就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと一緒に楽しむ!産後ママのためのバレエエクササイズ

赤ちゃんと一緒に楽しむ!産後ママのためのバレエエクササイズ

産後、エクササイズを始めようと思っても赤ちゃんのお世話を考えると、なかなかひとりでジムやスタジオに通えませんよね。家でエクササイズをしようと張り切っても、赤ちゃんに邪魔されてできないこともあります。そこで、バレエ歴35年のママが、赤ちゃんと一緒に自宅でできる簡単バレエエクササイズをご紹介します。

海外発祥のベビーウェアリングバレエとは?

赤ちゃんを抱っこしたままエクササイズ

産後のママがエクササイズをしてダイエットしたい、体型を戻したい、体を動かしてリフレッシュしたい!と思うのは世界共通のことのようです。私自身、産後すぐにバレエを再開したかったけれど、赤ちゃんと一緒の生活ではなかなか思うようにできませんでした。

そこで、赤ちゃんを抱っこしながらエクササイズををすることにしましたが、なんとこれが海外ではやっている「ベビーウェアリングワークアウト」というものでした。ベビーウェアリングワークアウトにはヨガやダンス、もちろんバレエなどもあり、海外ではたくさんのママたちが汗を流しているようです。

日本ではまだなじみがないものですが、赤ちゃんと一緒に楽しくエクササイズができますよ!

音楽をかけて心もリラックスしよう

赤ちゃんと一緒にバレエというと「本当にできるの?」と疑問が湧くかもしれません。なぜなら、バレエは飛んだり回ったり、激しいダンスを想像し、優雅だけど厳格で難しいイメージを持つ人も少なくないからです。

しかし、バレエには基礎レッスンというものがあり、激しく動く前にまずは正しい姿勢や立ち方を整える訓練をします。そのため、大きな動きは必要なく、ゆったりとした動作でインナーマッスルを鍛えることができます。

さらに、バレエに欠かせない音楽も赤ちゃんとのエクササイズに最適です。普段は聞かないクラシック音楽を使って、優雅にエクササイズをすれば赤ちゃんもリラックスでき、ママにとっても心地よい時間になるはずです。

初めてでも簡単!バレエエクササイズ

バレエの基礎知識「ターンアウト」を意識

エクササイズを始める前に、バレエの基本的なことを学んでおきましょう。バレエはつま先を開いて立つのをご存知でしょうか?これはターンアウト(アンディオール)といって、バレエの動きの基本となる大事な部分です。

つま先だけを開いているように見えても、実は股関節からお尻の筋肉を使って外へ外へと回る力が働いています。ターンアウトとは外旋という意味で、脚を動かすときは常にこのターンアウトを意識します。

ちょっと難しいかもしれませんが、足を肩幅くらいに開いたら膣またはお尻の穴をキューッと小さく、中に巻き込まれていくような感覚で太もも、膝、ふくらはぎを外に回していきます。最終的につま先が開けば正解です。

この意識を維持するだけでもよいエクササイズになります。

バレエのスクワット「プリエ」をしてみよう

赤ちゃんを抱っこ紐で抱えたら、プリエをしてみましょう。プリエは膝を曲げる動作ですが、よく見るスクワットと違い上半身をまっすぐ下ろすのが特徴です。赤ちゃんもママと一緒に垂直に下がっているように注意してみましょう。

このとき、骨盤が前傾していたり後傾しているとうまくいきません。つま先の方向に膝を開きながらゆっくり曲げ、足と足の真ん中にお尻の穴が落ちていくようなイメージを持ってみてくださいね。

【1】背筋を伸ばして立ち、肩幅に足を開きつま先を少し開く

【2】音楽に合わせて、またはゆっくり4カウントで膝をつま先方向に曲げていく

【3】4カウントで膝を伸ばし、さらにお尻を小さく、上に伸びていく感覚で立ち上がる

まずは4セットを目標にしましょう。

24 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版