就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児のクレヨン遊び!幼児期のクレヨン遊びで知っておきたいこと

1歳児のクレヨン遊び!幼児期のクレヨン遊びで知っておきたいこと

小さい子どもにお絵かきをさせる、したいというときに与える筆記具は、色鉛筆やマジックではなく、多くの家庭ではクレヨンですよね。小さい子のお絵かきといえばクレヨンというのは、保育園や幼稚園でも続くことだと思います。それでは、1歳の子どもにはどんなものが適しているか見てみましょう。

幼児期の安全なクレヨンの必要性と選び方

幼児はクレヨンを食べることがある

赤ちゃんや子どもが、誤って食べ物以外のものを飲みこんでしまうことを誤飲といいます。この言葉は、母子手帳や小児科でも聞いたことがあるでしょう。誤飲は、病院への電話相談で病気・怪我に次ぎ、多い相談です。

クレヨンに限らず小さい子どもは、なんでも口に入れてしまいます。その度に、肝を冷やすこともあるでしょう。口に入れただけ、口の周りについているだけなら取り出したり、拭いたりすることで対処できます。

一方、子どもがクレヨンを飲み込んだことに気づいたら、驚き慌ててしまうかもしれません。しかし、慌てていても適切な処置はできませんので、そのときにどのように対処すればよいか、次に書きますので、参考にしてみてください。

もしもクレヨンを食べてしまったら?

まず、口の中に指を入れて確認し、残っていれば取り出してください。まだ飲み込んでいないときは、驚かせて飲み込んでしまわないように優しく声を掛けてください。

取り出したあとは、うがいができるなら、うがいをさせるようにしましょう。うがいをすることで、取り切れなかったものも取れるかもしれません。

クレヨンは、少量であれば問題がありません。ただ、咳き込んでいたり、息苦しそうにしていたりする場合は、クレヨンが気道に入り込んでいるかもしれませんので、速やかに医療機関を受診してください。

また、判断に困るときは、大阪中毒100番(072-727-2499)または、つくば中毒110番(029-852-9999)へ電話してください。

幼児期におすすめのクレヨンの選び方

幼児用のクレヨンとして求めるものは、素材が安全なもの、すぐに落とせるもの、握りやすく書きやすいものではないでしょうか。

安全性重視のクレヨン素材では、蜜ろうや野菜と米からできているものがあります。メーカーにより細かな原材料は違いますが、ニュージーランド産の蜜ろう100%のものや、日本製では、蜜ろうに天然由来の精油で作られているものがあります。

水で落とすことができるクレヨンも、数種類作られています。また、口に入れると苦みを感じるため、何度も口に入れるのを防ぐように作られているものもあります。

握りやすい形状としては、三角形、ブロックタイプ、持ち手が丸くて小さく力のない赤ちゃんでも書きやすいものなどがあります。

手先の発達にもいい?!クレヨンでお絵描き

クレヨンでのお絵描きはいつから?

子どもによって、興味を持つ年齢は違っています。同じ乳幼児教室に参加しても、クレヨンやお絵描きに興味を示して喜んで描く子もいれば、ほとんど興味を示さない子もいます。

そのことからも、お絵描きを始める時期はいつかとは一概にいえません。でも、一度はクレヨンなどを持たせてみないと、興味があるのかどうか分かりませんよね。

入園してから興味を示す子、入園してからも保育時間しかお絵描きをしない子など、さまざまです。ほかの子は楽しそうにお絵描きをしているのに、自分の子だけ興味を示さないと不安になるママもいるかもしれません。

しかし、それも個性です。小さいころは興味がなさそうだった子が、小学生になってから興味を示す場合もあるのです。

幼児のクレヨン遊びで気をつけること

クレヨンなどのお絵描き遊びをするときに気をつけることは、誤って口に入れても安全なものを選ぶこと、大きめの紙、模造紙、包装紙、カレンダーなどを用意することです。

また子どもは、思い掛けないところに落書きをしてしまうものです。どこに描かれてもそれは成長なのでOKというパパ・ママでない限り、とても困るでしょう。ある程度の年齢になれば、「ここに描いてはだめだよ」と注意を促すことで落書きを減らすことができるでしょうが、低年齢だとそういうわけにはいきません。

それを回避するには、親がついて一緒にお絵描きをするとき以外は、手の届かない場所に筆記具を置いておきます。クレヨンだけでなく、ボールペンやマジック、鉛筆などのすべてです。

幼児のクレヨンの持ち方について

1歳の頃はスプーンもそうですが、クレヨンも握り持ちになります。まだ握力も筆圧も強いわけではありませんから、太めの握りやすい柔らかめのクレヨンを用意しましょう。

握ったクレヨンで、紙にトントンと叩いてみたり、好きなようにグルグル描いてみたり、迷路のようにぐちゃぐちゃに描いたりします。固いクレヨンだと筆圧が必要となりますので、もし購入したものが固めの場合や、持ちにくそうな形状のときは、違うクレヨンも検討してみてください。

このころは、好きなように描くことが重要です。そうるすことで、自然と絵を描くことに興味を示し始める子も出てきます。もし、あまり興味を示さず、すぐにやめてしまったり、飽きてしまったりしても、気長に待ちましょう。

黒ばかりの絵で大丈夫?幼児期の絵について

絵でわかる子どもの心理状態や注意点

1歳くらいの子は、絵で表現はしませんのでどちらかといえば色使いなどが気になるのではないでしょうか。そこで、一般的にいわれる色が表す心理状況をご紹介します。

赤色は、エネルギーのある状態を示し、元気で活動的かもしれません。ピンクは、幸せなときが多いようです。青系でも水色のときは、爽やかな気分のとき、または寂しさがあるとき、青色は、集中力があるときでしょう。

緑色は、安定や調和、リラックスしたいときです。黄色は、パパやママが好きでもっと甘えさせてという欲求が表れるときのようです。黒色の恐怖や不安を表しているというのは、有名ですね。

もう少し大きくなってくると、背景や空の色、丸い線、ギザギザの線、直線かなどでも判断ができるようです。

幼児期の黒い絵にはこんな理由もある

先ほど、「黒色は恐怖や不安を表している」と書きましたが、心配なことだけではないようです。

まず、単純に黒色が好きという理由の子どももいます。その場合は、ただ単に、好きな色を使って塗りつぶしているだけなので、問題ありません。また、ママが黒系の服を好んでいると、大好きなママの色として好きな色の認識で使うこともあるようです。

また、黒で塗りつぶすことによって、ストレスを発散させていることもあります。赤ちゃんや子どもは、うまく言葉で表現ができませんから、泣くことで自分の感情を表したりします。それと同じことなのだそうです。

しかし、ママの顔を黒く塗りつぶすという場合は、なんらかの問題がある場合もあるようです。

声かけをして自由にお絵描きを楽しもう

小さい子は、ママが一緒に描いたり、クレヨンや紙などの使い方を教えたりすることで、こんな風にすると色が出て、なにか形が描けるのだと認識していきます。

筆記用具は、子どもの手の届かない場所へ置くようにと書きましたが、置き場所を管理するイコールお絵描きをする時間や場所も管理できるということです。まだ小さいうちは、紙とクレヨンだけを与えて「自由に描いてね」というだけでなく、ママが隣にいて描くのを見守ってください。

できるだけ大きな紙を用意することで、ママも一緒に楽しみながらお絵描きできますし、そばにいることで、誤飲も防げます。また。描いているものを見ながら「これはなに?」と聞くことでコミュニケーションがとれるのではないでしょうか。

まとめ

個人差はあっても、絵を描いたり、色を塗ったりすることに興味をもつ時期がきます。絵を描くことに興味を示さなかったけれど、塗り絵には興味がある子もいます。

クレヨンでのお絵描きは好きではないけれど、色鉛筆や色ペンのお絵描きは好きということもあります。あまり悩まず、気長に待ってみましょう。

幼稚園に行って自分は絵が下手と思い、描くのが嫌いになる子もいますが、そういう子も思い掛けず上手に描けて、自分でも満足して周りからも「上手になったね!」と褒められると、急にお絵描き好きになることもありますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018