就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

二人目の子育ての悩み。上の子の接し方やお風呂や寝かしつけの方法

二人目の子育ての悩み。上の子の接し方やお風呂や寝かしつけの方法

家族が増えるのはとても喜ばしいことですが「上の子の赤ちゃん返り」や「お風呂と寝かしつけ」など、スタートから二人目育児の壁に当たり、喜びをじっくりと感じる前に忙しい生活を送ることになります。二人目育児の大半が経験する子育ての悩みの中から、上の子の接し方やお風呂や寝かしつけの方法を詳しくご紹介します。

上の子の赤ちゃん返りが始まって大変!

ママが横取りされた?赤ちゃん返りの原因

赤ちゃんがまだお腹の中にいるときは、パパやママと一緒になって「早く赤ちゃん出てこないかな」といって兄弟が産まれるのを楽しみにしていた上の子も、実際に赤ちゃんが家にやってきた途端に「ママを取られた!嫌だ!」とやきもちを焼くことが多いようです。

赤ちゃんにつきっきりのママの気を引くために、赤ちゃん返りやイヤイヤが始まってしまうのです。叱られたり我慢させられたり、小さなからだでストレスを抱えています。ですので赤ちゃん返りをするのは自然なことです。

とはいえ、赤ちゃん返りとわかっていても、ついイライラしてしまうのは仕方がないことなんですよね。上の子に感情的になってしまって後悔することもあるでしょう。

二人目がいない事を想像して上の子に接する

下の子と比べるとお兄さんやお姉さんに見えますが、もしも下の子がいなければ、上の子だってまだまだ小さな子どもです。甘えるのもわがままをいうのも当たり前の年齢だということを忘れないように接してあげたいものです。

二人の子どものお世話で気持ちに余裕がなくなるときもありますが、そんなときは少しでも気持ちを静めるために、コーヒーやお茶を飲んでみるのもオススメです。授乳中でカフェインが気になるのでしたら、ノンカフェインのコーヒーやハーブティーもあります。

上の子が赤ちゃんのときの写真やホームビデオを見直すのも不思議とイライラが落ち着きます。携帯に保存しておいて、いつでも見られるようにすると便利ですよ。

選択肢を与えて子ども自身に選ばせてあげる

何をいってもイヤイヤと反抗されるときがあります。そんなときは、子ども自身に選択肢を与えて、自分で決めてもらうというやり方をしてみるのがいいと思います。

例えば、着替えを嫌がったら「こっちのお洋服とこっちのお洋服、どっちがいいかな?」と子どもに選ばせてあげると、自分が選んだということに意識が行き、イヤイヤな気分も反れて受け入れやすくなることが多いです。「自分で決めた」という感情の積み重ねで、やがて自立心もめばえます。

ママとのそんなちょっとした会話でも、上の子はとても嬉しいものです。同時に抱きしめてあげたりスキンシップをプラスすると、きっとママも上の子も気持ちが少し落ち着くのではないでしょうか?

子ども二人を寝かしつけする方法は?

上の子をとりあえず先に寝かせる方法

上の子を添い寝でトントンしたり絵本を読んだりして寝かしつけている間、下の子は添い乳やおしゃぶりを使っている子であれば口にくわえさせて静かにしてもらうという方法もあります。

二人同時に寝てくれればラッキーですが、そこがなかなか思うようにいかないのが現実ですよね。上の子の寝かしつけグッズがあればそれを活用するのもよいですね。

添い乳しながら、色々なグッズを使って上の子を寝かしつけるのはなかなか大変だと思いますが、「絵本1冊読んだらねんねだよ」「トントンしたらねんねの合図だよ」など寝る前にする簡単な約束ごとを1つだけ上の子と決めると、わりとすんなり寝てくれるとこともありますよ。

上の子を別室で待たせて下の子を寝かせる

上の子には別室で好きなアニメのDVDなどを見ながら待っていてもらい、下の子を先に寝かしつけるという方法です。

絵本を読んでいてもらったり、好きなおもちゃで遊んでいてもらったりするのもいいと思いますが、集中力が切れてすぐに飽きてしまい時間が持たないということもありますので、ここは好きな動画を見てもらって、しばらく集中してもらうのがいいと思います。

気づいたらテレビを見ながら寝ていたということもあるかもしれませんので、床やソファーにいるよりもお昼寝布団などの上に座って見てもらうと、うたた寝してしまっても心配はないと思います。

上の子が一人で待つ場合は、周りに危険なものがないか確認するのも忘れないでくださいね。

お部屋を真っ暗にして二人同時に寝かしつけ

お部屋を暗くして二人同時に寝かしつけるという方法です。下の子は添い乳、上の子はトントンやお話をしながら寝かしつけます。

最初のうちは二人同時に寝かしつけるのは難しいかもしれませんが「お部屋を暗くする=寝る時間」という入眠儀式としてのサイクルを続けていくと、お部屋が暗くなると「もう寝る時間」という習慣が身についていくので、すんなりと眠りに入ってくれると思いますよ。

下の子を最初からこのような入眠儀式に慣れさせておくと、卒乳したあとも寝かしつけに悩んだりすることは少なくなる可能性もあります。

そのままママも子どもたちと一緒に寝ることもできますので、とても効率のいい寝かしつけ方法ではないでしょうか。

子ども二人のお風呂はどうすればいい?

下の子を待たせて上の子と先に入る

目の届く位置に下の子をバウンサーに乗せてママと上の子を先に洗うパターンです。

その際はお風呂場の扉を開けたままの方が、ママの姿が見えて安心すると思います。ただし冬場だと寒いので扉は少し開けておいて、下の子に声かけをしてあげるのがいいですね。

上の子を洗い終わったら、一人で入れるようなら湯船に浸かってもらうか洗い場でおもちゃを使って遊んでもらって、その間に下の子を洗います。上の子の様子もしっかり見ながら洗ってあげましょう。

洗い終わったあとは、下の子はバウンサーに乗せてバスタオルで体をくるんであげます。バウンサーの上にはあらかじめバスタオルを敷いておくと、洗い終わったあとすぐに体に巻けますので、下準備は忘れずにしましょうね。

下の子と上の子のお風呂の時間を別に設ける

昼間に下の子を沐浴して、夕方など下の子が寝ている間にママと上の子で一緒にお風呂という、二人同時ではなくどちらか一人が寝ている間に入るパターンです。

沐浴でまだ充分な赤ちゃんのときは、体を洗ってあげている様子を上の子に見せてあげるのもいいですね。ときには上の子が赤ちゃんの体を洗ってあげるという体験もさせてあげてはいかがでしょうか?

そして、上の子は下の子がお昼寝をしている間にママとお風呂に入ります。

いつも下の子のお世話で忙しくて、上の子とのスキンシップが足りていないなと感じているママも、このお風呂の時間を有効に使って、上の子とたくさんお話をしたり抱きしめたりできると思いますので、ぜひ試してみてほしいと思います。

下の子にバスチェアを使ってみる

バスチェアを使って、みんな一緒にお風呂に入るパターンです。

バスチェアは大きく分けると生後1カ月以降から使えるリクライニングできるタイプのものと、生後6カ月以降から使える椅子タイプのものの2種類があります。

リクライニングできるタイプですと、背もたれをフラットにすると寝かせたまま体を洗うことができます。成長に合わせて角度の調節ができますので、長く使用することが可能です。

バスチェアを使うとみんな一緒に入浴できますので、お風呂の時間が一度で済むのがいいですよね。

持ち運びやすく旅行や帰省のときなどにとても便利な、薄型でコンパクトなバスチェアもあるそうですので、自分たちのライフスタイルに合ったバスチェアを選んでみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?初めての二人の育児は毎日バタバタの連続で、二人の子どもの面倒をみながらすべてを完璧に終わらせようとすると、できなかったときのストレスがどんどん溜まってしまいます。

後回しにできるものは極力手を付けず、赤ちゃん返りをしている上の子とたくさんお話やスキンシップをしてあげてください。ママとの時間が少しでも増えると上の子の気持ちも落ち着いて、知らないうちに赤ちゃん返りもなくなっていくと思います。

たまに手抜きをしながら毎日笑顔で育児を楽しめるといいですよね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018