就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代の主婦は生きがいを見失いがち!身近な発見から充実した生活を

30代の主婦は生きがいを見失いがち!身近な発見から充実した生活を

ママになると生活の中心が子どもになりますよね。子どものお世話に追われていて自分の時間を持つことが難しかったり、毎日同じことの繰り返しで変化がなかったりして、生きがいを見失ってしまうママも多いそうです。この記事では、生きがいを見つける方法や充実した生活を送るためのヒントをご紹介します。

30代の主婦が生きがいを感じられない理由

毎日同じことの繰り返しで変化がない

子育て中のママの多くが感じる悩みの一つに、「毎日同じことの繰り返しで変化がない」ということが挙げられます。

専業主婦ママの場合は、子育てや家事を中心とした生活となるため、パパや子ども以外の人と接する機会が少なくなりますよね。子どもの生活リズムを整えるために毎日決まった時間に食事をしたり、子育ての合間に家事をこなしたりするので、どうしても日々の生活が単調になりがちです。

これは働いているママも同じですよね。職場と家庭を往復し、仕事と家事や子育ての両立に追われていると、日々の生活をこなすことが自然とルーティンとなってしまいます。毎日同じことを繰り返していると日常に変化を感じられず、生きがいを見失ってしまうそうですよ。

子育て中で趣味にあてる時間やお金がない

子育て中のママは、子どもを軸とした生活を送っていますよね。子どもが小さければ小さいほどママのお世話が必要であり、そのためスムーズに物事が進まないことが大半です。1日の予定を立てていても、思うようにこなせないことも多いでしょう。

子どもと離れて自由な時間を過ごしたいと考えていても、現実的に厳しいこともありますよね。子どもとの時間を重視するあまり、自分の趣味にあてる時間やお金がないママもいるでしょう。

自分の趣味や気持ちを我慢して生活していると、どうしても生きがいを感じられなくなってしまうそうです。子どもが小さい間だけだと割り切っていても、実際に趣味にあてる時間やお金がないとなかなか気分転換ができず、現状に不満を溜めてしまうこともあるでしょう。

様々な出来事に対して否定的になっている

生きがいを感じられないと考える方は、様々な出来事に対して否定的になっていることが多いようです。人生は思いどおりに行くことは珍しく、小さいころに思い描いていたどおりの生活を送ることができる人の方が稀です。

ママの気持ちを切り替えるために、たまにであれば愚痴をこぼしたり不満を言ったりしてもかまいません。しかし常日ごろから不平不満を繰り返していて、何ごとにも否定的になってしまっている場合は注意が必要ですよ。

生きがいを持っている人は基本的にポジティブです。自分の思いどおりに物事が進まなくても、どうにかよい方向へ切り替えようとします。否定的になっているだけでは解決に導くことができないと、本能的に分かっているのかもしれませんね。

生きがいができることによるメリットとは

いつでも明るくポジティブな気分に

そもそも生きがいとは何でしょうか。生きがいとは人生の価値や生きている意味のことを指し、人によって異なります。生きがいは必ずしも必要なものではありませんが、生きがいを持つメリットにいつでも明るくポジティブな気分になるということが挙げられます。

アメリカのとある調査では「人生をポジティブに捉えている人は、そうでない人に比べて長生きする」という結果が出ているそうです。自分の人生に目的を持つことで生きる意味を見出し、健康や長寿に繋がるといわれていますよ。

小さなことでも幸せを感じることができたり、自分らしく生きたりすると、子育て中のママであっても生きがいを感じられるようになるかもしれません。まずはポジティブに過ごすことを目標にしてはいかがでしょうか。

ストレスを解消してリフレッシュできる

生きがいを感じられない人の特徴には、諦めが早かったり、どんなことに対してもネガティブであったりすることが挙げられます。生きがいができるとストレスが解消されるだけではなく、リフレッシュすることも可能ですよ。

ママの身近な人でも芸能人でもよいので、自分の趣味を極めている方を想像してみてください。どの方も自分の好きなことに没頭して、イキイキして人生を楽しんでいると思いませんか。実際に趣味を持っている方は、そうでない方と比べるとのびのびと暮らしていることが多いです。

趣味を持つとストレスが解消されますし、嫌なことがあってもリフレッシュができるので、気持ちの切り替えがしやすくなるでしょう。自分の好きなことをしていれば、時間もあっという間に過ぎますよ。

交友関係が広がり環境が変わることも

どのようにして生きがいを見つければよいのか悩んでいるママもいますよね。生きがいとは周囲の人から客観的に判断されるものではなく、ママ自身が楽しんで生きる手助けをするものです。生きがいが見つからない場合は、趣味や習い事を始めるとよいでしょう。

趣味の教室や習い事に通うと、同じ目的を持った方たちと同じ時間を共有することになりますよね。普段とは異なる環境のなかで、新しい交友関係が生まれるかもしれません。以前に習っていたことがあるものや、ママになってから新たに始めるものでもかまいません。

最近はヨガやピラティスなどの教室が子育て中のママに人気なようです。ゆったりと体を動かしながら、心も体もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

主婦が子育て中に生きがいを発見する方法

本屋に行って色々なジャンルの本を見てみる

生きがいの見つけ方が分からない場合は、本屋に行くとよいですよ。生きがいがないママの場合は何に対してもやる気が起きないことが多く、なかなか行動に移せないこともあるでしょう。本屋には幅広いジャンルの本がありますので、魅力を感じる本に出会えるかもしれませんよ。

多くの本屋では、ジャンルごとに本が仕分けられていますよね。お料理やダイエット関連、ハンドメイドなど様々なジャンルにさっと目を通してみましょう。そのなかで気になるものがあれば、ひととおり読んでみます。すらすらと読むことができたなら、ママにぴったりの本だといえるでしょう。

本には著者のアイデアが詰まっています。自分に合った本を探して、新たな生きがいを見つけるヒントにしてみてはいかがでしょうか。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC