと感じる方も多いですよね。ここでは、アパート住まいのパパやママが、赤ちゃんとのお風呂タイムを快適に過ごせる工夫を見ていきましょう。

洗い場が狭いお風呂に赤ちゃんを入れるコツ

お湯を浅く張り見守りつつママが体を洗う

アパートによっては、「お風呂の洗い場が大人1人でも窮屈なくらいのスペースしかない」「洗い場がとにかく狭く赤ちゃんと一緒に座れない」など、洗い場が狭いことで赤ちゃんとどのようにお風呂に入ればよいのか悩んでいる方もいるでしょう。赤ちゃんをずっと抱っこしたままでは、なにかとママも大変ですよね。

洗い場が狭いアパートの方は、湯船にお湯を浅く張って赤ちゃんを湯船に座らせて待たせましょう。湯船に浅くお湯を張ることで赤ちゃんが溺れる心配が少なくなるだけでなく、赤ちゃんの体を温めることができてよいですよ。

ひとりで座れない赤ちゃんは、ベビーバスチェアを活用すると便利です。湯船に赤ちゃんがいるとママが洗う間も見守ることができるので安全ですよね。

赤ちゃんを脱衣所に待機させておく

湯船で待たせる以外では、脱衣所で赤ちゃんを待たせている先輩ママたちが多いようです。脱衣所はお風呂場のすぐ近くなので、赤ちゃんの様子をすぐに確認できる、声掛けがしやすい、ママが洗ったあとにすぐに赤ちゃんをお風呂に入れられるなど、ママがひとりでお風呂に入れるときは安心して見守ることができますよね。

脱衣所で待たせるときは、脱衣所が寒くないか(暑くないか)や周りに危険なものがないかなどをあらかじめチェックしておきましょう。ねんねの時期の赤ちゃんには、脱衣所に座布団やマットを敷いて寝かせるとよいですよ。

ハイハイができるようになると勝手にどこかに行く可能性があるため、ベビーチェアに座らせるかベビーゲートを置きましょう。

ベビーバスやたらいを活用する

お風呂場が狭いと、ママと赤ちゃんの2人でも一緒に入るのが難しいですよね。「お風呂の洗い場だけでなく湯船も狭いので、赤ちゃんと一緒に入れない」と悩んでいる方は、ベビーバスやたらいを活用してみてはいかがでしょうか。

ベビーバスやたらいがあると湯船の代わりになるため、お風呂場以外の場所で赤ちゃんの入浴ができますよね。リビングや脱衣所で赤ちゃんをお風呂に入れる場合は、フローリングの上にビニールシートを敷いておくと床が濡れずに済みますよ。

ベビーバスやたらいを活用すると、赤ちゃんとママは別の時間に入ることになります。ママは赤ちゃんのお昼寝中にお風呂に入る、赤ちゃんは寝かしつけの2~3時間前頃に入れるなど、工夫するとスムーズに済みますよ。

ユニットバスの場合はどうやって入れる?

トイレ側のスペースで体を洗ってから入る

アパートに住んでいる方のなかには、ユニットバスの家庭もあるでしょう。ユニットバスの場合は洗い場がほとんどないため、赤ちゃんとの入浴をどうすればよいのか悩みますよね。

ユニットバスの場合は、まずトイレ側のスペースでママと赤ちゃんの体を洗ってから湯船に浸かるようにしましょう。トイレ側のスペースで洗うとトイレが濡れる可能性が高いですが、お風呂から上がったあとにバスタオルなどで拭くとよいですよ。

ユニットバスだと、バスチェアを置くスペースがないところも多いですよね。赤ちゃんを抱っこしたまましゃがんで洗うのは大変なので、便座のフタを閉めてその上にママが座り赤ちゃんを洗うと、楽に洗うことができますよ。

一緒に湯船のなかで体を洗う

ユニットバスのアパートに住んでいる方でも「トイレ側のスペースで洗うのは嫌」「トイレ側で洗うと水でびちゃびちゃになって大変」というママもいるかもしれませんね。そのような方は湯船で体を温めたあとに、湯船のなかで赤ちゃんと一緒に体を洗うとよいでしょう。

湯船のなかで体を洗うときは、溜めているお湯を腰辺りまで減らすと赤ちゃんやママの体が洗いやすくなりますよ。少しお湯が溜まっていると、体を洗っているときも湯冷めする心配が少なく済みますよね。

一緒にお湯のなかで体を洗い流したあとは、手早くお風呂掃除まで済ませておくのもおすすめです。自分や赤ちゃんの体を洗ったあとにお風呂掃除までできると、翌日に掃除する手間が省けてよいですよ。

マットなどを使い洗面所で沐浴する

ユニットバスだとお風呂の洗い場のスペースがほとんどないため、赤ちゃんと一緒に入浴するのは難しいと感じているママも多いでしょう。無理やり一緒に入ってもスムーズに入浴できないと、余計に時間がかかったり手間が増えたりして大変ですよね。

一緒に入るのが厳しいと感じている方は、沐浴マットなどを活用して洗面台で赤ちゃんの沐浴をしてみてはいかがでしょうか。洗面台はひんやりと冷たいため、赤ちゃんが沐浴のときに洗面台に直接ふれると冷たさにびっくりして泣くことがあります。沐浴マットを使うとやわらかなマットの上に赤ちゃんを寝かせられるので安心ですよ。

マットだとベビーバスのように場所を取らず折り畳めるので、収納も楽にできてよいですよね。

赤ちゃんをお風呂に入れるときの便利グッズ

2人目以降の赤ちゃんに便利!バスチェア

アパート住まいの方が赤ちゃんと一緒にお風呂に入るとき、子どもが1人だとなんとか大丈夫だったことでも、子どもが2人以上になるとさらに大変ですよね。ママがひとりでお風呂に入れる場合は、2人目以降の赤ちゃんにバスチェアを活用すると便利ですよ。

アパートはお風呂場が狭いところが多く、子どもが2人以上になると全員で入浴するのが難しいですよね。子どもを順番にお風呂に入れるときに下の子をバスチェアに座らせておくと、勝手に移動することがないため安心して上の子をお風呂に入れられるでしょう。

とくに、子どもの年齢差が少ない家庭だと子ども全員に手がかかるため、お風呂タイムは本当に大変です。1人でもバスチェアで大人しく待ってくれていると、ママの負担も軽くなりますよね。

泳ぐ姿がカワイイ!スイマーバ

スイマーバは、SNSなどで人気が高まった商品の一つです。こちらの商品を使うと赤ちゃんだけでお湯にプカプカと浮かぶことができるため、ママが抱っこしなくても赤ちゃんが入浴できてよいですね。

首のあたりに浮き輪を付けてプカプカとお湯のなかで浮いている姿は、かわいいとしかいいようがありません。手足をバタバタさせて泳ぐ子もいれば、脱力したように気持ちよく浮いている子もいるなど、赤ちゃんが湯船のなかで自由に遊べますよ。

スイマーバを使っているところは写真に撮るとかわいいので、赤ちゃんのときの思い出に撮影するのもよいですね。リラックスしている赤ちゃんの姿に、パパやママまで癒やされること間違いなしでしょう。

お風呂でも抱っこ!ベビーバススリング

赤ちゃんのなかには水が苦手、お風呂が怖いなど、お風呂に入るのが嫌で大泣きする子も多いです。入浴は毎日のことなので、お風呂に入ろうとするたびに泣かれるとママも疲れますよね。

そのようなときにおすすめのグッズが、ベビーバススリングです。ベビーバススリングは入浴中もママが赤ちゃんを抱っこしたまま過ごせます。ママと赤ちゃんのお肌が常に密着しているので、水が苦手な子でも安心していられることでしょう。

ベビーバススリングを活用すると、お風呂のなかでもママの両手が空きますよね。両手が空くことで赤ちゃんの体や自分の体をしっかり洗えるので、手の届きにくいところや髪の毛なども洗いやすいですよ。また、両手が空くと手早く入浴を済ませられてよいですね。

まとめ

アパートで暮らしているパパやママは、赤ちゃんが生まれるとお風呂場の狭さに苦労することがあるかもしれません。赤ちゃんが1人増えただけでも入浴にかかる時間や手間がかなり増えるため、狭いアパートのお風呂では赤ちゃんとどうお風呂に入るのか悩みますよね。

アパートのお風呂の広さなどに合わせて、赤ちゃんとの入浴方法を工夫するとよいでしょう。一緒に入るのが難しい場合は、ベビーバスや洗面台などを活用して別々に入浴する方法も考えてみてくださいね。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj