就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

模様替えは出産前に!赤ちゃんと過ごしやすい部屋作りの準備の仕方

模様替えは出産前に!赤ちゃんと過ごしやすい部屋作りの準備の仕方

赤ちゃんが生まれる前に、部屋の模様替えをして育児スペースを作りましょう!妊娠中は赤ちゃんと過ごすイメージがわかない、どんな部屋が過ごしやすいかわからないというママのために、出産前に模様替えをしたほうがよい理由や、快適な部屋づくりのポイントなどについてお話します。

模様替えを出産前にやるべき理由は?

赤ちゃんがいると作業がしにくい

家の中に育児スペースがあれば、赤ちゃんが生まれても子育てがしやすいものです。ねんね期のころは、育児スペースといってもベビー布団やベビーベッドを置くスペースになりますが、成長すると遊ぶスペースにもなってくるでしょう。

赤ちゃんが生まれたあとでも、部屋の掃除ができるのでは?と思ってしまいますが、部屋を掃除や模様替えをすると、ほこりが舞ったり、家具の移動に大きな音がしたりするので赤ちゃんのストレスになることがあるのです。また、赤ちゃんが成長すると動きが活発になって、家具の移動中にぶつかる危険もあり、模様替えの作業がむずかしくなってしまいます。

妊娠中はお腹が大きく作業しづらいかもしれませんが、まだママ1人の都合で片づけの時間を決めることができます。そのため、模様替えは出産前がスムーズなのです。

妊娠中ならパパとゆっくり話し合う時間を持つこともできます。どんなレイアウトが赤ちゃんと快適に過ごせそうかなど、これから始まる赤ちゃんとの生活をイメージし、ワクワクする気持ちをお互いに伝えあうのも妊娠中の楽しい思い出になりそうですね。

出産後はママの体調が心配

産後はパパや実家の家族に赤ちゃんを見てもらい、その間に模様替えをしようと思っているママもいるかもしれませんね。

しかし、出産は女性にとって一世一代の大仕事です。たとえ安産で痛みが少なかった場合でも、ママの体には大きな負担がかかっているので、ママの体が回復して、もとの生活ができるまでには最低でも1カ月はかかるようです。そのため、産後1カ月は安静にしておいたほうがよいといわれています。

出産で開いた骨盤は少しずつもとに戻ろうとしますが、重いものを持つなど体に負担がかかると回復が遅くなるだけでなく、骨盤が開いたままや歪んでしまうこともあります。模様替えで家具を運んだり長時間作業をしたりすると、すぐに体調の変化は感じられなくても、年をとってから腰痛に悩まされることもあるので控えたほうがよいでしょう。

また、産後は2~3時間おきの授乳やおむつ替えで睡眠不足になりがちです。ママに時間があれば、少しでも身体を休めたいものです。赤ちゃんのお世話をしながら部屋の模様替えをするのは、時間的にも難しいといえそうです。

模様替えをする前に準備するべきことは?

赤ちゃんとどう過ごしたいかを考える

模様替えをする際には、赤ちゃんとどう過ごしたいかを考えてみることが大切です。朝起きたときやお風呂上がりの着替え、授乳、おむつ替え、おもちゃで遊ぶときは、どの配置が赤ちゃんに接しやすく見守りやすいか想像してみましょう。

日中のママは、掃除に洗濯、食事づくりなど赤ちゃんのお世話以外にもたくさんの用事がありますね。そのため、育児スペースは家事をしながら赤ちゃんを見守れる場所を選ぶことがポイントです。

リビングや、キッチンに近い場所など常にママの目が届く場所なら、赤ちゃんがぐずったときでも、すぐに抱っこすることができるでしょう。また、赤ちゃんの様子がいつもと違うときは、近くにいるとその変化にも気づきやすくなるので安心ですね。

家庭によって生活スタイルも違ってきますね。パパの帰りが遅く、帰宅後にリビングでテレビを見たい場合は、昼と夜で赤ちゃんの寝る場所を変えるのも方法です。昼はママが見守りやすいリビングに赤ちゃんのお昼寝スペースを作り、夜はテレビの音が届かない寝室で赤ちゃんを寝かせるようにしてもよいですね。

赤ちゃんグッズで必要なものをリストアップ

赤ちゃんとの生活のために模様替えをするときは、必要な赤ちゃんグッズをリストアップするとイメージがわきやすいものです。早めに購入しても大丈夫なグッズは、購入して模様替えで作った育児スペースにさっそく配置していきましょう。

前にもお話しましたが、生まれたばかりの赤ちゃんは寝て過ごすことが多いため、まずはベビーベッドなどの寝具を準備しましょう。おしっこでシーツに漏れてしまうこともあるので、防水シーツがあれば便利です。

衣類や小物を収納できる場所も確保しましょう。チェストの引き出しを使うか、カラーボックスやカゴをおしゃれにアレンジするのもよいですね。紙おむつは、ストックがあると慌てることがなく安心ですね。箱買いをすると場所をとるため広い収納場所を作っておきましょう。

授乳に必要なものの置場も作りたいですね。キッチンに哺乳瓶を洗ってふせておく場所があれば作業がスムーズです。

マザーズバッグや抱っこひもは種類も多いため、妊娠中にゆっくり考えて購入したいですね。おでかけグッズの場所も準備しておきましょう。

模様替えのチェックポイントはこれ!

赤ちゃんが安全に過ごせるか

赤ちゃんと過ごす育児スペースは、インテリアを楽しみながら、安全で快適に過ごせる環境が作れるとよいですね。インテリアにこだわりすぎて安全性に欠けると、思わぬ事故につながる場合もあるので気をつけましょう。

ねんね期の赤ちゃんは動かないようでも、いつのまにか枕元のおもちゃをたぐり寄せていることがあります。赤ちゃんの枕元におもちゃを置いたり、高い場所から飾っている小物が落ちてきたりしないほうがよいでしょう。

授乳のガーゼやおむつ替えに使ったビニール袋を赤ちゃんの周りに置き忘れてしまい、なにかの拍子にガーゼやビニールが赤ちゃんの口や鼻をふさいでしまうこともあるかもしれません。使ったものは簡単に片づけができる配置にしましょう。

ママの動線を確保できているか

産後のママは、家事と育児に大忙しになります。そこで、家事と育児がスムーズにできるような動線を確保しておきたいものです。前にもお話しましたが、赤ちゃんが泣いていたらすぐに様子を見ることができたり、家事をしながら赤ちゃんをあやすことができたりすれば、忙しい手をわざわざ止めることがなく家事もはかどりますね。

また、赤ちゃんの着替えをする場所の近くに衣類があると無駄な動きがなくスムーズです。また、お風呂上りのケアに使う綿棒や爪切りなどケア用品も、すぐに手が届くところにあれば便利ですね。

おでかけグッズは玄関に近い場所に置けるスペースを作っておくと、赤ちゃんを抱っこして帰宅したときも定位置に置きやすくて片づきますね。

掃除がしやすい環境か

赤ちゃんとの生活が始まると、部屋を清潔に保つことが大切だとわかっていても、まとまって掃除をする時間が取れないこともあるでしょう。

急いで掃除機をかけているときに、家具にぶつかってしまったり、隅に溜まったほこりを吸い取るためにいつも物を移動したりするのは、時間がかかってしまい掃除にストレスを感じてしまうかもしれません。

そのため、できるだけ掃除がしやすいような間取りを考えて、模様替えすることが大切です。デコボコと家具がとびだしていない配置を考えましょう。また、床に物が散らからないような、すっきりした収納を作るとよいですね。

赤ちゃんに掃除機の排気がかからない向きで、掃除ができるかどうかも大切なポイントといえます。

まとめ

子育てのための育児スペースは、妊娠中に模様替えをして作っておくと安心です。赤ちゃんと過ごすイメージがわかない場合は、一日の過ごし方を想像してみるとよいでしょう。

使いやすい育児スペースにするには、ママの動線を考えることがポイントです。ママの目の届きやすい場所に設置すると、家事をしながら赤ちゃんの様子を見ることができるので家事もはかどります。

また、掃除がしやすい間取りにすることも大切です。掃除の負担を減らし、おしゃれで安心な部屋に模様替えして、赤ちゃんとの生活を楽しみましょう!

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018