就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳児のフォローアップミルクの必要性。卒乳の仕方や必要な栄養素

4歳児のフォローアップミルクの必要性。卒乳の仕方や必要な栄養素

4歳になってもミルクを飲んでいたら早くやめさせるべきでしょうか?「フォローアップミルク」なら飲ませた方がよいのでしょうか?「フォローアップミルク」がどんなミルクなのかをまとめて、「フォローアップミルク」の必要性と、ミルクの卒業の仕方や積極的にとりたい栄養素を紹介します。

フォローアップミルクはいつまで必要?

フォローアップミルクって何?

「フォローアップミルク」とは、食事では摂りきれない栄養を補う目的で飲ませる粉ミルクになります。生まれてからすぐに飲むミルクは、ミルク自体ですべての栄養を摂るものでしたが、「フォローアップミルク」は子どもに不足しがちな栄養が中心に含まれているのです。

脳の働きを助けるDHAに特化したもの、鉄分を中心としたもの、カルシウムやビタミンをバランスよく配合したもの、歯や骨の発達に特化したものなど、色々な種類があります。ママが気になる栄養が入っているものを選ぶことができるのは嬉しいですね。

メーカーでは離乳食が3回になる9カ月ごろから利用をはじめ、3歳頃まで飲むことを奨励しています。あくまでも離乳食をはじめとする食事からとる栄養を補うためのものですから、「フォローアップミルク」でお腹いっぱいになっては本末転倒です。食後に飲むミルクなのです。

哺乳瓶の卒業を意識するためにも、コップ、ストロー、マグカップなどを使って「フォローアップミルク」は飲ませます。少しずつ、ミルクから離乳食へと移行していくためのフォローをするミルクというわけですね。

フォローアップミルクは必要なの?

「フォローアップミルク」は不足しがちな栄養素を補うものになりますので、離乳食や食事で必要な栄養素を補えていれば、飲む必要はありません。ただし、子どもが離乳食をあまり食べてくれない場合や、偏ったものしか食べてくれない場合は、「フォローアップミルク」の利用も検討したほうがよいかもしれません。

1歳を過ぎて卒乳を考えているけれど、ミルクの代わりに牛乳を飲ませることに抵抗がある場合も「フォローアップミルク」は役立つでしょう。あくまでも食事の補助として飲むものですから、子どもの成長と照らし合わせて、自分の子どもに本当に必要なのか判断しましょう。

牛乳よりも甘めで飲みやすいですから、食事が十分食べられるようになっていても、子どもがいつまでも飲みたがるということがあるかもしれません。「フォローアップミルク」は値段が高めですし、栄養を摂りすぎてしまえばかえって体に悪いこともありますから、少しずつほかの飲み物に移行していくほうがよさそうですね。

4歳児ではフォローアップミルクで栄養を補給するのではなく、食事で必要な栄養をとる努力をしたいものです。

家族みんなで目指せ!ミルクを卒業しよう

卒乳の仕方や時期は個人差がある

育児書には卒乳を1歳頃にするのを目指しましょうと書かれていますので、1歳を目指して卒乳を考えるママが多いようです。実際に約5割のママが1歳~1歳6カ月に卒乳させているようです。

しかし、残りの約5割のママは1歳前や、2歳や3歳以上で卒乳させているようで、卒乳の時期については個人差があるようです。子どもによってそれぞれのタイミングがあるということですね。

卒乳の仕方は、母乳とミルクでもやり方が違います。ミルクの卒乳の場合は、3食食べるようになり、コップやマグを使って飲み物を飲めるようになったら卒乳を考えるときといわれています。

ミルクは栄養が豊富なこともあり、眠る前のミルクで虫歯になる可能性が考えられるため、寝る前のミルクを止めることから始めてみましょう。ミルク以外のほかの飲み物を飲ませるようにしたらよいですね。

ミルクの回数を徐々に少なくしていき、離乳食の食べる量を増やすことやおやつを食べさせることで、ミルクは徐々に飲まなくなるでしょう。どのような方法が子どもに合っているか分かりませんので、気長に試してみるのが大切ですね。

家族みんなで食事を楽しもう

子どもがミルクを欲しがらなくなるためには、離乳食をたくさん食べてくれるようになったらよいですよね。離乳食でお腹がいっぱいになれば自然とミルクを欲しがらなくなるでしょう。

子どもに離乳食を食べてもらうためには、子どもが食べたいと感じることが必要ですが、それには離乳食そのものだけでなく周りの環境も影響します。大好きなママやパパがおいしそうに食べていたら、子どもも食べたくなりますよね。

卒乳を考える時期ですから、食事の内容もだいぶ大人と同じような食事をとることができるようになっているでしょう。離乳食を大人の食事から取り分けて作り、家族みんなで同じものを食べれば、子どもは大喜びで食事を食べてくれるでしょう。

大人でも楽しい雰囲気でご飯を食べたら、たくさん食べられますし、おいしく感じるでしょう。子どもも同じことですよ。家族みんなで食卓を囲んで、楽しくご飯を食べましょう。

楽しい食事でお腹いっぱいになればきっとミルクを欲しがらなくなりますよ。離乳食から幼児食へと進むうちにゆっくりと卒乳できればよいので、焦らずに食事を楽しみ、卒乳を目指しましょう。

栄養は食事から!注意して取りたい栄養素

丈夫な骨や歯を作るカルシウム

「子どもの成長は6歳までの食事で決まる」といわれるように、子どもの食事はとても大切です。必要不可欠な栄養素の一つにカルシウムがあります。

カルシウムは、丈夫な骨や歯を作るのに欠かせませんが、血液や筋肉、神経に対しても重要な働きをすることが分かっています。大人になってからも大切な栄養素ですから、積極的にとりたいですね。

カルシウムは乳製品、小魚、豆に多く含まれていますが、野菜でも小松菜や切り干し大根、水菜にも含まれています。できるだけ意識をして食事に取り入れたいですね。

ミルクの代わりに牛乳が飲まれるのも、このカルシウムを摂るためなのです。急速に成長する時期だからこそ十分な量を摂取する必要があるのですね。

体の土台を作るタンパク質

体の土台である筋肉や血液を作るためにはタンパク質が必要になります。タンパク質は体重の1/5をしめているのです。かなりの割合ですね。

タンパク質の中には私たちの体の中で作り出すものと、体の中では作り出せず、食事でしか摂取できないものがあります。そのため、食事でタンパク質を摂取することが大切になるんですね。

子どもの成長に必要なタンパク質は10種類あり、どれか一つでもかけてしまえばバランスが崩れてしまいます。タンパク質は「質」が重要ということになるわけです。

良質なタンパク質を含んでいる食材は、肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などです。これらの食材をバランスよく取り入れた食事を食べるよう努力したいですね。子どもだけでなく、大人にもいえることですよ。

酸素を運ぶヘモグロビンの原料!鉄

私たちの体には血管が全身に通っていますよね。血管の中を流れている血液には鉄が原料のヘモグロビンが含まれていて、体中に酸素を運んでくれているのです。

原料になる鉄は、摂取するのが難しく、消費も激しくされますので、意識して摂取する必要がある栄養素の一つです。鉄には、肉、魚、レバーなど動物性食品に含まれるヘム鉄と、野菜、海藻、大豆など植物性食品に含まれる非ヘム鉄があります。

ヘム鉄の方が体への吸収がよく、非ヘム鉄はビタミンCや動物性たんぱく質と一緒に食べると吸収がよくなりますので、野菜や海藻や大豆と肉や魚や果物と組み合わせるとよいようです。

体への吸収を効率的にするように食事を作り、子どもに必要な栄養素を積極的に摂取しましょう。
22 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC