就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産内祝いのメッセージを贈るときのポイント!相手別文例集や注意点

出産内祝いのメッセージを贈るときのポイント!相手別文例集や注意点

赤ちゃんが生まれると、親しい人からお祝いをいただくこともありますね。出産内祝いで感謝の気持ちを伝えたいと思っても、どんなメッセージを添えればよいか迷ってしまうことも多いでしょう。この記事では、出産内祝いのメッセージを贈るときのポイントや注意点、相手別の文例集を紹介します。

出産内祝いメッセージを贈るときのポイント

ショッピングサイトで選ぶのも有り!

出産内祝いにメッセージを添えたいと思っても、産後はカードをお店まで選びに行く時間がとれない場合もありますね。また、手書きのお礼は字のきれいさに自信がないため控えたいと思うママも多いかもしれません。

出産内祝いを扱っているショッピングサイトなら、贈り物に内祝いにぴったりのかわいいメッセージカードを同封してもらうことができます。ネット注文なら、育児のあいまに品物を選べるので便利ですね。

ゼクシィ内祝いは約150種類ものメッセージカードがあり、赤ちゃんの写真やお礼のメッセージをいれることができます。そのほか、高島屋や東急百貨店などデパートのショッピングサイトは高級感や安心感があるため大切な人への贈り物におすすめです。

目上の人には「お礼状」を書こう

親しい友達や同僚なら、出産内祝いにメッセージカードをいれて、感謝の気持ちを伝えてもよいかもしれませんが、会社の上司など目上の人には出産内祝いの品物を贈る前に、お礼状を出すことをおすすめします。

そもそも出産内祝いはお祝いをもらったかどうかにかかわらず、赤ちゃんが生まれた報告として贈るものです。そのため目上の人からお祝いをいただいたら、3日以内を目安にお礼状を出し、改めて出産内祝いを贈るほうがよいでしょう。

お礼状は、赤ちゃんをイメージさせるような優しい色合いの便箋と封筒に手書きのメッセージが好ましいのですが、どうしても長い文章が苦手だという人は、かわいい絵柄のはがきにお礼のメッセージを書いて送るのも一つの方法です。

メッセージにいれたい内容とは?

メッセージカードやお礼状で相手に伝えたいことがあっても、どのような言葉が適切なのか悩んでしまう場合もありますよね。出産をお祝いしてくれた人へ感謝を伝えられるメッセージにいれたい内容は次の4点です。

・出産祝いとしていただいた贈り物へのお礼や感謝の気持ち
・赤ちゃんが生まれた日や名前を書き、名づけた由来や性別
・赤ちゃんが生まれたときのエピソードや産後の生活の様子
・これからも変わらないおつきあいをお願いする言葉や相手を気づかう内容

赤ちゃんが生まれた日や名前、由来などは、赤ちゃんの顔と名前を覚えてもらうために、赤ちゃんの写真近くに記載するのもよいですね。マナーを守りながら失礼がないような文章を考えましょう。

出産内祝いのメッセージの文例集

友人や同僚、後輩に贈る場合の文例

普段から仲良しの関係なら気どらず親しみやすい、会話をしているようなメッセージがおすすめです。いつもどおりの言葉づかいなら気持ちが伝わりやすいですね。友人や同僚、後輩に贈る場合の文例を紹介しますので参考にしてくださいね。

とっても素敵なお祝いをありがとう!
はじめての子育てに奮闘していますが、楽しく元気に過ごしています。
ささやかながら内祝いを贈らせてもらいましたので、受け取ってくださいね。
近くに来たときは、ぜひ遊びに来てください!
これからも家族3人をよろしくお願いします。

同僚へのメッセージなら、「仕事ではいつも助けてもらって感謝しています!」など職場でお世話になっているお礼や感謝の気持ちもいれるのもよいでしょう。

職場や目上の人へ贈る場合の文例

赤ちゃんが生まれると、職場や目上の人から出産のお祝いをいただくこともありますね。そのようなときには、失礼にならないような内容で感謝の気持ちを伝えることが大切です。どのような言葉がよいか迷ったときは次の例文を参考にしてみてくださいね。

この度は、ご丁寧に出産のお祝いをいただきましてありがとうございました。
おかげさまで母子ともに健康で、毎日にぎやかに過ごしております。
育児は不慣れなことも多く、戸惑うことが多くありますので
今後ともご指導賜りますようお願い申し上げます。
気持ちばかりの内祝いをお送りいたしますので、どうかご笑納ください。

マナーを守って産後の様子を伝え、目上の人に敬意をはらう文章になるよう心がけましょう。

親戚へ贈る場合の文例

赤ちゃんが生まれると、遠方にいる親戚から贈り物が届いたり、わざわざ会いに来てくれたりすることもあるかもしれません。丁寧で親しみのある表現を使って感謝の気持ちを伝えたいですね。親戚へ送る場合の文例を紹介します。

この度は、素敵なお祝いをいただきありがとうございました。
ちょうど購入する予定だったので、とてもうれしく早速使わせていただいています。
おかげさまで母子ともに順調で、家族3人元気に楽しく過ごしております。
はじめての子育てのために、わからないことも多いのですが、
夫婦で力を合わせてがんばっています。
近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。お待ちしています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

出産内祝いのメッセージを贈るときの注意点

「お返し」という表現はさけよう

先にも書いたとおり、出産内祝は出産祝いをいただいたお礼として、贈るイメージが強いかもしれません。しかし出産内祝いとは、本来は生まれた子どもの名前や様子を記して親しい人に贈るものなのです。そのためメッセージに、出産祝いをいただいたことに対してお礼の気持ちは記しても「お返し」という表現はさけるようにしましょう。

出産内祝いを「お返し」ではなく、赤ちゃんが生まれた報告とするために、「〇〇という意味を込めて、〇〇と命名しました」や「20〇〇年〇月〇日生まれで、体重は〇〇〇〇g 身長〇〇cm」など名前の由来や生まれたときの記録を書いておくと、より親しみを感じてもらえるのでおすすめです。

赤ちゃんが生まれて家族が増えることは、夫婦の問題ではなく、家族や親戚、パパやママにかかわりのある人たちにとっても大切なことです。事実上は出産祝いをいただいたお礼を兼ねて贈ることが多いのですが、「家族が増えたので、これからお願いします」という意味を込めて、あえて「お返し」という表現は使わず、報告と感謝のメッセージを送るようにしましょう。

相手の状況や気持ちを考えよう

出産内祝いを贈るときに注意したいことは、相手の状況や気持ちを考えることです。例えば、世の中には赤ちゃんがほしくても授かれない人もいます。赤ちゃんが生まれたからといって、相手の気持ちを考えずに出産内祝いを贈るのはよくありませんね。

赤ちゃんが授かれない人や流産を経験したという人にとって、赤ちゃんの写真つきのメッセージカードはストレスになってしまうかもしれません。また、表面的な関係なら出産内祝いについた赤ちゃんの写真は捨てるに捨てられず迷惑になってしまうかもしれません。

せっかく贈った赤ちゃんの写真を捨てられると思うと、ママの心も痛くなりますね。お互いのために、写真なしのシンプルなメッセージをつけることも一つの方法かもしれません。出産内祝いにメッセージをつけるときは、形式ばかりにこだわらないことが大切といえそうですね。

家族や、赤ちゃんの誕生を喜んでくれる信頼できる人に贈るメッセージは喜びいっぱいでも、表面的なおつきあいの関係なら相手の状況や気持ちを考えて、無難なメッセージを贈るようにしましょう。

まとめ

出産内祝いを贈るときの注意点や文例を紹介しましたがいかがでしたか?出産内祝いは、出産祝いをいただいたお返しとして贈るのではなく、赤ちゃんが生まれ新しい家族が増えたことを報告するために贈るものです。メッセージやお礼状に「お返し」という義務的な表現はさけたほうがよいでしょう。

目上の人からのお祝いは、3日以内にお礼状を出すのがマナーです。大切な人へ贈る出産内祝いは、ショッピングサイトがカードの種類も多くおすすめです。相手の状況や気持ちを考えながら、出産内祝いのメッセージで感謝の気持ちを伝えましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018